« 季節到来 | トップページ | 島の米 »

童神

帰宅後、久しぶりに(な)ちゃんと電話で話す。
彼女とは海辺の自然体験活動の指導者養成講座で知り合い、その後もいっしょにリーダー活動をしてきたのだが、今年2月に待望のご長男の(そ)君を出産。さっそく海仲間で「お祝いを」という話になったのだけど、あれこれアイディアを出し合っているうちに時は過ぎ・・・各自がお勧めの絵本を集めて贈ったら?!と(ム)が発案。話に乗った5人の分をまとめて昨日、彼が発送してくれた。(な)ちゃんからの電話は、そのお礼だった。


060530_001みんなは(そ)くん向けの絵本を選んだらしいが、わたしはお母さんとなった(な)ちゃん向けに、自分でも大好きな-レイチェル・カーソン著(上遠恵子さん訳)の「センス・オブ・ワンダー」と、サトウハチロー著・いわさきちひろ絵の「あかちゃん」-の2冊を。
「センス・オブ・ワンダー」は子どもと自然の中に出かけていって、一緒に不思議を発見したり、子どもの喜びを受け止め、共有することの大切さをわかりやすく描いたエッセイで、自然体験活動や環境教育(好きな言葉ではないケド)に関わる人の間ではベストセラー。GWの妙高写真塾で挿入写真を撮った(に)さんにサインとメッセージをもらっておいたので、本の内容はもとより、そのことに彼女は感激してくれた。今度(に)さんの作品展があるときは案内を送る約束をした。
「あかちゃん」の方は、あかちゃんがどんなに素晴しい存在か・・・を、あたたかい言葉と絵でつづった秀作。(な)ちゃんも「これを読んで、あかちゃんってこんなにすごい存在なんだー」って改めて思った、って言ってくれた。
そう、彼女は今日届いてすぐに2冊とも読んでくれたのだ。それがなにより嬉しい。そして、こちらが込めた願いをちゃんと受け取ってくれている。

わたしが(に)さんのポストカードに書いて添えたメッセージも気に入ってくれたみたいで、「ちーちゃんて、こちらが“そうなんだよね~”と思うことをステキな言葉で的確に表現していて、すごいなぁって思ってたんだよ」なんて言ってくれちゃって、いやぁ~照れる。
他の人からの評価で自分の存在価値を量らない・・・そう決めてはいるけれど、誉められればやっぱり嬉しいね。ましてや以前から(な)ちゃんの女性らしい柔らかい物腰、決して人を不愉快にすることのないものの言い方に、内心密かに憧れていただけに、彼女にそんな風に言われるなんてビックリ!
その言葉、素直に大切にしよう。(な)ちゃん、ありがとうね。

その後(な)ちゃんからメールで送られてきた(そ)くんの写真。とろけるほどにかわいい!! お母さんに似て(パパごめんなさい)とっても優しいお顔。ひと目でノックダウンでした~。
早く(な)&(そ)親子に会いたいな♪

|

« 季節到来 | トップページ | 島の米 »

祈る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/10313935

この記事へのトラックバック一覧です: 童神:

« 季節到来 | トップページ | 島の米 »