« ワンデイハイクのお知らせ | トップページ | やっててよかった~♪ »

一枚に五分の魂を

秋の夜長にハガキを書く。その数、70枚ほど。
いよいよ来月に迫ったグループ写真展の案内ハガキ。
ポツポツと時間を見つけては筆を進める。

今年の初めに届いた年賀状の束を取り出して、ハガキを送る人を選ぶ。
近くに住む友人はもちろん、遠く九州に住む友人にも。もしかしたら会期中に上京するかもしれない・・・・なんて思いながら、でも「わたしはこんなことやって楽しんでいるよ」というご挨拶代わりの意味合いが大きい。
もう何年も年賀状のやり取りだけの人にも送ろう。4年前のグループ展に来てくれた時以来会っていない友人もいる。今回もこれを機会に顔を見せてくれたら、こんなに嬉しいことはない。
逆にいつでも会える人にも、あえて郵送してみたりして。たまにはそういうのも新鮮でしょ?
それから中学、高校時代の恩師にも。もう第二の人生を送ってらっしゃる頃でもあり、こういう方たちは案外来てくださるのだ。いくつになっても彼らにとってわたしは“生徒”であり、元気にやっているのを知れば嬉しく思ってくれるのだろう。以前に写真仲間とドキュメンタリー映画「センス・オブ・ワンダー」の自主上映会を企画したときにもご夫婦で来てくださった先生もいて、ビックリ&感激したっけ。

こうして秋の夜にお気に入りの音楽を低くかけ、ひとりひとりの顔を思い浮かべながら、添えるひと言を考える。
たとえありきたりの一文になってしまったとしても、それは問題ではない。プロセスが大事なのだから。一緒に過ごしていた頃の様子を思い出し、今どんな生活を送っているかを想像しながらの。
毎年これは年賀状を書きながらの楽しみなのだが、今年は2回味わえるというわけだ。
案内ハガキも、デザインに頭をひねった甲斐があって楽しいものに仕上がったので、送る楽しみが倍増。
こういう喜びは電子メールじゃゼッタイに味わえない。
文章を一括して印刷するのでもダメだろうなぁ。昨今、年賀状は表も裏もすべて印刷で手書きの文字はひとつもなし、って人けっこう多いけどね。あれ、もらうとちょっぴりガッカリじ0507ゃない? (わたしだけ?)

これがきっかけとなって、たくさんの人と再会できますように。
ハガキたち、ちょっぴり乗せたわたしの思いをみんなに運んでくださいな。

|

« ワンデイハイクのお知らせ | トップページ | やっててよかった~♪ »

祈る」カテゴリの記事

コメント

来月,写真展を開かれるんですね~♪
案内状の宛名書きは大変ですが,
ひとりひとりを思い,ハガキを書く気持ちわかります~。
展覧会の準備って本当に大変ですが,
懐かしい人や新しい人との出会いがあるのでやめられません(*^_^*)
盛会でありますように☆

投稿: mo-ri- | 2006年10月25日 (水) 17時47分

そうでした!
mo-ri-さんはお仕事でこういうことなさってるんでしたね~。
お仕事と趣味では真剣さが大違いでしょうが、苦労とそれに勝る喜びは同じですよね♪
わたしの場合、10人の仲間とあーでもない、こーでもない・・・と人数多い分の大変さと楽しみとを味わっています。
mo-ri-さんもお近くならば、ぜひご案内したいところですが・・・・
展覧会の様子はまたブログでご報告させていただきますね。

投稿: islandhopper | 2006年10月25日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/12404401

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚に五分の魂を:

« ワンデイハイクのお知らせ | トップページ | やっててよかった~♪ »