« 面白そうな講演会 | トップページ | 文化的日 »

ユーコンから来た友人

061104_007 彼女が持ってきたお土産は、なぜかカザフスタンのチョコレートだった・・・・。

カナダのユーコン在住で、ウィルダネスを旅するツアーを企画、コーディネートする会社 Sweet River Enterprises を経営し、自らもガイドとしてツアーに同行する仕事をしている(ヨ)が今年も来日した。毎年この時期に仕事絡みで数週間滞在。今年は日本に来る前に、仕事でカザフスタン→上海→韓国を回ってきたとのこと。わたしにとっては3年ぶりの再会だ。

仕事だけでも忙しいのに、ついでにあちこちの友人やツアーの参加者たちと会う予定を入れてるもんだから、つかまらない! 直前まで動向がつかめない&東京に不慣れな彼女とホントに会えるのか、いつもドキドキなのだが、毎回ちゃんと会えている。仲間も3日前のメールに反応して5人が渋谷に集まった。96年有隣堂カルチャークラブのユーコンツアーに参加した仲間たちだ。

フォールディングカヤックを所持し、主に川を漕いでいる(も)さん、仕事も遊びもバリバリで野田知佑さんとも親交が深いDr.(と)、ログキャビン専門?の1級建築士(ゆ)、長い休みを利用して国内外の海を漕いでいる小学校教師の(ハ)。彼らはいわゆるアウトドア系。みんな96年以降、それぞれ(ヨ)を頼ってテズリン漕いだり、ナハニでラフトを楽しんだり、アイシーストレイツにクジラに会いに行ったり、冬に犬ゾリをしたり。
自分自身が自然の中で楽しむことを何より大切にしている点、わたしが普段つき合っている海仲間とは一味違うのだが、彼らと(ヨ)の話=国内外アウトドア業界情報?もなかなか面白く。この人たちと話していると、北の大地への想いが、あの空気の匂いがふつふつと蘇ってくる。
わたしが今興味を持っている事柄の原点、こう生活したい、こう生きたいというスタンスの原点は、思えば96年ユーコンツアーなのだ。

(ヨ)は2月には南米パタゴニアの海を漕ぎに行く予定だそうだ。「海のこと、もっと知らなくちゃと思って。ちょっと勉強してきます」とのこと。ニュースレター楽しみにしてるよ。

・・・・期限が切れて久しいパスポートを更新しておこうかと、ふと思った夜。


PS:彼女の会社のウェブサイト、ユーコンに興味のある方は必見です。Yukonerの彼女にまめな更新は望めませんが(^^;)、彼女が書くニュースレターはとてもいい。photo gallaryには、わたしがアイシーストレイツで体験した迫力の「ザトウと大接近!」の写真も載っています。

|

« 面白そうな講演会 | トップページ | 文化的日 »

集う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/12548773

この記事へのトラックバック一覧です: ユーコンから来た友人:

« 面白そうな講演会 | トップページ | 文化的日 »