« ホクレアがやってくる! | トップページ | アースデイだけど »

ホクレアに思う

おととい紹介したホクレア号の voyage to Japan
わたしが当初思っていたよりも、ホクレアは日本に近づいているようだ。
なんとハワイイ出航は1月20日。既に3ヶ月近くも航海しているのだ。
そして4月13日にはミクロネシアを離れ、現在那覇へ向けて北上中。
こうしている今も、太平洋の大海原のどこかにホクレアとクルーたちはいて、全知全霊をかけて日本を目指している・・・・そう考えると、胸が熱くなる。
もちろん、船団には最新の機器も積んでいるのだろうし、だからこそ現在地もほぼリアルタイムでわかるのだけど、だからといってホクレアの価値が下がるものではない、と思う。

ホクレアには当然のごとく、内野かなちゃんも乗船している。
左サイドバーに「ホクレア号航海ブログ」をリンクしたので、興味があったら覗いてみてほしい。彼女もちょくちょく書いているから。
かなちゃんといえば、一昨年の夏に一時帰国した際に葉山に遊びに来て、ついでにMKのスノーケリングプログラムのお手伝いをしていってくれたのだった。
知っている人が乗っていると思うと、余計に身に迫って感じられるホクレアの旅。

国内でどんなに凶悪な事件が起こっていようと、中東での戦闘が長引いていようと、六ヶ所村でプルトニウムが作られ続けていようと・・・・ホクレア号はひたすら海の上を進んでいる。昔ながらの方法で、人と自然の力だけで。
そういう人生を選んでいる人たちがいる、ということに、どんなに勇気づけられることか。
どうか無事に日本へ着きますように。

|

« ホクレアがやってくる! | トップページ | アースデイだけど »

祈る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/14789478

この記事へのトラックバック一覧です: ホクレアに思う:

« ホクレアがやってくる! | トップページ | アースデイだけど »