« 「憩いのほとり」展 | トップページ | ふたたび、蔦の森へ »

ひっそりと 着実に

職場の片隅においてある鉢植えのサボテン。070622_001
半年くらい前にレンタルの植木屋さんが、ちょっとした手違いのお詫びにくれたもの。
「1ヶ月くらい水やらなくても平気ですよ」っていうし、ぜんぜん動きも感じられないし、ついつい存在を忘れてしまいがち。
たまに目に入っても「ホントに生きてんのかな~?」なんて、カワイソウなことを思っていた。

今日、ふと見ると・・・・「あれ? ちょっと形が違う??」
070622_003 近づいてよく見れば、3つある先端部分のどれもが少し伸びている!
たんコブみたく飛び出してきてて、伸びた部分だけ色も柔らかい。

「すごいすごい、生きてたんだね~♪」
って、考えてみれば当たり前なんだけど(だってちゃんと緑色してて、枯れてはいないワケだから)、でもやっぱり変化=命が動いている証を目の当たりにすると、相手が生きているということが実感できる。
嬉しくなって、お水あげちゃったよ。
(前にあげたの、いつだっけ?)

普段、見向きもされないのに、そんなことは意に介さず、着々と成長を続ける・・・・なんか、健気(けなげ)だなぁ~、サボテン。
・・・・見習いたいものです。

|

« 「憩いのほとり」展 | トップページ | ふたたび、蔦の森へ »

つぶやく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/15518889

この記事へのトラックバック一覧です: ひっそりと 着実に:

« 「憩いのほとり」展 | トップページ | ふたたび、蔦の森へ »