« ふたたび、蔦の森へ | トップページ | 夜明けの森で »

蔦温泉旅館・別館

2度目の蔦温泉は別館を予約。
ひとり旅なので広い部屋は必要ないし、洗面所&トイレ共同も問題ナイ。
回数重ねて来るためには、1回のコストをなるべく抑えたい。というわけで、今回は一番低料金の1泊10,650円のお部屋だ。
どの棟に泊まっても、あのお風呂には入れるわけだしね。
200706_039
ところがこの別館には“名物”があって・・・・それが、この階段。
約60段あって、慣れてるハズの仲居さんも息を切らすという。常連の(大)さんも「撮影に出ようとして、下りてから忘れ物に気づくと大変だよ」と。
数えてみたら2階までで53段+その手前に本館の15段(写真には写っていません)。3階へはさらに上がる。

そんなキョーフの?(ってホドでもないか)階段を上がって通された2階のお部屋は、新しくこそないものの清潔で、小さな鏡台まで備えてあった。普段生活しているスペースと同じ6畳間だからか、ミョーに居心地がよくて落ち着く。
おまけに窓のすぐ外、もうそこは蔦の森!200706_042
(別館は旅館の中で森に一番近い棟なのでした)
電灯を消していると、部屋の中まで緑色に染まってみえる。
開け放した窓からは野鳥の声が何種類も聞こえ(しかも間近で!)、まだ薄明るい頃に食べ始めた夕食も、鳥たちの声を聞きながら・・・・なんともゼイタク♪

(大)さんから「もしかしたらそろそろホタルが見られるかも」と事前情報をいただいてたので、夕食を下げに来た仲居さんに聞いてみると「まだ本格的じゃないですが、ちらほら出てますよ」とのこと。
星空が観えるようだったらミニツアーがあるらしく「9時頃に館内放送があるかもしれませんから・・・・」と教えてくれた。昨夜も星観察ツアーついでにホタルが見られたそうだ。
う~ん、9時過ぎか・・・・翌朝は超早起きの予定だから、その時間には寝たいんだけど、どうしよう・・・・と思いつつ、8時半にはもぞもぞと布団に入り、いつの間にか眠っていて、館内放送はあったのだか、なかったのだか??

PS:というワケで、ひとりキャンドルナイト@蔦温泉は、時間を前倒しして始め・・・・8時半には消灯いたしました。森の空気を感じる窓辺でひとつだけキャンドルを灯す。ちょっぴりキャンプ気分でもありました。ホントのキャンプもしたいなぁ!

|

« ふたたび、蔦の森へ | トップページ | 夜明けの森で »

旅ゆく」カテゴリの記事

コメント

あの窓の格子、いい感じだね!

それに、上の記事の早朝のお散歩も楽しそうだね~♪
緑色がきれいだぁ。森林浴してリフレッシュできた?

投稿: Yuko | 2007年6月27日 (水) 11時08分

さぁすが、建築士さんは目の付け所が違うね。
この窓は、わたしもとっても気に入りました。
木でできた建物ってさ、どうしてこう気持ちが休まるんだろうね。
Yukoもステキな木の家、たくさん形にしてくださいね。
応援してるよっ♪

投稿: (ちぃ) | 2007年6月27日 (水) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/15553190

この記事へのトラックバック一覧です: 蔦温泉旅館・別館:

« ふたたび、蔦の森へ | トップページ | 夜明けの森で »