« 南国だ!いぇい!! | トップページ | 2日目:行って戻って、川遊び »

出発:嘉陽~安田

カヤック修行の旅、今朝8時25分に嘉陽を出発。2007_12

昨晩遅く、那覇から嘉陽に入る。嘉陽は沖縄北部の東海岸、カヌチャベイの少し東寄りに位置する小さな集落で、今回お世話になるテラワークスさんのカヤックハウスがある。(この家については別の記事で詳しく書く予定)

今朝7時に、今回のもうひとりの参加者である県内在住の(比)さんが到着。
彼はつい2-3日前(?)にフラリと嘉陽の家に来て「夏休みが1週間くらい取れるのだけど、何かいいツアーありますか?」と尋ねたところ、「一周ツアーに行こう!」と取り込まれてしまった可哀想な?人。
今回の旅でわたしとダブル艇を漕ぐことになった。よろしくお願いします。

2007__001天気は晴れ! 風も穏やかだ。
海の神様にこれからの航海の無事をお祈りし(写真撮影:ホサカカズキ氏)、隊長の奥さんである直さんがカヤックに塩を盛ってくれた。
いざ出発!

2007__004 しばらくはリーフの内側を行く(撮影:諸喜田政勝氏)
漕ぎ始めてわずかな時間でウミガメを見ることができた。これは幸先がいい。静かに進むカヤックの旅では、いろいろな生き物に出逢えるのも大きな魅力だ。

1時間ほど漕いで天仁屋崎(テニヤザキ)通過。
晴天で風もないに等しいのに、ここまで来ると波が高く、サーファーが数名波間に漂っている。小笠原に停滞している台風9号のうねりがここまで入っているのだ。
本来ならばこのあたりで難なくリーフの外へ出るそうだが、波が高いので様子を見つつ進む。やっと波が切れているポイントが見つかりリーフの外へ。一気に海の色が深くなる。

そこからギナン崎を目指し有銘湾、平良湾沖を直線的に横切る。
途中3ヶ所ほど潮の流れがキツく、漕いでも漕いでも景色が変わらないポイントがあった。
特に11:30に海上でバナナを食べた後13:00までの間は、非常に辛かった。
おまけにこの間の海は、山から赤土が流出していて「湘南か?!」と思うくらいの濁り。はるか先に見える青緑色の海に出たい一心でパドルを動かした。


出発からずっと気温が高く、時折帽子で海水をすくい頭からかぶりつつ漕ぐ。
「上陸したら海に入れる!」それだけをひたすら楽しみに前へ。
美しい海の上に浮かんでいるというのに、水面にこんなに近いのに、海に入れない・・・・カヤッキングにはそんなジレンマがあることに今回初めて気がついた。このジレンマにはこの後もたびたび苦しめられることになる。


出発から約5時間半も漕ぎ通し、ようやく13時50分に安波(アハ)でランチ。
安波のビーチへとリーフ内に入る頃には風も強まり、波は相変わらず高く。おまけに湾奥の方から積乱雲が近づいている。積乱雲の下は突風が吹き、時に竜巻も起きるとのことで、隊長は今回の旅の間中ずっと積乱雲の動きには非常に神経を使っていた。
そんなこともあり、強い横風と追い波を受けて、隊長から「漕げ、漕げ、漕げ!!!」のゲキが飛んだ。自分史上最長パドリング記録でヘロヘロになっているというのに・・・・・。


上陸したゴホウビとして、カヤックから降りて海に直行!
仰向けにプカプカ浮かんで漕ぎ疲れた体を水に委ねた。気持ちいーい!!
ランチには直さんが特大ポーク卵おにぎりをひとりに2個作ってくれたのだが、食欲がなく3口くらいしか食べられない。お茶とバナナとグレープフルーツだけお腹に入れて昼寝。
それにしても漂着ゴミが多いビーチだ。「ここでキャンプはしたくない」と意見が一致して、もう少し先の安田(アダ)までは行こうということになる。

風と波の様子 見をして15時20分に発つ。
波立つリーフの向こうに通り道はあるのか?!

1時間きっかりで安田に
到着2007_001
安波からの行く手にはあんなに波が高く続いていたというのに、安田漁港の長い堤防を回り込んでみれば、この静けさ(→)。
思い切って安波を出てきて正解だった。

安田のビーチは安波に比べてキレイで、人気もない。
(この後、集落へ買出しに行く途中には、ヤンバルクイナを観察する数名の人たちと会いました)
湾内に入るとカヤックの上からでもソラスズメダイ(ルリスズメかも?)の群れが見えた。
正面には安田ヶ島(アダカジマ)が見え、慶良間のムカラク島を思い出させる。
ここならキャンプも気持ちよさそう!
ただし細かい砂浜に消波ブロックが延々と続いている様子には、非常に違和感を覚えた。隊長と口をそろえて「この消波ブロックは必要ないよね~」と。


結局、今日は40キロ弱漕いだ。
上陸地でスノーケリングでもできるといいな・・・・と思い、3点セットを積んできたが、遊んでいる余裕なし!

初日からこんなにクタクタで、辛いパドリングになろうとは。 2007__018
元々さほどなかった自信は吹き飛んだ。
ホントに一周できるのか!?

明日は難関の辺戸岬(沖縄最北端)越えだ。

夕食はボリューム満点、ショッキー特製野菜たっぷりトマトスープかけご飯。
その後、心地よい海風に吹かれながらの泡盛タイム。これまでの沖縄一周ツアーのこと、ホクレア号のことなどを語り合い、わたしは21時半頃ひとあしお先にテントへ引っ込む。

夜中にトイレに起きてみれば、遅く上がってきた月が煌々と砂浜を照らし、美しく明るい夢のような夜。ヘッドランプもいらないくらい。
遠くリーフに打ち寄せる波の音は、ドーンドーンと一晩中聞こえていた。

(キャンプサイトの写真→ 撮影:ショッキー隊長)

本日の風:西→南西、波1m
安田のキャンプ情報:ビーチから5分ほど歩いた集落には売店が1つ。食堂はランチ営業のみ。コーヒーはUCC!(笑)
水道、トイレは無し。

|

« 南国だ!いぇい!! | トップページ | 2日目:行って戻って、川遊び »

旅ゆく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/16331256

この記事へのトラックバック一覧です: 出発:嘉陽~安田:

« 南国だ!いぇい!! | トップページ | 2日目:行って戻って、川遊び »