« ランチは、ついてた♪ | トップページ | スコーン!と、丹沢 »

まんがで哲学?!

002単行本が出ると必ず買う唯一のマンガ、「とりぱん」の第4巻が先日出た。
夏までの分をまとめた前巻は昆虫ネタなどが多かったけど、4巻目は正統派に戻って(?)トリたちの話題が多いのが、やっぱり嬉しかったりする。

まだ全部は読みきれてないけど、“軒の深さ”の話はよかったなぁ。
総二階、壁ばかりで軒下というものがない、今はやりの洋風の家に対して、作者の仕事場のような由緒正しい(?)日本家屋の軒下には野菜を干したり、トリやハチが巣を作ったり・・・・。
これを読んで近所の家を見回せば・・・・なるほどねぇ、軒のない家はなんだかのっぺらしているね~。
わたしも住むなら軒下がある家がいいな~、やっぱり。なーんて、思う。

人としても・・・・軒の深い(一般には懐が深いというのか?)人間でありたいと思ったりして。
マンガを読んで、思わず哲学なんかしてしまふ、秋の夜長。
って、秋っつったって、今日は木枯らし1号が吹いて、もう冬じゃん~~~っ。寒っ。

|

« ランチは、ついてた♪ | トップページ | スコーン!と、丹沢 »

読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/17113690

この記事へのトラックバック一覧です: まんがで哲学?!:

« ランチは、ついてた♪ | トップページ | スコーン!と、丹沢 »