« 残波おそるべし | トップページ | 波待ち »

三点保持

嘉陽ワンデイツアー
東京方面からいらした2人組みのお客さんと沖縄県内の男性、そしてショッキー&直さんと嘉陽の海岸から北へ針路を取る。写真下右でもわかるように、相変わらずリーフには白い波が大きくくだけている。サングラス&手ぬぐい覆面は、わたしのカヤッキング「沖縄スタイル」・・・・怪しくたってなんだって、真っ黒コゲになるよりはマシです。
2008__0242008__011
わたしは今日はシングル艇を漕がせてもらう。外洋は荒れていても、リーフの内側はごらんのとおり静か。
ワンデイは往復5kmほどのお散歩コースだけれど、行った先での楽しみが盛りだくさん。

まずは当然スノーケリング
「あの岩の周りが面白いよ」と隊長に言われて岸近くの岩に向かうも、潮流れがめちゃくちゃ速いっっ!!
フィンがないので、岩の窪みにシッカリ指先をかけて、できれば足首も使って三点保持。それでジリジリと潮に逆らって進む。まるで海中フリークライミング。垂直ではなく、水平移動だけど。
そうやって眺めた海の中はとーっても面白かった!
ミヤコキセン、ルリスズメ、ミスジリュウキュウスズメ、シチセン、ツノダシ、オジサン、巨大なシマス…名前がわからない、初めて見る種類もいくつも。
隊長いわく「台風の影響で、水がすごくキレイだね」
やっぱり? なんか去年の時よりキレイだなぁと思ってたんだ。台風のせいでカヤッキングはままならないけど、台風のおかげで素晴らしいスノーケリングが楽しめました。

お昼の後はジャングル探検。川を遡上してヤンバルの森の中へ。
2008__015 2008_005web
とても色合いが美しく、蝶のようにヒラヒラと舞うリュウキュウハグロトンボというトンボ
(写真下)がたくさん飛んでいたし、ヒカゲヘゴの木陰でなんともいい声で鳴く鳥たちに「亜熱帯だなぁ~」
2008_004web


三点保持
↑写真はルートの途中にある滝。
ここも三点保持でよじ登り、さらに奥まで。
おそらく誰も来ないと思われるその場所には、光と清らかな水が溢れていました。

海だけが沖縄の魅力ではないと思った瞬間。

|

« 残波おそるべし | トップページ | 波待ち »

旅ゆく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178798/42567649

この記事へのトラックバック一覧です: 三点保持:

« 残波おそるべし | トップページ | 波待ち »