« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

新しいお遊び

mixi って・・・・
前々からよく耳にはしていたケド
いまいち仕組みもよくわかんないし、あんまりキョーミもなかったので
そのままスルーしてた

してたんダケド。
先日のレイ・ワークのときに、UMAHANA先生やフラシスが話題にしていたので根掘り葉掘りきいていたら
「とりあえず、やってみればわかるよsign01」と言われ・・・・
フラシスの(モ)がご招待してくれました

ので、一昨日からわたしもやってみてるワケです
mixi ってヤツを
Keisuke 先生やフラ仲間たちも何人もいて。
少しずつお友達(?)増やしつつ
ちょっと遊んでみようと思います

・・・と言いつつ、昨日の通勤電車はずーっとそれで時間がつぶれてしまった
ヤバイね、これ
本読む時間がなくなりそう

でも、このブログはブログで今までどおり書いていきますよgood
mixi にもブログをリンクできる(というのか?)みたいだけど、
わたしは多分、mixi には別の日記を、たま~に軽めに書くつもり

というワケで、これからも islandhopping ブログをよろしくお願いしますdash
でも、わたしとお友達つながりがあるよーな方は
mixi の方も探してみてねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪?!

さぶいですね~
もう2月も終わりだというのに

今朝も冷たい雨
と思っていたら・・・・

ランチに出かける前
ひょっと窓の外を見たボスが
「雪ですよ!」

ひゃぁ~ホントだ
ビルの間に白いかたまりがフワフワと降りてくる
ってことは、朝よりも気温が下がってるのね?!

都会に降る雪は
湿り気が多くて、おっきなボタン雪
コートの上に落ちると
あっ という間にとけてゆく

アスファルトの上に雪が積もることはメッタになく
ほら、今日もピシャピシャで
パンツの裾にはねかさないように
気をつけて歩かないと・・・・

・・・・・・
ふと、寒い寒い森に降る雪を思い出す
数年前にはヒールフリーのスキーをはいて、よく歩いた冬の森

雪まじりの空気の匂い
雪にも匂いがあるの、知ってますか?

ゲレンデを滑るのは晴れた日に限るケド
バックカントリーは
雪が舞う日も心楽しくて

着ているものが汚れるなんてシンパイをせずに
自由気ままに歩けるどころか
自分からフカフカ雪の中に飛び込んで
転げまわってみたりして

「雪のひとひら」なんて、ポール・ギャリコの小説もあったけれど
音もなく、
長い時間をかけて自分の元へと届けられた
雪のひとひらひとひら

こまかなこまかな白い雪が降りてくる
その先の先の
白い空を見上げれば
まるで吸い込まれていってしまいそうな気さえする

そんな、なつかしい感覚を
今季は味わうことなく過ごしてしまうことになりそうです

・・・・・
都会に降る雪は
あまり好きになれない

東京に降る雪に
責任はナイけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知ってるけど知らなかった

木曜夜クラス、今日は新曲に入りました。
配られた紙に書かれていたタイトルは
“Hi'ilawe”
おお、知ってる曲ぢゃあないですか。珍しいこともあるものでsmile
「どんな曲?」と訊くフラシスがいたので、
先生がちょっと席を外している間に(ネ)と二人で、手拍子取りつつ・・・・ひと節歌ってみたりして(なんか、宴会モードっぽかった・・・・sweat01

だけど、この曲も元々は Kahiko で、20数バースもあるんだって。
それは知りませんでした。
ちなみに“Kaimanahila”も14番まであるのだときいてビックリ。

この曲は1バースが短いので、今日は1、2番の意味とフリをインプット。
しかし・・・・フリのアウトプットができないっ (ま、いつものコトだけど←開き直り)
7バースまでの曲に合せて、1、2番を繰り返し踊ると・・・・
いつもながらにクルクル周る Keisuke 先生のフリに目が回り、
「ここのuwehe はスーパーダウンねnote」との指示には、ベーシックでイジメた太ももがプルプルしてくるし、
フリでいっぱいいっぱいになった頭は・・・・「知恵熱出そーupwardright

そうそう、今日は滝を現すところで、手のひらをバイブレーションさせるフリにみんな一苦労。
っていうか、今日の爆笑シーン No.1sign03でした。

そんなこんなで、キレイかどうかは別としてなんとか形は出るようになって、「やれやれ・・・」かと思いきや
「じゃ、最後にもう一度さっきの曲やって終わり~」とKeisuke先生の言葉。
レッスン前半でおさらいした “Ho'opuka”から“Kalaunu”を通しで踊ったけれど、 “Ho'opuka”のエアラを間違えたぁ~。バカーぁ
さっきは出来てたのに、なんでーsign02
もーーーーーーーっdowndowndown

はぁ・・・・ぁ。
この前の日曜日にはチームも新曲に入って、おさらいもいれると4曲同時進行shock
チームの新曲も知ってる“E Pili Mai”だったケド、スローな曲なりのタメの難しさがあり、フリもまだ完全にはマスターできていない。
今日のレッスン後に一緒にご飯を食べたフラシス3人も「行くよdash」っていうし、わたしも今度の日曜日のキャッチアップにおじゃまさせてもらおうかしら。

今日の先生からの全体への注意ポイント:
○「揃えようという意識をもっと持つこと」
鏡越しに見えるのも含めて、周りを気にして踊ること。
これって、前回わたしが個人的にした反省点だけど、いざ踊りながら周りを見つつそろえるというのは、わたしたちにはまだ難しい気がする。
“Melelana”のときにやったみたいに、みんなでひとつずつ「ここはこう」って確認しながら、カウント取りながらタイミングや角度を、ひとりひとりが覚えていかないと。
あのときは、ヒヨッコふたりが混じってたっていう理由もあるけど、ポイントごとに何度も何度もやったもんな~。

○Kalakaua Kaholo の1拍目をしっかりタメること
○spin のときに上体が動かないように

個人的には・・・・“Kalaunu”の1番の最後で右脚をしっかり伸ばすように、と。
「長く見せなくちゃ」って。
先週くらいから、“Aia La O Pele”以外の曲では左脚の痛みはだいぶ気にならなくなったんだけど、やっぱりまだ無意識にカバっているのかも。
左に体重を乗せるフリが、少しずつ甘くなってきているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は満足~♪

今日は満足〜
期待どおり、鎌倉でのレイメイキングはヒヤシンスの Kui
今日は pololei に挑戦するというテもあったけど、せっかくこの前 poepoe のコツをつかみかけので、今日はリベンジのつもりで、あえて poepoe でやってみました。

まだ2回目で人見知り中のスクールとは違って、鎌倉でのワークはフラシスやそのつながりの人たちと和気あいあい、おしゃべりしながらリラックスして楽しく作業ができましたnote

出来栄えもごらんの通り…先日見せてもらった上手な方のイメージに近いものになり、大満足happy02
お花がぎゅっと詰まってズシリと重いレイができましたよ。
嬉しーshine

でもよくよく見ると、ひとつだけポコっとお花が出っ張ってるところがあったりして、まだまだだなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2回目とはいっても

先週金曜日の UMAHANA LEI making school は、アトリエに入ったとたん、い~い香り。
部屋中に芳しい香りがふくよかに漂っていて、目を閉じたらここが真冬の都会だとは思えないくらい。
香りの正体は、これ ↓
090220_21170002

切り花のヒヤシンスです。
そう、今回のワークはヒヤシンスで Kui スタイルのレイを作るのです。
白、ピンク、紫色・・・・好きな色をと言われて、今回は白を選びました。

切り花のヒヤシンスはオランダからの輸入が多いそうで、今回のも。
球根を太らせるためにお花が咲いているうちに切り取るんだけど、オランダの広い畑では、その季節になると子どもたちが切り取ったお花で polo lei を作って、観光客に売ってお小遣いをかせぐんだって。
大谷先生は「オランダでもそうやってレイを作るんだねー。いつかその時季に行ってみたいね」っておっしゃってました。

さて、ヒヤシンスのレイといえば、去年の今頃鎌倉でのワークでも作りました。
復習! と思って、今回もそのときと同じ poepoe でやってみましたが・・・・
ゼンゼン上達してないっsweat01

っていうか、去年の方がうまくできた気がするぅ~
去年は初めての感激が大きかったのか? 2回目の今年は見る目がキビシクなったのか??
・・・・というコトにしておこう。

ヒヤシンスの花はお尻(?)の部分が膨らんでいて硬いので、そこを避けて糸を通さなきゃならないんだけど、わたしは初めの方でお尻近くに針を刺しすぎていたみたい。
そうすると、重なったお尻どおしの収まりが悪い。
そして、お尻の厚みの分だけ花と花の間隔が空いてしまって美しくない。&お尻が丸見え・・・・ということになる。

今回も全部のお花を使い切らずに途中で終了。
帰り際に大谷先生から「これは見ておいた方がいいよ」と言われて、上手にできた方のを見せてもらったもらったんだけど・・・・「ぜーんぜん違う~sign03
同じ花を使っているのにナゼsign02
(もちろん、ちゃんと理由はアル)

そのキレイなレイのイメージを焼き付けて、翌朝にやった続きの部分は・・・・
前日の初めの部分と並べると、ずい分キレイになっているように見えませんか?
(写真左の上が作り初めの方、下が翌日のリベンジの部分です。ゼンゼン違うでしょー?)
P2211198 P2211203
あー、なんか、やっとコツがわかってきたってとこで、お花がなくなってしまいました~crying
今週の鎌倉ワークでもヒヤシンスの Kui やらないかなぁ・・・・

PS:レイワークの後の悩み(?)といえば、作ったレイをどうするか。
もちろん捨てるなんてことはしないで、今まで作ったものはどんなにドライになっても全部とってあるんだけど、その置き場所も問題。
今回作ったのは・・・・困ったあげく・・・・お風呂場に下げてみました!
これが大正解。浴室中、あのかぐわしい香りでいっぱい。幸せなバスタイムを楽しんでいますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れた朝に

晴れた朝に
風もなく
よく晴れた休日の朝に
植木にお水をやる

ただそれだけのことなのに
いろいろな思いが浮かんできて・・・・
makes me happy

水のしずくはキラキラしているし
それを浴びているアイビーも
きっと嬉しいに違いない・・・・
ま、自己満足かもしれないケド

ガーベラの根元からは新しい葉っぱが
次々と顔をだしている
いかにも柔らかそうな
きみどりいろ

このふたつの植物が我が家にやってきたのは
去年の秋

もうすぐ
春だよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kahea !

木曜夜レッスンでも Kahea の練習。
今やっている“Mele O Ke Ke'ena Kalaunu”
それから、最近は練習していなかった Kahiko の Ka'i の“Ho'opuka E Ka La”も一緒に。
チームレッスンと同じように、最初は Keisuke先生の後についてチィチィパッパchick
はじめのうちは特に、言い出すタイミングに自信がもてなくてみんな戸惑っていたケド、だんだん慣れてくると声も大きく揃っていい感じ。

Ka'i から始まって Mele までひととおり、Kahea も入れて通すとなかなかにカッコいいgood
だけど、Hula の方は、やっぱり旗が翻るところを全員でゆっくりと練習。
ここの注意点はスカートの動きだけじゃなくて、Kalakaua Kaholo の1歩目で腰を入れちゃうと「超キモイから止めてsign01」と、Keisuke先生からのお願い(?)
先生がやってくれたのを見ると、確かに・・・・見たくナイかもcoldsweats01
それでなくても、わたしは Kalakaua Kaholo で腰が入りがちだから、気をつけよっとsweat01

昨日は“Kalaunu”の1番から4番までを、2-3人ずつとか、全員とかで練習。
家に帰ってきてから振り返ると、周りが見えてなかったな・・・・というのが、昨日の最大の反省点。
Kahea をしっかり入れつつ、それに気をとられないように踊る・・・・のに精一杯で、とくに(オ)と二人で踊ったときは彼女の動きを気にすることがほとんどできてなかった。
ダメダメだなぁ~down

そうだ。
だけど(エ)が踊っているときは、じっくり見せてもらいました。
昨日はとくに、彼女の手の動きに注目。
斜め前から見せてもらってたんだけど、1番の onaona のモーションなんてホントに「い~い香sign01」って感じで、香りのいい空気を手ですくって鼻の方に持ってくるっていうか、そんな感じがして・・・・さすがだなぁ~と。
ここのところはステップも Kaholo だし、自分でもいまひとつ物足りないというか、ただ動いてるって気がして「改善の余地アリ」と思っていたんだけど、(エ)のモーション、いただきますsign03
って、そのとおりに自分もできるのか・・・・という問題は、さておいてsmile

さて、ベーシックでも昨日は新しいことに挑戦sign01
それは・・・・
Ami i lalo と Ami i lunasign03
これは Ami をしながら up → down → up ・・・・・を繰り返すというもの。
Ami を4回しながら一番下まで下がって、また4回でアップポジションに戻ってくる。
ふぇ~・・・・普通のポジションの Ami さえ満足にできないのに~。
先生は「慣れだよ」っておっしゃるケド、慣れるようになるのっていつのことだろーsign02
筋肉痛と友になりながら、股関節やヒザと相談しながら、ボチボチ練習してみましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モチベーション

モチベーション
年に一度、仕事で東大に行くときは、このお店でランチをするのが楽しみ。

以前も紹介した、根津駅にほど近い“restaurant KIZUKA”
今までは魚料理を頼んでたけど、今日は夜にレッスンもあるし、お肉料理にしてみました。
牛肉でゴボウとニンジンを巻いてグリルしてあります。
付け合わせもソースも美味!

今日はさらに!
食後のコーヒーとともにシフォンケーキまでいただいちゃいました♪
だって誕生日なんだも~ん。


午後の講義寝ないようにしなきゃ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早期発見?!

昨日は Kane のレッスンにおじゃましてキャッチアップ。
脚の大事を取る・・・・なんてのを理由に、最近はあまり家での練習をしていない。
ケド、課題はいっぱいアルわけで。キャッチアップで半強制的(?)に身体を動かそう・・・・というコンタン。
脚の方は・・・・薬でダマして、ヘロヘロだけど一応 Hela のダウンもこの前よりはできる状態。

で、(モ)&(カ)と一緒に“Kalaunu”と“Aia La O Pele”を練習して、Keisuke先生にチェックしてもらう。
“Kalaunu”の方は、welo ha'aheo の旗が翻るところと、ペルシャじゅうたんのところ。
旗のところのスカートの動かし方は、メリモの時の Kamuela の Kahiko の動画を先生が「こんなイメージだよ」と見せてくれ。この画像は何度か見てるケド、このフリにはゼンゼン気づかなかった。帰ってからPCで見ると、なるほど「welo ha'aheo」って Kahea も言ってるよ。
じゅうたんの方は「長いじゅうたんをイメージして、腕を伸ばす。肩が入るくらい。少し前傾になってもいいから」とのアドバイス。
あとは、ひとつひとつの動きをエレガントに・・・・ってcoldsweats01

そして“Aia La O Pele”の方では重大な発見がsign01
って、別にわたしがヒラメイタわけではなく、先生がわたしの重大ミスに気づいてくださったというのが正解。
なんとバンプの turning kaholo のステップが1箇所左右間違えていて、自分でも「うわぁ~おsign03
(モ)には「どんだけ器用なのsign02」って言われたけど、自分がどうやって動いていたかもう一度やってみろ、と言われてももうできない。どうやって動いてたんだろう、わたしsign02
ま、とにかく。この発見だけでも、今日キャッチアップに参加した意義があったよ~ぅcrying

あとはこの曲は Kahea を練習すること。ひと言ひと言ハッキリと。早口にならないように。
自分たちのキャッチアップが済んで着替えてからも、Kane の練習を見学。
“Aia La O Pele”のときは(モ)とふたり、小声で Kahea のタイミング&発音を練習しました。
だけど、Kane たちの立て続けの“Aia La O Pele”は、見ているこちらの方が疲れるくらいハード。スゴイなぁ~。
Auana の新曲も初めてみたけど、また違った曲調で、新ステップもあり、うちの Kane たちにしては新しいイメージの Hula でした。この曲、好きかも。

ところで、休憩中には土曜日のコンサートの話をみんなでして、Kina & Kalani の面白いステップのことを Keisuke先生に教えてもらったりしました。
そうそう、彼らの Hula はハワイ島コナのスタイルで、あのオープニングの“Hole Waimea”はprimitive なスタイルなんだって。確かに(コ)ちゃんや(イ)さんが踊る、つまり Keisuke先生スタイルの“Hole Waimea”とはまた違った雰囲気だった。
あとはコンサートの裏話をいくつか聞いて、盛り上がり。
裏話だからハッキリは書かないケド、世の中いろんな意味でスゴイ人がいるんだなぁ~ってビックリしたエピソードがふたつありましたsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花のある窓辺

090215_09510001
朝目が覚めて、ベッドのそばの窓辺に生きた花があるって、なんとも幸せな気分。
それが、こんなにキレイなアレンジメントだったら、なおさら・・・・

このお花は先日、森仲間の女子会(“じょし”かいっsign02 ←ツッコミ)をした時、もうすぐ誕生日を迎えるわたしに(く)ちゃんが作ってくれたもの。
(く)ちゃん、ありがとーheart04

もらった翌日に帰宅してみると、部屋に入ったとたん、微かにだけどい~い香りがして。
うん、やっぱりお花は贈るのももらうのも、とっても嬉しいnote

さて、ホントの誕生日は今週やってきます。
今年はレッスンデーに重なっていて、しかもその日は一日中講義を聴かなきゃならない仕事・・・・レッスンも遅刻予定だし、去年の忘年会の時みたく、ヘロヘロな一日になると思われます~downcoldsweats01

で、いくつになるかというと・・・・
とても「女子」とはいえないよーな年齢upなワケで。
あ、それはワカッテる? smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Valentine's Dayに

Keisuke先生主催のハワイアン・コンサートを新宿文化センターにて観賞。
コンサートは17時開演だったけど、ハワイ語ワークショップが10時からあったので、鎌倉そして岐阜のフラシスたちとともにハワイアンな1日を過ごした。
ワークの話はまた後日として、コンサートは・・・・

ロビーにはレイナホクの時ほどではないけれど、ハワイアンなショップが出展していて。
中でもナターシャ・オダさんの“Hugs and Honis”には、ご本人がいらしてビックリsign01
生ナターシャは初めて見たけれど、ウワサどおり「キレ~shine
でもやっぱり小柄だなぁ。
岐阜のフラシスたちは、ちゃんとお買い物もして彼女と写真を撮ってもらって、コンサート開始前からご満悦でした。
ナターシャのブランドの服は確かにステキだけど、わたしには着こなせないわぁ~coldsweats01
というわけで、わたしは「Just looking....」ごめんなさい。

さて、午前中学校の用事があった(ヒ)、(カ)&(コ)ちゃんファミリーとも合流して着席、いよいよ照明が落ちると・・・・
opening Kahiko は Kina & Kalani。ノッケから心臓わしづかみ~heart01 
で、ググッと身を乗り出して見入る。ソロであの迫力はいったい何なのだろう。
午前中に Kuana のワークを受けて、Hula の成立の歴史や Hawaiian にとってのアイデンティティーとしての Hula という話を聴いたのだけど、なんだかいきなりここで Kuana が言っていたことを確認した気がした。「そういうことか・・・・」って、なんとなく。

ステージは、Kina の Ipuheke & chanting に Kalani の Hula で、“Ho'opuka E Ka La”から“Hole Waimea”へ。Ho'i の曲はちょっとわからなかったケド、Ka'i と Mele がなじみのある曲だったのも嬉しい。090215_23400001
いやぁ~、カッコよかったっgood いつまでも見ていたいって感じ。


でも続いて登場した二人がまた、ステキで。
Brandon & Joy は今回のコンサートのメインゲスト。
ご夫婦ならではの息がピッタリあった Hula を何曲もみせてくれました。

ひとりひとりの踊りも完璧なのに、二人の動きがぴったり揃っていて、しかもお互いへの気持ちが見ているこちらにまで伝わってきて・・・・ため息ものでした~confident
ラブラブ・オーラheart04たっぷりなんだけど、ちっともいやらしく感じさせないのはスゴイと思う。
さわやかっていうか、ほのぼのっていうか・・・・いいカップルだなぁ。

ステージにはナターシャやIZUMIちゃんも登場note
Kuana の熱唱も素晴しくて「ああ、こんないい声してたんだflair」なんて、Na Palapalai のリーダーをつかまえて、失礼な感想を改めて持ちました。
日本のチームの方たちの Hula を見ては、いろいろと勉強になりました。どのチームにも、どうしても目がいってしまうような上手な Hula を踊る方がいて、その人の姿勢だとか目線だとかやわらかい重心移動だとか・・・・。そしてチームとして揃えることの大切さ。

そしてフィナーレというか、アンコールのステージには Keisuke先生も登場notenote
先生が出てきたときから、後ろの席にいたフラシスたちと
「先生、素足だよ」
「Gパンの裾まくってるよ」
・・・ってコトは?・・・・
「踊ってくれるんじゃなーいsign02sign02sign02」って大盛り上がりhappy01

果たせるかな、マイクを手にした Keisuke先生が
「ハワイではバレンタインには男性から女性へプレゼントをします。なので、最後に男性出演者みんなから Hula を・・・・」
で、出演者たちから「Keisign01」、「Keisign01」(最初に踊れ)って押し出されて、Keisuke先生が“Ka Uluwehi O Ke Kai”の最初のバースをソロで披露してくれましたhappy02
こんな大きなステージで先生の Hula を見るのは初めてだけど(しかも衣装着てナイし)、やっぱり最高にステキですshine
単なるミーハーな一ファンとして鑑賞してしまいましたsweat01
(でもその一方で「ふむ、やっぱりあれくらいダウンするのが Keisuke先生スタイルなんだな・・・・」なんて冷静に(?)見ている生徒の自分もいたりして)

その後は次々とBrandon、Kina & Kalani、なんとKuana までギターをおいて出てきて、ちょっとだけ踊ってくれて、最後は女性出演者も交えて全員でフィナーレup
サイコーに盛り上がって、コンサートは終了~。
出演者のみなさん、ショーを作り上げてくださったみなさん、ステキな1日をありがとうございましたheart04

PS:午前中のワークからずっと、岐阜から駆けつけた norio-kun、yaji-kun、初めましての(メ)ちゃん、そして鎌倉の(モ)とランチ&お茶。お互いのクラスのこと、Hula のこと、K先生のこと・・・・とりとめもないおしゃべりも楽しかった~note
ネットやメールのやりとりもいいけど、直接顔を見て話す方が何倍もいい。また会えるのを楽しみにしています。今度は一緒に Hula を踊れるといいねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気立てのいいコ

気立てのいいコ
先日の酔っ払い日記sweat01にアップしたかった写真…

友人宅の一人娘ディアナです
なんとも羨ましい股関節の柔らかさ(笑)

あ、ちなみに彼女は
ベルジアン・タービュレンっていう種類のわんこです(あってるよね…)
大勢の酔っ払いに絡まれても怒らない
とってもいいコです
(逃げてはいたけど…coldsweats01

えーと
カメラマンの腕が悪くて彼女の愛らしさが表現できていないっannoy
と、親の mikachi からお叱りを受けるといけませぬので、
ディアナにごキョーミのある方は、
mikachi のブログその名も“Life with Diana”もご覧下され ↓

http://blog.goo.ne.jp/life_with_diana/

左サイドバーでもリンクしてあります~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元気がでる色

元気がでる色
オレンジは大好きな色

着るものはもちろん
大事なマイ・カヤックもそうだし
バラの花も赤やピンク色より、オレンジがかった色のほうが好み
それに何たって、元気が出るビタミンカラーだもん

最近ずっと脚の調子が思わしくなくて、いまいちな気分を引きずっている
おまじない代わりに、誕生石がついた指輪を左手にしてみたり

で、今日は指先を元気色にしてもらいました
オレンジと黄色と白を載せ、筆でスッスッとひっぱると…
なんだか、果物のオレンジの切り口みたい!
おいしそうな、フルーティーな指先になりましたよ

このおまじない、効くといいなぁ~smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なべ三昧

今日は自分のアパートではなく、葉山町内にある友人宅へ“帰宅”dash
海仲間が集まっての鍋パーティーsign01

水炊き、キムチなべ、豆乳なべ・・・・と、3種類のお鍋に生のワカメ、そしてお酒と気の置けない仲間がいれば、あとは何にもいらないくらい楽し~notenote

別にたいした話をしてるワケじゃないのに、なんでこうも愉快なんだろうと、この仲間といるといつもながらに不思議ダ。
クダラナイっていうか、遠慮のないやり取りができるっていうのは、いまどき貴重なことかもね。

で、気分のままについつい食べ過ぎちゃうんだよなぁ~。
自転車を借りて10分ほど漕いで帰ってきた今も、やばい・・・・
苦しい・・・・ちょっと“Aia La O Pele”でも4-5回踊って、お腹こなさなきゃ。
・・・・って、今動くのは絶対ムリng

あ~、しかも・・・・
写真をアップしようと思ったら、ケイタイを友人宅に置き忘れた~sweat01
あーらーらーらーらー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑っちゃイケナイのに

Auana や女王様をテーマとした曲とは違って、気性の激しい火の女神である Pele をテーマにした曲は、笑いながら踊ってはいけない。
イケナイんだけど・・・・

なぜか踊りながらの笑い声が聞こえる、チームのレッスン。
別に人のセイにするわけじゃないけど、Kane が加わると、なんか爆笑指数が上昇する気がする。
昨日のレッスンでも、踊りながら「(よ)しっ、(よ)しっ」だか「しゅっ、しゅっ」だか・・・・ミョーなかけ声(?)を出すものだから、Keisuke 先生も曲の途中で笑い出して、歌が唄えなくなる場面も・・・・

それに、ハタから見ていても彼らが難しいフリを踊っているのはわかるんだけど、フリを覚えるまでの動きがとりわけ面白いらしく。
否 Kane だけじゃなくて、Wahine もフリを覚えるまでは Keisuke 先生に笑われる→自分たちでも笑っちゃうというパターンが多いこと。
わたしも、教えてもらったばかりの5番のフリがなかなか出てこなくて、左右バラバラ・・・・周りが賑やかなのをいいことに、踊りながら「もーーーーーーーっっっっsign03sign03sign03」って叫んじゃったし。
あげくの果てには歌の途中で歌詞の代わりに「ちぃちゃんsign01 ちぃちゃんsign01」(ヘイ、ヘイsign01って感じ?)と先生に応援(?)されてしまう始末・・・・coldsweats01

日曜の夜に、ハードな踊りを集中して練習していると、ヘンにみんなだんだんハイテンションになってくるんだな。
でも、もちろん、笑ってばかりじゃないですよ。
先生からひとりひとり課題を出されて、2-3人ずつに分かれての自主練は(も)真剣です。
Kahea を言えるように練習する人、手の角度を直す人・・・・そしてわたしは、やっぱり昨日も3番の Kao のタイミングと、その後のハンドモーションを「練習っsign01」との指令。

とくに Kao のタイミングは Wahine 全員でもかなりシビアに練習した。おかげで自分がどんな風に出来ていないかがよくわかったし、レッスン最後にはなんとか直せるようになった(と思う)。
わたしの場合、左にキチンと体重を乗せてからスタートしてなかったから、みんなと動きがズレちゃっていたノダ。

ハンドモーションの方は、Pele と Hiiaka が火をつかんで投げる(!)ところ。
わたしは(ポ)と(タ)と一緒に練習したんだけど、Keisuke 先生いわく、「(ポ)の目線と(タ)のダイナミックさが合わされば、怖いものナシsign01」だそうで。わたしは二人からいいとこ取りをすればイイってワケですねwink
このフリは3番の見せ場でもあり、迫力を出したいところ・・・・(ポ)のアドバイスによると、わたしは姿勢が良すぎるとのこと。もっと前のめりにsign03

・・・・というワケで、昨日で“Aia La O Pele”のフリは一通り教えてもらいました。
レッスン最後の感想では、先生から「勢いもあるし、揃ってて、いい感じ」と。
だけど、「勢いがあって “丁寧に” 揃ってると、なおいいgood」とのこと。
特に女性は、見る人からそのへんを求められるからねって。
「でも、Kahea も入れてるし、難しいことをやってると思っていいよ」と励ましの言葉も。

フラシスたちとも「この曲ちゃんと踊れたら、カッコいいよね~heart04」と話してたりする。
「仕上げられたら、どこかで披露したいね」なんて言ってたら、どうやら来月末のイベントでそのチャンスがありそうです。
ますます頑張らねば~sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もうまいっ

今年もうまいっ
MK2月のプログラムは毎年、海藻がテーマ。

海岸を歩いて、打ち上がっている海藻を拾い集め、観察したりスケッチをしたり…そして、“おしば”作り。
今年も子ども達は思い思いの作品を、のびのびと楽しく完成させていました。

そして、海藻プログラムのもうひとつのお楽しみといえば…

地元葉山で採れた生ワカメの試食!
漁師の高野さんが採れたてワカメをたくさん分けてくださったのを、さっと湯がいてお醤油やポン酢、マヨネーズなどでいただきます。
こちらも、今年も「んまーい♪」

葉山ワカメの出来は、今季もよさそうで。
ワカメ、それから少し遅れてヒジキと、これからしばらくは“生”が楽しめる季節です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春…なのかな?

春…なのかな?
河津桜ちょうどみごろです

わたしの鼻のほうにも
春の気配がムズムズきているようで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週は

来週は
デパ地下にて
Keisuke 先生と Kane たち・・・・そして友へのチョコを買い込んできました。

ちょっとしたものでも、ギフトを選ぶって、なんか楽しい&嬉しい。

来週土曜日は、Keisuke 先生主催のバレンタインコンサート
そして、Kuana によるハワイ語ワークショップを受けてきます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Hawaii の誇り

今日は“Kalaunu”の最後のバース4番に入った。

1番では女王様は、たくさんのバラでできた芳しいレイを身につけ、
2番では光り輝くダイヤモンドのレイと絹のドレスをまとい、
3番では、人々の歓声を受けながら、真っ青なペルシャ絨毯の上を確かな足取りで進む・・・・
そして4番では、イオラニ宮殿の一番上に翻るハワイの旗が登場する。
Keisuke先生の解説によると、この曲に込められたメッセージは「ハワイをハワイのままに、ハワイ人のものにしておきたかった」という、リリウオカラニ女王の想いだそう。

リリウオカラニ女王といえば、ハワイ王朝最後の王様。彼女を最後にして、ハワイはアメリカ合衆国の一部となった。リリウオカラニさんがその折の切ない想いを愛する人にたとえて「さようなら、あなた」と、ハワイへの変わらぬ愛を歌ったのが、かの有名な“Aloha 'Oe”だ。
そんなリリウオカラニ女王を主題としたのが、今わたしたちが習っている“Mele O Ke Ke'ena Kalaunu”

1、2番のうちは、単に優雅で高貴な女王様を称える歌だと思っていたのだけど、なるほどそんな深い意味(想い)が込められていたんですね。
美しい、歴史ある自分たちの祖国=ハワイを誇りに思う人々の気持ちを、そのまま体現したのがリリウオカラニ女王・・・・ってことなのかな。
女王万歳、ハワイ万歳って。

う~ん、この曲はやっぱりキッパリと顔を上げて踊らなくては。
目線を落としてなんていられないです。ただニコニコしてりゃいいってモンでもなさそう。
そう、誇り高く。
現代に生まれた日本人であるわたしには、当時のハワイの人々の祖国に対する誇りを理解することはできないかもしれない。ケド、想像することはできる。
当時の空気を、人々の想いを、女王様の様子をせいいっぱい心に描いて、踊れたらいいな。
またまた、大切な曲が増えましたconfident

・・・・
曲練習の前のベーシック。今日は、全員で動き(タイミング)や高さをそろえることを丁寧に注意して練習。
先日来ベーシックにはナーバスになってたわたしだけど、今日はなんとかタイミングは合せられたみたい。先日丁寧にアドバイスをしてくれた(エ)が、今日も後ろからちゃんと見ていてくれたみたいで、帰り際に「今日は Kao よくなってたよ」って言ってくれた(嬉しい。ありがとー)

だけど、実は今年に入ってからずっと左脚の付け根が痛んでいる。
去年 Keisuke先生に泣きついたヒザの痛みは、最近は悩まなくなったんだけど、今度の痛みもケッコウ深刻。なにせ左足に体重が乗せられないのは、ヒザ痛の時の比じゃないsweat02
Kao の重心移動どころか、体重そのものが半分くらいしか乗せられないんだもんなぁ。
Hela のバランスが悪いこと、悪いこと。自分でもわかるほどに肩も動くし。
“Kalaunu”でも“Aia La O Pele”でも、ダウンの Hela は圧倒的に右、つまり左に体重を乗せるパターンがほとんどで・・・・涙
こんなところが痛むなんて、やっぱり何かヘンな動きをしているのだろーか。

(エ)にグチをこぼしたら「それもあって、この前 Kao がおかしかったのカモね」
そう、自分でも「何で突然?」って不思議だったんだ。
寒い間はムリせずじっと我慢かな・・・・気温が暖かくなったら、よくなりますよーに!
いやはや・・・・歳かしらねぇ~downdespair

・・・・
駅までの10分ほどの帰り道、(エ)が「だけど、チームで練習している人たち、この頃ずい分レベルアップしてるよ。みんなどんどん変わってきてて、いい感じ」って、嬉しい感想を聞かせてくれた。
そ、そうなのかな? そうだったら、嬉しいな。
最近は Keisuke先生からも、フラに厚みをつけるためのアドバイスをもらえることが少しずつ増えてきたような気はしてたんだけど。
(エ)は先日、Kane たちと一緒に大阪のクラスのパーティーに行ってきて、「人数も多いし、元々フラをやってて上手な人も多いよ」・・・・と、大阪のメンバーの頑張ってる様子を教えてくれた。
大阪や岐阜のクラスが月2回のレッスンで頑張ってるのに比べると、先生のお膝元の鎌倉はホントいろいろな面で恵まれてると思う。(Keisuke先生、鎌倉にいてくれてありがとー!)
よぉしっ、鎌倉もがんばらなくっちゃsign03

あ、でもその前に脚治さなきゃsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょうし抜け

UMAHANAさんこと大谷先生が表紙を担当なさっている“Urban Life Metro”は偶数月の1日発行。
今月出る号はかなり前から楽しみにして「絶対にゲットするゾ!」と意気込んでいた。
というのも、去年11月のアレンジメントワークのときにUMAHANA先生から
「(2月のは)パン屋さん特集だから、知っている人に小っちゃいパンをたくさん焼いてもらって、それでリースを作るんだ」
って、聞いていたから。
へぇ~、パンのリースってどんなんだろー??と大きく膨らむ想像・・・・

だけど、このフリーマガジンはとても人気があるので、メトロの各駅各改札に置くくらいの発行部数があるにもかかわらず、2-3日ですぐになくなっちゃう。
今までもゲットしそこなったこと数え切れず・・・・
なので、今日の仕事帰りにわざわざ有楽町方面に用事を作って回り道dash

・・・・したのに!
日比谷駅、銀座駅周辺全滅。日比谷線、有楽町線、銀座線、丸の内線すべてダメsad
「やっぱり利用者が多い駅はダメなんだぁ~」とガッカリdown
楽しみにしてたのになー。無いとわかると余計に見たくなるのが人情(笑)

でも諦めるしかないか・・・・と思い2-3の買い物などを済ませて、浅草線で帰るべく東銀座駅へ。
メトロのフリーマガジンだからって、都営線の駅にも置いてくれたっていいのに!なんて、言ってもしょーもナイことを思いながら地下通路を歩いて行くと、なぜかメトロのマークが目に入り。
そっかー! 東銀座って日比谷線も通ってるんだflair
東銀座なら人通りもそんなに多くないから、ひょっとしてまだ残ってるカモsign02

心の中でダーッシュして行ってみると・・・・
あ、ありましたーーーーぁcrying
さすがちょっと外れの東銀座、まだ数十冊が山積みになってましたgood
だ、だ、だけど・・・・・

090203_21460001

↑ フツーの表紙ぢゃんsign03
い、いや、もちろんっ、フツーにお花で作ったリースでも、とーってもステキなんですけど・・・・
パンで作ったリースに、あまりに期待が大きかったもので
フツーの表紙に拍子抜け・・・・
sweat01sweat01sweat01
・・・と、暦上冬の最後の日に、我ながらサブいオヤジギャグgawkで締めくくった、ULM顛末記でした。
チャンチャンnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »