« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

干し?!

干し?!
問題です…

写真のこれはナンでしょう?

切り干し大根??

…いいえ、違います。
正解は…

2月のワークで作ったヒヤシンスのレイでーす。
ドライになると、こんな風になるんですね~

ひゃぁ~水分がナイってコワイわぁ~shock
今夜のお肌のお手入れは、念が入りそうです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初舞台

横須賀さいか屋でのイベントを終えて帰宅しました。
はぁ~、何にもしたくナイ・・・・脱力。

初舞台は思ったほど、っていうか、ほとんど緊張することなく。
元々上がり症なものだから、ドキドキがいつくるか、いつくるか・・・・って思っているうちに出番になり。
心配だった着替えとおだんごヘアも、曲順が変更になって時間に余裕ができたおかげで焦らずにできた。
観に来ていてくれた木曜クラスの(ゴ)なんて、「ちぃさんのヘアスタイルが素敵でした~。みんな同じ形なんだけど・・・・」なんて言ってくれちゃってnote いぇいgood
研究&練習したかいがあったワscissors

さて、肝心の踊りのほうは・・・・

予想と違って、お客さんを遠くに感じ。
イス席の人には焦点合わせず、立ち見の後ろの列の人くらいを見てたからかな。
その中にひとり、ニコニコしてみててくれるオバさんがいて、目が合うたびに「大丈夫よ~」、「ステキよ~」って言ってくれてる気がして(勝手な解釈smile)嬉しかったhappy01

観に来てくれた森仲間の(つ)さんも、「フラのことはよくわからないケド、すごい迫力だね~。手や足の動きを見てると、すごい練習してるんだなーって、よくわかるよ」って、感想をきかせてくれました。
せっかくのお休みに遠いところをありがとうございましたnote(踊っているときに認識できてれば、もっとよかったんですケド・・・・coldsweats01

だけど、反省点はもちろん多々あって。
“Aia La O Pele”はフリをちょびっと間違えたし、“Kalaunu”2番では2回繰り返すところを、1回終えた後すぐバンプに入りそうになったし。
あと、やっぱりドレスのスカートが思うように持てなかった → 練習っdash
それから笑顔になりきれなかったなぁ~sad
もっと、スコーンとあっけらかんの笑顔で踊りたいのに。
よしっ、次回はがんばろーup

って、間違えたりしても意外なほどヘコまない自分にビックリ。(それも問題かsign02
こんなに度胸あったっけなぁ~・・・・とかね。
指先が冷たくなったり、手が震えたり、顔がケイレンしたり・・・・するハズだったんだけどなぁ。
もしかして、感覚がニブくなっている?coldsweats02
でも、ま、今自分にできることは出し切った感はある。
もっとできるハズって頭では思うけど、今日のあれが、今の自分の実力ってコトなんだろう・・・・と思ふ。

というワケで、次回は再来週の日曜日、藤沢の小田急で踊ります。
今日、初めて人前で踊ってみて、やっぱりやってみないとわからないことってたくさんあるなぁ~と思いました。よい経験をした、ってヤツですね。

Keisuke先生からは「“Kalaunu”は堂々としていたし、(全体をみて)みんな楽しく踊っているようにみえた」、「すごくキレイ、格好よく踊れてました。見ていて本当に嬉しかったです」ってsign01
先生に「嬉しい」と言ってもらえて、生徒としてこれ以上の言葉はナイなぁ~shine
がんばって練習してきてよかった。
そして、このチームでフラができること、ほんとうに嬉しいし、誇りに思う。
Kawaiola 鎌倉のみんなに、Keisuke先生に Mahalo nui.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花よりも なお

090326_13240002
昨日の午後、外出ついでに眺めた 日枝神社のサクラ
全体としては二分咲きってところ
開いた花は もちろん美しくて 心惹かれるけれど・・・・

実は こんな風な
いままさに、ほころぶばかりになっているつぼみを見つけたときに
よりいっそう気持ちが弾んだりするのだ

時が満ちて・・・・
若いいのちに特有のエネルギーを 内に秘め
期待いっぱいに ふくらみきって
でも 未完で

月ぬ美(かい)しゃは 十三夜

っていうのと同じで、
完成の一歩てまえの そんな姿に
もののあはれ  の味わいを感じるのかもしれないなぁ



写真のつぼみも 今日にはもう 花開いていたことでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いしき

今日はレギュラーレッスンだったけど、やっぱり意識は今週末に迫ったイベントにあって。
月曜昼クラスの(チョ)ちゃん&(ナ)ちゃんもキャッチアップに来ていて“Kapiolani”を練習していました。

まずはベーシック。
先生からの注意はとくになかったけれど、自分の中では目線をシッカリつけることを意識。
Kaholo のときは横にいる人の頭の後ろ、Hela のときは Hehi 同様、伸ばした手の外側・・・・という風に。自分の首筋に意識を向けて。
あとは、スカートの動きに注意を払った・・・・つもり。

曲練習。
“Kalaunu”のときは、イベントに出るメンバーはいつもの練習用パウの下にペチコートをつけて、しっかりとスカートを持つ練習。
個人的には、先生から「スカートは、もう少し下の方を持つといいよ」と、アドバイスをもらいました。
で、下から持つことにばっかり気をとられたら、今度は「そんなにあわてなくていいからねsmile」って。
そ、そうですよね・・・・この曲はゆったり、優しく、エレガントに踊らなければsweat01

でも、今日みんなで先生と相談したところ、今回はペチコートの長さはヒザ上くらいでOKということになり。
それならペチコートの裾が見えちゃう心配がないから、無理やりペチコートごと持たなくても大丈夫good ひとつ心配ごとが減りましたup

“Hi'ilawe”は3番までのおさらいと、今日は4番のフリを教えてもらいました。
3番のハンドモーション、とくに・・・・ン、パッsign01 ン、パッsign01 って開くところのタイミングを合せるのが難しくsweat02
だけど、「周りと合せようって意識しなければ、いつまでたってもゼッタイに揃わないよ」
レッスン最後の総まとめでも「僕が何回同じこと注意しても・・・・それよりも、(踊っているときに)何が起こっているかは、中にいるみんなの方がよく見えてると思うから・・・・」自分たちで意識して直していくようにしなくちゃ、ってコトですね。


あと“Kalaunu”については、目線の置き所がアヤフヤだったところを再度確認&一部修正。
そして、イベントの入場の仕方と最終フォーメーションが決まりました。
さて、あとは当日を待つばかり。
Keisuke先生も「あとは楽しみましょうsign01 はじめてだから緊張すると思うけど、良い緊張感にしよう」って。

わたしは・・・・踊れることに感謝して、踊れる喜びをせいいっぱい味わってこようと思います。
身体が自由に動かせることに
仲間のおかげで衣装や小道具が揃ったことに
フラを続けていかれる経済的、時間的余裕があることに
Keisuke先生や仲間たちがそこにいてくれることに
そしてなにより、今こうして生かされてあることに・・・・
Thanks giving all of the things with me.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

music class ♪

今月からフラ以外のレッスンにも顔を出している。
それは・・・・ music class ♪
ウクレレとハワイアンソングのレッスン。
教えてくださるのは、もちろん Keisuke先生。
参加しているのはスタジオ生だけじゃなくて、そのお母さんとか、職場の同僚とかも。

去年の4月だったかな?にスタートして、参加しているフラシスの(カ)に
「すごーく面白いよ~note ちぃちゃんもおいでよ~~~」と
最初の数ヶ月は何度も誘ってもらっていた。
けれど・・・・
楽器はホントにセンスなくてdown(フラだって、センスなんてもんは全然ナイけどsweat01
その頃はフラだけで精一杯で、その上ウクレレまで練習する余裕なんて、とてもじゃないけどなかった。

(カ)によると、愉快なメンバーだし、リラックスした雰囲気で、だけどハワイ語の勉強にもなるよ・・・・って。
他のメンバーに聞いても、フラと違って、どんどんいろんな曲をやっているみたい。
確かに、ハワイ語にはキョーミがあるし、ハワイアンソングもたくさん覚えたい。
歌を唄うのは、もともと大好きだしheart04

だけどウクレレはdespair・・・・って、やっぱり思ってたんだけど、ためしに Keisuke先生に
「ウクレレ弾かないで、歌だけ唄いに(教えてもらいに)行ってもいいですかsign02」って訊いてみたら、
あっさり「いいよsign01」って。

で、今日は2回目のレッスンでした。
前回と今回で“Hi'ilawe”を一通り終え、今回の後半では“Makee 'Alilana”に入りました。
先生やみんなが弾く心地よいウクレレの音色notesをききながら、お腹から声を出して歌を唄って、気持ちい~いhappy01
曲の背景や歌詞の意味、ハワイ語の使い方だけじゃなくて、発音まで教えてもらえて、期待以上に面白いup
もっと早くに参加すればよかった~dash

(コ)ちゃんや(モ)は、なんとかしてわたしにウクレレを弾かせたいみたい。
「ちぃちゃんが思ってるよりずっとカンタンだからsign01
「弾いたほうがゼッタイ面白いからsign03」などなど。
今日は(コ)ちゃんのウクレレを持たされて、一番カンタンなコード2つを教えてもらい
「ほら、もう弾けたgood この2つができれば“Hi'ilawe”弾けるんだゼnote

うん、たぶん面白いことはとーってもよくワカル。
だけどウクレレ始めたら、ゼッタイにハマる。自分の性格からいって、かなり重度に。
「先生がね、ウクレレはレッスン前日に少し練習してくればいいってさー」って(モ)は言うけど、
ゼッタイにそんなんじゃすまなくなりそう、わたしの場合。
フラやその他やるべきことがオロソカになるのが怖いので、当分は唄うだけにしときます。
それでも、じゅーーーーーーーぅぶんに楽しいからっhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラよりも

今度のイベント
フラそのものよりも、短時間で上手におだんごヘアにできるのか・・・・の方が心配のタネだったりするcoldsweats01

今日はイベント前最後のチームレッスン。
Wahine みんなで早めに集まって、どうしたら一番早く、美しく、かつ乱れないスタイルにできるか、鏡の前で研究。他の人がどんなスタイリング剤を使っているか、参考にさせてもらったりして。

フラを始めてから、それまで肩にも届かなかった髪を伸ばし始め、最近では久しぶりに会った友人たちから「髪伸びたね~」と言われるくらい長くはなったんだけど・・・・それでも肩甲骨辺りまでしか届いておらず、まだまだゴールは遠いdash
おまけに普段おだんごスタイルになんかしたことないから、大変sign01
材料はない(髪短い)、スキルはない、道具もいまいち揃ってないの、ナイナイづくしなのです。

だけど、慣れない手つきでアタフタしていたら、サッサと自分の髪をまとめたフラシスたちが、ピンや鏡を貸してくれるだけでなく、さりげなく近寄ってきてピンを刺してくれたり、「こうしたらどうお?」ってアドバイスをくれたり・・・・みんなありがとーcrying
最初(カ)に貸してもらおうと思っていたウィッグを使わなくても、なんとか自分の髪だけでまとめられそう・・・・かな?

「もうちょっとやり方考えようね」と言ってくれている(エ)と、木曜日のレギュラーレッスンの前に、もう一度リハしてみる予定。
今日みんなに教えてもらった小道具をそろえて、家で練習してみよう。
あー、衣装のことやヘアスタイルのこと・・・・ホントみんなに“おんぶに抱っこ”で
自分ひとりでは、とても出られなかったなぁと、つくづく思います。
仲間ってありがたいconfident

さて、レッスンの最後には Keisuke先生がイベントに向けた心構えをいくつか話してくださった。
その中で、「もしも髪とかがうまくいかなくても焦らないこと。間に合わなかったら2番から出ればいいことだし・・・・」と。
コンペとかじゃない、デパートのイベントなのだから、必要以上にナーバスになるな、ってことみたい。
そ、そーなんだぁ~。
それを聞いて、ちょっと気持ちがラクになりました。
あ、でももちろん、最初から踊りたいですから、“早着替え&おだんご作り”がんばりますgood
(それより、フラをがんばれ、って話ですねsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宝石のような時間

今日はOFのキッズプログラムの最終日、1年間の活動発表会でした。
いつもこのブログでMKと書いていて、わたしが関わっている葉山マリンキッズと
平日放課後の体育会系プログラムである葉山ニッパーズが合同で集まりました。

1年間どんな活動をしたのかを、キッズメンバーとご家族と一緒にスライドで振り返り。
そのあい間あい間に子ども達が“自分の一番!”を発表。
今日来てから何を言うかを考えたブッツケ本番でしたが、みんなしっかりと自分の言葉で話してくれて、正直いってビックリするくらい、みんな立派でした。
内容もいろんな活動のことに及んでいて、一緒に活動してきたリーダー冥利につきました。

スライドショーを見ていると、この1年間のいろんなことが甦ってきて・・・・
葉山ってホントにいいフィールドに恵まれた、素晴しい場所なんだなぁって、改めて葉山の魅力を誇りに思いました。この町を選んでよかった、って。

そして何より・・・・

小学校時代といえば、心も身体も目覚しい成長をとげる大切な時期。
言い換えれば、彼らにとっては一瞬一瞬が、かけがえのない貴重な時間。

そんな宝石のようにキラキラした

宝物のように貴重な時間を

たとえひと月に1日だけだとしても、ともに過ごさせてもらったことを
本当に 本当に 幸せなことだな・・・・

そんなことを噛みしめながら スライドを見ていました。
活動をしている最中には、なかなかそこまで気づけないのだけど。

子ども達みんな、ありがとう。
そして、大切なお子さんを預けてくださるご家族のみなさんにも、深謝です。
たとえ忘れてしまったとしても 消えることのない日々に。

090320_14300001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽっかりと

ぽっかりと
ふと見上げると…

かすんだ空に ぽっかりと

なんだか のどかな感じ~

飛行船って 春ににあう乗り物だなぁ

こんなのに乗って どこかへ目的もなく旅してみたいな・・・・
そんな気持ちになった 平日の昼下がりでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wool Free !

あったかいですね~sign01
昨日、今日は、とってもnote 嬉しーhappy02

家の中にいても、空気が和らいだのが感じられるし
水道のお水も温まってきました

朝食を摂っているとき、ラジオから流れる女性の声・・・・
「東京地方の予想最高気温は、20度。4月下旬から5月上旬の陽気でしょう・・・・」

というワケで、
重たい冬のコートはクローゼットにしまって
昨日は単のスプリングコート
今朝はGジャンをはおって出勤dash

コートやGジャンの中も
ニットではなく、コットンのカットソーやシャツにして
身も心も かる~くairplane  足取りも、ね。

頭の中も・・・・軽くっていいか~
春ですもんnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論理的思考

ボスの論文(10年以上前の!)を英訳中。

頭が・・・・
サビているdespair

インタースクールに通って勉強していたころによく思ったのは
英語は論理的思考能力の上に成り立つ言語だ、ということ。

日本語だと、この文とこの文をひとつの文章として繋げちゃうワケ~sign02
なんてのはザラにあるけど。
一文の中に主語がたくさん出てきたり・・・・coldsweats01

けれど
英語ではなかなかそうはいかない。
内容ゴチャマゼのへんてこな日本語を、そのままの文章として訳していって
見事に大バツもらったこと、何度もあります。

日本語の内容を(表現に惑わされずに)汲み取って
ときには分解し、英語らしく書き直す
日本語の持つニュアンスはできるだけそのままに。

「もしも著者が日本語を書くことができたら、こういう風に書くだろう・・・・」っていうスタイルで英語は訳すんだよ、とも教えられました。
もちろん、日→英のときも同じわけで。
それを聞いて、村上春樹は村上春樹らしく、吉本ばななは吉本ばなならしく訳されているんだろうか・・・・? と思ったものでした。
どーなんでしょうか、村上さん、吉本さん??
(読めばいいじゃん、って話ですね。はい)


なーんていっても、やっつけ仕事にそんなこたぁ言ってられね~。
ってか、そこまで要求されても、サビた思考回路ぢゃ、ムリっすからsweat01
仕事の締め切りは・・・・明日っdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼフル装備

昨日のチームレッスンでは、今度のイベントで着る Kahiko の衣装が届きましたhappy01
白いチューブトップに赤いパウ。
さっそくサイズをチェックするために着替え・・・・せっかくだからそのままの格好で、前回のレッスンで配られたレイも全部(頭、手足、首)つけてみて通しで1回踊りました。
Kane の(コ)ちゃんと(イ)さんもラフィアのスカート(?)とククイのレイを着けて、おぉsign01みんな、なんだかすごーく Kahiko っぽくてカッコいいgood

・・・・となったのは、Keisuke先生にレイの付け方を教えてもらったり、位置を直してもらったりした後の話。
そうじゃなきゃ、とくに Lei Po'o なんて「それじゃあシャンプーハット」とか、「なんかみんなカッパみたいだなぁ」(by(コ)ちゃん)とか・・・・さんざんsweat02

話がそれた。
わたしの衣装にはちょっとしたハプニングがあり、昨日はいつものTシャツで踊ったケド、あのトップで踊るというのはどんな感覚なのだろうsign02
試着した直後は、「落ちてきたらどーしよーsweat01」なんて不安の声も聞かれたけど、みんな大丈夫だったみたいです(大丈夫ぢゃなきゃ困るって)
っていうか、やっぱりちゃんと衣装を着けて踊ると気持ちがゼンゼン違う。
ボリュームがあるレイをつけて踊るのも新鮮な感覚だし。

だけど、Kane の方でパプニングsign03
“Hole Waimea”を踊り出してすぐのフリで、(コ)ちゃんの右手首のククイ・レイがパーーーンimpactって弾け飛びました~coldsweats02
見ていたわたしたちはもちろんビックリだけど、Keisuke先生も歌を唄いながら目をまん丸くしてました。
こんなこともあるんですね~。でもそれくらいの迫力があるって、スゴイup

そんなこんなで、昨日ので衣装はほとんどフル装備なんだけど、ただひとつ足りなかったもの。
それは・・・・スカートの下にはく、カボチャパンツsign01
カボチャパンツっていうのはもちろん正式名称じゃないけど、スカートの中が見えてもいいように着る、テニスでいうアンダースコートみたいな役目のパンツ。
ちょっとブカブカ&裾のところをゴムで絞ってあるので、「カボチャパンツ」というワケ。

Keisuke先生のフリはとくにクルクル回るので、カボチャパンツはゼーーーーーッタイに必需品sign03
“Aia La O Pele”のバンプの時なんて、自分のスカートがものすごーく持ち上がってるの、よーくわかるモン。
あのパンツをはくと、きっとまた感じが違ってくるのでしょう。楽しみ~note
(モ)じゃないけど、密かに憧れだったりしてsmile

・・・・
衣装をつけて1回踊ったあとは、練習用のシャツとパウに着替えて・・・・普段どおりの格好はやっぱり落ち着く、っていうか、気を使わなくていいっていうか。

昨日は曲順も決まって、本番どおりの流れで練習。Kahiko が4曲、Auana が5曲の構成になりそうです。
Keisuke先生のソロは新曲が披露されるみたい。ぜひとも観た~いsign03
ケド、その曲の間 Wahine は舞台裏で衣装&ヘアスタイルのお直し中。5分で着替えて、髪の毛をアップにしてまとめなきゃならないdash
Wahine も“Aia La O Pele”だけじゃなく、昼クラスの人は“He Mai No Kapiolani”を、夜クラスの人は“Kalaunu”を、Auana として踊ることが昨日決定~。
どちらもカレオの歌ですnote

“Kalaunu”はとくにスピンの部分を揃うように集中練習。
“Aia La O Pele”では先生からバンプの手先に注意をうけ、あとは「みんなもう少しリラックスして踊れるといい」って。
いくら“笑顔なし”で踊る曲とはいっても、あまり怖い顔して踊っててもdown
逆に“Kalaunu”は「笑顔happy01で」
わたしたちが踊っている横から先生が「ずっと口開いたままでいる(踊る)練習しておくといいよ」なんておっしゃるモンだから、みんな笑い出して。でも、それくらいの笑顔でちょうどいいのかもね。

さて、イベント前のチームレッスンはあと1回です。
29日には母をはじめ、友人も見に来てくれるみたい。
いよいよ迫ってきた感があって、ちょっとドキドキですheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふわふわレイ

ふわふわレイ
UMAHANA スクール3回目の今日は、カーネーションの Kui でした~sign01

お花の根元にあるガク(緑色の部分)を剥いて、というか、うまくまっ090313_19430001すぐ引っ張ると「スポン」 って抜けます。

写真右はひとつのお花を分解したところ。
(ガクが二つあるのはご愛嬌・・・・こうやって重ねると案外カワイイね~って、お隣さんと話していたのです)
広げたお花とガクの間にあるのはお花の根元部分にある子房。

こんな風にガクと子房を取り除いて、お花を広げる形で真ん中に糸を通すと…
ボリュームのある、フワフワなレイができます~happy01

090313_18590001 お花の色は何種類も用意されていて、好きなのを選べるんだけど、
わたしは…あえて赤やピンク系は入れずに、黄色20本と白10本にしました。
黄色といっても、中にはグリーンがかったのもあったり、白い花を広げてみると細くピンクのボカシが入っていたりで、写真で見るよりもビミョーな色合い。

最初はお花を壊しそーな気がしておっかなびっくりだったけど、だんだん加減がわかってくるものですscissors
今日は作ってる途中で大谷先生から「キレイだね」って誉めてもらえましたshine
嬉しーnotenote
「レモンミルクみたいだね」とも。

「カーネーションを使って同じ作り方をしているのに、色の組合わせによってずい分印象が変わるよね」と先生がおっしゃるように、みんなの前には色とりどり、個性的なレイが並びました。
白い花の縁だけ紫色したのも、広げてみるととってもキレイだったな~。
花びらの縁のヒラヒラが強調されて。

スプレーカーネーションはだいたいいつもお店に並んでいるし、色が選べるのが楽しい。わたしが今度使ってみようと思うのは、オレンジ色の小さめの種類。
今日と同じやり方で普通のレイを、そして poepoe で Lei Po'o を作ってみたい。
poepoe は色を混ぜても面白いかな。パターンがちゃんと出るようにして。


ベーシッククラスは Kui からスタートして、今までにデンファレ、ヒヤシンスとやってきましたが、今回でひとまず終了end
次回からは kupukupu を使っての Haku スタイルに入ります。レベルアップupだなcoldsweats01
でも、スクールも3回目の今日はだいぶ雰囲気にも慣れて、大谷先生相手にジョーダンも飛ばしてしまいました。
またここでも「最初はおとなしかったのにね~」って言われそうsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランス!!

今日の曲練習

“Kalaunu”のおさらいでは、とくに spin のところで上体が傾いたり、流れたり・・・・という点を注意されて、集中練習。
そこに気をつけて踊ってみると・・・・「止まってはいるんだけどさぁ・・・・なんかギコチナイよsweat01」と、お互いに苦笑。
で、みんなであれこれ話合いながら考えた解決策は、周りきったときに目線をシッカリと決めるsign03
正面なら正面、45度なら45度。
spin の後すぐに手や目線の角度を動かすところでは、どうしても流れてしまいがち。だけど、しっかりガマンしよー。

先生チェックを受けたときは、とーっても気をつけていたからOKgoodをもらえたケド、先生もおっしゃっていたように「いつでもできるようにしておかないと」
速い曲でもナンでも。
spin は Keisuke先生スタイルのポイントだもんな~。
今までやった中で spin が入ってない曲は皆無。
ってか、1バースに必ず1回は入るんじゃないsign02って勢いダモン。

でも家で練習していても、最初の1回は必ずといっていいほどヨロケる。
ヨロケないまでも上体がブレて、自分で「ダメsign01 もう1回sign03
大きな独り言が出る。
2-3回踊ると調子が出てくるんだけど、それじゃあ・・・・ねdown


あと、個人的には“Kalaunu”で「タメが足りない」と。だから「軽く見えちゃう」って。
ああ、久々に聞きました「軽いフラ」
1拍目をしっかりとタメること。
でも踏ん張らない。そして、この曲はエレガントに。
ふえぇ・・・・難しいsweat02


先週から入った“Hi'ilawe”の1、2番でも細かい注意点が満載。
顔の角度、手の形、そしてここでも spin、タメ・・・・
先生が注意してくださった「悪い例」を見ると、自分がどんなに“情けない”人になってるか?がよくわかりますsad

そんなワケで、まだまだ完成には程遠いけんだど、今日は3番に入りました~。
霧に隠れる部分のハンドモーション、強敵です。
(モ)は先生の動きを動画に撮っていたっけsmile
とりあえず・・・・3番はステップだけ練習しときマス・・・・ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月10日

今日、3月10日は

東京大空襲の日、というのが一般的なのかな。

だけど、わたしにとっては
大好きな祖母の誕生日。
明治42年生まれだから、生きていれば100歳になる。

祖母も
父も

命日よりも誕生日に、その人に想いを馳せることが多いのは
なぜだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Team Wahine debut♪

・・・・というワケで、近々に予定されているイベントのお知らせです。

3月29日(日)11:30~12:00 横須賀さいか屋
4月12日(日)18:00~18:30 藤沢小田急

今では Hawaii ブームというか、Hula ブームに乗って、どこのデパートでも年に一度はハワイアン・ウィークを開催するみたい。
催し物会場にショップを集めるだけじゃなくて、小さなステージを作ってプロのダンサーを呼んだり、いろいろなお教室がフラを披露する場となっています。
わたしも去年は横浜高島屋や日本橋三越に Keisuke先生のステージを観に行きましたnote
けど、まさか今年は自分がステージに立つことになるなんて、そのときはこれっぽっちも思わなかったなぁ~。

チームの30分枠のうち、わたしの出番は短い時間ですが、ご興味とお時間のある方はぜひ足をお運びくださいませ~note
まぁ、超地元でのイベントなので、たいていの方にとっては「遠い・・・」でしょうがcoldsweats01
でも、フラ暦1年数ヶ月のわたしの踊りはともかく(それでももちろんガンバリマスけどっ)、Keiki(子ども)達の Kahiko もあるし、ほかではあまり見られない Kane の力強いフラなどなど・・・・来ていただければ、いいステージをお見せできると思いマスgood
Keisuke先生のフラを観るだけも価値アリですよshine

Kane たちは今までも先生と一緒にいろいろな場所で踊ってきましたが、Kawaiola 鎌倉の Wahine がこれだけまとまって公共の場で踊るのは初めてといってもいいかも。
きっとたいていの方が抱いているフラ(ダンス)のイメージを少なからず変えるような、Keisuke先生カラーが出たステージになると思います。
わたしが初めて Kawaiola のフラを観たときがそうだったもんnote

春の日曜日、海辺へお出かけのついでにどうぞ立ち寄ってみてくださいねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

形になってきた

チームレッスン、今日は月末にあるイベントに向けて・・・・
フォーメーションが決まり

Ho'i (退場部分)を教えてもらい

Ka'i ~ Mele ~ Ho'i を通しで練習し

Wahine、Kane それぞれにレイが配られました。


今まで練習してきた曲が仕上がりに近づき、いよいよ全貌が明らかになったって感じ(大ゲサ?)
(コ)ちゃんの言葉を借りれば「Kahea も迫力punchimpactが出てきた」し、Keisuke先生からも「“Aia La O Pele”はかなり精度が高いup」とのお言葉。
ただし、まだ気になるところとしては「女性はバンプのターニングカホロの手をしっかり止めること。指先まで意識して」との注意を受けました。
確かに・・・・そう言われて自分の動きに気をつけてみると、普通の角度で回るときはまだいいんだけど、ぐる~んと半回転以上するときに勢いあまってキチンと止まってなかったsweat01
よし、気をつけよう!

あとは、今日教えてもらった Ho'i の動き。
慣れないステップだけど、キレイに揃えてできたらきっとカッコいい。
(エ)がやって見せてくれたのと(ホレボレheart04)、メリモの画像でイメトレしながら練習しよ~っと。

“Aia La O Pele”の他には“E Pili Mai”の2番のフリを教えてもらいました。
Kahiko と Auana っていう違いもあるけど、この曲は“Aia La O Pele”とは曲調が(もちろんフリも)ガラリと変わるので、気持ちの切り替えが大事。
でもまずはフリを覚えないことには・・・・
先生は「みんな基本的なポイントはできてるから、あとは・・・・練習!」って。

そしてレッスン初めにやったベーシックでは、
今日も Kao と Ami をしながらダウン~アップする練習sweat02
明日は筋肉痛確実です。


・・・・ってワケで、元々レッスン回数が少ないチーム。
本来なら次のレッスンは22日なんだけど、イベントまで秒読み状態で、来週日曜にも追加のレッスンが待ってますdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捕らぬタヌキの?!

昨日の mixi ネタにしたらケッコウ面白かったので、ブログにも書いちゃうケド

定額給付金が自治体によっては支給され始めましたね。
葉山はいつなのかなぁ?
制度自体には賛成しないけど、「くれる」ってものを断るつもりはありません。

もらったら何に使おうかなぁ~
美味しいもの食べるdelicious
旅行airplanedash
って人も多いみたいだけど。

使い方だけじゃなくて、どう使わせるか、つまりモノやサービスを売る方も
あのテこのテを繰り出しているようで。

わたしは・・・・どちらかといえば形に残る物の方がいいかなconfident
boutiqueとか
アクセサリーshineとか…

あ、でもエステもいいかも
お芝居観に行くのもいいな~note

どうせなら、ふだんはあまりしないこと
ちょっとゼイタク気分を味わえる物に使いたいかな。

・・・・なーんて書くと、独り者はおキラクでいいわよね~
などどいう声が聞こえてきそうですが・・・・
わたしだって最近はとくに緊縮財政で、
かなり物欲をガマンしているのですよ、これでも。マジで。
無駄遣い見直して、おやつも控えてるしさぁsweat02

だけど、それはそれ、これはこれ。
いくら日々の暮らしがキビシイとはいっても、給付金を生活費にあててしまうのは
なんだか味気ないっていうか、ワビシイっていうか・・・・
節約モードはそのまま続けるとしても、国からのお年玉みたいなモンである給付金は、
どーせなら、心も豊かになるよーな遣い方をしたいなぁ・・・・と思うワケです。

あ、もちろん、これはあくまでも、わたしの感覚であって。
生活費に当てるとか、税金払うとか、
それは人それぞれでいいと思うんですけどね。


さてさて、世間騒がせな定額給付金
あなたならどうしますsign02
(コメントお寄せいただけたら嬉しいですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血が騒ぐ♪

先日、銀座のわしたショップで買い物をしたとき店内にBGMとしてかかっていて、一耳(?)で気に入って衝動買いしたCD

パーシャクラブの6年ぶりsign01の新譜 “PAPIRU”
パピルとは・・・・八重山の方言で「蝶」のこと。

090304_17250001

暖冬と思っていたのに、3月に入ってからこんなに寒くなって、空を見ても重苦しいし、
こんな時は気分だけでも スカッとしたいsun  と思って聴いてみた。

う~ん、やっぱり・・・・いいgood
この1年はずっと、
ホントにずーーーっとハワイアンばかり聴いていて、
耳に入る音楽の9割以上は軽く超えていた。
当然、それまで大好きだった沖縄ゆかりの音楽も聴く機会が極端に減ってて。
・・・・だけど安心した。
沖縄の音楽を愛する気持ちは、わたしの中にちゃんとあった。

パーシャクラブの曲は、コテコテ沖縄って感じではなく、なんというのかなー、いろんなテイストがほどよく混じってて、一つのジャンルにはくくれない。
三線、笛、ギター&ベース、ドラム、指笛・・・・
基本、ノリがいいのは、もちろん。だって、わたし好みだもん。
とにかくカッコいい。

ちょっと沖縄方言をかじったわたしくらいのナイチャーでもわかる程度のウチナー口の歌詞も、耳に心地よいし。
オリオンビールのCMソングにもなった「七月節」や「東(あがり)バンタ」はゴキゲンup
そして、わしたショップで見初めた・・・・じゃなかった、聴き初めた「SHIRAHO」も goodshine
だけど、秘かに一番心に響くのは、しっとりと聴かせる「浜千鳥」だったりする。
これ聴くと、必ず 泣けるconfident


冬空を吹き飛ばしたいimpact と思って聴いたパーシャのCD
その効果は思った以上で
沖縄の空が、風が、光が、匂いが・・・・よみがえってきて チムドンドンドンっheart02
いてもたってもいられないほど気持ちが膨らんでしまった~

「沖縄行きたぁーーーーーーいぃぃぃっdash

いや、今すぐ行っても、わたしが思い描いている(夏の)沖縄ぢゃないから・・・・
と、自分に言い聞かせておりますがcoldsweats01
あー、今年は久しぶりにエイサーの時季に合せて渡沖するかなぁsign02
今年の旧盆って、いったいいつsign02
うわ、マジでその気になってきたぁ~っdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼クラスと夜クラス

昨日のキャッチアップレッスンには Wahine が総勢8名参加。
木曜夜クラスはわたしを入れて3人、月曜昼クラスから4人、それと月・木の両方に参加している(カ)だ。
昼クラスと夜クラスでは練習している曲が違う。
ので、それぞれに分かれて自主練習。

わたしは・・・・前回、前々回とお休みしてしまった(ミ)ちゃんが、(ネ)の指導のもとで“Kalaunu”4番をおさらいし、新曲“Hi'ilawe”の1、2番を覚えるのにおつきあいして一緒に踊りつつ、自分でもひとつずつフリの確認。
初めての人に教えていると、アヤフヤな点が洗い出されてきて、なかなかにタメになる。
前回 Keisuke先生が丁寧に教えてくださったにも関わらず、細かい手の角度とか、ダウンの高さとか・・・・(ネ)と違う風に覚えていたりして、それを先生に確認できただけでも「キャッチアップに参加した意味あったねgood

先生チェックでは個人的に“Kalaunu”の3番で、手の出し方に注意を受けました。
「自分自身がダウン→アップしている時は、手が下から出てこないように」って。
だけど“Hi'ilawe”の方は「(ミ)ちゃんは覚えること、何回かやれば覚えられると思うよ。(3人に向かって?)いい感じ」との言葉。
自分でも今回のレッスンでどうにか形にできたかも?って感じをつかめたかな。
やっぱりキャッチアップ参加してよかった。

昼クラスの人たちも“He Mai No Kapiolani”を細かくチェック受けていました。
わたしたちの“Kalaunu”とはゼンゼン違う雰囲気の曲で、カッコいい。ちょっと大人な感じ。

さて、キャッチアップは元々 Kane のレッスンにおじゃましているので、Wahine は20時半まで。
そろそろ終わりかな?・・・・と思っていたら、Keisuke先生が「(ネ)とちぃちゃんは、もうちょっと待ってて。チームの曲ちょっとやるから」って。
ぎょ、チームの曲っsign02
そーだ、まだ覚え切れてない“E Pili Mai”も練習したかったんだった~sweat01(忘れてた~)
と思ってあわてて(ネ)に向かって「あーだっけ? こうだっけ?」とフリの確認・・・・してるの、Keisuke先生にはバレてたかしら?coldsweats01

だけど練習したのは、Kane も一緒に“Aia La O Pele”で。
昨日は Kane が主役の日なので、彼ら3人の後ろにそれぞれ Wahine が2人ずつタテに並んで踊ったんだけど・・・・。
(イ)さんの後ろの(カ)は「(イ)さん凶器だよねsign01」なんて言ってるし(動きが大きくて手が飛んできそうな勢いだったらしい)、(コ)ちゃんの後ろだった(ポ)は彼の動きにツラれて Kane のフリを踊ってしまったらしく、大爆笑sign03
わたしは(ジュ)くんの後ろだったんだけど、彼があまりに大きいので目の前には彼の背中しか見えず、手足の動きが目に入ってこなかったので、影響を受けずにすみましたcoldsweats01

だけどこの曲、ホントに笑わずに踊り通すことできるんだろーかsign02
Keisuke先生はプロだからビシッgoodと決めちゃうんだろうケド、わたしたち・・・・特に Wahine は初舞台の人がほとんど。
爆笑はしないまでもニヤけちゃわないよーにしなきゃ~sweat01
本番はキンチョーでそれどころじゃないかしら??

ところで、レッスンを終えて帰るとき、昼クラスの人たちが「夜の曲いいね~」と羨ましそうに言う。
わたしは「そう? “Kapiolani”カッコいいじゃん」って正直な感想を伝えたケド、「そうかなぁ・・・・」、「ねぇ?」って顔を見合わせている。
確かに、他の人がやっている曲は新鮮だし、ステキに見えるんだろうな。
以前夜クラスでもグループによって別々の曲をやっている頃は、「その曲いいね~」なんて声が聞かれたっけ。

わたしは「あっちの曲の方がいい」って思ったことはナイけど(自分の曲にカナリ愛着を持つからsmile)、自分も覚えたいな~と思うことはしばしば。そんな余裕はナイのだけどsweat02
他の人の曲がいいと思えるのも、それだけ Keisuke先生の選曲とフリが魅力的ってコトなんだろうな、と思う今日この頃なのでした。
Kane の曲だって「いいnote」と思うモンねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を見つけに

金曜日は雨、今日もまた冷たい雨。
そんな二日にはさまれて、久々に晴れた昨日、葉山と横須賀の境界あたりをお散歩してきました。
昨日は今年度最後のMKリーダー研修。
午後からSHの裏山ともいえる峰山へ出発。葉山に住んでいながら、わたしにとって初めてのルートにはさまざまな発見がありました。090228_14330002

道路沿いのお家の庭にはツバキやウメ、モモが咲いていて、メジロたちが忙しそうに蜜を吸っています。小鳥たちも、雨続きの先週はお腹をすかせていたのでしょう。
道路から舗装されていない山道に入ってしばらくすると、竹やぶに囲まれた畑が見えてきます(写真右)
自分が住んでいるすぐ近くに、こんなにのどかな里山風景があったなんて・・・・confident

畑にはブロッコリー、ソラマメ、ハクサイなどが植えられ、菜の花の黄色が鮮やかです。
畑の向こうにはウメの花が満開。その姿が見える前から香りがただよってきてました。

にゃんこ達も、陽だまりでウトウト・・・・。
平和だ・・・・happy01
足元の道端にはオオイヌノフグリの大群落。写真では色が出ていませんが、真っ青なじゅうたんのようです。
春だねぇ~sun
090228_14220001_3 090228_14330001

細い山道は先週の雨で少しぬかるんでいましたが、足跡がたくさんつけられていて、この路を好んで通る人が多いことを知らせています。
しばらく進むと木の間越しに水面が・・・・その名も大池。
でもちっちゃい(笑)

小さいけれど(小さいが故に?)護岸などされておらず、周囲を冬枯れの林に囲まれて、幽玄な雰囲気。
なんとなく小網代の森に似た雰囲気で、「やっぱり三浦半島なんだなぁ~」
交通量の多い幹線道路から20分くらいで、こんなに静かな場所にエスケープできる・・・・いいとこ見ぃ~っけたnote
090228_14430001 090228_14560001

写真上右は稜線から眺めた三浦半島南側。
真ん中ヘンに見えるのが久留和の港。
三浦半島の向こう側には房総半島もクッキリ見えました。

そして、昨日のベストショットはこれ ↓
090228_15410001
菜の花ごしに光る海。
黒っぽく浮かんで見えるのは尾ケ島です。
昨日は海もホントにおだやかで、沖を行くカヤックものんびりモード。

午後だけのショートハイクでしたが、その割には変化に富んだいいルートで、海と山がほど近い葉山の魅力を改めて見直したお散歩でした。
途中、リーダー研修らしくアクティビティも織り交ぜられ、みんなで俳句をひとひねりしました(ハイク de 俳句?!)
というワケで、わたしも一句。

曲がるたび
きらめく水面(みなも)
香る花

おそまつでしたsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »