« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

ウード&ダルブッカ

友人の発表会。
今日はダルブッカ → アフリカっていうか、中東の太鼓です。
ちなみにウードというのは弦楽器。丸ぁるいちょっと見は琵琶みたいな形をしていて、弦は11本(?おそらく)。胴の部分が後ろに半円形に膨らんでいて、小柄な人は抱えるのも大変そうな。

090531_16460001

写真は出演者のみなさんのダルブッカ。
どれもこれも意匠を凝らしたデザインで、とってもステキshine

ダルブッカもウードも、わたしにとって生の音を聞くのは初めてだったので、前々からかなり楽しみにしていました。
会場の下北沢アレイホールにはぎっしりのお客さん。
外国の方もチラホラ。日本の方もなんとなくエスニックな服装だったり、小物を身につけていたりで、無国籍な感じ。
特に出演者の方たちのファッションには、エスニック好きなツボをビシビシとくすぐられてしまいました。
だけど、アジア物はよく見るけど、アフリカ・中東系の物って、みなさんどーゆーところで手に入れてらっしゃるのかしら。興味シンシン。

さてさて、声をかけてくれた友人はダルブッカの方を習っていて、今日は Tabla show というウォーミングアップみたいな感じの楽しいショーと、ダルブッカだけのアンサンブルに出演。
かぶりつきのお客さんもいる中で、震える指先から緊張が痛いほど伝わってきたけれど、ほどなく笑顔も出てきてホッとしました。
いつもはアクセサリーもお化粧も控えめな彼女が、今日は黒地に赤い刺繍のステキなロングシャツにきらびやかなサンダル、赤いダルブッカを抱えた姿はとっても輝いてました。
好きなことをしている姿って、ほんとうに魅力的。

音楽の方も、もちろん魅力的で。
聞けば「ああ!」・・・・どこかで聞いたことのある旋律、リズム。
ベリーダンスの伴奏にもなる音楽は、やはり「この音にはあの踊りなのだろう」と納得させるものがあり、フラも含めて、音楽と踊りとの深い関係について思いを馳せました。

生徒さんたちの演奏も、趣味の域を超えているのではないか?と思える方が大半で、ほんとうに3時間があっという間だったのだけど、最後に登場したそれぞれの楽器の師匠のセッションは、やはり圧巻。
何事もそうだと思うけど、プロというのは、素人が見たり聞いたりしても「ゼンゼン違う~」とわかるものなのだなぁ・・・・と。
スゴイことやってるのに、なんとも軽々とやってのけて、力が抜けていて、心底楽しんで。
そして、人を楽しませるnote

打楽器って、シンプルだけど奥が深い。
同じ物を叩いても、人によってどうしてあんなに違う音が出るのか。
一つの音しか出ないのに、どうしてあんなにバラエティに富んだ音楽が作れるのか。
聴いているとリクツ抜きで体が反応する・・・・やっぱり、打楽器、大好きかも。

| | コメント (0)

手よりも足!

昨日は3クラス合同レッスン。
レイナホク公演のために Keisuke先生がしばらくおルスになるので、その前の最後のレッスン。月曜昼、木曜夜の Wahine と Kaneが集まったので、いつも以上に熱気ムンムン(笑)
そういえば、昨日はチームレッスンで日曜日にしか会わない月曜クラスの3人に「今日はドレッシーじゃない」とか「なんか雰囲気が違う」とか「今日は女らしいね」とか言われてしまいましたcoldsweats01 
昨日は一応仕事帰りですから・・・・わたしだっていつもTシャツ&Gパンにビーサン履いてるワケぢゃないのよ~smile 

さて、ベーシックの後はどのクラスもアウアナをそれぞれ練習。残念ながらカヒコはお休み。
わたしたち木曜クラスは“Papalina”を。
1、2番のおさらいでは「スカートの動きに気をつけて。全員で動きが揃えられるように」との注意を受ける。先生が他のクラスを見ている間の自主練習は、狭い部屋を出て廊下にて。
昨日は(エ)は月曜クラスの人たちと一緒に練習していたから、木曜組は自力で(?)課題の解決。
廊下でたて一列に並んで、スカートの動きが合ってるかどうか、一番後ろの人が見ている・・・・っていうのをやりました。

最初は特に、一ヶ所だけあるダウンアップのところで「動きバラバラ」と、見ていた(ネ)の指摘。
ということは、ダウンする高さやタイミングがバラバラなのではないか?とみんなで知恵をしぼり・・・・自分がどう動いているかを各自よーく考えてみると・・・・やはりアップするタイミングが2通りに別れることが判明。「このタイミングが違うと、腰の動きも変わってくるよね」ということになり、みんなで統一。この点は以前(モ)が先生に確認したというので、自信をもってup
わたし達にしては珍しく論理的に(?)自主練習を進めた結果、キレイにそろえることができました~flair
いぇい、(エ)がいてくれなくても、ヤレバデキルじゃん、わたし達good

さて、先生との練習では3、4番~エンディングのフリも教えてもらいました。
3番はちょっと変則ステップが入るケド、やっぱり基本はカホロオンリー(Keisuke先生のフリにスピンが入ってないなんて!笑)
ということもあり、最後に、「今は手を気にするよりも、足に気をつけた方がいいかも」とのアドバイス。各自で重心移動(つまり、それがスカートの動きに現れる)を意識すること、そしてそれを揃えること。
よぉし、レイナホクが終わって先生が帰っていらしたときに「おsign02 よくなったじゃん」・・・・って思ってもらえるくらいになっておきたいね~、みんなup
わたしも、最近は木曜と日曜のレッスンに向けてフリの練習でいっぱいで、家でのベーシックにあまり時間をかけていなかったから、これからの2週間はベーシック中心にやってみよう。

自主練習の合間には部屋に戻って他のクラスの練習を見学。
月曜クラスはスロー&エレガントな曲“Lei Ola'a”をやっている。それを見ながら「わたしたち(木曜)はゼッタイにやらない(先生がやらせない?)曲だよね~」なんてみんなで話してました(笑)
同じ鎌倉なのに、どーしてこうもカラーが違うのかしらね~coldsweats01
木曜組はどちらかというと“A 'oia”の方が合ってるカモ。これこそ Wahine にはやらせないと思われる曲だけれども。
でもこれ(前にも書いたけど)曲も楽しいし、フリも楽しいnote
とくに2番のサビの「Weeha!」のところはみんなのお気に入りで、そこだけ Kane と合わせて一緒に踊ったりして。
そんなところにも月・木の違いが際立って・・・・木曜クラスのメンバーはほぼ例外なくカネのまねして喜んでるのに、月曜の方はそんな人はひとりもおらず・・・大人だわぁ~(笑)

だけど、カネのまねをするのもいいケド(先生公認?)、自分たちの曲をしっかり踊れなきゃシャレになりませんっdash
来週木曜は(エ)を中心として自主練習。みんなでしっかりバッチリがんばりますので、Keisuke先生安心してレイナホク・ツアー行ってらっしゃいませ~happy01

090529_20380001 本日のおまけ:レイナホクのチケットが来ました。
鎌倉と新宿に行く予定です。
楽しみ~notenotenote
半券の裏を見れば、Keisuke先生のサインが。
プレミア付くかな?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗いたての緑

洗いたての緑
雨降りはキライですか?

それなら、こんなところに行ってみることをお勧めします。
木をたくさん感じられるところ…
針葉樹や照葉樹でもいいけれど
この場合できればやはり落葉広葉樹がいい

今日この道を選んだのは正解
雨に洗われた緑にいっそう眩しく目をうばわれました。

ここは赤坂にある氷川神社
すぐ近くに事務所があったときからお気に入りの場所で。
もっと大きくて有名な明治神宮とか日枝神社なんかよりも、
スピリチュアルな“気”が感じられます。
こういう場所にこそ、神は宿る…
そんなことが当たり前に信じられるような

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場放棄?!(笑)

午後は休みをもらって、日本橋三越の Keisuke先生とマリアのショーを観に行ってきました。
先月の町田ではマリアの手の先しか見えなかったから、今日はそのリベンジを兼ねて。
Keisuke先生のフラを観るチャンスも、できるだけ逃したくないしnote

職場から日本橋までは地下鉄で1本。
だけど、1回目の開始13時にはギリギリ間に合わず、会場はすでにすごい人・人・人。
せっかく休みを取って来たのに、町田の二の舞かdownと思いきや、2回目のステージでは幸運にも立ち見最前列をゲットdash
しかもマリアの斜め45度というベストポジションで・・・・何度も目が合って、もうドキドキheart04
いや、気のセイじゃなくsign01 わたしを見て笑ってくれたよっsmile

Keisuke先生も踊りながら気づいてくださったしnote
あとで「ちぃちゃん笑って見てるのが、踊りながら見えたよ」って。
そりゃあ、先生のフラはいつもながらに見せ場たっぷりで楽しいし、先生とマリアのフラを間近に見られて嬉しいし、おまけに平日の昼間に仕事休んで観てるだなんて・・・・これが笑わずにいられるでしょーかhappy02
だけど、ああやってステージの上にいらっしゃるのを見ると、よく知っている・・・っていうか、Hula や music のレッスンで一緒に笑いころげている Keisuke 先生とは別の人のようでもあり、でもやっぱり先生で・・・・なんだかフシギな感覚を覚えマス。
ま、ナンダカンダいってやっぱりカッコいいのです、はいgood

そしてマリア。
今日は彼女のステップまで全身じっくり動きを見ることができて、幸せでした~shine
なにもかもがステキすぎて、自分のフラにどう生かす・・・・なんて次元じゃナイんだけど、でもイメージを焼きつけるのは、きっとプラスになるよね、と信じて。
来週、レイナホクでマリアのフラをまた観ることができるのが、とっても楽しみheart04heart04


というワケで、今週末から始まるレイナホク。
鎌倉公演は水曜日。もしかしたら、ハワイからのゲストのためにレイメイキングができるかも・・・・sign02ということで、1日休みを取ってしまいました(笑)
え? 仕事サボりすぎ??
いえいえ、リフレッシュしてその後の勤労意欲を高めるために休暇があるのだとしたら、こんなに“正しい”有給休暇の使い方はナイsign01と自負しておりますデスsmilegood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーチマネー

昨日もわんぱく大学の子ども達とカヤッキング。
昨日は先々週来たのとは違うメンバー。
長者ケ崎往復のカヤッキングを終えて長者ケ崎海岸に戻った彼らは、自然発生的にビーチコーミング。
その気持ち、わかるわかる♪

その中にひとりビーチグラスを熱心に拾う男の子がいて。
うんうん、やっぱ最初の拾いものは、それだよね~♪

で、どういう話のキッカケだったかは忘れちゃったんダケド、たぶんビーチグラスがあまりにキレイだから、彼はきっと価値アルものに違いないと思ったのだろう・・・・「これってお金になる?!」っていう話になって。
だからわたしは彼にビーチマネーの話をしてあげた。

ビーチマネー。
ここ湘南(葉山を湘南というかどうかは、また別の問題として・・・・笑)では、ビーチグラスをお金の換わりに使えるお店がいくつかある。
詳しくは以下のサイトを見ていただきたいんだけど、↓

http://www.eco-surf.com/beachmoney/index.html

拾ったビーチグラスを趣旨に賛同するお店に持って行くと、数十円~100円くらいの値引きがしてもらえるという仕組み。
使えるビーチグラスは基本的に、どこかが3センチ以上の大きさであること、角や表面がほぼ100%削れていること。
システムが始まったころは、色によって価値が違っていたけど、今では色は関係なく、評価額(?)もお店に任されているよう。

もちろん際限なく使えるワケではなく、各お店でルールを決めているし、使う方も良識の範囲で使うのは当然。
そもそもこのビーチマネーは使うことを目的としたワケではなく、ひとりでも多くの人に海辺へ行って、ゴミを拾い、そのついでに持ち帰ったビーチグラスで何かできないか?というコンセプトで考え出されたものだそう。090526_21260001

わたし自身もまだ使ってみたことがないビーチマネー。
ショップのリストを見ると、逗子葉山のお店が少ないのが寂しい。藤沢・茅ヶ崎が盛んみたい。
この夏は逗子の moomoo's さんあたりへ手元にあるビーチグラスを持って行って、ソフトクリームを食べてみようかな?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りの香り

つけていると必ず「いい匂いだね」といわれるフレグランスがある。
わたし自身もとても気に入っている香り。
数年前はほぼ毎日のようにつけていて、洗濯をしたシャツにもほのかに残るほどだったその香りを、久しぶりにつけてみた。

今日も海に出た後、
キャッチアップレッスンに行く前にシャワーを浴びて、
なんとなく、
気分で、
数本あるフレグランスの瓶から、これを選んだ。

090524_23420001

“Antonia's Flowers”

Lazy Susan から出ている定番だ。
いわゆるフローラル系、つまりローズ系統の香りが苦手なわたしでも、これなら別。
花の香りといっても、大好きなフリージアみたいな香りがする(と、自分では思う)
愛用しているのはシリーズのうちのオードトワレ。
Asolute になると、とても濃厚に甘ったるくなって、NG。
「これ同じシリーズなの?」って思っちゃうくらい。

だけどオードトワレはトップノートこそちょっとアルコールくささがツンとくるんだけど、ミドルノート、そしてラストノートがなんとも柔らかく、フルーティーなフローラル。

今日もさんざん汗をかいた後で食事に行っても、隣に座った(ネ)に「ちぃちゃん、めっちゃいい匂いheart04」ってクンクンされちゃうくらいでした(笑)
彼女はかなりな匂いフェチなんだってsmile

このところ、ずっとお気に入りのデイリーユースはブルガリの“OMNIA crystaline(クリスタリン)”
ちょっと気分を変えたいときは、同じくブルガリの“Eau parfumee au the blanc(オーテブラン)”を選んできた。
ブルガリのフレグランスはシャワージェルとか、ボディクリームとか、ウェットティッシュみたいなのもシリーズで出ているから、なかなか便利good

あ、あとお気に入りでハズせないのが、ダビドフの“Cool Water”
これは男性用と女性用と両方をそろえて、気分によって使い分け。
for woman もいいんだケド(女性用が好きな男性もいるみたい。ブラッド・ピットが愛用していて話題になりました)、わたしは男性用を使うことの方がダンゼン多い。
これはホントにその名の通り、水みたいな感覚で、ほとんど香りをつけているという意識はないくらい。シャワー後にさっぱりシャッキリつけたい感じ。これからの汗をかく季節にもピッタリかな。

とまぁ、実はフレグランスが大好きなわたし。
アウトドアで会う友人たちは、わたしがフレグランスをつけるというと意外な顔をするケド、仕事に行くとき、友人に会うときetc・・・つまり外遊びをするとき以外は、必ずといっていいほど香りをまとう。フレグランスをつけないと、なんだか洋服を一枚着忘れたような気分になるノダ。
うーん、やっぱり評判いいみたいだから、またアントニアズ復活してみようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉っぱだけで編む編む

今日のUMAHANAスクールの花材はクプクプのみ。
前回はお花を入れて Haku スタイルで編みましたが、今日はあえてお花は入れずに葉だけで編む練習です。だから正確にいうと、今日のは Haku ではなく、Hili スタイルということになります。

クプクプが一人に100本用意されていて、まずは25本で試作。
先生に出来上がりを見ていただき、注意点を教えてもらって、また25本で2回目のトライアル。
そして最後に残り50本で本番を編みました。

葉っぱだけで編むと、自分が何をしているかがとても見やすくて、今日はそのための練習って感じ。
ひたすらひたすら・・・・葉っぱだけで三つ編をしていきます。
レイメイキングって、ゴマカシがきかないっていうか、植物って正直だな~っていうのが、今日レイメイキングをしながらの感想。
自分がやったことが、そのまま結果として現れるんですね~。っていうのが、今日葉っぱだけで編んでみて、よーくわかりました。

葉っぱでしっかりと前の葉っぱを押さえ込むこと。
これができていないとお花を入れたときにシッカリ編めなくて、お花が抜けやすくなったり、レイが折れやすくなったり。
でも、手を動かしていくうちに、だんだんと「あーすればこうなる」っていうのが、自分なりにわかってきた気がします。力の加減とかもね。

それに今日、UMAHANA先生からもらえたコツは大きなポイントでした♪
キーワードは「フリーにしておく」
キッチリしっかり編むといっても、全部が全部、いつもいつも力を込めて持っていなければいけないワケではなく。メリハリ大事。

090522_21180001左の写真は、左から1回目、2回目、本番です。
ちょっとは進歩しているのがわかりますか?

上手なレイは、まず
①葉っぱの角度が揃っていること。
ヘタをするとだんだんと広がってきちゃうのですが、そうならないように、重ねるときに角度を優先しておき場所を決めます。
②葉っぱが平らになっていること。
しっかり押えられていないと、編んだハズの葉っぱが立ち上がってきちゃいます。




ああ、フラもこのくらい結果や進歩を“客観的に”見ることができたらいいのに!(笑)

来月は早くもベーシッククラス前半の最終回。
お花を入れてクプクプで編みます。
それまでに「イメージトレーニングしておいてね!」と、UMAHANA先生。
レイメイキングでもイメトレは大事です。


本日のおまけ:今日のUMAHANAスクール
五反田のアトリエの壁は今、こんな感じ。
090522_21220001
GW中開催していたイベントの名残が写真になってたくさん貼られています。
中には先生が初めて作ったという記念すべきレイの写真もありますよ~。
わたしはイベントにはいかれなかったけど、写真たちを眺めていると、嬉しい・楽しい様子がほんわか伝ってきます。
来月はここで Kuana の Hula Papa 'Ike クラスがあります(わたしはもちろん参加)
そして同じ日の午前中には Napua Greig のフラのワークショップが、やはりここで行なわれるそうです。うわぁお!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

し過ぎに注意!

最近は22時まで使える会場でのレッスンが多い。
木曜レギュラーレッスンは一応それでも21時までなんだけど、だんだんと終了時間が延びてきて・・・・このところはチーム並みの22時ギリギリまでやっていることが多い。
それだけ Keisuke先生が熱心に教えてくださっているということであり、生徒としては1分でも長くみてもらえるのはホントにありがたいこと。
なんだけど・・・・

22時近くまでとなると、ストレッチと着替えの時間を除くと約2時間半。
今日は人数も少なくて、ほぼず~っと踊りっぱなしだったsweat01
ラスト30分くらいになると、まず体力(脚力)が限界に近づき、ステップでつまずいたりすると、とたんに集中力もプツっと途切れる。

今日も最後のおさらいで“Pupu”と“Na 'Ale”のNi'ihau songs を踊った。しかも2回。
この前フリが完璧じゃなかったから、家で練習してできてたハズなのに、つまずいた。2回とも・・・・情けナイ。
“Kalaunu”もパーフェクトじゃなかったし、悔しいったらありゃしない。

先生からは「“Pupu”と“Na 'Ale”を踊れるように思い出しておいてね」とのこと。どこかで踊るのかな~?
だけど“Pupu”の Ha'ina は練習している当時からテンポについていけてなくて、「(仮にも)できたflair」と思える前に次の曲に入ってしまったので、消化不良のままだった。
なんとかして、できるようにしておかなくちゃdash

こうしてレパートリーがだんだん増えてくると、同じようなフリでステップが違うパターンとかももちろん出てくるワケで。今日もそういう間違いしたけれど、これはよっぽど集中してかからないとダメだなぁ~。
1曲、1曲、気持ちの切り替えというか。


さて、曲練習は先週からの続きで“Papalina”の1番のおさらいと2番のフリを新しく。
新メンバーの(サ)と、今日はまたまた新たに体験の方がいらしてたので、その方も一緒に。
この曲はステップはカホロだけなので、手のフリの方で少しレベルアップバージョン。
腕を伸ばした方へ少し肩を入れる・・・・ってやつ。

わたしが陥りやすいワナ(?)っていうか、よくやっちゃうパターンは「やり過ぎる」ってこと。
先生がおっしゃったことを「やりすぎ」ちゃうのね。
「腹筋を伸ばす感じ」と言われて、そっくり返っちゃう・・・・みたいな。
だから、この「少し肩を入れる」ってのも、やり過ぎないよーに注意しないと。
上体の軸はキープしたままにしておかないと・・・・例の「素人っぽいフラ(あるいはオバさんフラ?!)」になっちゃうsweat01

“Papalina”は今日は残りの3番、4番の歌詞も教えてもらいました。
最近、歌詞の説明をしているときに突然の質問攻撃があるから、油断していられナイ(笑)
今日もイキナリ「この単語の意味は?・・・・ちぃちゃんsign02」ときたから、あせったさー。
答えられたからよかったケド、今度から歌詞をもらったら意味を調べておくクセをつけておこうsmile

ところで“Papalina”は典型的なハワイアンソングっていうか、Kaona がしっかりある曲で。
歌詞を直訳しただけでは、どーしても意味的にスッキリつながらなかったりする。
なんでここで急にサカナが出てくるのsign02ってな感じで、ハテナマークいっぱいのメンバーもいて。
先生も言葉を濁して「想像にまかせますsweat01」っておっしゃるけど、それでも「えー、わかんなーい」なんてね。
うーん・・・・みんな、あんまり追究するのはやめておきましょうね~。Keisuke先生困っちゃうからcoldsweats01
っていうわたしは、先週チラリと教えてもらった背景をもとに「想像」して解釈したつもりだけど・・・・得意の「想像し過ぎ」だったら、どーしよーcoldsweats01 
きゃーsweat01sweat01sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の海開き

今年の海開き

近所のバス停に、こんなん貼りだされてました。


そうか…今年はだいぶ遅いんだ。

ま、わたし的には一年中海は開いてるから、あんまり関係ないけれども。
ちょっと寂しいね。

そういえば、例年7月下旬にやる逗子の花火大会が今年は8月末になってたし、このあたりの観光の方針が少し変わったのかな?

あ、ちなみに森戸の花火大会は7月23日になってました。
くーっ、なんで木曜日!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い浮かべつつ

ベーシックの後、Tシャツを着替えずにはいられない季節になってきました~sweat01sweat01

今日のベーシックは、いつもと比べて特にキツかったワケじゃないけど、ひとつのステップを長めにやり続けるのはいつもと同じ。
だけど、自分としてはいつも以上に課題を意識してみたつもり。それぞれのステップで、少しずつチャレンジしてみたっていうのかな。カホロの足の運び&タップに意識を向けるとか、ヘラの腰の向きだとか、レレウェヘでバウンドしないようにとか、ウェへでいつもより少しダウン → 絶対に上がってこないようにとか、そんなこと。

そんな意識を今まで以上に強く持ったのは、もちろん、先日見たカムエラの影響。
先生に言われなくても、自分で少しずつ負荷(課題)をかけていかないと、進歩しないモン。
で、辛くなったら・・・・心の中にカムエラのフラを思い浮かべる。これ、当分使えそうsmile
今日もさっそく、ウェヘをやっている時、ずっとカムエラのこと考えてたbearing
上手くなりたかったら、たとえ冗談めかしたとしても、泣き言や文句は言うまい。
レッスン前の筋トレも3セット目をやれといわれれば、黙ってやる! 上手くなりたいなら。

上手くなりたいなら、Keisuke先生が「やれ」とおっしゃることは黙ってやろう。
それが、今回、改めて心に決めたこと。

なーんてエラそうなこと書きましたが、今日はターニングカホロで後ろの肩が下がることを注意されました。これはスカート持っているときの話。
手のフリをつければ、平行ラインをキープできるみたい。ただし手のフリをつけた時は、肩を入れるのに気をつけないと。

曲練習は、カネも一緒にカヒコを通しで。
なんとなく、ペレ3部作(?)の全貌がオボロゲながら見えてきたような・・・・。
Keisuke先生プロデュース一大スペクタクル・・・・みたいなsmile

だけど、最近家で練習するのは“Ke Ha'a La Puna”と“Holo Mai Pele”ばかりだったから、“Aia La O Pele”の1回目は1番で pua を作っちゃったり、kalakaua のところが hela になっちゃったり、あげくの果てには大きな声で kahea を間違えて、chanter(= Keisuke先生)を惑わせちゃったり。あの時たまたま近くにいらしたもんだから・・・・Keisuke先生、ごめんなさーいsweat02

そして今日は、ワヒネにはまたまた新たな課題 → chanting
つまり、唄いながら踊るワケです。
この前の木曜レッスンから“Ke Ha'a La Puna”のバンプの時に唄う、というのをやって、ただでさえ息があがるカヒコなのに「キツいなぁ~」と思っていたんだけど。
今日は“Holo Mai Pele”でもバンプで chanting が入り。さらに!
2番の最後でも唄う箇所が・・・・

バンプの部分は歌詞も比較的カンタンだから、息さえ続けばクリアできるんだけど、歌の部分は歌詞自体が難しくて、カンタンには覚えられない。
いや~、先日2番のフリを教えてもらったときに、先生の歌が入らないこの空白部分は「どーするのかな~」と思ってたんだけど。
で、その部分の歌詞を見て「もしかして、これ唄うのっ???」って内心ドキドキしてたんだけど。
悪い(?)予感というのは当るものデス。く~っ、シビれるぅ~!

レッスン中に歌詞は覚えることができたんだけど、いざ踊ってみると・・・・出てこないdown
練習っsign03

レッスン最後に Keisuke先生からの感想では、「フラのレベルとしては上がってきてる。というのも、足はほぼ揃ってきた」とのお言葉。
ただし、「手はまだ揃ってない。やろうとしているのはカンタンなこと → ただ(1と3を)止めるだけ。だから止めるようにしてください」と。

当然だけど、課題がどんどん増えていく。
自分なりのステップの課題。
ベーシックを曲に生かすこと。
複数の曲のフリを同時に、確実に覚えてくること。
カヘアや歌詞を覚えて、発音にも気をつけること。
そして、みんなと揃えること!・・・・
あげたらキリがないくらい。
で、全部をいっぺんに考えるとパニックになりそうだけど、ひとつひとつこなしていくしかナイのかな。

Keisuke先生が求めるものをクリアできたら、きっとカッコイイもん。
そんな自分の姿を想像して。
Keisuke先生や(エ)のフラをイメージして。
そして、クジケそうになったらカムエラを思い浮かべて!
よぉ~っしdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパリナ・続き

え~、おととい「詳しくは改めて」と書いた、木曜レッスンの振り返り。
このところ、フラ(or ハワイアン)関係の頻度が高くて、フラ以外の話題を求めてブログを訪問してくださっているみなさん・・・・ごめんなさい。
最近、ちっとも森に行ってナイしなぁ~。

ま、とにかく。
おとといやった新ステップは

Ki'i Waiwai
Ku'i
Welina
Ami Kuku(普通に2回まわした後、すばやく3回まわす)
Ami Hema(左回しのアミ)

Ki'i はだいぶ以前に一度だけ習ったことがある。メリモの映像を観ててもよく出てくるステップのひとつ。
Ku'i は先日のキャッチアップレッスンでやって、その時(イ)さんに合わせて踏んだから、タイミングは覚えてた。今日はその時より、Kao の重心移動をいれることに気をつけて。
Welina は“酔っ払い”っていう意味のステップで、ちょっと千鳥足風。片足の踵をドンってしながら、同時にもう一方の足でインサイドキックをするのが、ちょっと難しい。これは昨日のカムエラのカヒコでばっちり見ることができたステップ。Keisuke先生のとは、キックする足の向きが少し違ったけれど。
Ami 2種類は・・・・練習あるのみ。(他のももちろん練習するケド)

おとといのベーシックの時は前列真ん中にいたので、目の前で先生のステップを見ることができて、超ラッキー。
新しいステップはもちろんだけど、その前のいつものステップも参考になりましたgood
久々に先生の Kaholo も見られて、ちょっとしたことだけど「flair」 と気づくところがありましたよ。
それと Ami ・・・・いつもは鏡を見ながらスカートの動きをみんなとあわせることに気をつけているのだけど、今日は先生と同じ動きをすることに集中。やりながら心の中で「Keisuke 先生、スカートはいて欲しい~」と思ってました(笑)

曲練習は、カヒコの Ka'i ~Ke Ha'a La Puna の復習、Hi'ilawe の復習。
そして Papalina Lahilahi の1、2番の歌詞をやって、1番のフリを練習。
この曲の1番は珍しく Kaholo オンリー。ダウンアップもナシ。
今月から新しく参加している(サ)も一緒だからかな。
でもだからといってアナドルことなかれ。そうとなれば、Kaholo を磨くチャンスでもあります。目指せ → 美しく、コンスタントで滑らかな重心移動note

そして最後に全部の曲をもう一度通したあとに、流れてきたのはなんと“Pupu O Ni'ihau”~“Na Ale O Ni'ihau”
みんな・・・・ボロボロで・・・・笑うしかありませんでしたsweat01
わたしは大きく抜けているところはなかったケド、手を上げるのを左右間違えたりcoldsweats01
たまに昔の曲をやるのも、その頃の気持ちを思い出せて、いいものデス。
たまには、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カムエラ♪

鎌倉芸術館で行なわれた Hula Halau O Kamuela のショーを観てきましたsign01
一緒に並んで観たのは、(カ)&(コ)ちゃん夫妻(今日は姫はおルス番なんだって。内緒っていうケド、ゼッタイにバレると思うよ~smile)、(ナ)ちゃんに(モ)。
離れた席には(イ)さんと(ネ)の姿も見え。

後でガッカリするのは嫌だなと思って、そんなに期待してなかったの、正直言って。
だけどだけど、もう・・・・大・大・大満足でした~notenotenotenotenote
一番お安いランクの席にしては、超いいポジションだったしgood

たっぷり1時間の充実した内容。全部で何曲踊ってくれたのかな・・・・
ダンサーも次々と入れ替わりで出てきたから、全部あわせると30人はいたと思う(註:後日 Keisuke先生に聞いたところ、ダンサーは総勢21人だったそうです)。
オープニングは去年と何年前だかのカヒコ、そして“Na Ale O Ni'ihau”に、今年のアウアナなどなど・・・・ぜひ見たいと思っていた曲は全部見せてもらえたsign03
何度も何度も映像で観ているメリーモナークのあの曲、この曲。
当たり前だけど、衣装もそのままsign01
だけど、これ映像じゃないよっ、生だよっっっhappy02

メリモ観ててファンになったダンサーの人も来てて、それにも感激。ついつい彼女ばかりに目がいってしまふsmile
身を乗り出すようにして、息を止めて観ちゃうから、1曲終わるごとに脱力・・・・
だけど次の曲が始まると、また見入っちゃうのよね~。

そうそう、バックのバンドには当然のように Weldon Kekauoha その人がいて。
大好きなアルバム“Ka Lehua 'Ula”の中から何曲も演じられました。
覚えてるだけでも・・・・

Ka Lehua 'Ula(群舞)
Lei Ho'oheno(ソロ)
Ka Nani A'o Kilauea(群舞)
Ku'u Hoaloha(群舞)
Piukeona(デュエット)

こう考えると、このアルバムって、カムエラのための1枚のようで・・・・。

デュエットはクム・カウイと、来年 Miss Aloha Hula に出場するというミカちゃんが踊ったんだけど、ものすごーっく息が合ってて、ステキでした~。テンポのいい曲をあそこまで合わせられちゃうと、ホントにね、観ていて不思議な感覚になります。
バレンタインコンサートのときの、ブランドン&ジョイにも匹敵する1曲だったなぁheart04

群舞ももちろん、とってもキレイでshineshine
ハイテンポの曲も、スローな曲も、全員のタイミング、角度、スカートの動き・・・・ぜーんぶ揃ってて「はぁ~lovely」・・・・ため息しか出てこないup
ダウンが揃うって、こーゆーことかぁflair ってね。
あとステップと手の表情の美しさね。
昨日習ったばかりのステップも見ることできたし、あととくにスピンねっ。
今更だけど・・・・やっぱり正確なステップって、超大事。ベーシックがんばろうっと。

それやこれや、別々にひとつひとつを観てもキレイなのに、それが揃ってるんだからsign03
(モ)じゃないけど、「どーなってんのsign02 なんだあれsign02」ってカンジ。

ハナホーはダンサーが手にレイをたくさん持って客席に下りてきて・・・・わたしたちもみんなでアピールしたけど、通り過ぎられちゃいましたcrying
・・・・と思ったら、ステージに戻るときに一人のダンサーが、一番通路側にいた(コ)ちゃんにレイをかけて、しっかりハグしてくれましたよflair
もう、彼は大喜びheart04 終演後には会場をスキップして、(イ)さんに見せびらかしに行ってました(笑)
娘に内緒で来てるってのに、あのレイどーするんでしょーね~bleah

ハナホーの曲は“He U'i”
カウイがステージ最前列に来て、客席に向かってフリを指導(?)
即席ワークショップみたく、会場全員で踊りました。
だけど、カウイのフリも見たいし、ダンサーも観たいし・・・・どっちを観ればいいのかジレンマに悩んだよcoldsweats01
ホントの最後はお決まりの“Hawai'i Aloha”の合唱で締めくくり。
いや~、ホントウに大満足なショーでした。行ってよかったnote

この感激を、今後どう自分のフラに生かすか・・・・それがモンダイだsweat01
「行った甲斐があった」と思えるよう、少しでも変われるよう、イメージをしっかり焼きつけて・・・・練習がんばろうっとdashdashdash

PS:カムエラの前、第一部には日本の3つのハラウの方々がフラを披露してくださって。寺部先生のポーポーハウはさすがのキレイさでしたconfident
とくに、どのハラウもグレイシャスな方々がとってもステキで・・・・歳を重ねたからこその丸味というか温かさが伝わってくるフラでした。自分もあんな風に、あのくらいの歳までフラを楽しんでいきたいと思ったし、歳を重ねるってステキなことなんだと心から思えた。ダンサーのみなさんに感謝ですheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パパリナ

今日もみっちりレッスン~
今日もヘロヘロです。
新ステップ3種類と、アウアナの新曲をやりました。
“Papalina Lahilahi”です。意味が深~~~~~~い曲ですsmile
女のわたしには理解できましぇん。

今日はもう遅いので、詳しくはまた改めて!
明日は カムエラ です!! 
楽しみ~~~~~
午前中の仕事は手につかないな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜定休ナリ

今日のmusic lesson にラフな格好をしていったら、(カ)が「ちぃちゃん一度家に帰ったの?」と訊いてきて。
「ううん、今日はずっと葉山」と、わたし。

そうなのです・・・・最近は週休3日の身分
「4月から月曜日来なくていい」ということになり
別に、よく働くゴホウビというワケでは、もちろんナイ
休みが増える → お給料が減る・・・・という図式
不況の波がこの身にまで迫ってきたワケですshock

いずれはアルバイトを探さなきゃと思ってるけど、今のところは平日休みを満喫する気持ちの余裕がまだあるみたい。
4月からこっち、季節モノの入れ替えや家の片づけを丁寧にしたり、今まであまりに手をかけてこなかったお料理に時間をかけたり、平日昼間のお出かけを楽しんだり。

で、今日は午前中、OF関係のアルバイトsmile
都内のスポーツクラブで働く方がカヤック講習を受けにいらして、そのサポート。みなさんカヤックは全く初めての方ばかりでした。
今日は曇り空ながら、午前中は風もほとんどなく、海はベタベタ。
おまけに平日の海は貸切状態note
「あー、昨日がこうだっったらsign01」と思ってしまうくらいのカヤック日和。

なもので、無事に講習をおえた後も、マイカヤックだけは浜にそのまま置いておき、ランチを食べた後で再びひとりで出艇。だって、こんな絶好のコンディションを、ちょこっと漕いで「ハイ、終わり」じゃ、もったいないもんsign03

090511_14100001 まずはお約束の尾ケ島へ。
ここも独り占めして、しばらく岩の間をうねうねと通り抜けて、気分はジャングルクルーズ(?)

大潮の今日は、ちょうど正午くらいが干潮。お昼を過ぎてもまだまだ 浅くて、狭いルートを通り抜けるのはいいパドルさばきの練習になりました。
水の透明度も申し分なく、照り返しがない分、水中の様子がよーくみえましたよgood





090511_14120001 ← 長者ケ崎を、今日は横須賀側から・・・・

今日は朝から濃霧注意報が出ていたので、ご覧のようにかすんで見えます。
昨日は一日中富士山までも見えたのに、今日は江ノ島すら見えませんでした。

ひとしきり尾ケ島で遊んだ後は、一色海岸方面へバウを向け、かなり沖を通って芝崎手前まで。
帰りは海岸線沿い~小磯を通過して長者ケ崎海岸まで戻りました。

遠く一色海岸でロールの練習をしているのが見えたストイックなカヤッカー以外は、カヤックには出逢わず。
午前中はパドボーする人、アウトリガーを漕ぐ人などもいたけど、風が上がってきた午後は漁師さんと、趣味で釣りをする人くらいしか海に出てなくて、まわりに誰もいないのをいいことに、知っているハワイアンソングを片っ端から唄いながらパドリングnote
あ~、平日のお休みってスバラシイheart04

さてと、来週はなにをしようかなぁ~smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わんぱくたちと

昨日はMKと磯の観察
今日は都内の自然体験活動の受託で、やはり小学生たちとカヤッキング
2日間とも、30度近くまで気温が上がり、日差しはもう夏
こうなると、悩みのひとつが、日焼け(なにを今さらsign02
いやいや・・・・ビーサン焼けで通すか、テバサンダルの跡も付けてしまうか・・・・これが大きなモンダイでsmile

GW最後は閑散としていた葉山の海も、この週末はニギヤカでした。
だけど、今日の長者ケ崎海岸にはマリンジェットがたくさんいて。
おまけに風も強かったから、子ども達だけで乗った舟は迷走しがち。
子ども達とのカヤッキングには少々気を遣いました。

でも子ども達はみるみるうちに上達して、牽引することもなく、みんな無事に長者ケ崎に上陸。090510_22030001
数日前に海が荒れたおかげで、長者の磯にはピカピカの宝貝がたくさん見つけられましたshine
これは神様からのプレゼントだね。
とくにハナマルユキの方は一番数も多かったし、かなり大きなものも拾えて・・・・ほとんどを子ども達にあげてしまったので、手元に残ったのはこれだけ。


上天気のおかげで気分が下がらなかったから、あまりそうは感じなかったかもしれないけど、都会っ子の彼らにとってはけっこうタフでしたよ、今日の海。
自分たちの力だけで漕いで、たぶん、こういうことの繰り返しが、成長する過程で大きな自信、自己肯定につながるんだろうな・・・・と思います。

一方、リーダーは・・・・
海のプログラムに関わるにあたって自分で決めたオキテを、今回はふたつとも破って当日を迎えてしまいました。
オキテ破り その1.前日夜のアルコール
        その2.睡眠不足

ま、前夜のあの楽しいひとときを思えば、仕方ナイか・・・・smile090510_13260001
短時間のプログラムで、ホントよかったです。
明日も午前中だけの短時間集中、大人4人の参加者で、スタッフ(せ)とカヤックを出します。
明日は一色海岸方面かな。

よしっ、今日は早く寝るぞーdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オ・レ!

森仲間の(く)ちゃんはダンサー。
幼少の頃はバレエ、長じてからジャズ、そして今は日本舞踊とフラメンコ。
そんな(く)ちゃんのフラメンコの発表会がありました。

090509_20500001

「1曲目から出る」とメールをもらっていたので、最初に出てきた10人ほどの顔をじーっと見つめて、隣にいた友人夫妻と「あの人かなぁ~?」
なんか雰囲気が違う気もするし、でもこの中にいるとしたらあの人が一番それらしい・・・・「きっと今日はバッチリメイクをしてるから顔が違って見えるんじゃない?」なんて話していると、曲の途中で新たなメンバーが登場。

で、その中に・・・・いました! メイクしてるからわかんないカモ・・・・なんて思ってたケド、実際に見てみれば、まぎれもなく彼女で、他の人と見間違えることはナク。
当たり前かもしれないけど、顔や体型だけじゃなくて、雰囲気とか姿勢とか、しぐさとか・・・・踊っていても「その人となり」って出るんですね~。
これは自分に引き換えて考えても、ちょっとオソロシイことでもありますcoldsweats01

さて、フラメンコというものをちゃんと観たのはこれが初めてだったのですが、まず1曲が長いことにビックリ。
もちろん群舞でもソロでも通しで踊るパターンもあるんだけど、曲の途中でメンバーが出たり入ったり、上手から引っ込んだと思ったら、また下手から登場・・・・みたいなパターンもありました。ハケる時は頭の上で手を叩きながら退場するのね。

フラとはぜんぜん違う文化、異質の踊りだけど、体のキレとか手の表情とか目線の決め方・・・・いろいろと参考というか、刺激になった部分も大きくて。

衣装の華やかさにも目を奪われました。カワイイものからセクシーなデザインまで、色使いもキレイでheart04
スカートを持つのがフリの重要なポイントなのはフラ以上で、フラメンコの場合は持ち方にもっといろんなバリエーションがあって、このスカートさばき・・・・上手い人は何気なくやっているようにみえて、実はとても難しいんだろうなぁ~。ウェディングドレスみたいに後ろに長~く裾が伸びている衣装もあったっけ。

(く)ちゃんの踊りを観ながら友人達と「フラメンコ、(く)ちゃんに似合ってるよね」と話してました。観るまでは情熱的、“肉食系”なイメージがあるフラメンコと彼女が、どうも結びつかなかったんだけど、観て納得。
(み)ちゃんは「みんなやっぱり自分に似合うものを選ぶんだね~」って。
それって、わたしのフラも当てはまっているのかしら??smile

3時間以上のステージは、でも長さを感じさせない構成で、最後はショー仕立てになっていて、とーっても楽しめました。曲の背景や内容がわかると、きっともっと面白いんだろうな。それもフラと同じですね。
今日は群舞だけだったけど、将来(く)ちゃんがソロで踊るのを楽しみに待ちたいと思いますnote

終演後は、ロビーにて宝塚風メイクの(く)ちゃんとご対面。
その後は、打ち上げが控えている(く)ちゃんとは別れて、仲間とご飯&お酒を。
メンバーの中には日舞、タップ&ジャズ&ストリートのダンサーがいて、わたしもいっぱしフラの顔をして、ダンス談義に花が咲きました。
ホント、楽しい夜だった~note
誘ってくれた(く)ちゃん、ありがとうsign01
次の発表会でさらに成長した姿を見るのを楽しみにしてますheart04
あ、日舞の方もねwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バージョンアップ

このところレギュラーレッスンとチームと両方で練習している“Ke Ha'a La Puna”
昨日はレギュラーだけ参加のメンバーが(エ)とおさらい練習をしている間、チームの4人は Keisuke先生から細かいポイントを丁寧に教えていただきました。
手の角度とか伸ばし方、重心の入れ方、姿勢のとり方などなど、より「それらしく」するポイントというのかしら。
最近は細かいところは(エ)と練習することが多くて、先生とこういう時間を持つのは久しぶりだったので嬉しかったな~。

それとは別に個人的に注意を受けたポイントは、手をCの字に丸めて目や口に添える形。
ヒジが下がらないように・・・・っていうのもそうだけど、わたしは手の形そのものに少々難アリで。親指が言うことをキカナイんだなcoldsweats01 まったくsign01
思えば、“Melelana”の頃からクセが直ってない。
波や花のモーションは苦手意識を持って練習したから、なんとか形になってきたケド、これは盲点っていうか、ブラックホールっていうか。意識的に練習するのが難しいsweat02
腕を真っ直ぐ伸ばすのを見事に克服した(タ)みたく、わたしも日常のフトしたときに、とっさに maka の手とかやっちゃおうかしらsign02 かなりアヤシイけどsmile

全体で練習したのは、バンプの turning kaholo。
ひとつは手首のリフトアップ。
もうひとつは少し肩を入れて上体にタメを作ること。
これはアウアナでもカヒコの時も、どちらでも。
ベーシックのときに気をつけていたのと異なる点もあって、先生に質問したら「今日やったのはレベルアップバージョンup」だって。
ふむふむ、今回のキーワードは“バージョンアップ”ですね。
ひとつステップアップにチャレンジだけど、ちゃんとできたらカッコイイsign03 と思うと練習し甲斐があるというものgood ガンバローdash

難しいことにチャレンジといえば、昨日は Ka'i の新バージョンもやりました。
曲は以前と同じ“Ho'opuka E Ka La”だけど、エアラの部分が長くて、おまけにまったく初めてのフリも入っていて、みんな形が決まらなくて大爆笑。
だけじゃなくて、その部分でカヘアを入れて間をおかずに“Ke Ha'a La Puna”に入るという・・・・「覚えること、もうひとつnote」って言われてから3つくらい新しいことが続いて、みんな目が宙をさまよってましたcoldsweats01
おなかいっぱいだよね~。

でも昨日はカヒコの曲が入ったCDがもらえたので、家での練習もしやすくなることでしょう。
CDで改めて曲だけ聴くと、“Ke Ha'a La Puna”も“Holo Mai Pele”も、ホントいい曲。
特に“Holo Mai Pele”は今まで全部(3バース)を通しで聞いたことがなかったけど、ノリもいいし(アップテンポだからねsmile)気に入っちゃった。
フラの練習をするでもないのに、こうしてPCに向かっている今もリピート演奏して聴いています。Keisuke先生の声もGOO~good
初めて Keisuke先生のことを知った Asia でのパーティーで、先生のフラを見るよりも先に歌を聴いて「ステキだなぁ~」という印象を持ったのを思い出します。
その先生の歌でフラが踊れるっていうのは、そう考えると、かなり幸せなことだnote
精進、精進up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰も~ いない海~(笑)

ゴールデンウィーク最終日
だというのに
今日の海は・・・・
090506_14150001

なんなんだー、この寂しさはっsign01
ホントに5月sign02 夏に向けてまっしぐらな季節なのかっsign02
と叫びたくなるような、あんまりな景色であります。

そんな中、都内にある福祉施設の方がスノーケリングの練習をしにいらしたので、わたくしもサポートスタッフとして海に入りました。
OF代表いわく「今日は海も空いてるし、サイコーですsign03
うう~・・・・そう言っても・・・・水は冷たいよdown

こんな天候でコンディションが思わしくないので、2回に分けて講習することに。
フィンキック、立ち泳ぎ、最後には船べりからエントリーするまでを練習。というのも、彼らは来月、御蔵島へイルカと泳ぐツアーに行くので、今日はそのための講習なのです。
なので、1時間ほど海の中に入っていても、ほとんど魚などを観察することもなく。
今日は透明度はかなりよかったのですが・・・・でも、まぁ、動いてないとすぐに体が冷えてくるので、今日はこの方がよかったのカモcoldsweats01

参加者は1時間、スタッフは2時間・・・・水温は17度くらいかなぁ~?
実際はもっとあったかもしれないけど、それくらいの体感温度でした。
5ミリのウェットスーツ(かなりヘタっているので、正確には5ミリはナイんだけど)にフードベストを着ていても、さすがのわたしも手足の先が感覚なくなりかけた。上がって見たら、手のひら紫色だったしsweat02

でも、みなさんよくがんばりましたgood
フードもなくて、素足の人もいたのに、泣き言ひとつ言わずに一生懸命練習して、スゴイです。
御蔵島ではたくさんのイルカと遊んでもらえるといいですねnote

やせ我慢じゃないけれど、久しぶりに全身で入った海。気持ちよかったぁ~happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンド アンド

上大岡で開催中のハワイアンイベントに Kina& Kalani のショーを見に行ってきました。
彼ら兄弟のフラを、わたしは今年のバレンタインコンサートで初めて見ましたが、その時に彼らの大ファンになった(モ)とともに、整理券をゲットするべく10時開店と同時に入場。無事に170枚のうちの3枚を手に入れました。
これって、Keisuke先生のショーのときよりも気合が入ってたってコトsign02・・・・ Keisuke先生ごめんなさーいcoldsweats01 (えーと、だって町田と上大岡じゃ、行きやすさが違うんだもん・・・・)

13時のショーまで時間があるので、午前中のステージを鑑賞することに。
出演は小川先生のハラウ。前半15分がケイキたちで、後半が大人。
大人も子どももカネダンサーが出てきました。とくにケイキの6人の中には去年ハワイのコンペで優勝したマスターケイキフラがいて。どの子も上手なんだろうけど、彼はダントツ上手かった。
大人のカネダンサー4人の中には、先日プカプカのライブで一緒だった人がいて、(モ)と二人で「あの人~up」って、声に出さずに盛り上がりました。どこでフラなさってるのかなsign02と思っていましたが、レイラニだったんですね~。

お昼を食べて夜勤明けで駆けつけた(オ)と合流。少し後ろではあるけれど、ステージ正面のよいポジションを確保して、キナ&カラニの登場を待ちます。
ふと、(モ)が気になることをつぶやいて「スペシャルライブショーって書いてあるケドさ、もしかして歌だけだったりするsign02
えー、わたしは二人の“フラ”が観たくて来たのにぃ~。でも確かに、そう取れなくもナイ書き方だ・・・・むむ。

結局、やはりキナとカラニは歌の披露がメインで、その歌に合わせて彼らのお教室の女性3人が4曲ほどフラを踊ってくれました。3人ともとても上手で、メリハリのある楽しいフラで、勉強にもなりました。キナ&カラニのフラスタイル、やっぱり好きかも。
フラの本質とは違うケド、3人が4曲すべてでドレスを着替え、髪型も替えていたのにはスゴイな~と思いました。途中の曲で髪をアップにして、また戻すなんてことも短時間のうちにこなしていて、その度に髪飾りも違うし、さすがだsign01
自分もステージを経験すると、そんなところにも関心がいきますconfident
4曲の中では最後の“Under the Sea”がとくによかったな。リロ&スティッチの中の人魚姫の曲です。
(モ)と(オ)も「あの曲が踊れるなんて、いいね~」って。

キナとカラニは1曲だけフラを披露してくれました。
Keisuke先生も踊ることがある“Waikaloa” 好きな曲のひとつ。
ステージ真ん中にマイクと楽器が置いてあるので、二人は前半はステージ右側で、途中のバンプで走っていって後半は左側で踊るというサービスたっぷりの、息がピッタリ揃った楽しいステージでした。
やっぱりわたしは、どちらかというとキナのフラの方が好きだな~。

そうそう、今年国内のコンペで優勝してハワイの大会に出場するケイキのカネダンサーは、なんとキナ&カラニのハラウの子で。国内コンペで踊った曲を披露してくれました。彼はハラウの中でただひとりのケイキだそうで、でも「ぜひコンペに出たいsign01」といって、たった一人で練習して優勝してしまうなんて、ホントにスゴイことです。
去年と今年のナンバーワンダンサーのフラを見ることができて、今日はホントにラッキーでしたnote
二人ともケイキ・・・・っていうより、立派な一人前のダンサーですね。お見それしました。
彼ら二人や午前中に見たケイキたち・・・・みんなわたしよりずっとフラ暦も長いし、舞台経験も豊富。
がんばらなくちゃなぁ~・・・・って、ケイキ達を見て思いを新たにした、そんな1日でした。


さて、ステージ鑑賞の後はもうひとつのお目当て・・・・オアフ島ノー090505_15190001スショアにある Ted's Bakery のチョコレートハウピアパイheart04
これ、ただのチョコパイじゃないですよ。チョコレート&ココナツのパイです。
キナとカラニもステージ上で「ゼッタイに日本人が好きな味good 甘すぎなくて、おーいし~いheart01」ってイチオシなだけあって、ウマウマでした~happy02

かなり幸せshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体力つけなくちゃ?!

ゴールデンウィークぅ~?
でも、そんなのカンケイねぇっ!(古っsweat01

というワケで、昨夜も怒涛のチームレッスン。
ってか、いつも以上に筋肉痛・・・・
というより、このところ慢性的に筋肉痛。
つまり、前の痛みが引かないうちに次の負荷がかかるという・・・・これって、確実に脚太くなりそうなcoldsweats01

カヒコとアウアナの同時進行といいつつ、昨日は“Green Rose”は歌詞の意味をやっただけ。
フラはカヒコに終始しました。カヒコは“Holo Mai Pele”と“Ke Ha'a La Puna”と2本立てですから。
前半はベーシックの後、“Holo Mai Pele”の1番と“Ke Ha'a La Puna”のおさらい。
それぞれの曲を繰り返したり、2曲を通しで踊ったり・・・・先生が「ゼッタイに直すように!」とおっしゃる点を中心に何度も。

そして後半は“Holo Mai Pele”の2番に入りました。
相変わらず新しいフリを入れるときは、笑いが絶えないんだけど・・・・
2番にはnohoスタイルのフリも入っていて。単なるアップ&ダウンでいいのに、わたしはいらんコトをして、つまり初めのうちダウンとともに上体を後ろに倒してしまっていて、余計な筋肉を使ってしまいました~crying
別にだからというワケじゃないけど、ラストに近づくにつれてかなりの消耗。

最後に2曲を通しでおさらいプラス“Aia La O Pele”を踊ったときは、スピンでいつも以上にフラついたりして、「うわぁ・・・・キテるなぁ~」って、ヒシヒシと感じました。
さすがの(エ)も「最後はフラフラだったよ。ダメだなぁ~」って。
最近、Team Wahine の合言葉は「わたしたちも、体力つけなきゃね」です。

○ベーシック・・・・このところアドバイスが続いているのは、Lele Uwehe の重心移動。
○自分なりの課題・・・・正面からのスピン。今は1拍目で踏み出す足の爪先がどうしても周る方に向いてしまう。目指すのは→爪先正面からスタートして、最後はキチンと止まる。フラつかない! 位置動かない!!(ふぅ~、マスターするには時間かかりそう。でも、やるしかないdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風発生

職業柄・・・ウソ、ボランティア業柄、台風が発生するとメールで知らせがくるようにしてある。
昨日、今シーズンの1号、2号が発生したと、立て続けに着信。
いよいよシーズンが近づいてきた感が、こんなところにも。

これからの季節、週末にプログラムが入っていれば、台風の発生&接近はありがたくないことではあるけれど、なぜか台風そのものを嫌う気持ちには、なれない。

台風も自然現象のひとつであり、自然環境のバランスを正常に保つためにも必要なものナノダ・・・・なーんていうリクツではなく、
あの巨大なエネルギーに対する畏怖の念っていうか、なんというか。
そして、台風が近づいてくるときの空気感を肌で感じるときの、抑えきれないワクワク感。
自分でもフシギな感覚。

・・・・・
台風1号は小笠原近海へ、2号はフィリピン付近をゆっくり進んでいる模様。
今週末あたり、相模湾にもうねりが届くのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚れたって気にしない♪

090503_11060001
久しぶりの砂遊び。
海辺で過ごすことは多くても、まともに砂で遊ぶなんて何年してなかっただろう。

服が汚れるとか
後始末がメンドウだとか
あげくの果てには、砂がつくから海に行くのはキライだなんて
そんな声も時々きくけれど

こんなにシンプルで、子どもも大人も楽しめる遊びは090503_12180001
そうそうナイ。
砂遊びが面白い理由はなんなのかなぁ~・・・・
砂の“手触り”は間違いなく、そのひとつ

一色海岸は巨大な砂場
今日はさざなみ教室のみんなと
全身砂まみれになって笑いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »