« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ステップオンリー

日曜日のイベントまであと3日
先週末は海でヘトヘト、
火曜日は風邪気味で20時に就寝、
昨日は船で帰りが遅く・・・・
いろんな言い訳をして練習をサボッていたけど
今日からは超本気モードで3日間がんばろう

それにしても、カヒコに対する苦手意識どうにかならないものか
カヒコが強いといわれるチームにあって、これはいかにもマズいよね
今度のイベントで踊るのは“Aia La O Pele”
チーム結成直後から練習し始めて、つまり一番長く練習している曲なのに、
春のイベントでも踊った曲なのに、いまだに全然踊れる気がしない
ステップがいい加減
とくに3、4、5バース

というわけで、
今夜は“Aia La O Pele”はステップのみ繰り返し繰り返し繰り返し練習
CDから聞こえてくる Keisuke先生の声に励まされながら
飽きるくらいやってやるっ!!!

| | コメント (0)

自分のときよりも

自分のときよりも
今日は付き添いです。

自分が踊るときよりもはるかに緊張して、会社を出る前からドキドキしました(踊るみんなにはそんなこと言わなかったケド)


そして、なぜかとってもお腹が空きました!
不思議だ。


初めてのショー、緊張もあっただろうし、もっと…と思うこともあるだろうけど、精一杯の笑顔で踊りきったみんな、お疲れさまでした。

次は今週末のイベント頑張ろうねっ!
練習しなくちゃ〜

| | コメント (0)

きてます きて・・・ます

横浜の小学生 来てます
今週末は横浜市内の小学生たち15人が、葉山の海を体験しに来ています。
昨日はシーカヤック
今日はスノーケリング
明日も・・・・海です。お天気はどうかな?
小学生と海 なんとも正しい夏休みの光景に、
一緒に全身で夏休みモード!!
社会人である己の立場を忘れそうになります(笑)


エボシ 来てます
そんなワケで、今朝もSHへの“出勤”途中、
一色海岸の三ケ下寄りで・・・・
090726_07430001
カツオノエボシ 発見!!
3つも4つも 点々と漂着していましたよ。
なんだかな~、あまりいい気はしませんね。
海岸を歩くみなさん
こんな物体を見つけたら 「キレ~イ」と思っても決して触ってはイケマセン
カツオノエボシ 別名電気クラゲともいわれる毒性の強いクラゲです。
死んでいるものでも毒があるということなので、Do Not Touch !!

でも、他のクラゲ・・・・アンドンとか、アカクラゲとかはまだ姿を見ませんので一安心。


脚に きてますっ
正確にいうと、全身疲労困憊
今日の夜は、カネのレッスン時間を少しお借りして、
来週末のイベントに向けてフォーメーションの確認をしました。
一日中、体がふやけるくらい海に浸かって、その後のフラは
キツイっっっっっ
いや~、海 → フラ のパターン、
今までやったことなかったけど、
こんなに体が重いとは(涙)・・・・トホホ 情けなや
ぜんぜん踊れませんでした
海の一番最後、波遊びが効いたな~
もう、このパターンは決してするまいと心に決めました、ハイ。

そういえば、昔、ナースのフラシスは
夜勤明け → サーフィン → フラレッスン
ってパターンをこなしていたケド、シンジラレナーイ!!
ま、彼女は20代半ばだけど、とてもマネできませんよ。
う~ん・・・・やっぱ、歳かなぁshock (自覚しなさいって?!)

| | コメント (2)

スクールブログに

あらベックリsign03
昨日のUMAHANAスクールで編んだレイが、スクールのブログに出てますよ。
自分で撮った写真より良く写ってるみたいcoldsweats01
なので、興味のある方は、こちらをごらんくださーい(笑) ↓

http://blog.livedoor.jp/umahanaschool/

上のサイト(ブログ)の7月24日付け「引き続き頑張って!」というタイトルの記事デス。
「とっても綺麗に編めましたね!」だって。嬉しーnote

昨日はベーシッククラス後半の第1回目。
クプクプを使った Haku は今回で終わりとのこと。
この編み方はスクールでも4回目、パンジー畑でも・・・・間をあまりおかずに練習しているので、だいぶ手が慣れてきたな~っていう実感が昨日はあった。力加減がわかってきたっていうか。
それまでも鎌倉のワークで編んでいたけど、ワークは間がとってもあくので、次までに忘れちゃうっていうか、元に戻っちゃうっていうか。
それが物足りなくて「コンスタントに編めるようになりたい」と思って受講し始めたスクール。やっと、それが実りアルものになり始めたようです。
継続は力なりflair

編みあがった後の先生チェックでも「編み方はできてるgood お花の間隔がちょっと空いちゃったけど・・・・」とのアドバイス。
そう、クプクプの角度が広がってくるのがイヤで、今回はわざと少し下にズラしてクプクプを置くようにしたから、それにつられてお花も下がり気味になっちゃったのカモ。
クプクプは下げてもお花は上にしておけばいいのかな??

でも以前デンファレを使ったときに、やけにデンファレだけが目立っちゃってたので、昨日はその点お花の入れ方のバランスには気をつけて編んだつもり。で、そこはうまくできたと自分では思う。
あとはシッカリ編みこむという点も、自分でもコツがつかめた感があって、手応えアリ。満足smile
昨日のレイは裏側に飛び出している茎がほとんどなかったモンねscissors

作業中に先生からもお話があったんだけど、結局は自分の手で覚えていくしかナイってこと。
UMAHANA先生がマリーさんからレイメイキングを教わったときは、「ツメに重ねて」とか言われたワケでは、もちろんなくて。
そういう、いわゆるコツみたいなものは先生がご自分で会得したものを、わたしたち生徒にわかりやすく伝えるために、言葉にしているだけ。通訳みたいなものかも。
その点、わたしたち生徒はとっても恵まれていると思う。
だけどsign01 
今度はわたしたちがその「言葉」を自分たちの手や指先に落とし込んでいかないと、ね。
編み込みやすいお花の長さとか、角度とか、厳密に決まっているワケではなくて「それは、ひとりひとりが練習を重ねていく中で覚えて行くことかも。手の大きさだってみんな違うわけだし」って。

なんか、それって、フラにも当てはまりそうですよね。
先生が「言葉」でくださるアドバイスを、結局は「体」で理解しなくちゃならないんだもん。
UMAHANA先生は「でも続けていれば、ゼッタイにsign01編めるようになるからup」とも言ってくださいました。
フラもそうだといいな~。

さてさて、来月からは同じ Haku スタイルでもクプクプではなく、ティリーフを使って編みます。
先生いわく「クプクプみたく折れたりしないから、“折れそうだったからシッカリ編めなかった”という言い訳はできないよっ」
「でも何か他の言い訳が出てくるんだろうけど」だって・・・・バレてましたsign02

昨日の花材:
クプクプ、デンファレ(白)、バラ(黄色)、千日紅(紫色)

デンファレもバラも、クプクプで編むには難しい素材。お花がボリュームあるし、バラは茎が硬いし。同じ方法でも、使う材料によって上手くなったような気がしたり、その逆だったり・・・・先生は「たまには“上手くなったカモsign02”って思わせて(錯覚させて)あげるのもいいかもしれないけど、最終回はそこまでしなくてもいいかな、と思って難しい素材にしてみた」ですって。
アメとムチ、見事に使い分けられてますcoldsweats01

| | コメント (2)

This is My Song !!(喜)

今日は久々にアリーナでのレッスン。
出先から直帰したので、いつもより早めに会場に着いたのに、すでにほとんどのメンバーと先生もいらしていて。
スカートの裾を切りそろえたり、レイを作ったり・・・・
そっかー、最初のイベントは今週末に迫っているもんね(わたしは残念ながら出られないケドsweat02)。いよいよイベント始まる感がヒシヒシです。
ってか、ちょっとギリギリすぎかもsweat01(笑)

さて、そんな準備も19時過ぎには終了して、いつも通りにレギュラーレッスン開始。
今日のベーシックは先生のイプヘケではなく、曲に合わせて。
ベーシック用定番曲でひととおり練習した後は、ゆっくりなテンポの曲で注意点を細かく意識しながら丁寧にステップを確認。ウェヘの踵をしっかり着けるとか、そーゆーこと。
で、このときにかかったのが、大好きなCD「Ka Lehua 'Ula」の曲でnote
脚はキツイんだけど、ウェルデンの声のおかげでゴキゲンな気分で練習することができました。

そしてsign01
ベーシックの後の曲練習で渡された新曲の歌詞が・・・・
なんとっsign03



Lei Ho'oheno



きゃ~~~~~happy02
どうしようーーーーーーheart04
嬉しすぎるっっっっhappy02happy02happy02
(ってな調子で、午後からのアゲアゲ気分は、ここにきてマックスにupwardright

だって、だって、だってぇ~・・・・ゼイハァdash
この曲、大っ好きなんだもーーーーーーんheart01
CDタイトルになっているオリジナルの“Ka Lehua 'Ula”も好きだけど、“Lei Ho'oheno”はもっとupもっとupもっとup好き。
初めのうちはメロディの美しさ(と、それにピッタリなウェルデンの声)に、なんとなく「いい曲だなぁ~confident」って思ってたんだけど、歌詞の内容(情景)を知ってからは、お気に入りナンバーワンになりましたcrown

大切な人をレフアの花にたとえているラブソング。
だけど、ハワイアンによくあるラブソングのように「好き好き、大好きsign01 君はサイコーsign03」みたいなノリではなく、なんとも大人な、控えめな、でもほのぼの温かさが伝わってくる歌詞と、それにぴったりのメロディ。
なんといっても、霧雨の中に咲くレフア・・・・の情景にやられました。
しっとりと湿度(潤い)がある優しさに包まれたレフアの花。
霧雨って、空が明るいイメージがあるでしょ。そこがいいんです。ただの雨じゃ・・・・重すぎて、ダメ。
しかも、今日の Keisuke先生の解説で、このレフアはフィアンセ(つまりこの曲を作った人)のためにポツリと(=たった一人で)咲いている(待っていた)なんて聞いちゃったら、もうheart04

前にも書いたように、「おばあちゃん大好き」っていう“E Ku'u Tutu”もある種、一番好きなハワイアンソングといってもいいんだけど、“Lei Ho'oheno”は正真正銘、今のわたしにとってナンバーワンcrown
で、以前 music lesson で「歌いたい曲、好きな曲ある?」って先生に聞かれたときに、「ノリがいい曲ぢゃないんですけど・・・・レイ ホオヘノ好きデスheart01」って、真っ先に答えた。
そのときは言わなかったけど「この曲でフラも踊れるようになりたいな~」って思ってたのでした。

その時のことを覚えていてくださったのかどうかはわからないケド、この曲を選んで、木曜クラスでやろうと思ってくださって・・・・ Keisuke先生に大感謝sign03
だけじゃなくって、とってもステキなフリをつけてくださって(これはこの曲に限ったことじゃないけど)
木曜クラスとしては久々のスローな曲・・・・美しく、女性らしく、エレガントに踊れるようになりたいな~。
今日練習しているとき、頭の中にはマリアのイメージがflair マリアのように、流れるような動きで、情感こめて踊れたらconfident
でもマリアのつもりになって踊ってる・・・・なーんて言ったら、(コ)ちゃんや先生に「どこが~sign02」って笑われちゃいそうcoldsweats01
だから言ーわないっと

・・・・
ヤバイ
この曲・・・・嬉しくて、楽しくて、自主練習がエンドレスになりそうsweat01
家に帰ってからも5,6回続けて踊っちゃったよ
カヒコもやりなさ~いsign03 >自分

| | コメント (2)

浮き沈み

浮き沈み
外出先でのランチは焼きたてピッツァ
夜に備えてガッツリ食べてます(笑)
チェーン店だけど、ここのピッツァはおいしいね♪

だけど、今朝はブルーになる出来事が…
出先に時間通りに着いてホッとして、ふと左の手首を見ると…

ないっっっ!!!

お気に入りのブレスレットがぁぁぁぁぁ~shock
いつ?
どこで?
いつからなかった?
いくら考えても心当たりなし

ずずーん…downdowndown
気分一気に落ち込み
ここまでブルーになるのは久しぶりってくらい。

去年の夏に、ネックレスとアンクレットとお揃いで作ったのにぃ~crying

あー、またあのお店行って同じもの作ってもらおうか…?
そこまで考えた。

………
昼休み
ふとカバンの中を見ると

あったぁぁぁぁ~

気分一気に急上昇upupup

神様ぁ~ありがとうsign03sign03
やっぱりこのブレスレットとは別れないように運命づけられてるんダワ~happy02(大ゲサ)
ハイ、お騒がせしましたっ。
あ、騒いでたのはわたしだけ?

よぉっしdash
おいしいランチも食べたし
夜はフラのレッスンだし
このままアゲアゲでいきまっしょい!

その前に
午後の講義寝ないようにしなきゃっ
フラのイメトレでもするかな(笑)

| | コメント (0)

この夏のイベント予定

・・・・というワケで、先日も書きましたけど、船のほかにもデパートなどでのイベントが目白押しです。
船と違ってイベントはカネもケイキも出るし、ワヒネも大勢で出ます。
日程によっては代官山クラスのグレイシャスな先輩方も出演されるとかflair
Kawaiola のフラに興味がおありの方、お時間が許せばぜひお運びくださいませhappy01
フラカヒコ(古典フラ)をイベントでやるところはあまりないので、カヒコにご興味がある方もぜひっsign03(がんばりますっsweat01


7月26日(日) 11:30~ ワールドポーターズ
         14:30~ クイーンズスクエア
7月31日(金)       東武百貨店池袋店
8月2日(日)  11:30~ 東武百貨店池袋店
         14:00~&16:00~ 三越恵比寿店
8月16日(日) 11:30~ そごう横浜店


7月31日の池袋東武は正確な時間がちょっとわかりません。ゴメンナサイsweat01
たぶん15時とか15:30とかからだと思うのですが・・・・

7月26日、8月2日は掛け持ちの2本立て、3本立てclock
ちなみに、わたしは8月2日と16日に出ま~すdash

| | コメント (0)

海の日は海で

海の日は海で
また日に焼けちゃった~sweat01

| | コメント (0)

カヒコ・モードに

昨日の船は当日券ナシの満席。
全部の部屋を回ったので、計5回踊りました。
昨日は船の会社の社長さんが様子を見にいらしたので、超キンチョーshock

けれど、元気よくビッグスマイルでお出迎えをしていると、お客さんもたいていの方が笑顔になって、キスを投げ返してくれる人もケッコウいたりして、こちらもだんだんとリラックスできてくるから不思議です。笑顔の相乗効果とでもいうのかなhappy01
アロハスマイルは素晴しい。

さて、肝心のフラの方も間をおかずに2日目なこともあり、ほぼ休む間もなく5回のショーをこなすうちに、だんだんと身体も動くようになってきて、気持ちに余裕も出て。
キビシイというウワサの社長さんの前でも「フラのクオリティでは文句は言わせないsign01」くらいの気持ちで踊りました。
その自信はいったいどこから来るのだsign02 と自分に突っ込みたくなりますがcoldsweats01
自分のスキルのクオリティではなく、先生のスタイルのクオリティという意味です、もちろん。
初めのうちはやや渋かった社長さんの表情もだんだん和らいで、3回目くらいには拍手もしてくださって。
とうとう最後は見にも来ずに「じゃ、よろしく頼みますよgood」なんちゃってwink
本物志向&几帳面な社長さん、Keisuke先生のフラスタイルはかなりお気に召したのでは? と勝手な想像をしております(笑)

お客さんももちろん、たくさんの方が笑顔で喜んでみてくださって感激でした。
もっと無視されちゃうのかと思ってたケド、けっこうちゃんと見てくれるのですup
中には一緒にハンドモーションやる方がいたり、手拍子もたくさんnote
一緒に回るボーカルのお姉さんとも、とっても仲良くなりました。
最後に出たビップルームでは「4人(ダンサー3人とボーカル)は姉妹なの?」なんて、「えーsign02」って思うような質問されたりして・・・・ま、それだけ息が合ってたってことなのかな。

昨日は社長さんがいらしたので、タラップの下でお客様をお見送り。
「こんなに乗ってたんだsign03」ってくらい大勢の方々にアロハスマイルを送っていると、みなさんお酒の勢いもあってか、キスを投げたり、手をヒラヒラ動かしながら「アロハ~heart04」なんて言ってみたり。
中には近づいてきて「ステキでしたよheart01」とか「楽しかったですnote ありがとう」とか声をかけてくださる人も何人もいて。
握手をしたり、一緒に写真を撮ったり・・・・夏の休日のほんのひとときを楽しく過ごすお手伝いができて、ホントによかったなぁ~と心から思いました。

まだまだ発展途上のスキル、限られたレパートリーの中で、自分たちとしては精一杯ベストを尽くせた、そう思えるショー体験2日目でした。

・・・・・・
さぁてと、ここしばらくは船の曲ばかり力を入れて練習してて、カヒコはちょっと頭の隅に追いやってたケド、カヒコやらなくちゃっsign03
次の目標は来月のデパートのイベント。
そこではカヒコをバッチリ踊ります。モードをスイッチしなくちゃ。
今日のレッスンでも Holo Mai Pele の3番を中心に練習したけど、ほんっとにカヒコは難しい。
いや、もちろんアウアナが簡単っていうつもりは、ぜんぜんナイですけどsweat01
カヒコはそれ以上に余裕がない~。キチンと止まれないし。
だけど、みんなで揃ったら素晴しいものができるに違いない。それを心に描いてガンバローdash

| | コメント (2)

早くも熱帯夜?!

23時過ぎの都心の気温 28.2度
早くも ねったいや ってヤツですか?

でも、葉山はこの時刻、ちゃんと窓から涼しい風が入ってくる…

ああこれがホント
正しい環境
自然なこと
そう思うとホッとする

だけど…
この時間に起きていることは、とっても不自然
正しい営みじゃないですね

それに夜更かしはお肌の大敵!
寝なくちゃ!!

| | コメント (0)

柔らか頭の必要性

初体験のショーでは、いろいろと、
ホントにいろいろと
「え?coldsweats02」ってなことがありまして。

前もって聞いていたのとは違うことばかりで、
その度にいちいち動揺していたら
とてもぢゃないケド笑顔でなんか踊れないワケで。

もう、こうなったら開き直りっ
と思って、先方のリクエストに応えつつ、
自由に踊ってまいりました。

マックスだったキンチョーは、お客様を
「アロハ~happy01」 「アロ~ハ~heart04」って
お出迎えしているときにどこかへブッ飛んでった。
なんか楽しくなってきたカモflair・・・・くらいのイキオイで。
30分前に飲んだ酔い止め薬のセイかもしれないけど(笑)

イヤハヤ
すべては「お客様ありき」のビジネスの世界を垣間見ることができて
大変勉強にはなりました、ハイ。


初日を終えての感想は・・・・

「お客さんとしてこの船に乗りたい」

でした。
いやマヂで、楽しそうデスnote
出航は、ちょうどトワイライトがとーってもキレイな時刻。
出待ちの間ボーッと眺めてしまいました。

平日のお客さんは、小さい部屋貸切の社員研修あり、
賑やかでノリがいいオバさま方のグループあり、
ちょっとワケアリ風なカップルあり・・・・
わたくしの次の出番は、明後日
土曜日はどんなお客さんがみえるのでしょうか。

| | コメント (2)

変身完了!

いよいよ今日から船のショーが始まります
初日ということもあり、一日仕事をお休みして時間をかけてしたくをしました
そして・・・・

できあがった顔が、あまりにも物珍しかったので・・・・

鏡越しに、写メを1枚・・・・(← アホ)

090715_14240001_2

よしっ
行ってきまっす

| | コメント (2)

新しい衣装

090713_22160001_2
チームで初めてそろえたアウアナ用の衣装です。
カヒコ用は白無地のトップだったけど、今回のは柄のチューブトップ。
それにタヒチアンスカートです。一般の人には「腰みの」って言った方がわかりやすいのかな??

このスカートはラフィア(ヤシの一種から採った繊維)でできています。
配られたときは引きずるくらい長かったのを、自分たちでバッサリとカット。
そして最後の仕上げのトリミングは、昨日 Keisuke先生がしてくださいました。
Keisuke先生は、こういうスカートのラインとかがビシーッimpactと決まっていないのが許せないタイプ(あ、でもフラに関してダケなのかな?笑)
(カ)とわたしを並ばせて、二人のスカートのラインが揃うように、細かくハサミを動かして・・・・時には後ろに下がって吟味したりして。
とても丁寧にカットしてくださって、写真のようにキレイに仕上がったのですが、それでもまだ足りないのか、「今度もう一度切らせてくれる?」ですって。わたしたちに異論があろうハズもなく。先生のお気の済むまで、トコトンお願いいたします(笑)

そーいえば、5月にカムエラが来日したときも、衣装の話になって。
カムエラのクム・カウイも Keisuke先生同様、フラに関してはヒジョーに神経が細やかだそうで、先生は「僕と一緒sign01 衣装のスジ1本が気に入らない。部屋はちらかってたりするのにさー(笑)」だって。
そう言われて今年のメリーモナークのカムエラの映像を見ると、アウアナのあのグリーンのかわいい衣装、スカートの部分はともかく、身頃部分の柄の出方が全員まっっっっったく同じで、ベックリ~sign03sign03sign03
大胆だけど細部が細かい柄だから、そろえるのは並大抵じゃないと思うけど、細い人もそうでない人も、みーんな同じ。もちろん前も後ろも。すごいですよ~flair
興味がある方はチェックしてみてくださいね。

・・・・話がそれました。
この新しい衣装は、もちろん明日からのショーで着て踊ります。
プルメリアのレイを手足にもつけてnote
だけど、このスカートをはいて踊ってみたら・・・・「重いsign03
重心移動がよほどしっかりできていないと、スカートが揺れません。それに、スカートの動きが練習着よりもシビアに出るので、揃ってないとすぐわかるwobbly
スピンをすればグイ~ンとスカートに引っ張られる感じがするし、パウと違ってほぼ水平に広がる。ということは・・・・そう、「脚がバッチリ見える」ということデスcoldsweats02
脚の太さはいまさらショーガナイけど(開き直り)、スピンの歩幅が大きかったり、他のステップでもヒザが離れていたりすると、美しくナイっsign03shock
かわいいnoteケド、なかなかシビアな衣装ですよ~、これcoldsweats01

| | コメント (4)

最終確認

ショーの前の追い込み、っていうか最終確認。
フラはもちろん、ヘア&メイクも。

昨日のチームレッスンはワヒネだけの自主練習。
フラを練習するまえに、(エ)を中心としてヘア&メイクの講習会(?)をやりました。
先日(エ)がプロに教えてもらってきたスタイルに近づくよう、みんなで丸くなって座って、見よう見真似でワンステップずつ“顔を作って”いきます。
うちのチームは普段はお化粧をしない人が半数近く。わたしを含めてお化粧をする人でも、ごくナチュラルメイクな人ばかり。

Keisuke先生の方針も、デパートのイベントなどでは必要以上のメイクを嫌い、ナチュラル仕上げでやってきた。見に来てくれた人も「お化粧が自然で好感が持てた」なんて感想をくれた人もいる。
だけど今回のショーではそうも言っていられない。
「“舞台栄え”のするメイクを」ということで、わたしたちにしてみれば「かなりケバい」メイクに挑戦。つけまつげまで付けちゃうんだから(笑)
少ない化粧道具で工夫して、(エ)の顔に近づけていきます。足りないところはお互いに補いながら。
わたしも3人にチークとシャドーを入れてあげましたが、人にお化粧するのってケッコウ面白くてクセになりそう。この工程では、ボビーブラウンのシマーブリックとブロンジングパウダーが大活躍。

さて出来上がった顔のままフラの練習に突入。
遅れて入ってきた(ネ)に「わたしたちの顔、普段と違って見えた?」ときくと、「ってか、みんな同じ顔に見えた」っていうから、メイク講習はまず成功と言っていいみたい。
レッスン後のご飯で合流したカネ3人には「なんなのみんな、その顔? 化粧落としたら?!」なんて言われちゃいましたケドね(笑)

フラの練習は出入りなどの細かい打ち合わせをしてから、ザッと曲練習。
全員が必ず踊る“Papalina”を本番と同じ3人ずつで、他のメンバーを目の前にして踊ってみたり、直近で踊る“Na Ka Pueo”を何回か、そして“Green Rose”と“E Pili Mai”を1回ずつ。
踊り始める前に(エ)から伝えられた Keisuke先生からの言葉は、タップを含めたステップ、姿勢、指先・・・・に気をつかうこと。
そして「自信を持って踊ってきて欲しい」って。
他にも言われた気がするケド、今のわたしに一番響いたのはこの言葉だった。
自分がこれまで先生や仲間と一生懸命に取り組んできたこと(つまり Keisuke先生スタイルのフラ)に対する誇りと自信と感謝を胸に、顔を上げて踊ってこよう。

・・・・・
今日は月曜のレギュラーレッスンにおじゃましてキャッチアップ。
ベーシックを一緒にやらせてもらって、部屋の隅で“Papalina”を繰り返し練習(ダウンをキープに気をつけて)、そして先生に“Lei Nani”をチェックしていただきました。
1ヵ所だけ手の動きと目線の定め方についてアドバイスがあったほかは「レイナニOK」をもらいましたflair 
そして、隅っこで自習練習していたのを見てらしたのか、「パパリナも大丈夫good」って言ってくださいましたnote

あさってに本番を控えた今、あれこれ言うとグルグル考えながら踊っちゃうわたしのクセを知ってか知らずか、それとも自信をつけさせてくださろうという親心(?)か。
とにかく、Keisuke先生の「大丈夫」の言葉のおかげで、少し踊れそうな気持ちになった単純なわたしなのでした。

| | コメント (0)

ギネスにチャレンジ?!

090711_14360001
パシフィコ横浜で行なわれているハワイアン・フェスティバルに行ってきました。
Keisuke先生とIZUMIちゃんのショーを楽しんだ後、ランチを食べて、「1000人フラ見に行ってみようか」ということで、フラシスたちと海辺の公園へ。

この1000人フラっていうのは、同時にフラを踊った人数でギネスブックに載ろう! という企画で、2001年ミスアロハフラのナターシャ・オダさんがフリを教えてくれるとのこと。
ステージを見ると、なんとナターシャの横には Keisuke先生。
あれ~、先生ってば、このイベントにも関わってたんだ・・・・と思ったら、どうやら違ったようで。
ナターシャにちょっと挨拶しに行ったダケなのに、ステージ上に担ぎ上げられちゃったんだって(笑)

「わたしも踊りたい!」っていう(モ)と、(ヒ)&(ナ)ちゃんのケイキコンビが数百人に仲間入り。彼女達のゼッケンが780番だったから、延べで800人以上はいたんじゃないじゃないかな。
参加せずにワクの外で見ているわたしを含めた3人に向かって、(コ)ちゃんは「踊ってきなよ~。ナターシャのワークが500円で受けられるんだゼ。なんで行かないの? つまんない人たちだなぁ」なんて言う。
そりゃあわたしだって普通ならもちろん喜んで入りますよっpout
でも船で踊る“Lei Nani”のことを考えると、またまた似たフリ満載のラブソングを、たとえお遊び感覚とはいえ、新しく頭に入れるなんてしたくない。ハッキリ言って、そんな余裕はナイのですsweat01

というワケで、高みの見物(?)をしてたんだけど、ギネスに載るには5分間以上踊り続けることが条件だそうで、ハワイアンソングは1曲が短いので、同じ曲を3回繰り返し。
フリの練習をして、通しの練習を何度も何度もして、本番にいたるまで約2時間弱、見ているだけでも「当分この曲聞きたくナイね(笑)」って感じ。
広い屋外の芝生の上、空の下で踊るのは気持ちがよさそう。でもピーカンじゃなくてよかったね。

ケイキ二人が人波にまぎれてしまったので、ステージの後ろ側に移動して、踊っている人たちを前から見ると・・・・背の低いケイキたちがたーくさん、うちの2人もチャッカリ前から2列目、Keisuke先生の前で踊っていました。さすが!
なので、トップに載せた写真はステージ後ろから、先生とナターシャの後姿を。
Keisuke先生はともかく、ナターシャが踊っている後姿をこんなに至近距離で見られるチャンスはそうそうないですよね。
あ、でも、Keisuke先生がこんなに長時間踊り続けるのを見るチャンスもないことカモ。
ホントにお疲れ様でした(笑)

ところで・・・・記録は達成したのかしら???

| | コメント (2)

おお、今日は

玄関を出たとたん
屋外の放送で「…のみなさん、おはようございます…」と聞こえてきた。
こんな時間に町内放送?
違う違う!
森戸海岸の監視所の放送だ!!

そっかー 今日は海開きだ☆
おひさまも出てるし
セミも鳴いてるし
やっとこの季節が来た〜って感じ
嬉しいっ
ライブセーバーさんたちも張り切ってるだろうなぁ

わたしも、今日はこれから Keisuke先生のフラを見に行くし

気分は上々ですっ♪

| | コメント (0)

シビれる~

今日はレギュラーレッスンだけど、「ショーの初日(15日デス)に出る3人は少し早めにくるように」とのお達しが、仕事中にメールで来た。
「みんなが来る前に、タヒチアンスカートの裾を切りそろえるのかな~」なんてノンキに思いながら行ってみると、先に来ていた(エ)と(カ)は Keisuke先生と鏡に向かってなにやら踊っている・・・・・むむ?

聞けば15日はバンドの都合で、予定していた曲ができないとのこと。
で、急遽違う曲をやることになって、今まさに覚えてるところなんだって。

「へぇ~・・・・そうなんだ。大変だねー」

・・・・・・・?

って、他人事ぢゃないですよっsweat01sweat01sweat01
当然アタシもぢゃんっpunch

ちょ、ちょっとぉ・・・・久々に言わせてもらいますよ、このセリフ。
せーのっ

       しょぇぇぇぇぇぇ~~~~~shockshockshock

てなワケで、「ちぃちゃんも入って」と Keisuke先生。
練習着に着替える間もなく、通勤スタイルのまま(エ)から“Lei Nani”の2番と4番のフリを教わることに。
難しいステップはナイし、ハンドモーションも今までやったラブソングに出てきたものがほとんど。
でも、それだけに、や・や・こ・し・や~typhoon
歌詞の意味もやらずにモーションだけ機械的に入れてるから、ハンドモーションの順番が覚えにくいsweat02

1番、3番は(エ)のソロ。2番、4番は(カ)とわたしも入って3人で、ということなんだけど、(エ)がソロで踊っている間、ただニコニコして立ってるってのも、けっこうツライよね(笑)
ふぅ~・・・・とにかく、まずは自分でフリをカンペキに入れる!
そして日曜の自主練と月曜のキャッチアップで3人で合わせる!!
本番までに残された時間はそれしかナイ!!!
おぉ・・・・シビれるではあ~りませんかっ

レッスン最後にもうひとつ明らかになったことには・・・・
「後は、Papalina(これは最初から予定されていた曲)と・・・・Na Ka Pueo やるからっ」と、Keisuke先生。
え?え?え?  もーいっきょくは E Pili Mai ぢゃなかったのsign02
どーりで今日のレッスンの曲練習は“Na Ka Pueo”オンリーで 、Ha'ina までフリを入れて繰り返し踊ったワケだよ~(今にして思えば)
「みゅーじっく ちぇ~んじnote」なーんて言って、ナーパラじゃないミュージシャンの曲でも踊ってみたりしたのも、このためだったのかー。

アハ、ハ、 ハ、  ハ・・・・・・・ハ coldsweats01
「イベントなんかの時は、直前でいろんなことが変わるの、よくあることだから」って、最初のイベントのときに(エ)から聞かされていたケド、こーゆーことかぁ。
で、でも、オロオロせずに、れ、れ、冷静に対処で、で、できるようにならなくちゃね。
こうしてダンダンと図太く、もとい、度胸がついていくのでしょうか。
きゅ~~~(キンチョーの音)bearing

PS:今日のベーシックでは、カホロとヘラを超~スローテンポで長時間やりました。
といっても、ただ時間を費やしただけじゃなくて、究極の(?)ステップワークへの階段を上がり始めたって感じ。
カホロもカオも、ヘラやウェヘと同じ高さで。
ヘラは「これができれば、もう教えることはなにもナイ」っていう、最後のポイントを教えていただきました。ミソは踵とつま先。
よぉ~っし(フンっ=鼻息の音)dash

あ、でも今から1週間は、ベーシックよりも、曲、曲っsweat01

| | コメント (0)

transformation

この前の日曜日は、ショーの前としては最後のチームレッスン(来週12日は(エ)を中心に Wahine だけで自主練)
このレッスンのことを書くにはちょっと心の整理が必要で、アップが今日になりました。

○ベーシック
まずは嬉しかったことから・・・・
Hela をやっているときに Keisuke先生から「重心移動できてるから、その感覚をしっかり覚えて曲の中でもできるようにねgood」っていう言葉をもらいました。
やった~! これって、 Hela はほぼ完成と思っていいのかな?
今年の初めに立てた目標「ベーシックを完成させる」のひとつをやっとクリアflair
あとはカホロと、ターニングカホロと、ウェヘと、レレウェヘと、アミと・・・・ハハハcoldsweats01

○カヒコ
このところ新しいことはやってなくて、Pele 3曲のおさらいばかりだったんだけど、この日は“Holo Mai Pele”の3番のフリに進みました。
ハンドモーションも新しいものアリ、ステップも Ami kuku アリ、回りながらの Hehi アリ・・・・
とくに Ami kuku のところは足と手のタイミングが合わせられない~sweat01
わたしの前で踊っていた(ネ)はカンペキにできている。ただフリが入っているだけじゃなくて、後ろから見ていてもカッコイイ! 彼女のこういうところ、さすがだなぁ~。
いつになったら、わたしもあんな風になれるのだらう・・・・?
ま、人と比べていても始まらないっ。そんなこと言ってるヒマがあったら、練習っdash

それから“Holo Mai Pele”(2番まで)と“Aia La O Pele”、“Ke Ha'a La Puna”のおさらいでは、めずらしくフリをひとつも間違えずに踊りきることができました。嬉しー(レベル低っsweat01

○アウアナ
ショーで踊る“Green Rose”と“Papalina”を。
“Green Rose”を踊り始めたところで、Keisuke先生からストップがかかり、厳しい言葉をいただきました。
その後は通しで2曲踊りましたが、レッスン最後にも先生からお話があり。

かなり厳しい内容の話。
ショーに対する心構えだけじゃなくて、チームのあり方について、わたしたちには意識改革が必要・・・・簡単にいうとそういうことでした。
Keisuke先生は「怒って言ってるんじゃないよ。ただ、他の人から言われてパニックになるのはみんなだから・・・・僕から言われた方がまだいいと思う」って。
それはよくわかる。
「僕はチームを守りたいし。鎌倉だったらなおさらそう」という言葉も、厳しいアドバイスに身が縮みそうなのに、嬉しく受け止めました。

だけど・・・・
最初に曲にストップをかけたときに先生の口から出た言葉は、一番聞きたくなかった、というか、言われてはいけない言葉だった。
その後のお話も、Keisuke先生にそこまで言わせてしまった自分たちが情けなくて。
だけどそれ以上に、一番情けなくて悔しい思いをなさっているのは Keisuke先生ご自身なのだろうと思う。
この日のレッスンのことは決して忘れまい。
先生の言葉も、それを受け止めている自分の胸のあたりの重苦しい感じも、みんなの表情も。
そして、それを糧に前を向いて上を目指していこう。
鎌倉チームのよさはそのままに、みんなで頑張っていかなくちゃ。
あの言葉をもう二度と聞かなくてすむように。
もう二度と Keisuke先生をガッカリさせることのないように。

・・・・・・・・・
ショーは来週から始まります。
そして、わたしの出番は初日。

| | コメント (2)

ウクレレの前に

090706_19240001
今日は music lesson
その前に(モ)と逗子で待ち合わせしてご飯。
逗子海岸へ向かう道の角にあるトロピカルなお店で、BBQチキンプレートを。
ボリュームたっぷり、お野菜もたっぷりでとっても美味でしたdelicious
写真の向こうに見えるのは(モ)が頼んだアボカドタコライス。味見させてもらったけど、これもナイスでしたよ。

お料理が出てくるのを待っていたら、近くでバイトしている(ネ)が通りかかってビックリ。
今度はゆっくり飲みに来ようね~beer と3人で盛り上がりました。
お店は狭いけど、窓が全開、シーリングファンも回ってるし、風が通って夏の夕暮れ時にはピッタリな雰囲気。バス通りに面しているのに、あまり気にならない。
これからの季節ますますいい感じのお店ですgood


さてレッスンの方は相変わらずの楽しさnote
「レッスン」とはいっても、わたしは歌を唄うだけだし、ホントにお楽しみの時間って感じ。
今日はわたしがリクエストしておいた“E Ku'u Tutu”を先生が取り上げてくださって、唄えたのも嬉しかった。
今日は Keisuke先生もミョーなテンションで、日本語がヘンsign02 会話がかみあわなくて、笑っちゃう場面が多かったし。

だけど、最近は「ちぃちゃん仕様」といって、Keisuke先生は歌専門のわたしにキーを合わせてくれるので、ウクレレ隊が大変になっちゃうことも。
“E Ku'u Tutu”も難しいコードが入ってて、みんな苦労してましたsweat02(ウクレレ隊のみなさんにとっては、ちゃんと「レッスン」って感じだよね)
それを横目にわたしは「がんばれ~」ってニコニコ応援するのみ。
このコードができるようになったら、またひとつステップアップできるよっ・・・・なんて無責任なこと言ったりして。
でも、去年のパーティーで聞いたのと比べると、みんなホントにすごーく上手になって、いい音出してます。すごいなぁ~。
一緒に歌っててストレスないもんsmile

“E Ku'u Tutu”を練習したあとは、以前にやっていた“Green Rose”をちょこっと。
みんながコードを確認している間、Keisuke先生の「ちょっぱや(超っ速)」のウクレレに合わせて唄ったときは楽しかった~note
歌詞をつっかえることなく先生のテンポについていけたのも、かなり嬉しかった。
Keisuke先生も「う~ん、ちぃぼう(なぜか music lesson ではこう呼ばれることが多い)いいね~good」だって。
ハイ、Kawaiola の IZUMI と呼んでください。
あ、それは言いすぎ?
・・・・で・す・よ・ね~smile

| | コメント (2)

生き延びよう!

海の近くに暮らしていると、ヘリコプターの音には敏感になる。
ただ通り過ぎていくだけならばいいんだけど、旋回する音がずーっと聞こえていたりすると、「ああ、また事故・・・・?」と、心が重くなる。

今月のMKは「海辺の安全教室」
毎年夏休みを前にして、海で事故なく安全に過ごすことを目的に実施しているプログラム。
例年なら葉山ライフセービングクラブの方のご協力で、いろいろとデモンストレーションを見せていただくのだけど、今年は来週末に海開きを控えているので、ライフセーバーさんたちは監視所の準備に大忙し。
今回はリーダーさんだけで対応しました。

子どもたちを2グループに分けて
○レスキューボード&レスキューチューブの体験
○着衣泳体験

この着衣泳というもの
“泳”と名前についているものの、実際の目的は洋服を着たまま“浮く”こと。
もしも服を着たまま水に落ちてしまった場合、救助がくるまでいかに呼吸を確保しつつ、体力、体温を消耗せずに浮いていられるか。

以前は着衣泳というと、服を着たまま泳ぐことと思われていたし、指導の場でも「服を着ていると水の中ではいかに動きにくいか」を体験することを目的のひとつとしていたりした。
けれど、最近では意識も変わってきたようだ。

水に落ちた! そのとき究極の目標は・・・・生き延びること!!

慌てず騒がずに救助を待つ。パニックにならないことがなにより大事。
そのためには、人間は浮くのだということを実感する練習が必要。
服を着ていても、否、着ていればこそ浮くということを身をもって知っておく。
だから「服を着ていては水の中では動きにくい」という意識は何の役にも立たない、というワケ。

今日は長袖長ズボンに靴を履いて、子どもたちは海に浮かんでみました。
体に力が入ってしまってうまく浮けない子は、空のペットボトルを抱くと浮くことができます。
靴やカバンも大事な浮力体。体から離す必要はゼンゼンありません。
今日も実際にノートやタオルを詰めたランドセルやデイパックを背負って浮いてみましたよ。
水に濡れるとズッシリと重くなるのに浮くから不思議!
ランドセルが枕がわりのようになって、子どもたちはみんな「楽ち~んnote」って。
だからといって、ワザとランドセル背負ったまま海に入るのは止めてね(笑)

その他にも水に落ちた人を助けるために空のペットボトルを投げる練習も。
これも以前は投げやすいように、ボトルの中に少し水を入れたりしましたが、相手にケガをさせたり恐怖を与えたりするおそれがあるという理由で、現在は「必ず空のボトルを投げること」とされています。

CPRと同じで、こういうスキルもだんだんと進化していくので、アップデイトな知識を身につけておく必要がありますね。

・・・・・・・・・・・・・・
これからの季節、ご家族で水辺を楽しむ方も大勢いらっしゃるでしょう。
本来ならば楽しいはずの水辺で事故が起きてしまう、そんなニュースを耳にするたびに気持ちが沈みます。
きっとそのうちのほとんどが防げたはずだと思うとなおさらです。
子どもたちだけでなく、子どもたちと一緒に出かけるお父さんお母さんにもぜひ着衣泳をはじめ、水辺の安全について意識を持っておいていただきたいと切に願います。
いざというときに我が子を救おうとして犠牲になる大人の方も多いのが現実です。

着衣泳Q&Aは以下のサイトをご覧ください ↓

http://hts.nagaokaut.ac.jp/survival/Q&A.htm

どうかみなさん、この夏も楽しく安全にお過ごしください。

| | コメント (0)

ベーシックでも、タメ

昨日のレギュラークラスのレッスンメモ

重心移動をとくに意識して練習している最近のベーシック。
昨日は全員でレレウェヘの重心移動を丁寧にやりました。一歩一歩、どこに重心があって、どう移動するのか・・・・Keisuke先生はみんなの前に立って、ステップをひとつひとつ分解して教えてくださいました。あとアミも先生と一緒に。

わたしは個人的には、レレウェヘでヘラからウェヘに移るときに「もう少しゆっくり重心を移動させるように」という注意を受けました。
カホロでも「3、4をもっとネバれるように」って。
両方ともに、もう少し「タメ」が必要ってことみたい。
う~むむむ・・・・この注意を受けての一番の問題は、今のわたしには正解がいまいちイメージできないってこと。
フリの注意なんかだと「ああそうかflair」って、先生がおっしゃるgoodな姿がすぐに浮かぶんだけど・・・・ベーシックを改善するのは、その点ホントに難しい。
ひたすら「こうかな? ああかな?」って練習して、少しずつ覚えていくしかないのかな。
それでもしもヘンなことになってたら、また先生が気づいて注意してくださると信じて(と、甘えた考えを持つsmile

さて、曲練習の方は・・・・
ひとりずつランダムに、“Papalina”あるいは“Na Ka Pueo”の1バース(どのバースが当たるかは先生が決めるsmile)をチェック。
わたしはみんなの後ろの方に小さくなって存在を消そうとしていたら(?)、一番最後になって(見逃してはもらえなかった(笑))先週やったばかりの“Pueo”の2番を。
フリは入ってたケド、目線・・・・というかカラカウアのところの手のタメと、肩の使い方についてアドバイスいただきました。

“Papalina”の通しのおさらいでは、先日のチームのときのような細かいアドバイスは飛んでこなかったこともあり、わりとリラックスムード。
わたし自身も、あまり考えごとをせずに踊ることができて、この前よりは笑顔も自然に出せたかなhappy01
だけど前回のあの緊張感は練習ではとても大切、というか必要なこと。
(エ)も言ってたけど「練習でできないことは本番ではゼッタイにできない」
それに、本番でアガらないためには・・・・
本番で練習のとき同様にリラックスするか、
練習で本番同様に緊張感を持って臨むか、のどちらかしかない。
そして、たぶん、本番のような緊張感で練習する方が、誰にでもできること。

“Na Ka Pueo”は、昨日は3、4番(ha'ina)の歌詞を教えていただいて、3番のフリを入れました。
3番に出てくる重要な言葉、malama と kuleana
malama は「大切な」
kuleana は「約束」・・・・先生は「結婚のときとかによく使う」とおっしゃったので、軽い約束というよりは「誓い」って感じなのかな。
全部の意味を教えていただいて、結局この曲は恋人と自分をプエオカヒ号という舟と、舟の守り神であるプエオ(舳先についているのね)に見立てた、素敵なラブストーリーheart04なんだってことがわかりました。
そうとわかるとますます踊るのが嬉しくなりますnote
って、3番はターニングカホロと連続スピンで、それどころぢゃないケドね~(笑)

・・・・ってか、どこかにわたしのプエオheart01はいないかしらね~(爆)
「僕がいつも見守っててあげるよっ」なーんて・・・・ねぇ(夢confident

| | コメント (4)

happy の次は sweet

090702_17040001
大好きな ALOHAKIDS シリーズ第三弾が出ました。
先月リリースされたのをアマゾンにて購入。今日職場に届きました。

前回の“Happy Songs”に続いて今度のは“Sweet Songs”
Ka Pilina が入ってる
Kaleohano も!

早く聴きたいなぁ~

このシリーズのことは元々 UMAHANA先生のブログにリンクされてて知ったんだけど、先生がオススメなだけあって、ホントにほのぼの・・・・心地いいアルバム。
内容もさることながら、わたし的には毎回、ジャケットが超お気に入りです。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »