« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

週末もなかなか

タイトスケジュールだった金曜日が終わり、週末はといえば・・・・
やはりケッコウ忙しくて(笑)
土曜日1泊で、友人二人と伊豆の温泉に行ってきましたspa
そして日曜の夜には鎌倉に戻り、チームレッスンsweat01

台風11号の針路と、近頃多い地震のことがちょっぴり心配でしたが、自分のレジャー運の強さを信じてgood
今回の宿は中伊豆の船原温泉にある「山あいの宿うえだ」

元気がいい女将さん
3人ではもったいない、使いこなせない(笑)くらい広いお部屋
トイレと洗面台が2つずつあってビックリsign01
おいしいお料理といいお湯で、夏の疲れがほぐれていきます。

かけ流しのお湯は無色透明、かすか~に硫黄っぽい匂いがするくらい。でもとっても柔らかいお湯で、家に帰ってからもお肌がスベスベしてましたよhappy01
明るい空の下、セミの声を聞こえたり、トンボが飛んできたりする大きな露天風呂で、周りの木々を眺めながら適温のお湯に浸かっていると・・・・幸せ~confident 
日本人に生まれてよかった~、と思う瞬間(笑)
今年はホントに温泉から遠ざかっていて、なんと去年10月の蔦温泉以来。
近くにもたくさんいいところがあるんだから、もっと来なくちゃダメだな~と思いました。

いいお宿でグッスリ眠って、翌日曜日は電車とバスを乗り継いで伊豆半島の西側へ。
三津シーパラダイスでイルカやアシカのショーを楽しんできましたnote
一生懸命パフォーマンスをするイルカたちは、とっても可愛かったけど、彼らを見ていると、やっぱり無性に野生のイルカたちに会いに行きたくなりました。
来年は久しぶりに御蔵島行こうかな。

今回の旅友は、森仲間の(く)ちゃん&(み)ちゃん。
二人とは撮影がらみの温泉ツアーには何度も行っているけど、まったくの観光で温泉に出かけたのは初めて。出会ってから10年近くたっているのにね。
電車の中、宿の部屋やお風呂で、食事中・・・・とりとめもなくいろんな話がいっぱいできて楽しかったhappy01
(く)ちゃんは今月末にはロシアへ旅立ってしまうけど、ぜひまたspa行きましょう。
一時帰国のときは連絡ちょうだいねっ。

それにしても、地震にも合わず、たいした雨にも降られず・・・・やっぱりレジャー運最強かもsmilescissors

090829_18090001_2 090830_10360001_2 090830_14100001 

| | コメント (0)

Hard Day's Night 続き

1年ぶりのスタジオのフラパーティー。今回は去年よりもカジュアルスタイルなメレフラパーティーとなりました。

場所は鎌倉の海岸にある海の家 “Asia”
ここは、2年前の夏に初めて Keisuke先生スタイルのフラを見た思い出深い場所。
結局それがキッカケとなって先生の下でフラを始めた、というか、2年前のパーティーがなかったら、友人が招待してくれなかったら、わたしは Keisuke先生には出会えず、今スタジオにもいなかったワケですから、言ってみれば“Asia”はわたしにとって、フラの原点のような場所なのです。

会場に着いてみるとすでに大勢の人が集まっていて(遅刻したんだからアタリマエ 笑)
ワヒネたちはカジュアルながらもワンピースなどを身に付け、レッスンやイベントではアップにしている髪もおろして、なかなかエレガント。
わたしも今日はネイビーブルーの長めのサマードレス。ダウンしたら裾を踏んじゃいそう・・・・と思いつつ、今日は楽しむフラだから、そんなにがんばってダウンしなくても許されるかな~なーんて思って着てきちゃいましたsmile

会場にいる人たちを見てまっさきに目に付いたのが、手首につけたお花。
これは25日のワークで残ってしまったアジサイを、3色組み合わせてラフィアで巻いて作ったもの。ワークに参加したスタジオ生5人が翌日の夜に集まって、「なんか、文化祭の準備みたいだね~note」なんて、おしゃべりをしながら、楽しく編みました。
お花に限りがあったので、レイ・クペエとまでは言えないかもしれないけど、なかなかチャーミングに出来上がって、みんなで大満足。
最初は踊る人たちだけ?なんて思ってたけど、来てくれる人みんなに行き渡るようにとがんばって作ったら、なんと67個もできましたsign01
そのレイもどき(?)をケイキもカネも Keisuke先生も、ほとんど全員が着けてくれています。嬉しーhappy01
だけど、作ったメンバーには渡らず・・・・ちょっぴり残念。ま、わたしたちは立派なレイを着けて踊れるから、いいかsmile

去年のパーティーには森仲間の(く)ちゃんが、今年はやはり森仲間の(つ)さんが来てくれました。(つ)さんは3月横須賀のデビューイベント以来、恵比寿、そごうにも足を運んでくださって、フラのこと全然ご存知なかったのに、最近では「カヒコいいよねnote」なんて言うまでに。
男性フラの迫力がお気に入りらしく、イベントでもわたしというより Keisuke先生がお目当てなのでは??なんて思ってしまうことがあります(笑)
だけど、ホントにいつもお忙しい中を駆けつけてくださって、感謝の気持ち・・・・言葉では言い表しきれません。

さて、そんな(つ)さんとステージ斜め前のベストポジションで食事&おしゃべりをしていると、間もなくメレフラタイムが始まって。
しょっぱなに聞こえてきたのが“Papalina”
「うわ~ぁ、踊らなきゃっhappy01」と、ステージ上に GOdash
(モ)や(カ)の木曜メンバーと一緒に踊りました。お客さんはいるんだけど、イベントとも船のショーとも違う雰囲気で、とってもリラックスして踊れて楽しかった~note クセになりそうsmile
ってなワケで、前半は“Lei Ho'oheno”、“E Pili Mai”と、わたしは3曲踊りました。
“Lei Ho'oheno”は大阪クラスでもやっていて、今回のパーティーには大阪クラスからも何人かスタジオ生がいらしていて、一緒に踊ることができました。だけど・・・・
フリがビミョーに違っていて、ビックリsign03 「動きツラれた~」なんて声も聞こえてきましたヨcoldsweats01

大阪クラスの方たちだけでなく、今回のパーティーにはスペシャルゲストが。
いつも Keisuke先生と一緒にイベントに出演していて、先日のそごうではわたしたち生徒のバンドも勤めてくれた IZUMIちゃんが来てくれたのですcrown
十八番の“Alika”などのソロを聴かせてくれたほかに、“Lei Ola'a”と“Kawika-No'e No'e”をフラのバックで演奏してくれましたshine いつ聴いてもステキな歌声にウットリします。
わたしはどちらの曲も踊れないので、鑑賞するだけでしたが、Kane & Keisuke先生の“Kawika-No'e No'e”が観られて嬉しかった~。やっぱりこの曲好きheart04

ところで、music lesson を受けているメンバーも日ごろの練習成果を披露するハズなんだけど・・・・まさかsign02と思っていると、イヤな予感は当るもので(笑)、IZUMIちゃんのすぐ後に Keisuke先生からお声がかかり。
「しょえ~、思いっきり唄いにくいぢゃんっっっっbearing
だけど、得意の開き直りで度胸を決めて唄わせていただきました。
“A 'oia”、“Green Rose Hula”、“Ku'u Ipo Onaona”
ここまではウクレレ隊と一緒に。

そして“Lei Nani”は Keisuke先生のウクレレで。これが、超速かったsweat01
この曲は大阪のメンバーが踊ってくれたのですが、わたし自身フリを詰め込んだだけの即席でしか練習していない曲で、歌詞をいまいちキチンと覚えておらずdown
歌詞カードを見ながら歌ったのですが、途中でつっかえてしまって、ダンサーの方たちにはホントに申し訳なかったですsweat01sweat01
よりによって、一番間違えてはイケナイと思っていた大阪クラスの方たちの時にミスしてしまい、ちょっとヘコみましたsad
他にもミスはたくさんあって、オラリも含めて歌詞をキチンと覚えること大事だな~と痛感しました。そうでないと、ダンサーさんを見て、感じて、一緒にパフォーマンスを作り上げることできませんもんね。
(モ)も言ってたけど、自分がやってみると、バックで演奏しているミュージシャンの偉大さがよくわかります。

ウクレレチーム生演奏の後は再びCDでフラを。
後半は大好きな“Na Ka Pueo”、そして“Hi'ilawe”を踊りました。
とくに“Na Ka Pueo”は踊っていてホントに楽しい曲note もう笑顔以外では踊れません。
木曜クラスのフラシスから「何て楽しそうにフラを踊るんだろうと思ってみてた」という言葉をもらい、嬉しかったな~。彼女は以前レッスンのときにも「ちぃさんの表情好きなんっすよ~」って言ってくれたケド、レッスンのときは難しい顔することも多いのにね(考えすぎちゃうから)。

さてさて、そんなワケでフラや歌でステージと席を行ったり来たりしているうちに、パーティーも終わりにさしかかり、ラストは先生にしめていただこうと、ウクレレチームから Keisuke先生にリクエストして、自分たちの演奏で“Ka Uluwehi O Ke Kai”を踊ってもらいましたnote 
このとき、先生にレイをプレゼントpresent わたしからの(勝手な)プチ・サプライズ企画でしたsmile
そうそう、IZUMIちゃんも先生と一緒に踊ってくれましたよhappy02
今までこの曲はショーでしか先生が踊っているのを見たことなかったケド、同じ場所に立って後ろから見ると、海藻拾うところなんかものすごいダウンで、「うわ~、こんなに小さく(低く)なっちゃうんだsign01」と内心ビックリしながら唄ってました。
だけど、やっぱり苦手な3番の1回目で歌詞つっかえて・・・・もーーーーーーっ、バカ~~~~downdowndown

でも、会場にいたみなさんの顔を見ると、夏の終わりの一夜を楽しく過ごすことができたみたい。
ぜひまたこんなパーティーができるといいな~と思います。
わたし自身は、当日タイトスケジュールを組んでしまって遅参したうえに、フラと演奏でアタフタしていて、自分のことで精一杯sweat01 まわりのこともよく見えてなくて、パーティーのためにはほとんど何もできなかったのが、反省点として残りました。
せっかく来てくださった(つ)さんに対するホスピタリティも足りなかったし、大阪の方たちとお話しする余裕もなかったなぁ~。せっかくの機会だったのに、残念sweat02
今度は鎌倉から大阪におじゃまするチャンスもあるといいな。

とくかく、いろんな点で自分のキャパを広げたいと思ったフラパーティーでした。
フラを楽しむ・・・・っていう点ではパーフェクトだったけれども(笑)
そして、このパーティーを思いついて先生に提案してくれたフラシスの(カ)に、開催させてくださった Keisuke先生に、企画&実行に関わってくれたフラ仲間たちに、心から感謝したいと思います。
このスタジオでフラができて、本当に幸せconfident

(長い日記にお付き合い、ありがとうございました)

| | コメント (2)

Hard Day's Night

昨日はとーっても忙しい一日でした。

まず午前中に期日前投票をすませに消防署まで。
ここが・・・・バスでは行かれない場所(乗り継いで遠回りすれば行かれないことはないケド、時間とお金のムダ)。てぃーだカンカンsunの下、テクテクと20分歩いていきました。

その足で今度は逗子駅近くのネイルサロンへ。
イベントやショーが一段落したので、約半年ぶりにカルジェルをしてもらいましたshine
フラの話や花火大会の話・・・・とりとめもなくおしゃべりしながら、自分はただ手を差し出しているだけで、プロの方にどんどんキレイにしていってもらえる・・・・あー、なんてゼイタクなんでしょconfident
・・・・と、ケアをしてもらっている時は、昨日唯一まったりとできた時間でしたが、次の目的地に行くためのタイムリミットがあって、実は時計とにらめっこのネイルサロン滞在でした。

いつもは一人の方にやっていただくネイルケア&カルジェルを、昨日は両手いっぺんに済ませるために二人がかりで。
そうやって急いで、でも丁寧にやっていただいたおかげで、予定の時間にお店を出ることができ、乗りたい電車に間に合っただけでなく、お気に入りの手元になりましたnote

さて、電車に乗って向かう先は五反田。
UMAHANAスクールのことは昨日のブログに書いたとおりです。

予定より20分ほど遅れて UMAHANAアトリエを出て、湘南新宿ラインに乗ろうと思って五反田ではなく大崎駅へ。
ところが! 作り上げた大切なレイやスクールの道具もろもろの荷物を抱えて走ったにも関わらず・・・・目の前で電車のドアは閉まってしまいました。ああ、無情crying

しかたなく山手線で品川に出て横須賀線で鎌倉へ。
パーティー会場のビーチハウス“Asia”には20分遅刻dashで到着、やれやれ。
遊びに来てくれた友人の(つ)さんを、だいぶお待たせしてしまいました。ごめんなさいsweat01

・・・・・というワケで、とーっても忙しかった一日のしめくくりのフラスタジオのパーティーは、やはりあっという間に、めくるめくよーに時間が過ぎてしまい・・・・という、パーティーのお話は、また今度。

| | コメント (2)

まんまと2回目

UMAHANAスクール
今日は夜にフラスタジオのパーティーがあるので、昼のクラスに振り替えて参加しました。
昼のUMAHANAアトリエは光がいっぱいで大好き。
クラスのメンバーの方たちの雰囲気も夜クラスとは違っていて、でも和気あいあいと楽しくレッスンを受けているのは同じ。

さて、ベーシッククラスも今日からはティリーフを使った Haku
花材は・・・・・なんと、アジサイ!
今日は一人ひとりにお花が配られていて、各自の色は一種類。
わたしはやや渋めのピンクの席に座りました。

作業が始まると UMAHANA先生が近づいていらして
「まんまと2回目だねっ」って。
そう、この高価なアジサイで、間をおかずに2回も続けてレイが編めるなんてラッキー♪
でも、今日も作業は遅い方で・・・・
ティを初めて編む人たちよりも遅れを取ってしまいました。
あ、でもみなさんは60センチでおしまいにしたらしいけど、わたしは70センチを目指したのでした。

パーティーに間に合うにはアトリエを17時に出たいんだけど、あとちょっとのところで、終わらずbearing
途中で止めて帰るか、とっても迷ったんだけど、最後まで完成させました。
比較的カンタンな花材であるアジサイではあるけれど、今日のは火曜日の鎌倉ワークのときよりもまたさらに上手にできた気がしますscissors
花を詰めすぎずに編めるようになってきたのかな?

だけど・・・・
完成したレイは、パーティーで Keisuke先生に進呈してしまったので、写真がありませーんsweat01
残念~down
先生が着けているところ、撮っておけばよかったsad

********** 以下、30日(日)の追記です *************

・・・・・と、嘆いていたら。
なんと! 昨日、Keisuke先生がレイを写メしてくださいました~up バンザーイhappy02
ん? ってコトは、ブログ読んでくださったってコトsign02
というワケで、今回のスクールの成果です ↓
090829_120202
Keisuke先生、 Mahaloです~shine

| | コメント (2)

長持ちレイ

2ヶ月に1回のレイメイキングの鎌倉ワーク。
金曜日のパーティーで着けて踊れるようにとのお心遣いで、UMAHANA先生はアジサイを選んでくださいました。

090825_19380001← 本日の花材(アジサイ3色)

この時季、もう国内にはアジサイはないので、オランダなどからの輸入品だそうです。
とってもボリュームがあって、どの色もホントにキレイ。
お値段もナカナカだそうで、「普段のスクールでは使わない種類」だそうです。
なんてゼイタクshine


このアジサイを、今日はティリーフを使って Haku スタイルで編みこんでいきます。
アジサイは植わっているものもそうだけど、条件がよければ花持ちがよくて、色もそのままにキレイにドライになるんだって。
その条件っていうのは、あまり日が当たらない涼しい場所・・・・とのこと。
レイにしても「1週間は持つよ。大丈夫good」って。

UMAHANA先生からの最初のアドバイス、本日一番のポイントは・・・・

ゴツくならないよーにsign03

お花がボリュームがあるので、ついついドバーンimpactっていうのが出来ちゃいそうだけど、先生いわく「お花がボリュームある時こそ、“軽やかな”のを作りましょう」
いろんな地方の出張ワークでもアジサイを使うことは多いそうですが、その時のこぼれ話なんかも面白かったsmile

というわけで、注意点を聞いた後はみんなで小分けにした3色のアジサイを、2つずつの山にして、そこから仲良くお花を使って編んでいきます。ティを使うのは2回目だけど、コツもだいたい覚えていて、みんな作業がスムーズ。
おしゃべりする余裕もあり、いつもながらに楽しくワークができましたnote

とっても早く出来上がったフラシスもいる中、やっぱりわたしはノロマ。1回1回編みこむときに、お花を選ぶのに時間がかかり過ぎなのカモ。
でもバランスをあれこれ考えると、そしてゴツくならないようにって思うと、お花選びはいつも以上に慎重になります。
あ、今回は大きな山からお花を選んだから、余計目移りしたともいえる(笑)
スクールなんかだと、自分に割り当てられた範囲内で作るしかないからね。

でもそうやって、時々裏をひっくり返して見て編み目をチェックしたりして、マイペースで丁寧に編んだおかげで、今日も満足度が高いレイができました~shine

090825_22280001

そんなにゴツくもなく、わたしにしては太さも平均してるし、いいんじゃな~いsign02
・・・・と、誰も言ってくれないから自画自賛(笑)

で、お約束のフィッティングタ~イム
090825_22310001
うむ、キレイheart04  (注:レイが・・・・)
うふふ、ますます金曜日が楽しみになってきましたconfident

関西、九州への出張・・・・超過密スケジュールの合間をぬって鎌倉ワークを開催してくださった UMAHANA先生に、今日も心から感謝ですshine
ありがとうございましたhappy01

| | コメント (2)

なごむ~~~~

このブログ、右サイドバーにはわたくしが気になるブログやウェブサイト、本、音楽などをご紹介しています。
その一番上「毎日ちぇっく?!」は、お気に入りブログをリストアップしたものですが、ちょっと前から、その中でも一番上に「柴犬のチコ。」というブログをリンクしたのにお気づきの方はいらっしゃるでしょうか?

もう、このブログ・・・・


ほんっとに  好きっっっ heart04heart04heart04


わたくし、もともとネコのことが無条件に、とろけるくらい大好きで
でも、ワンコもそれに劣らず(いや、ちょっと劣るかな? 笑)好きで
だけど、世の中にワンニャンのブログは星の数ほどあって、それをいちいちチェックしているヒマはないワケで。
それに正直いって、ワンニャンブログは親バカ丸出しってか、読む人の立場を考えない自己満足のものがほとんどで・・・・読んでいて、ハッキリ言って「つまらないっpunch

だけどね~
この、チコちゃんのブログはね~
笑える!
ほんと、時にはPCのスクリーンに向かって一人で爆笑しちゃうくらい、面白い!!

理由はいろいろアルけど、なんといっても主人公の柴犬チコちゃんの豊かな表情。
ま、わたしワンコの中でも特に柴犬が一番好きってのもあるけど。
でもチコちゃんの魅力だけじゃ、そこらのブログと変わらないんだけど、それを写真に収めて最大限に魅せちゃう、チコママさんの表現力豊かなキャプション&ストーリー作りの能力!

このブログのすごいところは、一日に2回は更新されること。
毎日毎日、ほとんどチコちゃんの日常を綴っているだけなのに、飽きないんです。
チコママさんも単なる親バカ(失礼!)なんですけどね~。
ちっとも嫌味じゃないんだなぁ。

って、まー、ここで能書き並べててもショーガナイ。
あなたも一度、覗きにいってみるべしdash
チコちゃんブログはこちら ↓
http://ameblo.jp/shiba-chico/


仕事にふと疲れたとき
なんだかワケもなく気持ちが弱くなったとき・・・・
「そうだ! チコちゃんに会いに行こうflair
すると必ず、期待通りに元気にさせてもらえる。

ミュージックも Good Medicine だけど、
チコブログもわたしにとって Good Healer カモsign02

| | コメント (0)

日曜日のビール

「日曜日のビール」・・・・押尾コータローさんの新譜に入っている曲のタイトルだそうです。
Jake 風に言うと「Beer on Sunday」

というワケで、ジェイク・シマブクロ with 押尾コータロー ライブに行ってまいりました。
ジェイクの“Music is Good Medicine”ジャパンツアー2009
昨日と今日の東京公演だけ、ギタリストの押尾さんをゲストに迎えてのゼイタクなステージ。
押尾さんの熱烈なファンである友人が誘ってくれて、初めて生のジェイクと押尾さんを観て聴いてきました。

場所は恵比寿のガーデンホール。
3週間前はフラ仲間と大きな荷物を抱えてここを歩いたっけな~・・・・なんて思い出しながら向かいました。
ガーデンホールは初めてだったケド、こじんまりとしながらもいいホールでしたよ。アリーナ部分にもイスを置いて、全部で700-800人は入るのかしら? ステージと一体感が味わえるちょうどよい規模でした。

前半はジェイクひとりで、後半は押尾さんを交えてたっぷり2時間以上聴かせてくれました。
前半はジェイクの今までのアルバムの中から1曲ずつ、デビュー当時のアロハシャツにメガネをかけて「懐かしい」スタイルで。
バックバンドがカラオケ(っていうの?)で入ってる曲もあったけど、やっぱりあの指使いはスゴイshine
弦が4本しかないとは思えないですね、ホントに。
今回ビックリしたのは、超小型カメラをウクレレのネックに取り付けて、彼の指使いを背後のスクリーンで映し出すという試み。
「なんか、すごいゼイタク~shine」なんて、余裕で見ていられたのは最初のうちだけ。
だんだんノッてくると・・・・動きが早すぎて指なんて見えやしないsweat01(笑)

押尾さんが登場してからは、ステージが一段と盛り上がりup
押尾さんのしゃべりの面白さ、ウワサどおりでした。さすが関西人。
彼自身のテンションは決して高くなさそうなのに(笑)、聞いてる方は笑えちゃう。大人の余裕かしらね。
ジェイクとのビミョーにチグハグなやり取りも、天然な笑いを誘ってました。
だけど、二人とも「とってもいい人なんだな~」って、人柄がにじみ出てくるようで。でないと、あんなに人の心に響く、スーッと入り込んでくる音楽は生み出せないのかもしれませんね。

わたしの中で今日の一番は、二人で演奏したジェイクのデビューアルバムの曲「Sunday Morning」と、アンコールでやはり二人で演奏した「一期一会」。あ、あとマイケル・ジャクソンを悼んでのジェイクのソロ「スリラー」もよかった。
ジェイクが提唱する「Music is Good Medicine」
まさに、その通りだと思う。
今日の二人の演奏を聴いて、とっても元気をもらえたし、心が柔らかくなった気がするよ。人にも優しくできそうな。

アンコールの「一期一会」
押尾さんが客席にメロディを指導して、それをみんながバックコーラスとして口ずさむという・・・・会場一体となった素晴しい、そして美しい一曲でしたnote
それを聴きながら、「ああ、このままずっとこの時間が続いてくれればいいのに、って思えるライブは久しぶりだな~」って思ってました。

わたしはジェイクのCDは一枚しか持ってなく、押尾さんのは一枚もないというフトドキモノなお客でしたが、お二人のアルバム増やしていこう、と心に決めたライブでした。
そうそう、今日ふたりの演奏を聴いていて、ウクレレやギターって打楽器でもあるんだflairって、思いました。
やっぱり「生」はいいgood
090823_17530001
ということで、ライブ終了後はビアステーションへdash
恵比寿に来たらスルーできませんよね~。
ってなワケで、「生」ビールで友人と乾杯beer
(写真に一緒に写っているのは、ライブ会場でもらった Kona Deep というミネラルウォーター。コナ沖の海洋深層水だそうです。パッケージがキレイですね。今度のレッスンで飲んでみようっと)

ステキなライブの後に「日曜日のビール」でしめくくり・・・・ホントにゼイタクな夏の休日でした。
誘ってくれた(千)ちゃん、ありがとねーheart04
また、ライブあったらよろしくねっwink
それまでに、少しはCD聴いて勉強しておきます(笑)


いや~、ウクレレ・・・・最近身近になりつつある楽器だけど、やっぱりいい音色note
夏の海辺で夕日を眺めながら、ジェイクみたいに上手な人が・・・・隣で静かに鳴らしてくれたらな~confident
・・・・って、ありえないゼイタクな想像sign03

| | コメント (0)

夕涼み

夕方涼しくなってから、ゆうしげ丸さんのしらすを買いに出る。
今夜のおかずは山盛りのしらす丼♪

090822_18230001

出たついでに、海を眺めながらの夕涼み。
今日も、西の空はうっすら霞んでいました。

日没時刻もだんだんと早くなっているようです。
夏も終わりかなぁ・・・・

| | コメント (0)

早くも前夜祭?!

イベント効果(?)か、今日のレッスンには見学の方がお二人いらっしゃいました。
お二人とも、フラの経験がある方のようです。
ベーシックでは、たまたまその方達のまん前に位置してしまい・・・・けっこうキンチョーしましたsweat01
ジーーーーーっと、足元を見られてしまい・・・・そりゃそうですよね~、そのお教室がどんなステップなのかって気になりますモンね~。
わかってはいるケド、そうやって見つめられると「ああ、わたし達のステップを見て、Keisuke先生のフラが判断されちゃうんだわ~」なんて、思ったりして。先生に見られるのとは別の緊張感でした、ハイ。

さて、曲練習の方は“Lei Ho'oheno”の残りとエンディングまでを教えてもらって、みんなで練習。
Keisuke先生から個人的なアドバイスは今日はなかったケド、全体へは、胸を張ること。首もグイっと持ち上げる感じで。
それから、「自分の重心がどこにあるのかを常に意識していたほうがいい」とのこと。ふむ、そういえば、そんなこと今までは深く考えてなかったかも。
とくに、カホロは他の人のスカートの動きを気にして合わせるように、って。
で、誰に合わせるのかってのが問題になってくるんだけど、こういう時わたしの中で基準になるのは、やっぱり(エ)で。レッスン最後の通し練習では、(エ)は少し離れたところにいたけど、鏡の中でチェックしてみました。出だしのカホロを見ただけだけど、ズレてるようには見えなかったゾgood
そうそう、Keisuke先生は「もっと踏み込む意識を持って」とも、おっしゃってたな。

そして今日は、またもや新曲を渡されましたwobbly
クアナ作曲の“'Ohai Ali'i Kaluhea”
先生は「誰にでもすぐ踊れるカンタンな曲だから覚えましょう」っておっしゃったケド、そうでもナイんじゃないでしょ~か??
最初のワンフレーズを教えてもらっただけなのに、ハンドモーションで未知のタイミングの謎の動きがありましたよっsweat02

あと、今日は久しぶりに“Ke Ha'a La Puna”を踊りました。
先生が「このクラスってカヒコ何やったっけ?」と聞くので、「ケハアラ~プナ!やりました」って答えたケド、やばいっ、フリがあやふやcoldsweats02
と思ったら・・・・やっぱり2番の1回目、先生の目の前で大間違いsweat01sweat01sweat01
黙ってればヨカッタsmile 好きな曲なんだけどな~

そんなこんなで、今日のレッスンは少し早めに解散。
だけど、その後もみんな残って、レギュラーレッスンだけに参加しているメンバーは(エ)と“Lei Ho'oheno”のキャッチアップ。
その間、チーム組は部屋の隅で“Lawakua”のフリを思い出したりしてたんだけど・・・・
なぜか、今まで習った曲メドレーが始まってしまい。
“Hi'ilawe”、“Na 'Ale O Ni'ihau”、“Pauoa Liko Ka Lehua”などなど・・・・自分達で歌いながら次々と踊ってみたり、踊れなかったり(笑)
なんか、既に来週のパーティーの前夜祭みたいなノリで、なかなか楽しかったnote
わたしはずっとメレ担当だったけど、(モ)のリクエストで旧バージョンの“Aia La O Pele”を(カ)と一緒に踊りましたよ。懐かしー。スタジオに入って最初に習った曲です。

それにしても・・・・フリは出てこないことあるけど、歌ってけっこう覚えてるもんですね~。自分が習った曲は全部スンナリ歌えて、自分でもビックリsign01
いよいよ、来週のパーティーが楽しみになってきました~up
でも、その前日にもばっちりレッスンがあるのでした。

| | コメント (0)

信頼の重み

信頼:信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。(大辞泉より)


人として信頼される

というのは、とても嬉しいこと。
ましてや自分が尊敬する人たちからの信頼であれば、なおさら光栄でもあり。
せいいっぱい、それに応えたいと思う。
それでその人たちが喜んでくれるのであれば、それはまた、とりもなおさず自分の喜びにもなる。
けれど。

ほんとうに自分でいいのか。
自分にできるのだろうか。
心の隅に小さな不安を抱えての決心だったことも、確かで。
それを正直に伝えて、わたしがそんな気持ちでいることも理解してくれたうえで、わたしの「イェス」という答えを喜んでくれた人たち。

その顔を見ていたら・・・・わたしにできること、やるしかないっしょdash
と思えてきた。
なんといっても、自分が好きなことだもん。
自分も心地よくあるために。

それが、敬愛する人たちに対する、ワタクシ的 ALOHA mind の表し方。

| | コメント (0)

Ka Nohona Pili Kai

今日の music lesson は、後半はパーティーへ向けての練習。
前半は・・・・新曲。
今日の曲は“Ka Nohona Pili Kai” 
ハワイアンを聴く人ならたいて誰でも知っているくらい有名な曲。
“涙そうそう”のメロディの、ケアリィ・レイシェルの、あの曲です。

ウクレレのコードはとっても難しそう。
「今までで一番難しいかもsweat01」って。
歌はといえば・・・・やっぱり難しいsweat02
何度も聞いているハズの曲なのに、メロディはわかってるハズなのに、スンナリ唄えない。
歌詞が長いし、言葉の区切り方も各バースで微妙に異なっていて
「もうっsign01 ケアリィめっannoy」って感じ。

そしてやっぱりケアリィの曲は、Ha'ina ではなく、Puana で終わるんですね~。
以前、フラのレッスンで別の曲の解説をしているときに Keisuke先生が教えてくださったこと。
Ha'ina は完了形、Puana は進行形。
どんなに熱いラブソングでも、Ha'ina で終わっている曲は過去のこと。相手と別れてしまったか、相手が亡くなってしまったか、とにかく相手はもうそばにはいない場合がほとんどなんだそうです。
だけど、ケアリィの曲はすべて進行形なんだって。ほとんどが今の恋人のために書いているんだそうです。
そういわれてみれば、そうですよ。“Melelana”なんて、Puana さえナイもん。
ふむふむ、面白いですね~。

| | コメント (2)

ごうほうび?(笑)

横浜そごうでのイベントが終わりました。
なんだか・・・・脱力~
これでイベントの予定はすべて終了。
月末にパーティーはあるけれど、衣装も着けないで踊るカジュアルなメレフラだし。

今までは目の前のことをこなすだけの、いってみれば自転車操業的な練習ばかりしてきたから、これからは少しのんびり、というかジックリと腰を落ち着けて練習に取り組めるかな。
まずはベーシックの強化と姿勢。これを重点課題としてみようっと。

さて、今日のイベントのお目当ては・・・・

マラサダカップheart04

でした(笑)
だって、先日の東武と三越には出店してなかったんだもーん。
その前の Keisuke先生が出演したパシフィコのイベントにも出てなかったし。
今日は、控え室への通路の脇にちゃんとありましたよup
「今日こそゼッタイ食べるんだっ!」と、その場にいたメンバーを前に宣言。
すると遅れてケイキの(ヒ)がやってきて、やっぱり食べたそうにしていたら、ママに「ちゃんと踊れたらご褒美にねgood」と言われている。

ゴホウビ・・・・

すかさず他のメンバーから「ちぃちゃんも、上手に踊れたらゴホウビねっsmile」と言われてしまったさーsweat01
いいもんっ、自分のお小遣いで買うもんっっっsign03

というワケで、ショーが終わり、フラシスたちとお昼を食べて、彼女達を巻き込んで再びイベント会場へ。
念願のマラサダカップ食べました~happy02
まいう~notenote
あんまり嬉しくて、手にしてすぐにパクついちゃったから、記念の写真撮り忘れた(笑)
ナンダカンダいって、みんな「おいしいね~heart04」って食べてましたよ。
だから言ったでしょっsign01

そして、家に帰ってからのゴホウビは・・・・

お昼寝sleepy

あー、昼間に眠れるなんて、超ーーーーーーー久しぶり
ゼイタクでしたshine

あ、
イベントの出来は・・・・
フリ以外のところで「あちゃ」っていう場面があったケド、曲が始まってしまえばフラ自体はそんなにヒドクなかったのではナカロウカ、と思える。
ってか、練習どおりには踊れたかな。それ以上は、もちろんムリ。
そういえば、そんなに緊張もしなかったな。ドンカン??
とくに「やってみなくちゃわからない状態」のカヒコは、調子いいほうだったと思ふ。
狭いステージ上でも萎縮せずに伸び伸びいつも通り踊れてたのは、自分でもよかったところ。バンプのターニングカホロで伸ばした手の先は、Keisuke先生の頭をかすめてたかもしれないケド(笑)

それに、先生のお仕事仲間とはいえ、プロのミュージシャンの方が演奏しに来てくださるだなんて、ホントに幸せな環境でフラができてるんだなーって実感しました。
いつもは客席から見ているミュージシャンたちと、同じステージに立てたんですもんねshine
お客さんもビックリするくらいたくさんだったしnote
友人の(つ)夫妻もその中で見ていてくれたらしく・・・・いつもながらに踊っているときは気づけなかったけど、終了後会うことができました。
いいフラお見せできたといいんだけど。貴重なお休みに足を運んでくださって、ほんとにありがとうございましたheart04

| | コメント (2)

今日は眠れそう

昨日はヤバかった。
まぢで、かなり。
ホロマイペレが踊れない。全然。今まででサイアクってくらい。

焦った。
昨日のを見たら「ちぃちゃんは今回はホロマイペレ出ないでおこう」って、Keisuke 先生に言われちゃったかも…ってくらい。
スピンが止まれない
次のステップが遅れる…
そうなるともうただジタバタしてるだけ

イベント2日前にこれ?!
自分でも情けなくて、でもこれ以上やってもダメだ…と見切って、体を休めることにした。
(開き直りは早いノダ 笑)

で、今さっき
また昨日みたいな調子だったらどうしよう…と思いつつ
曲はかけずに、CDよりもほんの少しだけスピードを落としてステップだけ繰り返した。
特に3番を何度も。

そろそろいけるかな?って思えたところで、CDに合わせて踊ってみた。
本番だと思って、緊張の中に自分を追い込んだ。

…踊れた!
今までで一番いいかも、と思えるくらい(甘いかな? 笑)
と言っても、今まではずっと赤点で、やっとギリギリ及第点が出せたかな?って程度で。
とりあえず、ジタバタせずに曲についていけたかな。

ずっと前に超どん底にいたとき先生がくださった「踊れない、と思ったときはステップを練習♪」というアドバイス
それ以来何度救われたことかなぁ…今日も、また。

だけど、タップがまだまだ全然余裕ないし
姿勢も自分で“変”ってわかるところがある。
でもどちらも今日明日には直せません。
Keisuke 先生ゴメンナサイ。長い目で見てやってくださいまし。
…って、読んでらっしゃらないか(笑)

訪問してくださったみなさんも、こんな内容におつき合いさせてしまってゴメンナサイ。
でも自分の気持ちの整理のために、あえて「日記」を書かせてもらいました。

さて、これからお風呂に入って、軽くご飯を食べて、今夜は早く寝よっ。

| | コメント (0)

特異日

晴れの特異日というのが年間に何日かある。
例えば10月10日、昔の体育の日とか、11月3日とかね。

だけど、今日8月15日も晴れの特異日なのではないかと思ってしまう。
過去、終戦の日が雨だった・・・・という記憶はあまりない。
幼い頃に祖母や母から何度となく聞かされていた“その日”と同じように、8月15日はいつも太陽がまぶしく、セミの声がよく聞こえる暑い日が多いような気がするのだ。

そして、今日も晴れ。
ミンミンゼミの声もひときわよく聞こえてくるような。
ここ葉山は、窓からおどろくほど爽やかな風が入ってきて「高原?」と錯覚しそうなくらいだけれども。

今日は海にも行かず、一日静かに過ごそうかと思ふ。
朝からガーガー掃除機をかけてしまったけれど。
夜はフラの練習で暴れてしまうだろうけど(笑)

いいことも、あまりよくないことも、今の日本はすべてあの戦争の上に成り立っている。
そんなことを考えながら、祖父母や両親が生き抜いてきた時代を思う。
そして、自分が今ここにこうしてあることの意味を思う。

あの戦争で命を落としたすべての人のご冥福を祈ります。
もちろん、国籍は関係なく。

| | コメント (0)

Let's !!

今日、本屋さんでゲットした2冊

090813_21150001

どちらも久しぶりに手にとった。
“Tarzan”は最新号ではないケド、以前広告をチェックして「ゼッタイ買おう!」と思ってた。
ストレッチとヨガの特集ね。
もうずい分と Sytze のヨガスタジオにはご無沙汰で、でもコンスタントに通えるようになるまでには、まだ当分かかりそう・・・・
なので、自宅でできるときに身体を動かそう、というコンタンsmile

Let's ストレッチ!
Let's ヨガ!!

そしてもう1冊は、コンパクト版時刻表
月末に、これまた久々に温泉spaに行く予定~♪
踊り子号は何時かな~train

しっかし、時刻表って、眺めてると飽きない。
ページを眺めてると、どんどんどんどん想像が膨らんでくる。
別に鉄チャンでもなんでもないけど、列車の旅は元々大好きで。
飛行機airplaneも好きだけど、あ、船の旅shipも。
よーするに乗り物に乗るのが好きなのかも。
ってか、旅行のプランを考えるのが好きなのかな。

Let's Go to ONSENdash
Yeah~up

| | コメント (0)

頭の整理

レギュラークラスとチーム、両方とも最近新曲に入って覚えることがたくさん。
だけじゃなくて、今週末はイベント、来週は船もあるし・・・・・
てなワケで、優先順位をつけていかないと、毎日全部の曲を練習するのはムリsweat01

いくつもの仕事を並行して進めているような気分。
工程表作りたくなってくる(笑)
今週はお盆だからか、レッスンはないんだけど、来週からの予定をちょっとここに書き出してみよう。

①16日イベント:Aia La O Pele、Holo Mai Pele、Green Rose
②19日船:Green Rose、Papalina、Na Ka Pueo、E Pili Mai、Lei Nani
③20日、27日レッスン:Lei Ho'oheno
④30日レッスン:Lawakua

そして・・・・28日のパーティーでは何を踊るんだろう??

うーん、こうして見ると・・・・
まずはイベント。カヒコ、特にホロマイペレ ←これ最優先!

だけど、その3日後のことを考えるとレイナニも完成させないと。
この曲は(エ)がいなくても全部踊れるようにって、2、4番だけじゃなくて、先日1番と3番も教えてもらったんだけど、とくに3番のフリがまだカンペキに入っていないみたいsweat02
みたい・・・っていうのは、脳内イメトレしてるときは大丈夫なんだけど、いざ曲に合わせて踊ってみようとすると出てこないdown
たとえフリが入っていたとしても、完成度を上げないと。船の前に Keisuke先生にチェックしてもらいたいな~。

次のレッスンまで間があるからって、レイホオヘノとラヴァクアを放っておくワケにもいかないし。
集中して効率よく練習しなくちゃねっdash

| | コメント (0)

自分の位置

もう海 → フラのパターンはしない、なんて言ってたクセに、昨日もやってしまいました。
ってか、今までもMKの後でチームレッスンっていう一日はけっこうあったんだった。忘れてたダケで(笑)
でも今までは磯の観察だったり、カヤッキングだったりで、さほど体力的な消耗はなくて済んでたけど、やっぱり全身海の中に入るのは違うようで。

ま、昨日はこの前ほどヘロヘロじゃなかったけど、やはりベーシックではちょっと足が重かった。Keisuke 先生の速めのイプヘケについていくのが大変でした。
おまけに昨日のレッスンでは、ちょっとしたキャッチアップもやったから、トータルで4時間近くフラしてました~sweat01
今日が休みでヨカッタcoldsweats01

さて、昨日のレッスンは16日の横浜そごうのイベントに向けた練習&アウアナの新曲。
わたしが踊るのはカヒコ2曲“Aia La O Pele”と“Holo Mai Pele”、アウアナは“Green rose”
“Holo Mai Pele”は難しいケド好きな曲だから、今回は躍らせてもらえて嬉しいup
“Aia La O Pele”と“Green rose”は、前回の反省を活かしてレベルアップできるようにしよう。

そして昨日はフォーメーションの練習も。
カヒコもアウアナも、わたしのポジションは後列左端。
最近、ここのポジションが定着、っていうか、今までのイベントは全部この場所。
慣れもあってなんとなく落ち着く場所になりつつあるケド、他のメンバーがいろんなポジションで踊ってるのをみると、自分がここから動かされナイのには何かワケがあるのかな~?なんて、どーでもいいことを考えたりして(笑)

でも、このポジションのおかげで“Green Rose”は昨日バージョンアップしたフォーメーションでも、前後の入れ替えだけでフクザツな動きをしなくてすんでよかった。
なーんて、そんなこと言ってるからダメなのかなcoldsweats01
ま、とにかく与えられた場所で精一杯踊るだけです。
今度のイベントではなんと、生バンド、しかもあの IZUMIちゃんの歌で踊れるんですから、こんな幸せな体験はメッタにないことshine
とっても楽しみですnote

アウアナの新曲はナプア作曲の“Lawakua”
ナプアの代表曲のひとつでもありますね。手元にあるCDにも入っている美しい曲。
Keisuke 先生の解説によると、彼女が妹さんのために作った曲なんだそうです。
スローな曲をいかに魅せるか・・・・タメが命
ハンドモーションは1と3をキチンと止めるけど、重心移動は止まることなく・・・・
ステップもちょっぴり複雑。
さてさて、課題が多い曲になりそうです。
でも課題が多いということは、レベルアップする余地も多いということ。
イメージをしっかり頭に描いてガンバローdash

| | コメント (2)

ひとつ大人に

今日はお天気もよく、風もなかったのに・・・・うねりは昨日よりも大きく入ってきていて、MKプログラムにとっては悩ましい一日となりました。
昨日より干潮時刻が遅く、昨日よりも干満の差が少ない。ということは、子ども達がスノーケリングで生き物観察をするチャンスは昨日よりもちょっとキビシイ。

なので、午前中はまず水着のまま波打ち際で海水浴(?)
「入るのは腰までだよ~」っていうキャプテン(ま)の言葉にもかかわらず、子ども達は頭までびしょぬれ。
「だってぇ~、波が大きかったんだもーんnote
「転んじゃったんだもーーーんっnotenote
確信犯のクセにちゃんとカワイイ言い訳をする小学生たち。
ふふふ、そんなことはみんなお見通しなのですよsmile
私立の学校に行っている典型的なお嬢様のような2年生も、顔の正面からまともに波がぶつかってもひるまずにズンズン前に向かっていく様子なんかを見ていると、さすがMKたくましいなぁ~・・・・と嬉しくなるのです。

ひとしきり遊んだ後は、チンクイなどがくっついてるといけないので、一度シャワーを浴びてウェットスーツを着込みます。
が、まだまだスノーケリングではありません。
今日の海況では、スノーケリングは12時半~1時くらいがベストコンディション、ってかピンポイントのチャンスflair なので、もう少し遊んでから早お昼をしてGodash の予定です。

でもウェットに着替えた子ども達はスノーケリング行く気マンマン。
「早く行こうよー。なんで行かないのーannoy」というMK4年目の男子二人に、「昨日みんながスノーケリングした場所見てごらんよ。どうなってる?」と促すと、「すごい波がきてる・・・・」
そこで、今日の潮の状況を伝えて、スノーケリングはお昼頃がチャンスと説明すると、あんなにダダをこねてたのにスンナリ納得。
「じゃあ、他の海遊びしよーよっflair」って言うので、
「しょーがないなー、じゃ、ボディーサーフィンやるsign02」って、ホントはしょーがなくもなんともナイんだけど、ちょっとモッタイつけたりして(笑)
「うわぁーい、やるやるsign03」ということで、“予定通りに”ボディーサーフィンタイムとなりました。

これがまた・・・・メチャ楽しいんですね~
子ども達の安全を確保しつつ、スキをみて「これだsign03」という波にはわたしも一緒に乗っちゃいましたsmile (夜のレッスンのことが一瞬頭をかすめたけど、またまた体力使ってしまった~)
ウェットスーツを着て浮力がついているから余計に波に乗りやすくて、何度やっても飽きないんだなー。
子ども達も(ま)に上手に波に乗るコツを教わって、みんな懸命に波に体を預けます。
(“体をお船のようにする”っていう(ま)の説明はさすがにわかりやすかった。今度から使わせていただきます)
そんな遊びをしながらも、波にはリズムがあること。波のタイミングに自分をあわせること・・・・いろんなことを子ども達は自然と覚えていきます。

さて、本日のメインテーマであるスノーケリングで生き物観察は、昨日と同じ小磯正面の水路で。
ここでも、グループの子ども達を集めて海を眺めさせます。潮はどちらからどう流れているか、波はどこから入ってくるか。
そうしてから、潮に流されないように安全に活動するには、どういうルートを通るのがいいのか、ちょっと理論的にお話しました。

今回わたしが担当した子ども達はMKを何年も経験してきた高学年生。
ただ生き物を観るだけでなく、毎年少しずつでも海のこと、フィールドのことを視野を広げて理解できたらいいな、と思って。
だから、午前中にスノーケリングをしなかった理由も含めて、こういう話をしても理解できるだろうと思って、今回はあえて彼らをちょっと大人扱いしてみました。ちょっと潮流れの速い場所を通過したのも、そのひとつ。
そして子ども達はそれにちゃんと応えてくれた。
昨日、今日の活動で、それがわたしにとって一番の成果かな。
あいにくの海況で、お魚はあまりたくさん観ることができなかったけれど、荒れた海だからこそ伝えられたことがたくさんありました。

生き物にたくさん会うのは、来月のお楽しみだねっ。

| | コメント (0)

He Nani

・・・・というわけで、葉山公園から眺めた本日のサンセット
090808_18450002

090808_18520001
Maika'i !

神様、今日もパーフェクトな一日をありがとう。

| | コメント (4)

昔懐かしの夏の定番

今日は晴れ!
そしてサーフィン日和!
沖縄を通過した台風8号のうねりが届いています。

でも、MKのプログラムはスノーケリング!!(笑)
わたしが担当したのは何度も経験している比較的高学年のグループ。
だったので、道具の使い方はスイスイsign01
練習しなくてもフィンキックもスイスイnote
放っておくと、リーダーを置いてスイスイ先に行きそうな勢いだったので、小磯のタイドプールの中でもあえて潮流れの速そうなところまでsmile
初めのうちはちょっと翻弄されてコロコロしていた子ども達も、そのうち慣れてきてうまく水の動きに体をまかせられるようになります。
子どものこの適応力、っていうか、身体で感覚を覚えるスピード・・・・さすがだ。

さて、海に入るとなぜかアイスが食べたくなる・・・・ということで。
(ホントは、別に海に入らなくても食べたくなるケド 笑)
帰宅途中にある赤いぢゃなかった、丸いポストのお店で「昔懐かしのアイスキャンデー」を。

090808_16370001
今日はミルク味。この、ほのかな甘さがなんとも嬉しいhappy01 うまうまでした~
この次はソーダ味にしよっとflair
車の列ができている道路を横目に、ビーサンペタペタしながらアイスキャンデーを片手に砂まみれの足で歩く・・・・当年とって(ピーッnote)歳、こんなことでいいのかsign02
いやいや、これでいいノダsign03
これが夏の定番ナノダっsign03sign03

もひとつ、子どもの頃を思い出す夏の定番・・・・オシロイバナ
090808_16500001
この種をつぶすと白い粉が出てきて、それを顔に塗って「お化粧ごっこ」よくしたものです。
懐かしいなぁ~

さて、これから
大人の夏の定番 「夕焼けビール」してきまっすdash

| | コメント (0)

水面下(パウの下)では

今日のベーシックも、Keisuke先生のイプヘケに合わせてスローテンポでじっくり練習。
カホロ、ヘラ、ウェヘ、カオ、アミ・・・・全部同じ高さをキープできるように。
&タップに気をつけて。

で、しっかり汗をかいて、腿がプルプルしたまま曲練習へ突入。
前回から入った“Lei Ho'oheno”
曲に入ってもベーシックを生かして、カホロの高さを今までよりも少し低めで。
そして随所に、さらにダウンするポイントがあって、そこをタメられるよーにsign01っていうのを今日は意識して練習しました。
あと、1と3を止めること。目線をパシっ、パシっと決めること。
そんなことを全員で、少人数に別れて、繰り返し繰り返し、この曲だけ・・・・やってるとデスね、腿が・・・・悲鳴を上げそうになるワケですsweat02

スローで優しい内容の曲・・・・なのだから、顔はにこやかに、モーションもできるだけ柔らかく(でもクネクネはngね)を心がけて踊っているけれど、パウの下では太腿ちゃんがガンバッテいるわけです。
まるで水面下で一生懸命足を動かしているといわれる白鳥のようですね(ちょっと違う?)

ま、「白鳥もホントは水面下でもダラケた足してる」と愛読書のマンガ「とりぱん」に書いてあった気もするケド、わたしたちはホントのホントに、スカートの下でガンバッテまっすgood

だけど・・・・ちょっと、ヒザやばいカモ~coldsweats02

| | コメント (0)

葉山三昧の一日

昨日は午前中から夕方すぎまで、森仲間の(く)ちゃんと一日葉山で遊び倒しました。
(く)ちゃんは旦那さまのお仕事の都合で、来月末にロシアへ旅立つ予定。
その前に、日本の夏を満喫したいsign03sign03sign03
っていう彼女の希望を叶えるべく、あれこれと遊びのプランを練りながら、お天気になることをひらすら祈りました。

そんなわたしたちの願いを神様は見事に聞き届けてくれて(神様ありがとーshine
昨日はこの上ない海遊び(サーフィン以外ね)日和sun
いそいそと2人乗りのシットオントップカヤックを海に浮かべ、ベタベタの海上をのんび~りお散歩note
ベタ凪だけど、そよ風が適度に吹いてくれて快適。
海から見える葉山の風景を紹介しながら、しばしば漕ぐ手を休めて長者ヶ崎海岸から一色方面へ。
沖へ出たところで前に乗っていた(く)ちゃんはクルリと振り向き
「ちぃちゃん、歌ってもいいからねnote
あはは~、さすがよくご存知でsmile 
でも、なぜか昨日は歌わなくても心が弾んでいたよ。きっと(く)ちゃんが一緒だったからだね。

海上散歩を楽しんだあとは、一色海岸に上陸して Blue Moon でランチ。
ここへはたいてい週末の夜に来るんだけど、平日昼間のブルームーンもゆる~い時間が流れていていい感じ。
そこから眺める海岸は、混みすぎず、かといって寂しいほどではない程度に人がいて、思い思いに海辺の一日を楽しんでいる様子を見ると、しみじみ「あ~、夏だなぁ~」
なんとも幸せな、満足のため息が自然と出てくるのデスconfident

ランチ休憩の後は三ヶ下に足を伸ばし、スノーケリング。
そして長者ヶ崎へ帰りがてら小磯にも寄り道して、そこでもスノーケリング。
この日唯一残念だったのは、透明度があまりよくなかったこと。潮が上げてきてる時間帯だったことと、明け方まで降っていた強い雨の影響かも。
それに今シーズンは海の中の季節が遅れているのか、サカナの種類がこの時季にしては少ない。チョウチョウウオ系はまだ見ないし、ソラスズメも見ない。昨日はオヤビッチャすらいなかったよsweat02
その代わり(?)カゴカキダイはいろんなサイズが群れでいて、カワイカッタけど。
SHに帰ってからOFスタッフの(せ)にきくと、「ソラスズメ、こんなサイズしかおらへんで」と、2センチくらい指を開いてみせてくれ。でも、いることはいるんだ。
昨日姿が見えなかったのは、「雨がたくさん降ったからどこかに隠れてるのかもな」とのこと。

そうそう、昨日はアンドンクラゲが目に付いて、ルート変更を余儀なくされたりもしたけれど、そんなコンディションでも(く)ちゃんはとても喜んでくれて、クラゲに刺されることもなく、葉山の海上&海中散歩を楽しんでくれました。ヨカッタヨカッタhappy01

ザッと、昨日わたしが覚えているサカナのリスト(順不同)
ボラ、クロダイ、クサフグ、キュウセン、ササノハベラ、ホンベラ、カゴカキダイ、タカノハダイ、ヘビギンポ、ナベカ、ダイナンギンポ、ウミタナゴ、メジナ、アゴハゼ、クモハゼ、サビハゼ(?)、ホウライヒメジ、イダテンカジカ、そして謎のでっかいサカナ(あれは誰~???)

海からあがった後は、葉山グルメ散歩。
090803_17150001写真は、“葉山珈琲パッパニーニョ”の夏のお薦めメニュー「クリームグラッセ」
バニラアイスの上から、45秒に1滴しか落ちないという水出しコーヒーを注いだ一品。
コーヒーはムチャクチャ苦いんだけど、それをアイスの甘さが和らげて、とーーーーっても美味heart04
だんだんとアイスが溶けてくると、コーヒーと混ざり合って少しずつ味わいが変わって、何度も楽しめるって感じ。
昨日は店内の席がいっぱいで、お庭でいただきましたが、夏の夕暮れ時の光が木もれ陽となって美しかった~。

その後は真名瀬で葉山しらすをお土産に買って、森戸の“菊水亭”でしらすピザや地ダコのマリネなどで夕ご飯。そういえば、カヤック漕いでる時に、ちょうどタコをゲットして水面から顔を出した漁師さんとも会ったんだっけ。

大好きな友人に、大好きな葉山を案内するとなると・・・・あれもこれもと欲張っちゃって、一日引っ張りまわしてしまったけど、今朝のメールでは(く)ちゃんは疲れることもなく、「体調絶好調sign01」だそうで。
それどころか、「カヤック漕いで腕をよく動かして肩や首の血行がよくなったのか、朝起きたら顔色がワントーン明るくなっててビックリsign01 恐るべし葉山効果note」だって~。

なぬ~sign02
わたしはカヤック漕いだって、顔色どんどんダークになっていくだけなのにぃーcrying
不公平だゾ、葉山効果annoy(笑)

| | コメント (4)

Mele for Party

今月末にスタジオのフラパーティーが予定されています。
鎌倉のビーチハウスを借りてなので、去年のと比べるとよりカジュアルになる感じなのかな。

今日の music lesson では、そのパーティーのための練習をしました。
メールで回覧されたお知らせでは、「フラ&ウクレレ time」ってなってたから、去年みたくフラはフラ、ウクレレはウクレレって別々なのかと思ったらsign01
なんか今日のレッスンは、誰かが(カネやケイキも含めて)フラで踊れる曲ばかり練習しましたよ。
ってコトは・・・・わたしたちの演奏でみんなが踊るのsign02
ひゃぁ~・・・・これは責任重大bearing
自分がいい気分で唄ってればいいってモンじゃないもんね。歌詞だって間違えられない。
間違えないだけじゃなくて、踊りやすいテンポ、リズムでしっかり唄わないとflair

で、今日のレッスンでは踊れる人はウクレレを置いて、残りの人たち&先生の演奏で踊ってみたりして。
月曜クラスのメンバーは、今まさに練習している“Ku'u Ipo Onaona”なかなか苦戦してましたsweat01
(コ)ちゃんはひとりで“A 'Oia”を。この曲も「ちょっぱや」で演奏しないと踊りにくそう。ウクレレはコードが難しくて大変そうだけど、わたし的には唄っていてとーっても気分がいい曲up
これはぜひともパーティーで唄いたいなぁsmile
そして、(モ)、(カ)とわたしは“Green Rose”を踊りましたが、わたしは歌を唄いながら躍ってみましたよ。けっこう唄えるモンですgood
じゃ、やっぱり当日はヘッドセット用意してもらって、ナプアみたく唄いながら踊りマスカsign02
なーんてネsmile

Keisuke先生が「歌えるように練習してくる曲は・・・・」とリストアップしたのは、ざっと7曲。
パーティー前の music lesson はあと1回。それはそれで、けっこうシビアかも。
(モ)いわく「唄って踊れてウクレレ弾けて・・・・あたしたち、かっこいーup でも、どれも中途半端になったりしてsweat01」という恐れ、十分にアリマスcoldsweats01
う~ん、歌とフラ、どっちを練習すればいーんだろーsign02sign02

「フラに決まってるデショっpunch

っていう、Keisuke先生の声が聞こえてきそうですね、ハハハcoldsweats01

| | コメント (0)

タダではすまない?!

池袋と恵比寿のイベント2本立て、無事に終了しました。
今日の目標は・・・・自分が納得がいくフラをすること でした。

今日は予定では池袋、恵比寿とも“Aia La O Pele”と“Green Rose Hula”を踊ることになってました。
先日も書いたように、とくに“Aia La O Pele”については、「満足」・・・とまではいかなくても、すくなくとも「納得」できるように踊りたいって。

池袋東武では、ショーの前に場当たりだけでなく、リハーサルまでさせてもらえて、とても珍しいケースだと思うのですが、そのリハで・・・・間違えdowndowndown Oh, NOooooo~shock
ヤバイ、また考えすぎのクセが出てるカモ~、と思って、もう今更ステップの細かいことは忘れることにしましたcoldsweats01
そのせいか、本番では間違えることもなく、「ま、今のわたしに踊れるのはこのくらいまでかなcatface」と思えるフラではありました。

それを「納得」というかどうかは、正直いってビミョーなラインだけど。
でも、前日まで頭に浮かんでいたのは、なんともよくない想像ばかりで・・・・それに比べたら「無事にすんでよかった」って感じ。
ってか、カヒコのときは足元すぐ後ろにいらした Keisuke先生(&イプヘケ)を蹴飛ばさないか、マイクスタンドをなぎ倒さないか、その方が気が気じゃなくて(笑)

“Green Rose”はワヒネ全員で踊れてとっても楽しかったnote
一箇所後ろ向きで踊っているときにダウンし忘れて、自分が超目立ってるのを背中でヒシヒシと感じましたがsweat01
思えば、この曲はまだ船でも踊ってないし、人前で踊るのは今日が初めてだったんだ~。
16日も踊ることになるだろうから、それまでにもう少し滑らかに動けるようにしたいもの。

さて、池袋のステージが12時に終わって、恵比寿のステージは14時から。
みんなでゾロゾロ急いで移動して、恵比寿についてビックリ。
ステージが・・・・・・・・・・・・・・・・・・あまりにも狭い(かつ変形)coldsweats02
3-4人がやっと踊れるくらいのスペースしかないのです。
いや、「狭そう」ってのは聞いてたケド、ここまでとは・・・・
早着替えの場所も見当たらない。
これじゃあ“Green rose”なんて全員では踊れないし、それどころか、カネ&ワヒネコンバインの“Aia La O Pele”もムリっsweat01
「カヘアも大きな声でいわなくてOK。なくてもいいくらい」って。

そんなワケで急遽作戦変更・・・・となり、全員途中の着替えはナシ。
ワヒネは一人1曲のみ、となりました。
で、わたしが踊ることになったのは・・・・“Papalina”sign01
おっと、この曲最近練習してないよsweat01
出番が遅かったので、何度もフリを繰り返して確認して・・・・元々好きな曲だし、船でも踊ってる曲なので、なんとか形にはなったかな。
だけど、船のときほど笑顔になれなかった~bearing
顔の筋肉がこわばってるの、自分でわかったモン。
どうやらわたし、カヘアを大きな声で言うことで緊張がホグれていたのだ、ということが今日判明しました。

終了後の Keisuke先生からの感想は「女性は人前で踊るのに慣れてきたみたいで、いいこと。だけど、アウアナの時にまだ口を結んじゃうことが多いから、16日はそこを改善しましょう」って。
わたしは今日も歌詞を口ずさんでいたつもりだけど、自分の表情はどうだっただろうか?
ビデオ、怖いけど、見てみたい。


そして・・・・本日の教訓sign03
踊る予定がない曲も、練習しておくことsmile
イベント、何が起こるかワカリマセン。

| | コメント (0)

タダものでは・・・

090801_19450001
この前の月曜日、子ども達とビーチコーミングをしていて見つけた“お宝”
さて、なんでしょう?

なんだ、タダの貝殻じゃん・・・・って?
ちっ、ちっ、ちっ
だったらわざわざブログになんて載せませんゼ、お客さん(← って、誰?)

この二枚貝、横から(縦からというのか?)見ると、こう ↓
090801_19460001
おっと、肝心なところがピンボケですまないね、お前さん(←だから、誰?)
とにかく!
二枚の貝殻の間に砂礫がギチッと詰まってるんですね~
フツーの砂みたく、洗えば流れ落ちるってモンぢゃないんですよ。
いってみればセメント状態っていうのかな、とにかく貝と砂礫が一体化して固まっているんです。

そう、これは・・・・

か・せ・き

賢い少年少女の諸君、これは化石なんデス。
ちなみに、裏を返すともっとよくわかるよ ↓
090801_19460002
ね?!
これはワリと大き目の砂利サイズの粒粒がみえますね。
ま、化石に詳しいわけではないので、何万年くらい前のものなのかとかはわかりませんが、とーっても、珍しいモノなんですよ~。

・・・・ウソです。そんなに珍しいものではありません。
一色海岸ではけっこう見つかります(笑)
でも、大浜海岸や長者ケ崎海岸では見つからない。森戸は探したことないけど、いけるかな?
っていうのは、一色海岸は海底までずっと砂地。
大浜や長者はそうではありません。
だから、大浜や長者では拾えないキンセンガニの殻や、サクラガイの貝殻が一色では拾えるんですね~。
きっと、化石もそう。砂礫の地層の中で育つもんでしょ、たぶん。
森戸ではサクラガイが拾えるので、化石も拾えるのではないかと推測したワケです。

一見、同じように見える海岸でも、ちゃんと特徴があるんですね~。
どうです、奥が深いでしょ?
ビーチコーミング、だからやめられません。
そして・・・・家の中が・・・・ガラクタ、もとい、自分だけのお宝で埋もれていくのです(笑)

下の写真は以前拾った化石と並べて。
今回のは大きいですが、以前のは小さくてもキレイでしょ? 詰まっている土の成分も違うのが、また面白い。
090801_19470001

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »