« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

春でっせ~

・・・・って、呼び止められたような気がしました。
(なぜか関西言葉な感じだった 笑)

昼間、さざ波教室の親子さんたちと地元のちょっとした山道を歩いたときのこと。
道路わきの土手を見上げたら、菜の花が見事に咲いていました。

このルートからは、海の眺めがよく、参加した方たちも「山道から海がこんなに近くに見えるなんてーhappy01」と感激なさってました。
葉山、いいでしょsign02

100131_1133

| | コメント (0)

山盛りのデンファレ

今朝の我が家には、ご覧のとおり・・・・デンファレが10本×4束。100130_
開いているお花を取ってしまって蕾だけになったのが2束。手付かずのが2束。

昨日は UMAHANAスクールのアドバンスクラス初めてのレッスンでした。
うふふ、アドバンスクラスは何からスタートするのかな~note
と、ドキドキワクワクしながら行ってみると、な、な、なんと、花材はデンファレおんりー。
またしても、UMAHANA先生に裏をかかれちゃいました(笑)

ベーシッククラスから移行したわたしたちは、先月もデンファレのクイを練習したばかり。
でも、アドバンスを継続している人にとっては1年半ぶりくらいとか。
デンファレのクイは先月も紹介したとおり、いろいろなスタイルのレイが作れるので、「まずはみんなでどんなのを作るのか相談して」と、UMAHANA先生。
アドバンスクラスだからでしょうか、より生徒の自主性・積極性が求められているようです。

他のメンバーはわりとすぐに「ポエポエやりたいup」と決めていて。
みんながポエポエなら、わたしもそーしよーかなー・・・・と、自主的とはいえない理由でポエポエをやることに決めました。だって、ひとりで別のを作るのも寂しいぢゃんsmile
それに、1年前のベーシッククラス初回でポエポエに挑戦して、先月はスィートハートにしたので、今回またポエポエに戻るのもいいかなと思い。

というワケで、みんなで作り方を確認して、先生にコツをもう一度見せていただいて、いざ作業を始めたのですが・・・・このスタイルはやっぱり難しい。
お花をしっかりロックすることができなくて、キチンと四角くならないのね。
「ああ、やっぱりこのやり方向いてないカモ・・・」と、心の中でつぶやきつつ、何度も刺しなおしながらゆっくり作業を進めました。
出だしはつまずいたケド、途中から「いい感じ」になりつつあった、その矢先。
糸が、ヨレて、というか、ヨリが戻ってしまいsweat02

時間も時間だったし、そこで一気に気持ちがプツッと切れたので、終了down
レッスンでは30センチほどしか作れませんでした。
なので、家でもう一度始めから作りなおそうupと思って、レッスン用に配られた3束のほかに、アトリエの隅でお値打ちになっていた1束を追加して購入。
で、山盛りのデンファレが我が家にやってきた、というわけです。

さーて、気分も新たに、モリモリ作らなくっちゃdash
とはいっても、今日明日は時間が作れない。
月曜日・・・・できるかなぁsign02

| | コメント (0)

“ダンサー”になりたい!

あ、別にその・・・・“ダンサー”と聞いて今みなさんが想像なさったモノ(どんな?)になりたい、というワケぢゃなくてですねcoldsweats01
つまり、プロのダンサーになりたいとか、そーゆー話ではなくて。
そんなのわかってるよ、ってsign02

最近フラに関して自分なりに意識しているポイントは、姿勢。
基本姿勢もそうだけど、それよりもとくにこの頃は上半身の使い方。
このところ、Keisuke先生もよくその点についてアドバイスをくださることが多いのも一因なんだけど、自分的にも、いつまでもステップばかり気にしていても進歩がないだろうと思い。
もちろん、ベーシックは大切だし、これからもオロソカにするつもりは毛頭ナイけど、“それだけ”じゃなくて、他にも意識を持っていこうという余裕が(少~し)出てきたのかもしれない。

今日のレッスンでも、Keisuke先生から上体の使い方、見せ方、ラインの作り方について全体にアドバイスがあった。
先生が実際にいろいろとやって見せてくださると、ゼンゼン違うのがよくわかるflair
で、肩をすぼめて見せて「こうやって踊っている人を見ても、ダンサーとは思わないかも」って。ふむ、確かにcatface
常々、先生は何が違うのだろう? どーしたら先生みたくキレイに見えるのだろう?? って、よく考えるけど、その秘密(?)の大きなポイントのひとつが、この“姿勢”なのだろうと思う。

あと、やっぱり参考になるっていうか、憧れなのは(エ)の姿。
わたしは彼女の首のラインが大好きsign01
今こうして彼女の姿を思い浮かべても、首の後ろのラインがスーッと伸びていて、そのラインが背中までつながっていて、とても美しい。
わたしは上半身を姿勢よくしようとか、グッとアップさせようとか思うと、今はどうしてもアゴで調節しようとしがち。フラの姿勢的にはアゴも少し上がるんだけど、時々上がりすぎてる人も見かける。
(エ)の姿勢は、アゴを上げるというよりも首の後ろが伸びてる~って感じなんだよなぁ。
ふむむ・・・

てなワケで、目下注目の姿勢なんだけど。
イベントなんかで、たまたま Keisuke先生と生徒が一緒に写っている写真を見ても、その違いが一目瞭然。
動いているときよりも、写真はもっと正直。
よぉーっし、だったら、写真に撮ってもらったときにも美しい姿でいられる“ホンモノのダンサー”を目指そうじゃあ、ありませんかっdash(←鼻息)
プロじゃなくてもいい、でもホンモノのダンサーをup
われながら、大きく出たな(笑)
でも、目指すところは高い方がいいでしょwink
そうやって踊れてる自分をイメージしてがんばるんだ~flair

当分・・・・全身筋肉痛とのお付き合いになりそうですcoldsweats01

| | コメント (0)

きてます・・・よね?!

先週あたりから、鼻水が出始めた。
目もなんだか、かゆい・・・・
目がかゆいのはコンタクトのブランドを換えたからかな、と思っていた。

だって、まさか、まだ早いでしょ。

でも、雪の中で過ごした週末は、鼻の調子が絶好調up
目のカユカユも治まった。


・・・・ということは??

もしかして 花粉sign02 もお始まってるの~shock


葉山に戻ってきて、月曜の朝
そして、今朝
窓を開けたとたんに・・・・むずむず・・・・ ックチューンsweat01

やっぱり、そうだcrying
長い季節が始まりましたsweat02

| | コメント (0)

雪けむり 湯けむり

今回宿泊した「休暇村乳頭温泉郷」は周りをブナのほぼ純林に囲まれています。
部屋やレストランの窓の外はすぐブナの森だし、お風呂に入りながらもブナの木々が眺められる最高のロケーション。
夕方、暖かい部屋から名残惜しく森の方に目をやると、強い風に木々に積もった雪が散らされてパァーッと舞い上がるのが見えたり。
露天風呂なんてもう、ブナは見えるわ、雪見風呂だわ、見上げれば月が出てるわ(半分欠けてるケド)・・・・で、言うことナシspa この上ない幸せですhappy01

そんな休暇村でしっかり休養して、今日は早起きして早朝撮影dash
・・・・は、せずに(笑)
だって、目覚めたら窓の外は、朝独特の光はなく、曇り空。
なので、朝食前にお風呂に入って、ゆっくり支度をして、今日は近くのスキー場跡に向かいます。

100124_1041web かつては休暇村スキー場だった場所は、今は閉鎖されてしまってリフトもなく、ゲレンデの跡だけ残っています。
今日はそこを独り占めsign01 というワケ。
スキーヤーが昨日滑ったと思われる数本のトレースがありますが、昨夜の雪に埋もれてかすかにそれとわかる程度。一面、真っ白のバージンスノーですよっshine

カメラを出してしまうと撮影モードに入ってしまって先に(上に)進めないので、最初はカメラをザックにしまったまま、ひたすら登りました。
かなりな勾配の斜面、ヒザまでもぐる新雪をラッセルしながら登っていると、しっかり防寒対策をしているので背中に汗かくくらいsweat01

そうやって登った場所からはグルリと絶景が。
写真はかなり雲がかかってきてから撮ったので、あまりよく見えませんが、最初のうちは青空ものぞくほど明るくて、遠くの山の尾根にブナが真っ白に輝くのが見えたりして。
こうしてみると、この辺りは見渡す限りブナの純林に覆われていたことがよくわかります。今は、ところどころスギの植林がパッチ状にあるけれど。

向かいの山の中腹にはかの有名な秘湯「鶴の湯」の建物が、昔話さながらにたたずんでいたりして。
昔むかし、その昔。まだ人がこの場所に足を踏み入れるずっと前・・・・ブナの森に覆われた山々と、そこから立ち上るいで湯の煙なーんてイメージが、自然と浮かびます。

さて、ほぼ急登を登りきって、そろそろカメラを取り出して撮影に入る仲間達を横目に、わたしはフカフカの斜面に仰向けに寝転んでみます。
登りであたたまった背中に雪がヒンヤリと心地よく。
目を閉じていると、顔に降りかかる雪が、次々と顔に落ちると同時に体温で融けていくのが感じられて。
スキー場に付き物の騒々しい音楽もなく、聞こえるのは近くの茂みにいるカラ類のツリツリツリツリ・・・・っていう声と、ときおり風が吹き渡っていく音だけ。

ゲレンデを登りきった奥には、姿のいいブナの木がたくさん生えている平らな場所があり、さすがにそこではわたしも撮影モード全開で、心動いた相手をフィルムに収めました。
お昼過ぎまでそこで過ごして、後ろ髪を引かれつつ、誰にも踏まれていない斜面に思い思いのトレースを描きながら戻りました。
途中、さっきまではなかった真新しいケモノの足跡がゲレンデを横断しているのを発見。足跡のつき方からするとたぶんキツネ。わたしたちが上に行っている間に、横切っていったと思うと、なんだか愉快。わたしたちが登っていくのを、どこかのヤブに隠れて見ていたのかもしれません。

そんなこんなで、雪けむりと湯けむりの休日は、あっと言う間だったけど、とても充実した、いろんな楽しみがいっぱいの2日間でした。
あとは、写真のデキがよければ言うことナシだなぁ(笑)

100124_1622web
路線バスで麓に下りると・・・・こんな見事な夕焼けsign01
最後の最後まで、ステキな演出でした。

| | コメント (0)

目覚めたら雪国

今週はフラのレッスンがない今月唯一の週末。
海のキッズプログラムもないので、久しぶりに遠くへ。
写真&森仲間の友人が乳頭温泉に撮影に行くというので、同行させてもらうことにしました。

金曜夜21時35分に横浜駅前を発つ夜行バスで田沢湖へ。
「街の灯りがキレイ~shine」な夜から一夜明け、6時過ぎに最初の停車地である横手に到着。
ここでほとんどのお客さんが下りていきましたが、わたしはまだ2時間もあるので「もう少し寝よう」と思って、でも一応カーテンの隙間から外を眺めると「うわぁ~おsign01 雪だsign03」(←当たり前)
いっぺんで目が覚めました(笑)

もちろん、雪の森の撮影をしに冬の東北へ来たのですから、雪があるのは当たり前なんですけど、なんていうか、どこもかしこもホントに真っ白で、しかも家々の屋根の上にも1メートル近く積もってて、昨夜眠りに着く前の景色と今朝目覚めたときの風景とのギャップに、一瞬ものすごいタイムスリップをしたような錯覚を覚えました。
雪もゴンゴン降っているし、今日明日の森の様子に期待がふくらみます。

田沢湖には予定通り8時について、8時45分発の路線バスに乗り継いで乳頭温泉郷の休暇村前には9時半過ぎに到着。昨日の夜に家を出て、翌朝のこの時間にはこの場所にいられるんですよ~。意外と近~いup
少し休んで、朝一番の新幹線で東京を出たもう一人の友人を待つ間、さっそく近くの森の中へ。
そこは・・・・・こんなsign03

100123_1308web

shine shine shine shine shine

空は雪雲に覆われていて、森の中はそんなに明るくないのですが、木々の枝にまんべんなく雪がついていて、イルミネーションのよう。いいえ、都会のどんなイルミネーションよりも心動かされますheart04
風が吹くとアッという間に飛ばされてしまう、束の間の幻想的な世界。今日は幸い風がないので、長く楽しんでいられました。(午後から風が出てきて、夕方には半分くらい落ちてしまったんですけどねsweat02

降る雪は、この上なく軽~~~く、空から落ちてくるときも、フ~ワリ、フゥーンワリ・・・・とてもゆっくりゆっくり。
服に着いた雪や木々に積もった雪を見ると、シッカリと結晶になっています。
美しいconfident・・・・水って、ホントに不思議な物質です。

足元の雪も当然、とても軽いパウダースノーで。
でも少し下は雪がしまっているので、歩くのに苦労するほどもぐってしまうことはなく、スノーシューを履いていてヒザくらいまでの最高のコンディションでしたnote
柔らかい雪の上(中?)を歩くのって、一歩進むごとに自分の身体もフンワリフンワリ・・・・まるで宇宙遊泳しているような気分です。

昨シーズンは一度も出かけられなかったので、2年ぶりの雪の森。
撮影が第一の目的の友人たちを尻目に、わたしはひたすら久しぶりの雪の感触や雪の森の雰囲気を楽しみながら、心動いたらカメラを取り出して・・・・。
対象によってはケイタイのカメラで撮ってみたり ↓
100123_1045web 100123_1126web

雪の森にはフシギな生き物がたくさん。木に積もった雪の形がいろんなオブジェに見えてきます。
木にしがみつきながら、木の間から向こう側を覗くナゾの生き物とか
木を抱きしめるゴリラとか(笑)

もちろん、雪の森歩きは寒さも感じるんだけど、 寒さ<<<楽しさnotenotenote
この楽しみをまだ知らないであろう人の顔が浮かび・・・・教えてあげたいな~と思いながら歩いていました。
冷えたあとには温泉spaが待っているしねっsmile
北東北、サイコーですgood

| | コメント (0)

集中力よりも 体力が・・・

おとといの日記を Keisuke先生読んでたんじゃないかと思うくらい(マサカね 笑)、昨日のレッスンはハードでした~。
おかげで今朝体重を量ったら見事に元に戻っていたしgood、おまけに全身筋肉痛sweat02
普通のレッスンで全身が筋肉痛になったのは久しぶりデス。
昨日は自分なりにかなり上体の姿勢を意識していたからかな。

ベーシック、昨日のポイントはターニングカホロ。
まずレベル1だけで練習したときは、先生からの注意はなかったけど、自分としては前になった足の踵を浮かせないように、そこだけ集中して鏡に映る自分の足元をジーッとにらみつつ練習。
このポイントは先日の月曜レッスンで先生から全体にあった注意点なのだけど、わたしはまだ超意識しないとできない。とくに左側のときが苦手。つまり右足をネバらせておくことができない。
そんなわけで、昨日はそこだけ!と思ってたんだけど、鏡を見てたらひとつ気づいちゃった。
それは・・・・後ろ足の位置。右側のときはちゃんと平行に置けているのに、左側のときは後ろ足(つまり左足)が少し後ろに引きすぎちゃってるsweat01
こんなクセあったんだぁ~wobbly

そして、レベル2との合同ベーシックのときには Keisuke先生から姿勢を注意されました。
片方のときだけ上体が後ろに傾きすぎてる、って。そして、これも・・・・左側。
う~~む、ターニングカホロの左側、課題多し!です。

だけど、カホロは「均等に踏み込めるようになってきてるgood その感覚忘れないで」とのアドバイスがありましたよ。
この「感覚を忘れない」っていうの、以前はそう言われてもいまいち???だったんだけど、つい最近になってやっと、踏み込めてる感覚っていうのが、自分でもわかるようになってきましたflair
だけど、曲になるとまたその意識を忘れちゃうんだよな~。ダメぢゃんdown

曲練習は、レベル1は“Ke Aloha”の2番まで、レベル3は“Kilauea”の3番まで、それぞれ進みました。
レベル1は11月に2番までやってたんだけど、その後12月はずっとベーシックオンリーだったから、改めてな感じ。その間に新しいメンバーも増えたので、フリもマイナーチェンジがあったりして、新鮮な気持ちで踊れました。楽しい顔できてたんじゃないかなhappy01

でもね“Kilauea”は、そうはいきません。
元々笑うような曲じゃないから、いいっちゃあいいんだけど、だからってワケじゃなくて、そんな余裕がナイっsweat01
ただでさえハードなフリに、チャンティングが入る。それを2時間半のレッスンの最後に、ハードなベーシックの後にやるって、もう・・・・集中力うんぬんより先に体力がついていかない。
ダウンもぜんぜんできないし。
レベル1との掛け持ち、考え直した方がいいのかしら? なんて、弱気になったりして(笑)

まぁ昨日は、一昨日の寝不足がかなりたたっていたとは思うのだけど。
前にレッスン中に足がつった時も、前日が寝不足で、実は昨日もなんとなく右足にヤバイ予感がしてた。
結局、右足がつることはなかったけど、その代わり(?)全身疲労困憊sweat02
帰宅のときは、まともに歩けませんでした。

そういえば、昨日はフラシスたちも顔面蒼白になったり、フラついたり・・・・負傷者というか、不調者が続出でした。
みんな、飲みすぎ??
いーえ、わたしは呑んでませんよっ。

| | コメント (0)

愉快すぎる

100120_201101

今日はスタジオの新年会。
残念ながら全員は集まれなかったけど、仕事や家庭の都合をつけて、Keisuke先生とカネメンバーも合わせて24人が参加してくれて、とっても賑かに楽しい会になりましたnotenotenote
24人よりもっといたんじゃないって感じ(笑)
幹事としては、参加者が多いっていうのが何よりも嬉しくて。

いやぁもう、なんていうか…お立ち台まで登場しちゃって、ちゃんとそれに乗ってくれる人もいて。ワヒネとカネひとりずつのスターが誕生crown
始まるまでは「どうやって盛り上げようsign02」なんて、仕事ソッチノケでいろんなアイディアを考えていたんだけど、芸達者なメンバーがいると、幹事は大助かりですsmile

わたし達の鎌倉クラスもメンバーが増えるごとに雰囲気がどんどん変わってきて、一昨年とも去年とも全然違う。その時々でいつも楽しく過ごしてきたけれど、今日の会を見る限り、とても気持ちのいい仲間が集まっているなって・・・・一年のよいスタートとなりましたdash

わたしは幸い全員と一緒にレッスンを受けることができているけれど、そうでない人がほとんどで、そういうクラスが違うメンバーや新しく入ったメンバーとお話をするいい機会になればいいなと思って企画した新年会。期待以上に大成功だったようです。よかったconfident

あーでも、また・・・・お正月休みに増えた体重がようやく元に戻りつつあったのに、食べ過ぎちゃいました~coldsweats02
明日のレッスンはいつも以上に動かなくては。
でも、いつも以上に体が重いカモcoldsweats01

っていうのも、利用させていただいたお店は、カネのコクアである(イ)さんのご友人のお店で、夏のパーティーを開いたビーチハウスのオーナーさんと同じ方。そんなご縁のおかげで、かなり融通をきかせてくださって、人数的に貸切だったこともあって、ホントに気兼ねのないアットホームな会にできました。
“新年会メニュー”って黒板に書いてあったのも(写真)、みんなの感動を呼んでいましたよ。
「あれって、わたしたちのためのメニューってことですよね~happy02」なんて。
単にご縁があるだけじゃなくて、地元のものや有機栽培のものなど食材に気を使ったお料理はどれもとってもおいしくて、みんなにも大好評shine

ランチもやってますので、ぜひお立ち寄りくださーい。→「鎌倉ごはん 海月
夏は海の家「エイジア」もよろしくwink (笑)

| | コメント (0)

これなしには

昨日、今日は少し寒さが和らぎましたが、数日前まではホントに寒い日が続きましたね。
冬らしい、カキンshineとした、張りつめるような空気感、実はキライじゃなかったりする。

だけど、やっぱり寒いと動きが鈍くなりがちdown
でも寒さのせいで行動半径が狭くなるのはイヤだなぁと思う。
通勤みたいに、イヤでも「行かなくちゃ」ってときもあるワケで(笑)
で、なんとか暖かいカッコウで出かける工夫をするわけです。
マイカー族の中には驚くほど薄着な人もいますが、わたしは徒歩dashなので、バッチリ防寒対策をします。

そこで、最近お出かけに欠かせないのが・・・・帽子
ここ数年、季節を問わず流行っているアイテムですよね。
お店にもいろんなタイプやデザインのものが並んでいて、ついつい心惹かれる。
で、今シーズン手に入れたのが、このみっつ ↓
100119_2342web
右はツィードのキャスケット。秋から年末くらいまで、通勤にも大活躍しました。
Made in Nepal の真ん中は週末仕様。耳もスッポリ隠れる形で、裏にフリースがついていて超暖かいspa
これをかぶれば、海辺のプログラムでもヘッチャラですgood
左は年明けバーゲンの掘り出し物。写真ではわかりにくいですが、フワフワの毛糸とちょっとツヤのある毛糸の2種類で編んであって、ビーニーと比べるとボリュームがあるデザイン。フンワリ大き目のシルエットでナイスな感じ。デザインはかわいらしいのですが、黒なのでこれも最近の通勤に活躍中。っていうか、ジーンズにも合うし、通勤着に合わせても違和感がなくて、ホントによい買い物でしたup

どれも、身に着けていると「かわいい~heart04」とかなんとか、誉められますhappy01
だけじゃなくて、帽子をかぶるとどうしても何かを連想させるようで、キャスケットをかぶっていったらフラシスの(モ)に「ディズニーランドのガイドのお姉さんみたい」って言われたし、黒の毛糸の方はこの前 Keisuke先生に「今日、ちぃちゃんロシアの人みたいだよ」って言われましたよcoldsweats01

でもいいのsign01
なんと言われようと、暖かいのが一番crown
いまや帽子をかぶっていないと頭がスースーして、外に出られない体になってしまいましたcoldsweats01
明日からはヤケに暖かくなるみたいだけど、キャスケットならかぶっていけるかな?

ツバのある帽子は表情が分かりにくいのも、けっこう便利だったりする。目深にかぶってちょっとうつむけば、たいていの人からは表情が分からないと思ふ(ゲーノージンみたいsign02 笑)
でも逆に、顔の周りを守られてる感じがして、顔をさらしているときよりも自然な、柔らかい表情でいられることも最近発見しました。

すごいな~、帽子の威力。

| | コメント (0)

女王の歌

月曜レギュラーレッスン。お休みの人もいて、参加は6人。ちょっと寂しかった。
ベーシックは、今日はステップの注意はナシ。だけど、Hela でちょびっと前かがみになることと、Kalakaua の手の動き、Ka'o のときに肩を開くように、というアドバイスがありました。
そして、久々の 'Ami Hema 上体ブレブレだったな~。最近練習してなかったからなぁ。やろうっとdash

曲の練習、今日は“Lili'u E”の最後まで習いました。
フリを習うより先に、4-6番の歌の練習。何度か練習したあとで、6人がみんな違う方向に向いて1-6番まで通しで唄ってみました。そうすれば、誰の声が出ているかわかるでしょ、ということで。わたしは斜め後ろを向いて、伸び伸び唄えたつもり。
だけど先生に「(エ)の声しか聞こえなかった」と言われて、ちょっとばかりカチンsign01ときたけれど(だって(エ)は前向いてたんだもーん)、自分的にはちゃんと歌えてたと思うので、気にしないことにした(笑)
フラと比べれば歌の方がずっと自信があるので、ヤケに強気だったりしてsmile

フリの方も最後までシンプル。
なので、覚えるのは難しくないけれど、キチンと踊るのは、また別の問題。
しっかりと地に足がついたステップで魅せないといけません。せっかく最近ますますベーシックに力を入れて練習してるんだから、ぜひそれを生かして踊れるようになりたいものです。
手のモーションや上体の姿勢も、そして表情も、誇り高い女王様の歌なのだから、そういう風に見せなくちゃなぁ。
サラッと済ませば済ませられちゃうかもしれないけど・・・・奥が深~い曲ですよ、これ。

さて、そして、来週はレッスンがないので宿題が出ました。
今度から入る新曲(2曲セット)のタイトルを書き写して、その意味と、どんな曲なのかを調べてくるよーにって。
見たところ、太陽の歌と虹の歌らしいのですが、どんな曲なのか調べなくっちゃdash

| | コメント (0)

無駄なことはしない

今年からチームレッスンは月に3回になって、でも2回目は内容が進むことはなく、それまで習ったことの復習&レベルアップのための時間。
というワケで、今日は今月2回目のチームレッスン。三分の二以上のメンバーが集まりました。

今日のキーワードは、「ムダなことはしない」かな。

まずはレッスンそのもの。
とくにチームのレッスンは、常に意識を高く持って上を目指してチャレンジする姿勢でいないと、レッスンそのものがムダになる。先生から注意されたことを、何度も言われているようではダメなのです。
せっかく時間を作って足を運んでいるんですから。それに Keisuke先生ほどの先生に教えていただいてるのに、それではほんとうにモッタイナイし、申し訳ない。

それから、ハンドモーションでも「無駄な動きはいらない」
最短ルートを通る
余計なことはしない

○本日のアドバイス
<ベーシック>
-Hela のかかと
-自分のダウンの位置を覚える
-日本人の体型の不利を補う姿勢の取り方
<曲練習>
-リラックスする、肩の力を抜く
-タイミングと高さ(先生をよく見る!)
-ひとりがミスったら、みんながアウト!
-表情に意識

そして、「みんなもっとチャレンジした方がいい」と Keisuke先生。

そうそう、今日は2人ずつ動画を撮ったんだけど・・・・
そのときが一番デキが悪かったsweat01
ステップで足がもつれちゃったし・・・・シッカリ踊らなきゃって気持ちが空回りしたみたいcoldsweats01
あーあ、本番に弱いなぁ~。ま、それも実力のうちってヤツですかsweat02

| | コメント (0)

らしくもなく

わたしらしくも なく
ちょっと弱音を書いてみようかと 思う

そんなの 読みたくないという方は、今日の日記はスキップしてください。















ひとりでいるのは、もうおしまいにしたいな

さっき家に帰ってきて 鏡に映る自分の顔を見て
ふと、そう思ってしまった。

人恋しいのは 寒いからかな・・・・

ひとりでいることを楽しんでいる自分しか知らなかったから
そんな考えが浮かぶ自分に ビックリした。
でも、ちょっと ひとりでがんばるのが シンドクなってきたのかもしれない。

誰かにそばにいてほしいと思うこと
そばにいて支えてほしいと願うこと
安心して 他の誰かに 寄りかかること
すべてを あずけること

そーゆーの、自分に許してあげてもいいんじゃない? って、
鏡の中の自分に向かって 言ってみたりして。

そーゆーことを わたしに許してくれる人 本気で探してみようかなぁ・・・・
「ちぃちゃんは 大丈夫」 とか
「君に必要なのは 僕じゃない」 とか
そんなこと言わずに 黙ってそばにいてくれる人
心から求めれば 現れてくれるだろうか



・・・・なんて わたしらしくもないことを 考えている冬の夜。
レッスンがない日は、余計なコト考えちゃうみたい(笑)
こんな時間に起きているのも、まったくもって わたしらしくない

| | コメント (8)

今日のは、どう?

100114_073201trim
今朝はバス停脇から撮ってみました(笑)
漁港の向こうにMt.フジです。

これってさぁ、昨日の写真もそうだけど、手前の海と向こうの明るい空とのコントラストのせいで、富士山の露出が飛んじゃうんだねcoldsweats01

新しい携帯カメラ…まだまだ使いこなせてマセンsweat01

| | コメント (0)

雪かぶってます

今朝、通勤時に見た近所の海です。
今日は風が強くて、海もザバザバです。防波堤を越えてしぶきが道路を濡らしてましたsweat01
写真を撮るのにも、近づきたいのに近づけない。水しぶきなんてかぶっても、普段ならゼンゼン構わないんですけど、いちおう通勤着でしたので(笑)
100113_wide_web_2 
ここ数日冷え込んで、西日本の方では大雪も降っているようですが、ここから眺める山々も・・・・富士山はもちろん、江ノ島の向こうに見える丹沢山系も雪を戴いていますよ。
よくわかりませんか?

じゃ、アップで富士山を・・・・
100113_fuji_web
あ、雲に隠れていまいちですねcoldsweats01
水平線上の左から三分の一くらいのところなんですケドsweat02

じゃ、じゃあ、丹沢の方を・・・・
100113_tanzawa_web
やっぱり、よくわかんないですねsweat01sweat01
今朝の海の迫力だけは伝わりますかしら(笑)

ま、葉山からの絶景は、ぜひご自分の目で確かめにいらしてください。
・・・・と、いうことでsmile

行ってきまーっすdash

| | コメント (0)

気持ち新たに

昼間の新年会で少々食べ過ぎて(セーブはしたんだけどなぁ・・・・あ、でもお酒は呑んでませんよっ)、重たいお腹をかかえて参加した昨日のチームレッスン。
今までのチームは昨年末で一度解散して、気持ちも新たに新チームとしての出発です。
新しく3名のメンバーが加わってワヒネ総勢16名でのスタートとなりました。
最初に Keisuke先生から、改めてチームに対する想い、チームメンバーに期待すること、レッスンの進め方などについてお話があり。
「みんないい意味でお互いを良いライバルだと思ってほしい」と。「サッカーのチームなら、全員でフォワード争いしているみたいな感じ」って。

練習の進め方も少し変わった点があって。
まず、立ち位置が固定になりました。お休みの人の分は空けておいて、ベーシックも曲のフリも自分の位置で練習します。前後左右とラインをそろえるのはもちろんで。
昨日はベーシックの個人的な注意点はナシでした。

曲の練習も昨日からは新曲になりました。なんの曲かと思えば・・・・
アーロンの“Mele Kakepakepa Aloha”
ヤバいっ・・・・またまたわたしのツボど真ん中の曲flair 昨日は(ネ)はお休みだったけど、いたら「ちぃちゃん、ヤバいっすねsmile」って言ってくれたに違いない(笑) 以前カネがこの曲をちょこっと練習していたときに「く~っhappy02 いいっup」とか「わたしたちも習いたいね~note」とか二人で密かに盛り上がっていたノダ。
だけど、先生の解説によると「歌詞の内容は超難解。フクザツすぎて、とても理解しきれないと思う」ってくらい、“複雑な愛”の歌らしいですcoldsweats01 そ、そうだったの・・・・sign02sweat01
そういわれても、「ドゥン、とんとんとん、ドゥンとんトゥンnote」ってパフドラム(?)の音と、ドラマティックなピアノからなる前奏(これがまた長いんだけどsweat01)が始まると、やっぱり気持ちがあがるup

昨日は1番のフリを入れたんだけど、Keisuke先生がじっくりとひとつひとつのフリの形(教科書=見本)を見せてくださって、みんなもその通りに形を真似て覚えるようにと。
それだけじゃなくて、ひとつひとつのフリについて、角度とか高さとかが全員で揃っているかどうか、先生がその都度チェックして、ひとりひとり微調整をしてくださいました。
このやり方は、わたしとしてはとっても助かりました。
今までは、例えば「45度」と一口に言われても、各自の解釈が違っていたり、クセがあったりして、微妙にズレるところがあったりした。そういうのも、周りをよく見て感じて、各自で周りと合わせられるように・・・・ってやってきたんだけど、やっぱり何を基準にしたらいいのかアヤフヤだったりして、なかなかビシっとは揃えることができなかった。
だけど、こうして先生が客観的に見て微調整してくだされば、それだけ確信が持てる。
そこから後、その角度なり高さなりを身体で覚えるのは各自の責任。ここまで先生にやっていただいたなら、なんとしても覚えなくちゃ、ってなモンです。

それから、上体の使い方。
確かに先生の見本を見ていても、上体をうまく使えていると、ものすごーっくカッコイイ。写真に撮ったりしたときにも、そーゆー違いって、よくわかります。
「上体の使い方を(目線も含めて)覚える&フラに生かす」っていうの、今年の目標に追加しようっとflair
そういえば、年末のレッスンでは「(体の)ラインの作り方はよくなってきたgood」って言ってもらえたんだった。よしっdash

そんな感じで、1時間半のレッスンはあっという間に終了。でも、中身の濃いレッスンでした。メンバーが新しくなったせいか、雰囲気も変わって、「なにが」というワケでもないけど、いい感じup これからがますます楽しみになりましたよ。

さて、その後は(エ)と二人で居残りsmile
チームの後のカネレッスンの合間に、スカートの持ち方を教えていただきました。
というのも、スカートの持ち方は Keisuke先生スタイルの大きな特徴のひとつであり、だけどマスターできているメンバーが非常に少ない。先生としてはどうにも「そこを直したい」ということで、まず(エ)とわたしがシッカリと覚えて、先生がいらっしゃらないときも、みんなができているかどうかキチンと見ることができるようにと。(もちろん、それにはまず自分ができてなきゃsweat01なんだけど)
余談ですが、このとき Keisuke先生はパウをはいて教えてくださいました。いやぁ~、以前から先生にパウをはいて Ami を見せてもらいたい・・・・と思っていたんだけど、とうとう願いがかないました(笑)

で、明けて今日の月曜クラスでは、ベーシックのときに昨日のスカートの持ち方を忘れないように意識して練習。Ne'e みたいに細かく持ち替えるステップや、曲に入ったときに慌てずに、でもしっかりと持てるようになるのが課題。早いうちに無意識にできるようになりたいものです。
今日はベーシックのとき、タップの仕方で個人的なアドバイス。タップの仕方いかんで余計な重心移動が入ったりするんだって。オロソカにはできませんね。タップも Keisuke先生スタイルの特徴ですもん。

“Ho'opuka”は Huki を入れた turning kaholo のパターンで。カヘアがしっかり入ると、広い体育館に響き渡って、かなりカッコイイです。
だけど、ラインを揃えながら前進するためにみんなについていくのが、足の短いわたしにとっては大変でしたsweat01
“Lili'u E”は、1-3番までの復習と、4-6番までの歌の練習。これもカッコよく唄えるようになりまっしょいup

| | コメント (0)

世代交代?!

毎年OFの新年会は、この連休にからめてSHで行なわれるのが恒例。
今年はなんだか、いつにも増してチビっ子たちが多くて賑やかでした。
とくにスペシャルなゲストだったのは、2-3年前までOFスタッフとして活躍していた(ひ)と(にゃ)が揃ってベビー連れで登場。

ケンタッキーから里帰り中の(ひ)&(は)ちゃん親子に、三重から(にゃ)&(ま)ちゃん親子。(ま)ちゃんは初葉山。(は)ちゃんは去年の4月以来の来訪です。
久しぶりに(ひ)と(にゃ)が葉山に帰ってくる、しかもお子を連れて・・・・というワケで、最近足が遠のいていた海仲間も、SHに駆けつけて再会を喜びましたよnote

予めメールで聞いていた到着予定時刻を過ぎても現れない2組の親子にみんなヤキモキheart02
やっと登場したときには、もう、それはそれは大歓声でしたhappy01
あの(ひ)と(にゃ)のお子たちというだけで、みんな興味シンシンなのに、ふたりともこんなにラブリーheart04なんですからsign03
100110_kids1 100110_kids3
今日のSHには、この二人だけでなく、現役OFスタッフ(せ)や海仲間もファミリーでの参加が多くなり、一気に平均年齢が下がりましたよ。
初対面の赤ちゃん同士のコミュニケーションとか、見ていて面白かった~。
いや~、やっぱり子ども、赤ちゃんっていう存在は、それだけでいいものです。赤ちゃんがいるだけで、その場の温度が、そこにいる人の気持ちの温度が、確実に上がる。空気も明るくなる。
ちっちゃいけど、大きな大きな存在です。

みんな、きっとまた葉山においで。
もっと温かくなったら、海で遊びましょう。

PS:だけど、嬉しくて楽しくて、ついついおいしいものを食べ過ぎて・・・・夜のフラのレッスンは少々からだが重かったですcoldsweats01 気持ちを切り替えるのも大変だった(笑)

| | コメント (0)

みりょく みなおす

レイメイキングを覚えてから、魅力を見直したお花がいくつもある。
ヒヤシンス
シクラメン
パンジー
デンファレも、こんなにいろんな表情があるんだ・・・・って。100109_134801web

だけど、一番その魅力を見直したお花、
「今までごめんなさいっ」って言いたくなるくらいなのは、
キク

菊って、日本的で地味~なイメージしか持ってなかったんだけど、こんなにキレイな、チャーミングな花なんだ~って、レイメイキングを始めてから思うようになりましたよ。
種類もたーっくさんあるんだっていうのを、UMAHANA先生のおかげで知ることができたし。
レイにして身につけるとものすごーくいい香りだというのも、一昨年の夏のパーティーでビックリしたし。

昨年末のワークの名残が、今朝も我が家の洗面所でニッコリ笑っていたので、思わずケイタイでパチリcamera
キク=お仏壇の花ではナイのですwink

| | コメント (2)

なんでだろう?!

昨日は木曜レッスンの年明け初日。
このクラスは一番インターバルが長くて、なんと3週間も間があいてました。わたし自身は月曜レッスンに出たり、年末最後のカネレッスンにキャッチに行ったりしていたので、インターバルは通常とあまり変わらない1週間だったけど、ほとんどのメンバーにとっては「お久しぶり~」な感覚だったと思う。

でも、レベル2で“Kilauea”の1番を復習していたときのこと。
まずフリを思い出すためにも、ひとつひとつ分解して Keisuke先生がチェックをしてくださり、みんなが一番苦手としているフリを何度も繰り返し練習して、ゆっくりとだけど先生のチャントに合わせて通してみたら・・・・意外にも(sweat01)先生から「いいと思うgood」とのお言葉。
揃っているし、フラのレベルとしてはみんなとっても進歩してるってflair
先生がお世辞とかオダテで言っているのではないことは、ちゃんとこちらにも伝わってきて、内心「うわぉhappy02」とっても嬉しかった。だけど・・・・

「普通(インターバルが空くと)悪くなるんだけど、なんでこのクラスはよくなるんだろう・・・・sign02」と、Keisuke先生、イプヘケを抱えて頭をかしげてましたcoldsweats01
「・・・・レッスンしないほうが、いいのかな~sign02」なんて。(え、え~sign02 あのぉ・・・・sweat01
わたしも「それじゃあ、また3週間休みましょうかsign02」ってジョーダン言ってみたりしたけれど、間が空いたからよくなったんじゃなくて、間が空くという一種の危機感(?)のおかげで、みんな各自でイメトレを含めて練習していたんじゃないでしょーか。
いずれにしても木曜クラスは、まとまりのある、ホントにいいチームになりつつありますupup
先生からも「全体としては揃っててOKだけど、後は個人個人のレベルアップが必要。自分が何をしているのか、しようとしているのかを理解することが大事」って。
わたしはまず、昨日みんなで繰り返し練習をしたフリのところ、手の位置を直して正しい位置を覚えないとdash

だけど Kahiko で、しかも難しい“Kilauea”で褒められるって、ホントに嬉しいなぁ~note
もちろん、チャンティングも含めて、まだまだ改善の余地はたくさんあるんだけど、幸先のよいスタートとなりました。

ベーシックでは、昨日は Uwehe のときの Ka'o の部分の足の使い方についてアドバイスをもらいました。
昨年末からの集中課題であった Lele Uwehe のときも先生がじーっと見ていてくださるのを感じましたが、注意点はナッシング。(ホッconfident
というか、先生がしばらくジーっと見て、それから「うん、うん」ってうなずいて他の生徒に視線を移す=「無言の○good」とわたしは解釈してるんだけど、昨日は Lele Uwehe のときにこの「うん、うん」が見えて「やたっshine
Kaholo、Hela でもあったかな。よしっnote ますます、ヤル気up

| | コメント (0)

なんとなく ゆず湯

実家から戻るときにユズをいくつかもらってきた。100106_225701
母がお友だちから、お庭になったから… と、頂いたもの。

料理だけでは使いきれないので、今夜は柚子湯にしてみましたnote
そういえばこの前は気がついたら冬至が過ぎていて…大好きな柚子湯に入りそびれてた(好きだったら忘れちゃダメですよねっsweat01

小さいのを3つ入れただけなのに、とってもいい香りsign01
どんなバスソルトもかないませんね~crown
ぜいたく~note

| | コメント (0)

仕事初め 飲み初め

10日間と長かった年末年始のお休みも昨日で終わり、今日から2010年仕事初めです。
もう・・・・
通勤だけで疲れた~sad まだ電車はそんなに混んでないのにね。
職場、こんなに遠かったっけ~・・・・って、マジ思いました。
そろそろ、今年は家の近くに仕事探しますかね~(笑)

仕事を終えて、夜は森の(写真)仲間と新年会。
日本橋にあるカジュアルなイタリアンのお店に8人が集まって、賑やかにこれからの撮影予定やスキーの話で盛り上がりました。
このお店、東京のド真ん中にあるとは思えないほど、リーズナブルなお値段でおいしいお料理が食べられました~happy01
そして、なんとこのお店には日本酒や焼酎もあるんですflair
今日は最初にワインをいただいてしまったので、ワインオンリー(白と赤coldsweats01)でいきましたが(ワインと何かをチャンポンすると必ず悪酔いするsweat02)、今度来るときは焼酎&イタリアンにトライしてみようと思いますup

Quattordici(クアトロディチ)
中央区日本橋 3-3-14 大木ビル2階
03-3279-0014
日曜・祝日定休


というわけで、新年の初日から夜遊びしてしまいましたが、
あ~、今日はまだ火曜日・・・・今週は長~い一週間になりそうです(涙)

| | コメント (0)

レッスン初め

今日は踊り初め・・・・ううん、お正月休みに家でちょこっと踊っていたから、もう踊り初めではないか。
仕事初めならぬ、レッスン初めでした。

ベーシックでいきなりガツンimpactとカツが入りましたが、 Keisuke先生の今年の“所信表明”だと受け止めて。というか、言われて当然のことを言わせてしまったわたしたちがイケナイ。お正月気分だったワケではないけれど・・・・気持ち引き締めていきましょう。

“Lili'u E”は1、2番の復習をして、3番のフリに進みました。
1、2番の復習では、手のフリをひとつひとつ細かく先生がチェックしてくださいました。
手の角度や高さ、スペースなどの置き所を文字通り手取り、足(・・・は取らないケド)
おかげで、言葉だけでアドバイスを受けるよりもダイレクトに体で理解できる(←アタリマエ)
面白かったのは、先生にホンのちょっと左腕の高さを動かされただけで、それに付随している右手とアゴの位置が変わり→姿勢&目線が劇的に(と、わたしは思ったsweat01)変わったことflair

もちろん上に書いたポイントだけではなくて、すべてのフリにおいて手(腕)の高さや角度、伸ばし方etc,etc....次第で、姿勢や目線、つまりフラの厚みが変わってくるんだ・・・・しかも大きな違いではなくて、わずかな違いが大きな変化に繋がるんだ・・・・ってコトが、なんとなく、頭ではなく、体で理解できたような気がした瞬間だった。
あの感覚、忘れないようにしたい。
少なくとも、今日のレッスンで教えてもらった手の置き方は、今日中に覚えてしまいたい。
今の曲だけでなく、他の曲で出てきたときも身に付いているように。
そうやって、少しずつ、Keisuke先生のフラに近づけるように。

“Lili'u E”は、基本的なシンプルなフリばかりで構成されているから、そういうポイントを身につけるいいチャンスだと思う。
だけど、ひとつひとつに気をつけて丁寧に踊ろうと思っても、なかなかパーフェクトにはいかないのが情けないところsweat02
右はうまくいっても左がダメだったり、1回目はよくても2回目はオロソカになっちゃったり。とくにチャンティングが入ると、フリが甘くなる。アップダウンすら忘れるときがある・・・・もーーーーーーーっっっっpunch

というワケで、今年のフラ的目標は、
①チャンティング
唄いながらも、歌に気を取られずにキチンと踊れるように。
踊りに気を取られずにキチンと唄えるように。
発音ももちろん。

②まわりを感じながら踊る
そろえるフラを目指すには不可欠なコト。だけど、わたしが苦手なこと。
いろんなことを考えながら踊ってしまったりして、ついつい自分の世界に入ってしまう悪いクセを直すsign01
もちろん、ベーシックのときから。

③フラに厚みをつける
姿勢、目線、タメ、表情・・・・
その時々のアドバイスで一時的にできるのではなくて、キチンと自分のものとなるように。
先生や仲間のいいところをよく見ることsign01

④ベーシック
去年からの持ち越しの目標。Keisuke先生スタイルの完成を目指そうsign01
「もう注意することナイ」って言われるくらい。


そして・・・・
番外編その1:バックベンド
去年の9月に一度チームレッスンでチャレンジしたバックベンド。
それ以来、オフィシャルには(?)練習してないけど、いつなんどき「やれ」と言われてもよいように、密かに自主練習はしていて。まぁまぁなセンまでは倒れられるようになったんだけど、今年は「目指せペッタンコsign01
頭が床につくくらいまでガンバルdash

番外編その2:イプヘケ
これも11月に一度練習させてもらって以来ご無沙汰だけど、今年はたぶんもっと練習する機会が増えるのではないかと、密かに期待smile
うーん、これは「こうなる」っていうゴールは今のところ設定できないけど、とにかく、やるなら楽しみつつ一生懸命取り組もう、と(笑)

よぉーーっしup

| | コメント (0)

Happy New Year

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
先ほど実家から葉山に戻ってまいりました。

実家は三浦半島の東京湾側にあるので、日の出がこのように・・・・

2010_1

家にいながらにしてベランダから見えるのです。
で、毎年初日の出を、顔も洗わずに寝ボケまなこで拝むという、少々モノグサなことをしているのですが、今年も

2010_web2

無事に美しいご来光を拝むことができました。
雲が少しありましたが、それもバラ色に染まってなかなか美しく。
2010年、ステキな幕開けとなりました。
これだけで、今年何かいいことが起こりそうな予感がする・・・・って、単純すぎるでしょうか?(笑)

ま、今年もこれまで通り・・・・物事あまり深く考えすぎない、振り返らない、
シンプルに(単純に)、前だけを見て、
でもあんまり先~の方までは見ずに(見ようとしても見えナイから・・・・)
今を生かされてあるだけでもラッキー♪だと思って、
日々に楽しみを見つけつつ、感謝しつつ、わたしらしく歩んで行こうと思います。

今年もこんなんですが、みなさま、よろしくおつきあいくださいませ~。
みなさまにとりましても、健康で平和な、素晴しい一年となりますように、心からお祈りします。

| | コメント (2)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »