« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

Kalakaua シリーズ

おとといのチームレッスン。イベントの直後だったせいか、メンバーも Keisuke先生も不思議なテンションで。いつもより、ちょっとばかり緩めに進行いたしました。

Kahiko といえば、今までわたしたちはずっと Pele を主題とした曲を練習してきました。“Aia La 'O Pele”、“Holo Mai Pele”、“Ke Ha'a La Puna”そして今回イベントで踊った“Kilauea”。
だけど、今年になって Kalakaua を主題とした曲に変わりました。
まず“Laua'e Ka Mana'o”をじっくりと時間をかけて練習中。
それから前回のレッスンで一気に覚えた“Kawika”
そして今回は新しく“Kalakaua”という曲に入りました。これもどちらかというと、テンポも普通でシンプルな曲みたい。
“Aia La 'O Pele”、“Kilauea”、“Ke Ha'a La Puna”が Pele 3部作なら、“Kawika”、“Laua'e”、“Kalakaua”は Kalakaua 3部作といったところ。

Kahiko 好きなわたしとしては、Pele の曲ももちろん大好きだけど、Kalakaua の曲は自然なやわらかい表情で踊れるのが嬉しいかな。
あ、でも超アヤシイ内容の“Laua'e”は、どんな表情で踊るかビミョーなところだけどcoldsweats01

てなワケで、新しい曲どんどん覚えて、どんどん踊れるようになるのは嬉しい。
ちゃんとキャッチできるように復習しとかなくちゃ。
だけど、そーやってどんどん新しい曲をマスターすることだけに力を入れると・・・・
おとといのレッスンで突然かかった“Lawakua”・・・・やっぱり『ぽかーん』と抜けている部分がありましたdown あかんなぁ~sweat02


カネたちも新しい曲に入り、(エ)とわたしも引き続きイプヘケの練習。
だけど、Keisuke先生がカネたちにフリを教えているのを聞いていると、先生にワザワザ叩き方を教えてもらわなくても、ステップに合わせてリズムを刻むことができるようになってきましたよup
今回から入った曲は“Ho'opuka”のステップアップバージョンみたいな曲で、ハンドモーションもちゃんとついている。
先生がカネたちに曲の解説をしながら見せていた、百科事典のようにブ厚い神話の本・・・・あれ、とっても面白そうflair(もちろん英語だろうケドsweat01
Keisuke先生から教えてもらったり、チャントの意味を調べたりしていく中で断片的に蓄積した知識だけでなく、まとまった本とか文献とかを読みたいな~という欲求が出てきた今日この頃。
せっかくクアナのワークを受けて、ちょっとだけ、ホンの入り口だけだけど覗くことができたフラと神話の世界、ちゃんと勉強してみようかなup

| | コメント (0)

1年たって

昨日横須賀さいか屋で行なわれた今シーズン初のイベント。
わたしにとって去年同じ時期にここで開催されたイベントが、フラ人生1年6ヶ月にして初舞台だった。あれから1年。振り返ると、フラ的な進歩はどれくらいあったのか自分ではわからないけれど、衣装や髪型のことなどは落ち着いてこなせるようになったし、だいぶ場慣れ(?)はできてきたのかな。
去年の今頃はヘアスタイルも含めた早変わりがあったり、本番の前日に衣装のトラブルが発生したりしてテンパッってたな~。今思えば、フラシス(先輩たち)だけでなく、Keisuke先生や Yokoさんまで、ホントにいろんな人たちを巻き込んで、お世話になって無事に立てた初舞台だった。

さて、今回やはり実感したのが、自分には意外と度胸があるのカモということ(笑)。わたしよりずっとフラ暦も長くて上手で、人前で踊る経験もたくさん積んでいるフラシスでさえ、出待ちのときに「手が震える~sweat02」とか、「超キンチョーするっbearing」なんて顔色を変えているのに、わたしってば、そーでもなく・・・・coldsweats01
やっぱりどこか1本神経が少ないのだろーかsweat01
そりゃあ、わたしだって今までの人生、いろんな場面で吐きそうになるくらい緊張したことも数知れずあるけど、なんだかフラのステージに関しては去年からずっと、それほどひどい緊張に悩んだことがないノダ。
なんでかな~?? 自分の実力のホドをわきまえてるというか、実力以上に上手に見せようとか、上手く踊ろうとかあまり思わないからかな。
でもそれ以上に、立ち位置が大きいのかな。どっちを向いても仲間が必ず視界に入って、いつも仲間を感じながら踊ることができるっていう位置。お客さんと自分の間に仲間がいてくれるという安心。『人の後ろで踊る』っていうのが、今のわたしにはちょうどいいのかも。
・・・・って、そんなこと言ってるからダメなのかしらcoldsweats01

とにかく、今回もそんな心地よい場所(笑)で、無事にステージを終えることができました。少なくともフリの間違いはなかったハズ・・・・自覚している限り。Keisuke先生にコーラを進呈せずに済みましたsmile 
あ、一番心配だったチャンティングも間違いはなかったデス。行ってみたら先生のだけでなく、わたしたちの分までマイクが用意されていて「マヂでっsign02」と思ったケド、結局(エ)とわたしはマイクは使いませんでした。
だけど舞台に座った状態でするチャンティング。ちょっと目を上げると、ちょうどお客さんの顔がズラ~っと並んでて、どこ見たらいいのかわからなかったsweat01 あんまり下を向いてるのもヘンかと思って、ダンサーの足を見ながら唄ったけど、あれでよかったのかしら。

あっという間なんだろうな~・・・・と思っていたケド、やっぱりあっという間だったイベントのステージ。
「自分の納得がいくフラ(とチャンティング)をしよう」という目標は、今のところ達成できた気がしています。今の自分にできる精一杯のことはできたかなって。なにより、ステージの上でフラを楽しめたから、いいかなって。
でもそれも、今度みんなでビデオを見るまでの自己満足なのカモsweat01

| | コメント (2)

お約束?

宣言(?)どおりに、パーマをかけてきました~。
てっきりスパイラルでやるのかと思ったら・・・・もう10年来お世話になっている美容師さんに「三つ編をほどいた感じのウェーブにしたいんですけど・・・・」と説明したら、なんと「ああ、三つ編パーマっていうのもあるんですよ」ですって。知ってました、みなさん?
メッタにやる人はいないみたいなんですけど、「ウェーブはとてもキレイに出ますよgood」とのこと。『キレイ』と『あまりやっている人がいない』という言葉につられて、挑戦してみましたよup

プロの方に三つ編してもらうなんて、初めてだしゼイタクだわ。
わたしは全部の髪を10束に分けて編んだけど、今日は20本くらいになったみたい。でも、元々髪の量が多いわたし、ボリュームが出るのだけは避けたくて、その点は念入りにお願いしましたsmile

で、できあがりは・・・・
100327_172301← こーんな感じ。
いまいちわかりにくい写真ですが、イメージどおり&自分で三つ編したよりもはるかにキレイに仕上がってます(アタリマエ)
あー、これで今夜は30分かけて三つ編をせずに、早く寝られる~(←そこかsign02

わたしがフラをやっていることを知っている美容師さんも「なんだか、だんだんハワイの人っぽくなってきましたねsmile」ですって。
いーえ、わたしなんかはまだまだ。うちのスタジオには現地でロコに間違えられたツワモノがおりますもの(笑)

さて、実家にいたころからのお付き合いがある美容室は久里浜にあるので、帰りに横須賀で途中下車して、さいか屋に寄ってきました。ハワイアンのイベントは今週水曜からやっていて、今日もどこかのお教室のステージがあるハズ。
タイミングがよければ見学するし、そうでなくてもステージや控え室の様子とか雰囲気とか見てこようかな~って思って。

で、いってみたらちょうどステージが始まるところで。
「ああ、明日の今頃はドキドキしながらここにいるんだわ~」なんて思いながら見てました。
予定の20分が終わったところで、MCの人から客席にハナホーの催促(?)
あらら、どうやらハナホーは「お約束」のようですよcoldsweats01 Keisuke先生、何か曲を用意なさっているかしら??? 先生ならフラはいつでも踊れるだろうけど、音がなくちゃねwink
(ちなみにわたしが見たお教室はハナホーの用意がなかったらしく、ケイキ達が踊った曲を、先生とイントラさんも加わってもう一度踊ってましたよ)

さてさて、ステージを鑑賞したあとは、これまた「お約束」のマラサダカップheart04100327_154801
だって、明日の夜はチームレッスンだから、ステージ終わったらすぐに移動・・・・マラサダ食べてるヒマはなさそうなんだもんsmile
お気に入りはキャラメルソースnote
うまうまでした~delicious

| | コメント (6)

気のセイ?

今日は、レベル1、2を通して、どの曲を踊っているときも、ベーシックの練習のときですら、自分が心から楽しんで、ハッピーな顔をして踊っているのが、自分で感じられた。
2週間前の木曜レッスンのときとは大違い。やっぱり、こうでなくっちゃ。
だから今日は“Ke Aloha”もバッチリnote この曲はわたしにとって、頭をカラッポにして何も考えずに踊れる数少ない曲(笑)

・・・・・・
レベル2で練習している'Auana の“Aia La 'O Pele” 
クアナが唄うテンポが速い曲で、速い曲についていくのが苦手なわたしは苦戦中。家での練習も、なかなかハンドモーションまでつけられずにステップだけになることが多い。
それでもいつも「うーん、なんだかな~down」って、なかなか納得いかずに「そろそろお風呂に入って寝なくちゃdash」の『タイムアウト』になって終了となる日々。
その曲を今日は、ゆっくりバージョンで練習することができました。1/2倍速くらいだったかな(笑)
なので、カラカウアの重心移動とかヘラの huli とか余裕を持ってステップ踏めたし、手のフリもひとつひとつ止めることができた・・・・気がスル。

「あ~、もうオバちゃんには、このくらいのテンポがちょうどいいわ~sun」なんて内心思いながら。速い曲はケイキとか、20代の若者にお任せいたしたく(笑)
だけどね、そうやってゆっくり目の曲でちょっと余裕を持って踊れた後に、いつもの曲で踊ってみると・・・・なんとなーくダケド、気のセイかもしれないけど、前よりも「ついていけてるカモ、わたしsign02」って、思えちゃったからフシギなモンです。でもやっぱ、気のセイですかね~sweat01
気のセイであってもナクても、あのゆっくりバージョンの曲も家での練習用に欲しいカモcoldsweats01

ベーシックでもホンの少しだけ、気のセイのような気分のよさが味わえたことがあって。
目下ベーシックで集中的に練習しているのは・・・・ターニングカホロ。
ターニングカホロは「ちぃちゃんの弱点」(by Keisuke先生)だから、ステップ自体は以前から課題なんだけど、この頃はそれに加えて『スカートを持つ』という大きな課題があって。
重心移動(とダウン)がキチンと出来ていれば、スカートの動きが『生きて』くるから、自分でスカートをつかみに行かなくても、タイミングさえ合ってれば「自然と手の中にスカートが載ってくる」って、Keisuke先生はおっしゃるんだけどぉ~。で、実際に先生がやっているのを観ると、たしかにその通りなんだけど。観ると自分がやるとでは大違い。

周りのみんなは比較的はやい段階でできるようになったみたいだけど、わたしはなかなか。
まず、自分のパウが先生のみたくちゃんとフワって持ち上がって(浮かんで)、つまり『生きて』いるのか?
パウがちゃんと『生きて』いるとしたら、どのタイミングで、どこに手を持っていけばスカートが向こうからやってきてくれるのか?
そんなことがなかなか理解できないでいた。けれど・・・・
今週になって家で練習をしているときに、「おsign02 コレかもflair」って思えて。今日のベーシックを楽しみにしてたのに、今日のターニングカホロはスカートを持たずに練習・・・・あ、あらsweat02sweat02sweat02
まぁ、いいかっ。今日は鏡に写った自分のスカートの動きがキレイに見えたからshine(←たぶん、気のセイ)
でも、ヒップのヒネリはだいぶできるようになったんじゃないかな~(先生は何も言ってくださらないケドcoldsweats01
だって今日は、スカートの後ろに挟んで腰から下げている手ぬぐい(タオルぢゃないのヨ 笑)の先っちょが、自分で肩越しに見えたんだもん。それだけスカートもヒネられて広がってるってことだと思う。これは気のセイじゃないgood
カムエラの衣装みたいなのを着てちゃんとステップ踏めたら、きっともっとキレイに動くんだろうな~confident

| | コメント (0)

スマートじゃないなぁ

毎日都内まで通っていると、それはもう、とてつもない数の人とコンタクトがあるワケで。
ただスレ違っただけの人も入れたら何人になるのかな。
自分の半径数メートルに入ってきた人だって、かなりな数になる。
そんな日常で、心がしぼむようなことも多々あるワケで。
とくに今日みたいな雨の日は、そんなことが多い気がする。

・・・・・・・
傘の水をはらって、前の人に続いて入り口を通ろうとした目の前で バタンっdash と閉まるドア。
ああ、今日もか・・・・
こんなとき、ついつい心の声がつぶやく

「Japanese Man!!」

自分が100%日本人であることをタナにあげて言うけれど、こういう場面でのスマートな振る舞い方が、多くの日本人は(男性に限らず)できない。
幼い頃からそういう教育を受けていないから、というのが一番の理由なのかな。教育っていうか、しつけというか、大人の振る舞いから学ぶというか。
外国(いわゆる西洋文化圏)に行って何が気持ちいいって、こういう場面で見ず知らずの人同士が、ささいだけれどキチンとコミュニケーションが取れるってこと。
混んだ場所で後ろを通るときに声をかけるとか、大きな荷物を持った人をさりげなく優先してあげるとか、横断歩道で歩行者が待っていれば、信号がなくても必ず一台目の車が止まってくれるとか・・・・あげたらキリがない。
こういうのが、社会の文化というモノなんだろうな。そう考えると、やっぱりまだまだ日本は世界の田舎、っていうか文化的に未成熟なのかなと思う。

だからついつい、こういう場面で不愉快な、っていうかちょっと残念な思いをしたときに
さっきのセリフが出てきちゃうのね。「Japanese Man」って。
今の人もとても急いでいたのかもしれない、考え事をしてたとか、自分の傘に気をとられてたのかも・・・
だけど、ちょっと周りに気を配る、ホンの数秒ドアを押えていることがどうしてデキナイんだろう?
電車の中での振る舞いとかを見ていても、自分以外の人に、赤の他人に何かをしてあげることとか、ちょっと譲るってことが、まるで損なことのように思っている人が、どうも最近はとても多くなっている気がする。

もちろん、中には気持ちのいい振る舞いをしてくれる人もたまにはいて、そんなときは気分がいいだけじゃなくて、「お、この人なかなかスマートじゃんflair」って、見る目が変わるよ。
それがちょっと頭が薄くなりかけたオジさんでも、ヨレヨレのジーンズをはいた冴えない見た目のお兄ちゃんでもgood
逆にどんなにいいモノを身につけて、髪型もバッチリ決めたイケメンでも、スマートな気配りができない人は「カッコ悪~~~down」 外見を気にしている分だけ、余計に底が浅く感じてしまう。彼女にだけ親切にしてるような人間は『薄っぺらい』とオバちゃんは思うゾ(余計なお世話smile

なーんて、これだけのことをエラソーに言うんだから、自分もスマートな振る舞い&身のこなしに気を配らなくっちゃね~。
ぢゃなきゃ、ホントにただのオバちゃんになっちゃうよっsweat01

| | コメント (0)

決ぃ~めたっ!

今日は鎌体にワヒネの出演メンバーだけ集まって、来週のイベントに向けた自主練習。
やっぱりみんな先週のチーム練習ですぐに「はい、本番」では不安を感じていたようで、「自主練習したーい」という声が多数。
で、Keisuke先生におうかがいを立てたところ、OKが出ただけでなく、今日は先生も来てくださいました~up

さて、昨日の夜に髪を三つ編にして寝たことは日記に書きましたが、その前にミクシィのボイスでも「パーマかけちゃおっかなー」なんてつぶやいたものだから、今日のわたしのヘアスタイルを見てマイミクのメンバーは「(ホントに)パーマかけてるしっsign01」なーんて。
ふふふ・・・・ち・が・う・のっ。み・つ・あ・み・なのっ(練習したんだぁ~)note
でもみんな「キレイにできてるね~」って。それどころか、
「すごい、ちぃちゃん、その髪型似合うねっflair」だって~upup
ちょっと遅れてきた元祖スパイラルパーマ(ロパカ・スタイルともいう)の(ネ)なんて「わたしよりロパカ似合ってる・・・・ちょっとヤバい、悔しい・・・・」ってsmile

「おほsmile、そーかしら~んnote」その気になっちゃうから、あんまりオダテないで~happy02
なんて言いつつ、もう完全に“その気”になりました(笑)
決定~~~~~sign03 今度の土曜日、パーマかけてきまーっすdash
実はスパイラルパーマは初めてではなく、数年前にずっとしていたスタイル。その時は今のように髪が長くはなく、肩までの長さだったけど、そのときも評判はよかったんだ~。
さすがに仕事のことを考えると、あまり細かくはできないけど、ちょっとゆるめに、でもシッカリとかけてもらおーっと。

さてさて、肝心の自主練習のほうは・・・・
アウアナの練習を中心に。だってこの曲が一番不安要素が多いsweat01
だけど Keisuke先生がいらしたということは → フォーメーションが増える・・・・ということでもありcoldsweats01 だから自主練習も良し悪しなのよね~、なんてね(笑)
でもフォーメーションがあると、やっぱり踊っていてもなかなかに楽しいカモnote

先生からの全体へのアドバイスは、
○目線をシッカリつけること、あげること。特にアロハのところ。
○速い曲に乗せられないように → ひとつひとつのフリをシッカリと止めること。肩やヒジが上がらないように。
(エ)からのアドバイスは、アップの時に『ピョコ』ってしないようにって。これは、フラを始めた頃にわたしが陥りやすかったクセで、最近は少し直ってきたかな・・・・とは思うケド、速い曲になるとついつい出てきてしまう自覚アリ。なるべく落ち着いて踊れるようにしたい。

アウアナの後はカヒコを何回か踊って、他のメンバーが帰った後に(エ)と一緒にちょっとだけチャントの練習。チャンティングはやっとなんとかリズムが覚えられたところ。Keisuke先生は「間違えちゃうかも・・・くらいのイキオイでやったほうがいい」と。そうやって間違えて、そこから学ぶこともあるって。

だけど、フラの2曲もチャンティングも、今日の自主練習のおかげで「できる(なんとかなる)かも」と思えるようになれた。それが今日の一番の成果かな。
来週は自分が納得のいくステージにしよう。

| | コメント (0)

三つ編みの練習

とはいっても、レイメイキングのお話ではありません。

来週のフラのイベントに向けて、髪型の予行演習。
去年の今頃は、今より10センチ以上短い髪でオダンゴを作る練習を一生懸命やっていた。ただオダンゴを作るだけじゃなくて、早変わりもするので3分で出来るように何度も練習したっけなぁ…スタイリング剤とかも、いろいろ研究して。
今年は三つ編みをしてほどくスタイル。
洗った後、いつものように完全に乾かさずに半生(?)状態で10束に分けて編んでいく。

最近、三つ編みといえば葉っぱばかりで(笑)、自分の髪を編むなんて何年ぶりsign02何十年ぶりsign02sign02だろう。なので、なかなか手がスムースに動かない。全部編むのに30分もかかっちゃったよ~coldsweats01
(で、こんな時間なワケwobbly
う~む、当日オダンゴ作るのと前日三つ編みと、どっちが大変だろう(笑)
あー、やっぱりパーマかけちゃおっかなぁ~wink

あ、いえ別にイベントのためにというワケじゃなくてですね、そろそろストレートにも飽きてきたから、パーマでもかけようかな~ → でもイベントがあるから来月以降にしたほうがいいかしら? → イベントの髪型がウェービーなら、いっそ今月かけちゃうupsign02 という考えsmile

どーするかは、この髪型の出来具合をみて決めようflair
明日の朝三つ編みほどくのが楽しみです。

おやすみなさーいsleepy

| | コメント (0)

予行演習?!

本日のUMAHANAスクールの花材はクプクプと・・・・

パンジー!!

ということは・・・・来月の予行演習?!

来月に何があるのかというと、千葉の君津にあるパンジー農家におじゃまして、出荷し終わった後の畑で自由にお花を摘ませてもらってレイメイキングをするという、UMAHANA先生主催のツアーがあるんです。わたしは去年も参加して、土に生えているお花を摘んで青空の下で鳥のさえずりを聞きながらレイを編むというのが、とーっても楽しかったので、今年も参加する予定。
去年一年間一緒に鎌倉ワークを受けたフラシスたちも誘って、ニギヤカに行ってこようと思いますnote

で、そのツアーで作るのがクプクプを使った Haku スタイルというわけで、今日はそれと同じ素材で同じやり方を練習。今日のパンジーももちろん君津から来たもの ↓
100319_1905web
いかにも手で丁寧に箱詰めしました・・・・って感じの、素朴な温もりのあるパッケージだったので、思わず写真を撮ってしまいました。箱に「パンヂー」って書いてあるのも、なんか昭和な感じ(笑)

この箱の中から今日はひとり5束、好きな色を選んでいいとのこと。
いろいろ迷って・・・・わたしはこの色にしてみました。
100319_1913web

だけど、やっぱりクプクプの Haku は難しいsweat01
一番苦手で苦手意識があるセイもあるし、一番久しぶりな方法だったこともあり、かなり苦戦しました。
いつもギュウギュウつまりすぎちゃうから・・・・と思ったら、今日は逆に太くなってしまった。
1本のレイの中でも細いところ、太いところがマチマチで、気分にムラがあるのかなぁ~sad

いやはや、パンヂー、手ごわいデス。
来月のツアーには、UMAHANAスクール生以外の方も多数いらっしゃるとのこと。
あああ、なんだかスクール生(しかもアドバンスクラスcoldsweats01)であることを伏せて参加したくなってきた(笑)
いや、だって、スクール生があんまりなデキじゃあ、先生の沽券にかかわるでしょ(←自分ぢゃないのかsign02

でもでも、きっと、来月はもっと上手にできるハズup
今日うまくいったこと(あまりナイけどsweat01)、うまくいかなかったこと、「こうすればよかった」と思うこと、UMAHANA先生からのアドバイスよーくイメージして畑に向かうことにしましょうdash
でも、ま、当日はスクールのようなキチンとしたレッスンの雰囲気じゃないし、お楽しみが先行だから、フラシスたちと遠足気分で楽しんできまーすnote

というワケで、今日のできはあまりお見せしたくナイのですが・・・・(小さい写真でsweat01
100319_2257web

編み具合がちょうどよければ、割り当てられたお花を使い切ってちょうど60センチのレイ100319_2300web_2ポオができるくらいなんだけど、わたしは編み方が緩かったのでお花がだいぶ余ってしまいました。
パンジーの切花は傷みやすいので、今回は家で復習するのは無理かな。だいたいクプク プは使い切ってしまったからナイし。
なので、今日持ち帰ったお花はすべて茎を短めにカットしてグラスやジャムの空き瓶に活けました。ひとつひとつはヘタレてるのに、こうしてモリモリ活けると元気いっぱいに見える不思議なお花ですね。部屋の中に一気に春がやって来たようですsun

| | コメント (0)

昼の時間とイベント案内(笑)

みなさーん、春分の日は今度の日曜日ですが、昼と夜の長さが同じなのは、実は今日なんですって~flair 知ってましたか~sign02
わたしも今日職場のボスに教えてもらったんですが(笑)、そう思って潮見表を調べると、ホントだflair
神奈川県の場合ですけど、今日は日の出が5時49分、日の入りが17時50分となっております。で、明日からは日の出がほぼ1分ずつ早く、日の入りも1分ずつ遅くなるんです。これからは昼がどんどん長くなる~note 嬉しいじゃあ、ありませんかっhappy02
でも、なんで暦の春分の日とズレが生じるのかは・・・・わかりません(ってか、それ以上調べてませんsweat01

なので、この話題はこのくらいにして(笑)、今日のメインは Kawaiola Hula Studio 関連のイベントのご案内です。


3月28日(日)に横須賀さいか屋で、鎌倉クラスのメンバーが踊ります。ワヒネ(女性)だけでなく、カネ(男性)やケイキ(子ども)も出演。もちろん、Keisuke先生も踊りますよ~up
持ち時間は20分と短いのですが、前半はカヒコ(古典フラ)、後半はアウアナ(現代フラ)の盛りだくさんな構成です。Keisuke先生プロデュースですから、小さいステージながらもショーのような楽しいフラをお見せできるのではないかと思いますnote
ご興味とお時間のある方はぜひぜひ観に来てくださいね~happy01
オープンスペースなので、どなたでもご覧いただけます。(イス席は50くらい?整理券が必要です)

ちなみにわたしは、カヒコ1曲とアウアナ1曲を踊る予定。アウアナは、わたしたちと一緒に Keisuke先生も踊ってくださるみたいですよwink
あと、カネが踊るオープニングのカヒコのチャンティングを、Keisuke先生と(エ)と一緒にやらせてもらう予定ですdash
フラもチャントも今の実力なりに、せいいっぱいがんばりますっup

3月28日(日) 横須賀さいか屋大通り館 6階催事場にて
ショーのスタートは 16時30分sign03
お見逃しなくっflairflair


それから、わたしは出ませんが・・・・・

○4月4日(日) POWERS2 の IZUMIちゃんとラウラのライブに、チームメイト2人が出演note
チームの中でもこの2人はホントにフラが上手だし、カワイイshineshine
わたしはその日レッスンがあるので、観にいかれないんですが、きっとステキなショーを見せてくれると思います。
お問い合わせは・・・・044-455-0007までお電話を。

○4月11日(日)町田の小田急百貨店にて、Keisuke先生のショーがありますnote
時間は・・・・12時30分からと16時からみたい(先生のブログ情報よりsweat01
わたしは、先生としてだけでなく、ダンサーとしての Keisuke先生の大ファンなので、もちろん観に行きますよ~dashdashdash


てな感じで、暖かくなってくると、いよいよフラのシーズンスタートdashですね~happy01
今後もイベント情報があったら、順次アップしていきまーす。

| | コメント (2)

はるのしょうこ

厚めの毛布をかけて寝ていたら、朝目覚めたときに汗をかいていた

今日は、木綿のひとえのスプリングコートで出勤

イタズラな風に髪の毛がもてあそばれて・・・・

夕方職場を出たとき、まだ空が明るかった

真名瀬の浜がほとんど隠れるくらいに波が寄せているのがバスから見えて、
ああ、夜に潮が満ちる季節になったのだ・・・・と思う

バスを降りて、家への道を左に曲がらずに、ふと真っ直ぐ海へと向かう気になった

相変わらずの強い風に(ここでは一日中こんな風が吹いていたのだろうか?)
眼下の海は白波をたてて、まるでのたうちまわるかのように荒れているけれど、
そんな海を落ち着いて眺めていられる

見上げれば、オリオンはこんな時間に、もう空高く

・・・・・もうすぐ、砂浜をはだしで歩ける季節がやってくる

| | コメント (0)

いろんな曲を

今日の月曜レギュラークラスは、チームレッスン並みにいろんな曲を踊りました。
(エ)とわたしを含めていつも月曜クラスで練習している5人は全員チームメンバーだし、今日は(ネ)が見学のお友達を連れて登場。

ベーシックのあとは、昨日のチームで習い始めた(っていうか、1回で全てのフリを入れた)“Kawika”
そして今までこのクラスで練習していた“He U'i”を Ha'ina まで。これはいつも使っているのと、違うミュージシャンのと2通りの曲で練習。
それからイベントで踊るアウアナを2種類。わたしが踊るのはアップテンポで楽しい曲だし、(エ)、(ち)、(め)ちゃんが踊るのはしっとりと魅せる曲。
もう一度最後に“Ho'opuka”~“Kawika”~“Laua'e”~“Ho'i”まで通してやってみて、最後の最後に(ネ)と二人で、イベントで踊るカヒコの確認。

これだけいろいろな曲を、先生がタイトルを言うままに次々と踊りながら、「ああ、いろんな曲を覚えたもんだな~」なんて、我ながら感心してしまいました(笑)
今日の見学の方は、いろんなタイプの曲が見られて、とても面白かったのではないかと思う。フラの経験はまったくないとのことだったけど、ぜひ仲間になってくれるといいなと思います。

本日の注意点:
○ベーシック→ Hela の重心移動のときの、腰(というかヒップ)の位置。ついついラクをしているのが、バレてしまったsweat01 コンスタントにできるようにしなくちゃ。
○“He U'i”の mana'o の手の位置。もっと離すこと。
○イベントのアウアナ曲→昨日のレッスンで「足がバタバタしてるな~sweat01」って思ったばかりのところ。今日の先生の全体へのアドバイスで、「そうか、わたしステップが大きすぎるんだflair」というのが、(やっとsweat02)わかりました(遅っ)。これだけ速い曲はカホロだってほとんどその場ステップみたいなもの。自分の立ち位置をキープするためにも、歩幅に気をつけて練習しようっと。昨日の練習では隣にいる(た)から「ちぃちゃん、どんどん遠くへいっちゃう・・・・」って、わたしの位置がズレていることを優しく教えてもらえたばかり。むむ、がんばるdash
○アウアナ曲でもうひとつ→Aloha のときの目線をもっとあげること。どのポイントでも。

注意点はいっぱいあったケド、なんだか今日のレッスンはとっても楽しかったな~note
イベント用の曲なんか、「もっと迫力がほしいから」っていって、退場前のターニングカホロの後1回転多く回ることになっちゃったりしてsweat01 ま、直前にフォーメーションとかを先生がどんどん思いついちゃって、いろいろと変わるのは、よくあることでsmile
「え~、ベツに迫力ほしくナイ・・・・」なんて口答え(笑)しながらも、言われるとおりに踊ってみる。
それを見ていた Keisuke先生、「うん、すごくよいgood やっぱりその方がずっといいねflair 大丈夫sign03 みんなちゃんと回れてるよsmile」ですって。いや、回れるは回れるんですケド、止まれないんです~。ってか、どこまで回転すればいいのか、自分が向いてる方向がわかんなくなっちゃうのねsweat01

「もう1回、そこの回るところだけやって見せて」なんて、何度かやってると、なんだか笑いがこみ上げてくる。
そうでなくてもこの曲は、「もう笑うしかナイ」って感じで、踊っていても満面の笑顔を浮かべつつも、内心は「うわぁ~wobbly」とか「あちゃ~sweat01」とか言いながら、つまり苦笑いも混じった笑顔なんだけど、わたしたちが踊るのを見ていた(ち)から「ちぃちゃんの表情がすごくよかったshine」っておホメの言葉をいただきましたよup
もうね、どうせ下手クソなんだから、せめて表情だけはサイコーを目指そうって、開き直ってるのですcoldsweats01 無表情な下手クソよりは、楽しそうなヘタッピの方がいいでしょ(笑)

そうそう、今日は、ショーに出演する(ち)と(め)ちゃんが衣装の寸法あわせをしていたんだけど、どの衣装も可愛くてステキでした~shine 二人ともとってもよく似合ってたしheart04
いつかわたしもあんなステキな衣装を着て、二人みたいにキレイなフラが踊れるようになりたいなぁ~confident  その日を夢見てガンバローup

| | コメント (0)

みる訓練

今日のチームレッスン、いきなり“Laua'e”のテストから。
4-5人ずつに別れて1、2番だけ。
3つのグループ全てが一通り終わって、「どのグループにも間違えてる人が必ず2人はいる」と、Keisuke先生。
で、どこが間違えているのか「わかる人?」って。みんな「手のタイミング」とか、「ライン」とかポツポツ返事をしたけれど、「それ以前の問題」って。
今度は全員で踊っているときに、2人ずつ前に立って見てみたけれど、やっぱりどこが違っているのか、正解がわからず・・・・。

わたしも最初のうちはゼンゼン見当がつかなかっんだけど、後半に「flair
たぶん、ノウノウエのところの手の位置だ。
そう思って、もう一度グループに分かれて踊ったときによく観てみると、ビンゴ。
1回目は右手が上、2回目は左手が上なんだけど・・・・両方とも右が上だったり、その逆だったりの人がいるみたい。
そう気づくと、これは後ろから見ててもわかることだった。
って、わたしも最初習ったときに混乱して、その後も時々間違えるから人のことは言えないんだけどsweat01

Keisuke先生いわく、「これからはもっと“よく観る”ことを覚えたほうがいい」と。
今までは、わからないことがあったら先生に質問して、その度に先生は丁寧に答えてくださったけれど、これからは、とくにチームメンバーは「よく観て、自分がどんな踊りをしているのか、先生とどこが違うのかを、自分で気づくことが大事」って。
別に他人の間違い探しをするんじゃなくって、自分のマチガイ探しができるようにならないと、いいダンサーにはなれないって。
さっきの間違いにしても「僕が言葉で教えてあげるのはカンタンだけど、それじゃいつまでたってもいいダンサーにはなれない」と。
レッスン中に集中して先生や仲間のいいところを観るのはもちろんだし、お手本にしたいようなチームが踊っているビデオとかを観るのでもいいと。
ただボーッと“見る”のではナク、ちゃんと“観る”のね。

さて、レッスン後は今日もイベントに向けた練習。
やればやるほど課題が見えてくる。
さっきの観るではないけれど、鏡に映る自分の姿にガッカリだ・・・・down
とくにアップテンポのアウアナ曲は、足がバタついてて、キタナイng
Hela の huli とか、ほかにも・・・・ラフィアスカートは足がバッチリ見えるから、これは問題ですぞ。
新しくフォーメーションが入って、前列が後ろを向いたりしたとたん、余計にアタフタしちゃったしsweat01
フォーメーションといえば、カヒコでもちょっとだけだけど、苦手なターニングカホロでの移動が入り(しかもショッパナに)、忘れないように動けるようにしておかないとdash
あああああ~~~・・・・・

イベントまでにみんなで練習できる時間はもうない。
うううぅ~・・・・みんなと自主練習したいなぁ~。
もちろん、まずは自分で課題をクリアするのが先だけど、今のままじゃ不安だsweat02 もう一回自主練習したからって、どうなるモンでもないかもしれないケドsad

| | コメント (0)

戻れる場所

今週は月曜日に出勤したので、今日は代休。
ひと晩眠って目覚めても、なぜかやっぱり心のどこかにモヤモヤが残っていて、イマイチすっきりしない。思いやりが伝わってくるようなメールが朝一で届いて、そんな風に気遣ってもらえる自分は幸せだなぁ…って、心が温まる出来事もあったけど。

こんな時はたぶん、ひとりで家にいても事態は変わらない。

そう思って、午後から実家に帰ることに。
気持ちをリセットしたいこんなとき、真っ先に、というか、唯一浮かぶ場所は、今のわたしにはやっぱりここしかないみたい。別に何をするでなくても、母の顔を見て、迷惑顔のネコをおかまいなしにムニムニすれば、いい気分転換。自分のクヨクヨとはまったく無関係なところにいるこの人たち(母とネコ)と一緒だと、気持ちが軽くなるのかな。100312_web

ていうより、やっぱりここは、わたしがわたしらしく居られる場所。
素に戻れるっていうか、力を抜いて居られる場所なんだろうな…
理屈なんかではなく。

帰宅途中で見つけたおいしいアップルパイを食べながら、
「もう大丈夫」
そう思えた。

明日は父のお墓参りに行ってこよう。

| | コメント (0)

はんせい

もったいなかったな・・・・今日の3時間。
ぜんぜん集中できず。
Keisuke先生もアドバイスをする気が失せる生徒だったと思う。
仲間にも心配かけちゃうし・・・・
もっとシッカリしなくちゃ。

今日は“Ke Aloha”やらなくてよかった。
とても、そんな気分じゃなかった。

| | コメント (2)

タイ・ランチ♪

職場の近くに、待望のタイ料理屋さんができましたsign01
っていっても、少し前のことで、わたしは今日で4回目。いずれもランチで利用しています。
先日は“エスニックなイタリアン”でしたが、今日は正真正銘、ホンマモンのタイ料理です(笑)

お店に向かって歩いているうちから、「今日はグリーンカレーに し~ようっとnote」と思っていると・・・・
お店のお姉さんが、定番メニューにはない『イエローカレー』が今日のおススメですと言う。シーフードカレーで、魚のすり身をお団子にしたのとか、エビとかアサリが入ってる・・・・なんて聞いちゃったら、「それ、お願いしますっup」って即答ですよsmile

で、イエローカレー 登場 ↓
100310_1210web

うまそ~heart04heart04
書きかけだったメールを終わらせたり、写メを撮る準備をしたりしている間にも、ココナッツミルクやニョクマムのほのかな香りが・・・・鼻をくすぐりますconfident

ここのランチメニューは、グリーンカレーの他にもガッバオライスやパッタイ(焼きそば)、カオマンガン(甘酢仕立ての蒸し鶏ごはん)、トムヤムヌードルなどなどおなじみのタイ料理が定番。それにスープがついて、780円~980円くらい。
希望すれば、サラダとデザートをそれぞれプラス100円で付けることができます。

このサラダがまた、アナドレナイのです。
初めて行ったときに頼んだガバオライスは、ちょっと野菜不足な感じがしたので、2回目はサラダもオーダー。で、出てきたのが、こんな感じ ↓
100310_salad
にんじんオンリーsign03
いや、刻んだピーナッツとか干したサクラエビとかも混ざってますケド、メインはにんじんsign01
直径15センチくらいのお皿にモリモリ載ってくるので、二人でシェアする人もいるくらい、たっぷりあります。
ニンジンは嫌いじゃないけど、特別に好きなワケでもないので、初めはちょっと面食らいましたが、食べてみると、これが・・・・とってもおいしいshine
それ以来必ず頼むようになりました。味付けはシンプルなのに、なんでこんなにおいしいのかしら? レシピ知りたいなぁ~。

あ、もちろん、今日のメインのイエローカレーもおススメなだけあって、とてもいいお味でしたgood
ここのカレーはグリーンもそうだけど、具がたくさん入っていて、しかも具材の切り方が大きめでゴロゴロしているのが嬉しい。
具がホンの少~ししか入ってなくて、シャビシャビしたグリーンカレーって、けっこうあるでしょ。でも、ここのはそんな心配ありません。

そうそう、お約束のデザート。今日は『タピオカココナッツ on マンゴープリン』でしたheart04
よーするに、グラスに入ったマンゴープリンの上にタピオカココナッツが乗っかってるという・・・・1サーブで2度おいしい、ナイスなメニューです。

味だけじゃなくて、食器とか盛り付け方とか、ちょっとしたことだけど清潔感があって、そんなところも好感が持てる。あと、厨房が男性、フロアが女性でみんな若いスタッフさんなんだけど、すごく感じがよい。いいお店を見つけましたnote

ただ・・・・オープンスタイルなキッチンなせいか、1時間近くお店にいると、持ち物や髪の毛が少々油臭くなるのが気になります。夜にデートがある日は行かないほうがいいカモcoldsweats01
ってか、デートがある日のランチに、ガーリックその他スパイスたっぷりのエスニック料理は食べないか(笑)

タイ国専門食堂
港区芝公園 2-12-15 大国ビル1階  
tel/03-3438-2400
ランチ 11:00~17:00、ディナー 17:00~22:00(L.O. 21:30)
日曜定休(貸切パーティーのみ営業)

| | コメント (0)

おかたづけ

さっき夜ご飯を食べながらラジオを聴いていたら、『片付士』なる人が出てきて話をしていた。
自分で『片付士』っていう名称を考えて(商標登録も申請中だとか)、“おかたづけ”を仕事としているこのかた。
「うわぁ~、ウチの中散らかって片付かないから、誰かヘルプして~sweat01」というお客さんのところへ行くワケですが、別にお客さんに代わって片付けをしてくれるワケではないらしい。

どうしたらそのお客さん、つまり片付け下手な人が、自分で片付けられるようになるか・・・・その人のライフスタイルとかを聞きながら、アドバイスをするというコンサルタントなんですって。
確かに、1回だけ代わりに片付けてもらっても、本人のライフスタイルや意識が変わらない限り、いずれはまた散らかった部屋に戻る・・・・ワケで。
だけど、“おかたづけ”を職業にしてしまうなんて、目の付け所が違う。
というか、そういうニーズがあるってこと自体、いかにモノが有り余っているか・・・・っていう現代日本社会の姿を見るようではあります。

子どもの頃は自分も片付けられないタイプだったというそのかたが“おかたづけ”に目覚めたキッカケは、海外留学なんだそう。
学生時代に3ヶ月間とても充実した楽しい留学期間を終えて、さて明日は帰国という日、ベッドの下からスーツケースを引っ張り出して荷造りをしているときに「スーツケースひとつに入るような、たったこれだけの持ち物で、こんなに豊かに充実した日々を送れたんだ」って、気づいたんだって。
これって、わたしもまったく同じ経験をしているから、よーーーーーーっくわかるflair

わたしの場合は、かれこれ15年前にカナダのユーコン川をキャンプしながらカヌーで旅をしたとき。それはたった6日間の旅だったけれど、食糧も含めた生活必需品ひととおりをカヌーに積んで、だ~れもいないようなウィルダネスの中を(途中、2回くらい小さな家を見かけたっけな?)川沿いに下っていったとき。
電気やガスはもちろん、水道もトイレもないキャンプ生活をしながら、最後には腕時計すら外して過ごした日々の中で、「自分の生活に必要なのは、たったこれだけなんだ」って思った。
そして、「それなのにこの充実感、“生きてる実感”はなんなんだろうflair」って。
それ以来かなぁ、ライフスタイルっていうか、興味の方向が大きく転換したのは。

それまでは、ファッション雑誌を欠かさずにチェックして、季節ごとに洋服はもちろん、靴やカバンや新色の化粧品が欲しくなったものだけど、パッタリと、ほんとうにパッタリと物欲がなくなった。
時計を何本持っていたって、つける腕は1本なのだ。アクセサリーだって、ナンだって・・・・。
まぁ、その後は少し揺り戻しがきて、いま現在はそこそこの物欲と付き合いながら暮らしているけれど(笑)

その後も同じユーコンの別の川をもっと長期間旅したし、沖縄一周のカヤックの旅なんかも経験して、そのたびに同じ感想を持ったけれど、1996年の夏に初めてユーコン川を旅したときのインパクトが、やはり一番鮮烈にわたしの記憶の中に残っている。

あ・・・・すごーっく話がズレちゃったsweat01
“おかたづけ”の話です。
ラジオでは「あなたの片付けられない度チェックsign03」といって、5つの項目があがってました。下の5つのうち、ひとつでも当てはまる人は、お片付けの必要があるんですってsmile

①パソコンのデスクトップのアイコンが、縦に4列以上ある
②本棚がいっぱいで、隙間に横向きに入れてある本がある
③デスクの上に書類が5センチ以上たまっている
④この1年の間に手にしてない(触ってない)モノがある
⑤“整理”と“整頓”の意味の違いがわからない

さて、あなたはいかがでしたかsign02
わたしは・・・・すべて当てはまりました~coldsweats01
①は職場のPCは2列だけど、自宅のは5列・・・・sweat02
か、か、片付けなくっちゃぁ~sweat01

この『片付士』さんのお話はなかなか興味深くて、「もったいない」という言葉についても、新しい考え方を示してもらった気がしました。そのことについては、また改めて気が向いたときに(ネタがないときに? 笑)アップしますね~。

| | コメント (2)

なにもかも中途半端

昨日はチームレッスンの後で、今月末にあるイベントに向けた練習を少ししました。
カヒコとアウアナを1曲ずつ。どちらも「あっ」という間に終わっちゃう短い(速い)曲。それぞれ1分ちょっとなんじゃないかしらsweat01
カヒコは、大好きなのにこのところつまずいてばかりの曲だし、アウアナは半年近く踊っていないのを突然踊ることになって・・・・フリが出てこな~いsweat01sweat01
やばい、やばい、ただジタバタしてるだけで終わっちゃうよっsweat02

それに比べてわたしの前にいる(も)は、クルクルちゃんと踊れている。彼女のこういうところ、さすがだな~って思う。ホントにフラが好きなんだね~。で、忘れないよーにちゃんといつも踊っているんだね。
わたしも最初の1年半くらいは習った曲全部踊れるようにしてたケド、このところ、そんな余裕がなかったなぁ・・・・(涙sweat02&反省sad

Keisuke先生からも「間違えないよーにねっsign03」とのお達し(アタリマエ)
「1回間違えたら、僕にコーラ1本」なんて・・・・あ、あら、そ、そんなモンでいいのかしらsign02
今のままじゃ、あたし3本くらい(もっとか??)進呈しちゃうカモcoldsweats01
でも先生がビール腹ならぬコーラ腹になったら困るから、がんばりますっ。
って、ジョーダンを言ってるバヤイではないっ。
これから毎日、1回でも2回でもいいから必ず踊ることにしようup

そしてもうひとつの大きな課題。
それは、チャンティング。カネがこのイベントで踊るオープニング・カヒコのKa'i と Mele を(エ)と練習しているんだけど・・・・
Ka'i はリズムが単純だからいいとして、Mele がsweat01
1番から6番まで、各バースで叩き方が違っていて、それをまだ覚えきれてないから、とっくに歌詞を見ずに唄えるようになっているハズの歌さえ唄えない。
リズムをメモったカンペとニラメッコしていると、歌詞が出てこなかったり、ウソ唄っちゃったり・・・・あ~あdown
特に先生がちょっと抜けて(エ)と二人だけになると、とたんにメタメタ・・・・あれじゃあカネのみなさんも踊りにくいに違いナイ。ごめんなさい。
まさか本番でカンペをにらむワケにもいかないしね~。

はぁ~課題多し。でもチャンティングはぜひともやらせてもらいたいから、「やっぱり今回はムリそうだから止めておこう」なんて、先生に言われないようにガンバローupup
(エ)とも「せっかく頑張ってるんだから、やりたいよね」って、秘かに決意(?)
だけど、昨日は部屋にいてわたしたちのチャンティングを聞いていた(も)が「イプヘケ上手になったね~」って誉めてくれましたhappy01 「先週も外で聞いていて、(先生と)音が揃ってて気持ちよかったよnote」って。嬉しー、ありがとうsign01

自分のフラ、そしてカネのためのチャンティング。
どれひとつとしてカンペキになっているものはナク。でも、レッスンの中では練習する時間はほとんど取らないだろうから、家でがんばるしかない。あと、3週間dash
でも、もちろんレッスンで習っている曲も練習しなきゃだしね。
イベントやショーに出るっていうのは、そういうことなんだって、チームメンバーはそういうのに慣れていかなきゃならないって、Keisuke先生はおっしゃるケド。
いつになったら「はい、これ踊ってきてflair」って先生に言われて、「ほいっ、了解dash」って自信を持って出て行かれるようになるんだろーか。


さてさて、レッスンメモ。
○ターニングカホロの足の置き位置に個人的なアドバイス
○ターニングカホロのスカートの持ち方をみんなで練習。Keisuke先生のスカートの動き、憎らしいくらい(笑)キレイshine
○Laua'e ステップは全体によくなってきたみたい。「満足いくくらいのレベルgood」ですって。木曜日にこの曲で急に自信喪失したわたし・・・・今日の先生のその言葉の中に、わたしも入っているのかなぁ~??
○Laua'e も、Aia La 'O Pele も、Keisuke先生のウェヘのダウンの低さったらflair →迫力sign03 真似したいな~confident

| | コメント (0)

ウェヘ・ショック

木曜レッスンのキーだったのは、ウェヘ。
“Laua'e”は、ずーっと手のタイミングと角度ばかり気にして練習していたんだけど、レッスンでみんなと踊っている最中に突然、「あれ? あたし、ウェヘちゃんとできてないカモsign02」って思えちゃって。

この曲を習ったばかりの頃は、ホントにぜんっぜんできなくて。レッスン中にキャッチはできないし。家でゆっくりとマイペースで、ひとつずつクリアしていって、なんとかステップとハンドモーションがリンクできるようになったハズだった。
で、それからは課題も手のモーションだけに集中していたんだけど、だけど、だけど・・・・。

木曜レッスンで、Keisuke先生のイプヘケに合わせて、わりと速いテンポで何度も繰り返しているうちに・・・・
あっれ~sweat01
できてるんだか、できてナイんだか、わかんなくなってきた~~~sweat01sweat01
ってか、できてナイ気がするぅ~sweat02
そう思ったら、トタンにホントに動けなくなっちゃって。
みんなからはワンテンポずつ遅れるし、ますますステップはいい加減になるし、先生の視線が気になってしょーがないし・・・・の、デススパイラルに陥ってしまいましたcrying
はぁ~・・・・ひさびさのパニック。
このごろは、あまりグルグル考えずに踊れていたのにな~。

そんなウェヘ・ショックを引きずっているところへきて、'Auana の新曲“Aia La 'O Pele”で進んだ新しいフリが・・・・ウェヘしながらの Huli
も~、カンベンして~って感じ(笑)

そんなワケで、内心『泣き』が入りまくりの木曜日でしたが・・・・
どちらの曲もチームでも練習しているので、泣いてばかりはイラレマセン。
練習しなくっちゃぁ~~~。
落ち着け~、わたしsign03 落ち着けば、きっとできるっup

| | コメント (0)

足をのばして

木曜日はフラのレッスンがあるので、夜ごはんは食べない。
なので、ランチはわりとシッカリ食べることにしている。っていうか、しっかり食べておかないと体力持たないからね。
というワケで、今日はイタリアン。

といっても、職場の近くには満足のいくお店がないから、麻布方面へ足をのばして。
今週はボスが海外出張中で、電話がかかってくることもまずないから、少々お昼休みが超過しちゃってもいいかな~・・・・なーんてsmile あ、もちろん、その分はキッチリ働きますよっdash
芝公園の横を通っていると、梅の花がと~~~~~~~ってもいい香りconfident 花もピークを過ぎて散り始めているのだけど、香りは咲き始めの頃よりも強く感じられる気がします。今日のレッスン onaona(いい香り)のイメージはバッチリだわ~up

さて、目指すお店は地下鉄の駅二つ分歩いたくらいの場所、麻布十番駅の少し手前にあります。
イタリアン・レストランの明るいイメージはなくて、どちらかというとムーディーなくらい照明を落とした店内。最近いくつか電灯を増やして、少し明るくなりましたが、以前は真夏のギラギラした屋外から中に入ると、目が慣れるまでしばらく「真っ暗~」に感じるくらいでしたcoldsweats01
だけど、木のテーブルや布張りのイスはさりげなくイタリア製な感じ。とくにイスは微妙に違うデザインのものがランダムに置かれていたりして、なかなか心憎いお店なのです。

ランチメニューは3種類
○パスタ
○お肉料理
○本日のスペシャル
どのメニューにもサラダとデザート、ソフトドリンクが付いていて、さらにパスタにはパンが、お肉料理にはサフランライスが付きます。お値段はすべて1,000円ちょうど。コストパフォーマンスかなり高いですgood
100304_1221web
わたしはたいていパスタを頼むのですが、今日はスペシャルにしてみました。
「スパイス麺」という名の本日のスペシャル。
フェットチーネ・・・・というよりはタリアテッレといっていい太さのパスタに、五香粉その他のスパイスでちょっとピリ辛に味付けした牛ひき肉がからんでいて、トッピングにはパクチーがたっぷり(嬉しーheart04
仕上げに温玉(ってか、ポーチドエッグ)が載っているあたりも、アジアンテイストでしょ。

イタリアンを食べに来て、ナゼわざわざエスニックテイストsign02 と、おっしゃるなかれ。
パスタとエスニックスパイス、パスタにパクチーの組み合わせ、なかなかナイスなチャレンジでしたよup
少なくともエスニック料理大好きなわたしには、大満足なメニューでした。
気取ったレストランとは違って、このお店はボリュームもたっぷり。小食な女性では持て余すのでは?って感じで、だから男性のお客さんの比率も他より多いのですが、わたしは今日も完食いたしました~(笑)

デザートは焼き菓子ではなく、ゴマのプリンとか、紅茶のパンナコッタとか・・・・とってもおいしくて、プチサイズだけど、これがアルのとナイのとでは満足感が大きく違います。あ、食後のコーヒーがおいしいのも高ポイントsign01
このお店唯一の欠点は・・・・ランチタイムも禁煙ではないこと。お客さんの喫煙率が高いのが玉にキズです。
それさえなければ、遠いのを差し引いても、もう少し頻繁に通うんだけどな~。

SCOUT(スコウト)
港区東麻布2-26-3 tel/03-3560-7520
ランチ12:00-15:00(L.O.14:00)、ディナー18:00-25:00(L.O.24:30)
日曜祝日定休

| | コメント (0)

愛の かたち

ふだん、日本語の歌(J-pop っていうの?)は、ほとんど聴かない。
聴くのは7割くらいがハワイアン。
あとはラテン系かジャズ、洋楽、インストゥルメンタル、たまにクラシックって感じ。

だけど、ごくごくたま~~~~~~~~に(年に1回くらい)、
J-POP、それも、よく言えば“若さに溢れる”、悪く言えば“青臭い”歌にハマることがある。
そしてそれはなぜか、誕生日前後のことが多い。われながら不思議だけど。
で、このところ聴いているのが、Funky Monkey Babys (笑えるでしょ?)
しかも、最新(?)の 『涙』 ではナク、なぜか 『希望の唄』(←2008年秋リリースだって)

たまたまラジオから流れてきた曲に、耳が反応してしまい。
たまたま曲のタイトルとアーティスト名も放送されて。
さっそくネット配信でゲットして(1曲だけ買えるっていうのは、こーゆー時に便利)、通勤途中とかに聞いているワケ。

・・・・・・
その人がいてくれるだけで 人生に笑顔が増える
その人といるだけで 幸せになれる

20代の頃は、ナンでもカンでもが欲しくて、手に入れたくて
まわりの人にも たくさん たくさん 期待して
この曲に出てくるような「あなた」のような人が 自分にもいてくれたなら・・・・と
その人を、恋する人を、求めたりして。

だけど、今は
誰かにとっての「あなた」でありたい
そんな風に思うよ。

この曲のように「未来をあなたと分かち合いたい」なんて
言ってもらえなくても いいから
自分にとって大切な人が
わたしがいることで 少しでも 笑顔になれるなら・・・・・

そういう気持ちは きっと 恋 じゃない
ひとつの 愛のかたち かな。

ああ、だけど・・・・
報われる恋も しなくちゃ、ねっsweat01

| | コメント (0)

カヒコの録音

やっぱり来ました・・・・昨日のチームレッスンでは、“Ho'opkua”のフォーメーション。
わたしは希望通り(?)一番外側のポジションで、だから移動量も多くて。
1回目のトライでは予想に違わず、やっぱり、思っていた通り、ちゃんと移動ができなくて。「ああ、わたしってば、ホントーに、ターニングカホロの移動が苦手なんだ」って、自分でも苦笑いしてしまいましたcoldsweats01 あ~あdown

最初のプランでは、ターニングカホロ2回で2ブロック(約180センチ)移動しなくてはならず。
当然、ぜんぜんできなかったので(イバるなっsign01)、ブレイクに入ったときもひとりで歩幅と足の置き所の確認をしていました。
そうしたら、それを見かねてか(?)Keisuke先生はブレイク後に移動距離を半分の1ブロック分に変更してくださいました。
「これなら、いくらわたしでもできるハズup」と思って、ガンバリましたよ。

ターニングカホロ、昨日はベーシックでも注意を受けました。
「ダウンの量を減らしていいから、ヒップのヒネリをちゃんと入れるように」って。これは隣にいる(た)の重心移動がとてもキレイで、参考になります(ラッキー)flair
斜め前にいる(ち)は、“Laua'e”のときのカホロがとてもキレイだし、なかなか“おいしい”ポジションで練習しているわたしなのでしたsmile

イプヘケの練習@カネレッスンでも、Keisuke先生から叩き方のアドバイスが。
「イプヘケもフラと一緒で、ゆっくりとね」って。(タメが大事ってことかな?)
あと、パララン パララン っていう飾りの音(なんて言うんだっけな・・・・coldsweats01)を「練習(してくるように)」って。
これは家で何度かトライしてたんだけど、それを入れようとすると肝心のリズムが狂ってきちゃって、「まずはリズムが大事」と思って、あえて追求してなかった。でも、チャレンジしてみましょうup

そして、Keisuke先生は(エ)とわたしのイプヘケを指して、「やっぱり、これ達、すっごくいい音するよgood」って、嬉しそう。とくに ku の音の響きがいいみたい。
それって、イプヘケがいいのはもちろんですけど・・・・音の出し方もいい(上手くなった)ってことなんじゃないですか~smile なーんてコトは、先生には言いませんけど(笑)
でも pa の音も、先生や(エ)と同じ高さのいい音が出せるようになってきた気がスルup 音が揃うとすごく気持ちいいshine

昨日は、覚えるべき曲の叩き方(リズム)もCDに録音してもらいました。
Ka'i ~Mele ~Ho'i と、通しで録音する際、当然カネたちもフラ(とカヘア)の練習。ところが、Keisuke先生のテンポがこれまで以上に超っ速で sweat01
「すげー、今までで最速sign01 2分57秒sign03」ですって。3分にも満たないんじゃ「コンペにも出れないよ。コンペは3分以上じゃないとねsmile」なんて。
わたしはそれよりも、「それじゃあカップヌードルも出来ない」って思っちゃったcoldsweats01

さて、そんな昨日の今日の月曜レッスン。
ベーシックはレギュラーステップに関する個人的な注意点はナシ。
だけど Ku'i のときに「腰をひねり過ぎないように。横向きをキープ」とのこと。
あと今日は新ステップ→ラナイ島スタイルの Ku'i を習いました。いつだったか、キナとカラニが踏んでいたユーモラスなステップですnote
今日はユーモラスだからというよりは、わたしたちのカッコウがおかしくて笑っちゃいましたケド。正しい動きをしてるハズなのに、なんでおかしいのかしらsign02 よしっ、練習。

曲練習は“He U'i”を新しく3番までやって、“Laua'e”の復習。
どちらに関しても、全員に対して「ステップが力強く、よくなってきてるのは、すごくいいこと。ステップができるようになってきたから、手に気を配る余裕ができるはずだから、手に意識を向けてステップアップしていきましょう」と、お褒めの言葉をいただきましたよ。
このクラスで先生に褒められるのは、久しぶりだからとっても嬉しいnote

そうそう、今日はわたしたちも“Ho'opuka”と“Laua'e”の録音にお付き合い(?)したのですが・・・・カヘアがちょっと恥ずかしいカモsweat01
自宅での練習用に録音してCDに焼いてもらったんだけど、自分の声があんな風に聞こえると、照れて練習どころぢゃないカモcoldsweats02
ワヒネ全員に同じ音が配られるかと思うと、余計に恥ずかしい・・・・down
いやはや、録音した自分の声は違って聞こえるって言うけど、ホントですね~。
あんなに高い声でカヘア言ってるとは思わなかった。イメージと激しく違う~。
恥ずかしいケド、これを悪い手本(?)として、カヘアの言い方もマジで練習するとしよう。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »