« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

霧の三ケ岡

今日は某大手電機メーカーのご家族31名とカヤックを漕ぎました。
ルートはいつもの通り、長者ケ崎海岸から長者ケ崎へ。
2グループに分かれて1組ずつ長者へ渡り、向こうでお昼ご飯、というのが当初のプラン。でも、午後から風が上がる? 雨がひどくなる?? という不安もあり。何通りもの代替プランを用意して臨みました。

が、参加者の中に晴れ男・晴れ女がいらしたようで。
海の神様は、午前も午後もたっぷりカヤックを楽しませてくれました。

長者ケ崎からは珍しい三ケ岡の光景も。
100626_125301
200メートルに満たない三ケ岡の上半分が霧に隠れています。
長者から三ケ岡を眺め慣れていない方には「???」な写真でしょうか。

そうそう、お昼にいただいた、森戸にある『cafe nagisa』のお弁当(というよりは、ランチボックス)とってもおいしかったです♪ ご飯が五穀米だったり、こだわりのちょっと高級なお弁当でした。
(写真撮っておけばよかったな~ 笑)

100626_094402 おまけ:SHのビオトープ?

SHでは今、葉山メダカを飼っている。(う)パパが葉山メダカの保存活動をしているところからもらってきた貴重な種。その水槽を今朝のぞいてみたらば・・・・カワイイ白い花が!

水草の花って、なんだか清流に咲くイメージがあって、なかなかお目にかかれないような気がしていたけれど、こんなに身近に見られるなんて、ちょっと感激でした。

写真はカンジンのお花の露出が飛んでしまってますがcoldsweats01
(白い花の撮影は難しいsweat01

この水槽にはメダカだけでなく、淡水性の貝やヤゴやミズスマシも生息(?)していて、ちょっとしたビオトープのようです。ハッキリ言ってホッタラカシ、よく言えば“プチ・手つかずの自然”って感じ。
なーんて言ったら「ちゃんと世話してるんだからねっ」って、OFスタッフに怒られそう。

| | コメント (0)

魔法は、ない

先日の日記で「アジサイを見ると、レイが編みたくなる」なんて言ってたら・・・・
今日のUMAHANAスクールの花材は、アジサイでした。

ティリーフを使って編んでいく haku スタイル。スクールでティを使うのは去年の10月以来だけど、アジサイは比較的難点が少ない素材・・・・なハズ。実際、去年のスクールでは、かなり満足のいく作品ができたものだ。
なんだけど・・・・

はぁ~(ため息)
なんだか、今日は、いまひとつ、ふたつ、みっつ・・・・
出来あがりは、こんな ↓
100625_210701

そんなに悪くナイ、と思うでしょ?
だけど、
先生が編んだのと並べると・・・・
100625_210703

こーんなに太さが違うーーーcrying
編んでるときから「少し太くなってきてるから気をつけて」とアドバイスをもらい、自分でも十分自覚があったのにもかかわらず、うまく調節できなかったdown
はぁ~、ガックシ。

UMAHANA先生のデモを見せてもらっても、「え? もう編んだの??」っていうくらい、手の動きが少ない。目にも留まらぬ速さ・・・・というのとも違う、ムダな動きがナイっていうか。
まぁ、それは経験のタマモノなのだろうけど。
いつもUMAHANA先生は、さりげなく、でもズドンと、あるいはストンと心に落ちる言葉を発するんだけど、デモをしながらの本日のひと言は

「(上手に編むのに)魔法はナイんだよ」

つまり、UMAHANA先生はキチンとやるべきことをやっているからキレイに編めるのであって、それをオロソカにしていては、いくら先生でも上手に編めるような魔法はナイということ。
うう~、今日もまた、けだし名言デス。
ローマは一日にして成らず。
レイは魔法では編めず。

なんか・・・・発表会が、ミョーに不安になってきたsweat01
でも、だからこそ、魔法が使えないからこそ、こうやって学んでいるワケだし、
だいいち、魔法でみんなが苦労なく上手に作れちゃったら、キレイに編めたときの感激がないモンねwink

成せば 成る。

そう信じて、進んでまいりましょう。


おまけ:本日のUMAHANAアトリエの様子
今日は2階にあるアトリエに入る前、ビルの階段の下からでも、なんともいえぬ芳しい香りがただよってきて「???」と思いながら、階段を昇りドアを入ると・・・・
100625_212201
部屋中にパラパライがたーーくさん。(写真に写っている倍くらいはありました)
どうやら、どこかのハラウから大量のオーダーが入ったようでした。

| | コメント (0)

みごと

100623_1910web

こんな夕焼けは 一年のうちに そう何度も ない。

| | コメント (2)

カホロとスピン

この前のチームレッスンのときから、ベーシックにスピンの練習が入るようになった。カホロを踏んでいるときに先生が「スピン!」と言ったら、進んでいる方向にスピンをする。
これはスピンが苦手なわたしにとっては、とてもありがたい。考えてみれば、今までなかったのが不思議なくらい。
①をしっかり正面向いたままタメること&②でアップになりすぎないこと。そしてその場で回れるように。
チームのときは軸がブレブレで、タイミングもみんなより早かったり遅すぎたりバラバラだったんだけど、昨日のレギュラークラスでは途中から何かをつかめた感じがしないでもなかった。
少なくとも一人で浮いてる感じはしなかったなcoldsweats01

そして、カホロ。
スカートの動きが止まらないように!
そのポイントは③と④の踏み込み方。ベーシックのときから全体にアドバイスがあって、やりたいことはわかったんだけど。
その後3グループに分かれて“Ni'ihau”のおさらいをしたときに、Keisuke先生から重ねて個人的なアドバイス。曲の中でもできるようにと。

で、わたしは最初におさらいが終わったグループだったので、他の2グループが先生の前で踊っているときも、部屋の隅で曲に合わせてステップだけ踏んだり、手をつけてみたり。
でもやっぱり手がつくと腰の動きが元に戻っちゃう。
しかも、これって「腿キツ~っsweat01」 1曲踊ると、もう脚プルプルですcoldsweats02
ほとんどカホロ~noteなんて、甘くみていられませんよ、Keisuke先生が求める通りにちゃんとやろうと思ったら。

このカホロ、ひとつ大きな壁のようです。
乗り越えられたら、きっと大きなステップアップになるんだろうな~。
思えば、フラを習い始めたころから Keisuke先生が曲を踊っているときの足の運びを見ていて「??」と思っていた違和感や、マリアのフラを初めて近くで観たときの「上半身と下半身が別の生き物のような」不思議さ、そのナゾが3年目にして今、ようやく解けそうな・・・・

いやいや、ナゾが解けるだけぢゃなくて、自分でできるようにならなくちゃ。
でも、できるようになったらスゴイかも~upup
幸いレベル1のクラスで練習しているのは、ほとんどカホロのスローな曲が多いので、練習をするチャーーンスflair

そうそう、月曜クラスも昨日は新曲に入りました。
な、なんと、わたくし直球ストライクimpactなアーロンの曲heart04 ヤバい、またまた入り込んじゃうわ~happy02
しかも、Keisuke先生が解説してくれたところによると、曲の内容は・・・・妄想の恋愛sign02
みんなして「妄想、超得意good」なーんて盛り上がりました。おいおいsweat01
ま、とにかく、練習するのが楽しみですnote

| | コメント (2)

大きな声で♪

木曜レッスンで練習しているカヒコ“Mamala”をチームでも練習しています。
カヒコといえばチャンティング。
木曜同様、昨日のチームレッスンでも練習しました。3人一組で、ひとりずつ・・・・大きな声で唄えるように。カヘアも、もちろん。

“Ho'opuka”から通しで練習しているときも、フラだけでなくカヘアがちゃんと言えていないと何度も「やり直し」の声がかかります。まだまだわたしたちの声は、ひとりひとりのボリュームが足りないようです。みんな照れ屋さんなのかな?
わたしは他のメンバーに比べれば大きな声が出せていると思うのですが、カヘアを思いっきり間違えたときなんか、正しいこと言ってるみんなよりも大きな声で目立っちゃったりしてsweat01

でも確かに、わたしはカムエラのフラが大好きで、踊りそのものももちろん好きなんだけど、カヘアやチャンティングの大ファンheart04でもある。カヒコのチャンティングはカッコイイし、アウアナのカヘアも聞いていて気持ちいいsign01ってか、楽しいsign03 とくに去年の“Panini Pua Kea”なんて、会場中に響き渡るカヘアの声が元気がよくて、ホント聞いてるだけでウキウキするような。
だけど昨日のレッスンで何度も注意されているうちに、みんなだんだん声が出るようになってきて(ある意味ヤケっぱち??smile)、最後の方はちょっぴりカムエラっぽく聞こえなくもなかった・・・・気がスル。

前にも書いたケド、カヘアはとくに生演奏のときにミュージシャン(チャンターも)とのコミュニケーションを取る大事な役割がある。Keisuke先生も「イベントなんかのときも、マイクがある僕に負けないような声出さないとup」って。
それにやっぱり大きな声で言ったほうが踊っていても気持ちがいいsign01
フラは「やろう!」と思ってもすぐにはできないことも多いけど、カヘアを大きな声で言うのは「やろう!」と思えばできること。一人で言うわけじゃないんだし、みんなと一緒なら恥ずかしさもそんなにないハズ(間違えなければcoldsweats01
ってワケで、がんばりましょーup
お腹から大きな声を出すって気持ちいいし、他ではなかなかできないことだし。実際家で同じくらいの声を出して練習しようと思ったら・・・・確実に訴えられますね(笑)

あ、もちろん、カヘアやチャンティングに力を入れたり、気を取られたりしてフラがオロソカになっては本末転倒。フラもガンバリますdash

| | コメント (0)

アジサイと海

この花を見ていると

100619_134701

レイが編みたくなる。

紫陽花ごしに見える海 というのも、なかなかいい眺め

100619_134401

今日は江ノ島が近くに見えました。

紫陽花を愛でてから 急勾配を登りきると・・・・

100619_145901

鎌倉方面の海岸線に 白波が寄せているのが ハッキリと望めました。
今日は風が強い一日でした。

ひとやま超えて 住宅街の中にある とっておきの珈琲屋さんで ひと休み。

100619_154601

友と、今日もよき一日でした。

| | コメント (0)

短期集中!

お久しぶりのフラ日記でございます。
日記は何回分か飛ばしましたが、レッスンにはちゃんと出席してましたよ。

今日のレイウェルの室内、湿度&温度はどれくらいだったんだろう?
きっと具体的な数字を見たら余計にゲッソリdownするに違いナイから、わからなくてよかったかも。いや~、文字通り『ホットフラ』でしたsweat01

そんな中、ベーシックは短期集中決戦!って感じで、各ステップについて特に注意したいポイントを先に先生があげてくださって、そこを確認しながら練習。
で、みんながだいたいできてきたかな~ってとこで、終了。4月5月の「ベーシック月間」と比べると半分くらいの時間だったんじゃないかしら。強化月間中は、1レッスン丸々ベーシックだけって日もあったモンね。
でも普段のレッスンでは、集中して練習して、確認事項がクリアできてれば10分くらいでもOKなくらいとのこと。Keisuke先生いわく「時間だけ長くやってても、やったことに対する満足で終わっちゃうから」って。確かに。

さて、曲練習。
レベル1は“Ni'ihau”が終わって、アウアナの新曲は“Lei Nani”
“Lei Nani”といえば去年の今頃、船のお仕事のために番外編で急いで詰め込んだ思い出の(?)曲。でも、フリは去年習ったのとは違っています。
曲も去年はプエオので練習したけど、Keisuke先生の iPhone には“Lei Nani”だけで10曲くらい入ってるそうで、アーティストによってテンポがゆ~っくりだったり、超っ速だったり、ハーフバンプだったり・・・・でも、どんなアレンジでも踊れるように、ってことらしいです。
Keisuke先生はきっと、生演奏noteで踊ることも想定してるんだろうな~。ミュージシャンのために、「カヘアもしっかり言えるように」ともおっしゃってたし。

この曲をみんなで練習しているとき、鏡越しに見えた(エ)がノリノリで、大きな口パクで唄いながら満面の笑みで踊っているのが見えて、そんな彼女と鏡の中で目が合って、ふたりで爆笑happy02
休憩時間に(エ)は「も~さぁ、やっとレッスン来れたから、踊ってて嬉しくってしょーがなくてさー。だって、レイナニ好きなんだもんheart04」って言うから、「わたしは、嬉しそうに踊ってる(エ)を見て嬉しかったよup」って伝えました。
これはホントにホントの気持ちで、(エ)のフラを見てるとなんだかハッピーになれる。それはいつものことなんだけど、今日は特に久しぶりだったから余計かな。やっぱりわたしは彼女のフラ、おおらかで、明るくて、大好きだなぁconfident ほんと、フラは人柄を表します。

レベル2では“Pua Aloalo”が3番最後まで進んで、カヒコの“Mamala”
“Mamala”のほうは、今日はチャンティングを練習しました。各バース1回目は先生が、2回目はわたしたちが唄いながら踊ります。1バースがとても短いし、1,2番は言葉もそれほど難しくないから今のところは余裕~good っていうか、レッスン中に Keisuke先生が何度も唄うのを聞いてたら、覚えちゃうのよね。
それにナンダカンダ言って、やっぱりチャンティングは好きなのダ。もしも何らかの理由でフラを踊ることができなくなったとしても、チャンターとして Kawaiola に居続けられないかな~なんて、半分マジで考えてたりしてsmile

さてさて、だけど、先日“Mamala”の歌詞が知りたくて Huapalaで調べたら、この曲なんと11バースまでありましたよっsign01 全部やるとは限らないけど・・・・Ha'inaだけで3バースあったりしてcoldsweats01 まだまだ先は長い。

今日のレッスン最後には、4-5人ずつに分かれて、今日やった曲+“Kawika”を復習。
まったく違う曲調の3曲をいろんな順番で踊らされ(?)て、それだけでもプチパニックなのに、“Kawika”では先生のカヘアに合わせてバースが行ったりきたり・・・・「やっと Ha'inaだ」と思ったら「Eiasign01smile」って1番に戻ったり。「もぉ~~~っdash
すっかり、わたしたち「で」遊んでいる Keisuke先生でした(笑)
でも一緒に踊った(も)が「でもさ、それについていけるようになったじゃん、わたしたちup」と。ま、“Kawika”だったからね。“Kalakaua”や“Laua'e”だったら、そうはいかなかったカモ。

ジョーダンでなく、カヒコ練習しなくちゃ~sweat01
“Kalakaua”は落ちこぼれてるし、“Laua'e”は前回のレッスンで悔しい思いをしているし。
チームレッスンは3日後、すぐだ!

| | コメント (0)

いいときこそ

昇り調子なときは とかく浮かれがちで
往々にして まわりが見えなくなってしまうケド

自分が調子よいときこそ
いつもよりいっそう 周りに配慮したいもの
と、思う。

周りの人が どんな気持ちでいるのか
自分の言動が 周りの人に どんな影響を与えるだろうか
と、ちょっとおのれを振り返って考えたい

痛みを知っているからこそ できる
大人として あたりまえの配慮を

・・・・自戒をこめて。

| | コメント (2)

今年の夏は

バス停に、こんな紙が貼り出される季節になりました。

100609_072801

そうか・・・・今年も10日過ぎからなんだsweat02
なんでかな~、鎌倉も逗子も7月の初めには海開きしてるのに~。
正味50日間、突っ走るしかないデスカsmile
じゃないと、「あっ」という間に終わっちゃうよ~。

ちなみに、ローカル色満載で大好きな森戸の花火は・・・・
100609_072803

だそうです。
この日は聞きに行かなきゃならない会議が入ってるから、仕事休めナイな~coldsweats01

てなワケで、ぜひみなさん、この夏のひとときを葉山で過ごしてみてはいかがですか?
お盆前の、「今日がピークかupsign02」 と思える日でも、鎌倉や逗子と比べると、どこかノ~ンビリしている一色~長者ヶ崎の海岸です。(森戸海岸は知らない。メッタに行かないから 笑)

あ、観光客のみなさんは、こちらもよろしくお願いします ↓
100609_072802

| | コメント (0)

いったり きたり

おととい観たハラウ・オ・ケクヒのフラがあまりにも素晴しくて、イメトレはバッチリ。すっかり自分も踊れる気分になったのですが・・・・現実はそんなに甘くナイ(当たり前sweat01
昨日のチームレッスンは、またまた落ちこぼれ気味。ついていくのがやっと、というか、ついていけてないのカモsweat02

昨日のレッスンもカヒコオンリー。カラカウア3部作を通しで踊るっていうのを、しばらく前から練習してるけど、昨日は各曲を1バースずつ踊ってみたりして・・・・。Keisuke先生のチャンティングのテンポは相変わらず速いし、フラをしっかり、カヘアも忘れず大きな声でと思うと、もういっぱいいっぱい。
誰からともなく「カヒコはキツイsweat01」って声が出たりして、まったく同感。
だけど、おとといのロパカたちの1時間弱ブッ通しのショーを観た後では、「たった3曲の数分間でゼェハァいってられないup」って感じなんだけど・・・・練習してれば、いつかヘッチャラになる時がくるのかな??

Keisuke先生からは、「フリを覚えたところからがフラ。その先からが勝負。何をやろうとしているのかを、ちゃんと理解して踊ってほしい。特にこのクラス(チーム)は」と。

・・・・・
そして今日は月曜レギュラークラス。
こちらは「間違えても、僕このクラスは怒らないよsmile」という、和気あいあいのレベル1なのですが、フラシスがお友達を連れてきたりして着実にメンバーが増えていて、今日は木曜クラス並みの16人。
フラを始めたての人もいるので、ステップや手の動きをひとつひとつ超丁寧に教えてもらえて、自分の中でもひとつひとつ振り返り、クリアにしていきながら、昨日のアタフタした焦りを少し落ち着かせることができた気がしますconfident

やっぱり月曜のこの時間は、とても貴重だshine チームの翌日ってのが、またいいのカモ。このクラスは、思いついたら気軽に質問もできちゃうし(笑)
チームで自分の実力よりも少し上のレベルを必死で練習して、月曜は身の程に合ったレベルで少し余裕を持って練習できる。挑戦と復習を行ったり来たり繰り返して、少しずつレベルアップしていけるといいな。

ところで、チームでもレギュラークラスでも、目下の課題はリフトアップ。
「死んでる時間」がないように、手の動きなめらかにつなげたいものです。だけど、手の動きに気をとられるとステップがいい加減になる気がして・・・・正しいステップが自然と身について初めて、手の動きがナンボのモンですねcoldsweats01 指先にも力が入っちゃうしな~sweat01
練習、練習dash

| | コメント (0)

バーガー×2

ふだん、ファストフードに入ることはほとんどなく・・・・
鎌体でのレッスン前、ハンパに時間があるときにフレッシュネスでお茶をしたり、たまにフラ仲間とクアアイナに行ったりもするケド、ハンバーガーというものを食べるのは1年に1回あるかないか・・・・なのですが、この週末はなんと2日、というか20時間以内に2回も食べましたcoldsweats01

まず昨日、フラのコンサートを観た帰りにフラシス4人と『横須賀バーガー』なるものを ↓
100605_203601_2 
なにが「横須賀」なのか? と聞かれても、答えは「???」なのですが、パテにこだわりがあるみたいで、ボリューム満点(ベースのアメリカ人サイズなのかな?)。

そして、今日は昨日も一緒に横須賀バーガーを食べた(!)フラシス2人とそのひとりの旦那さまと一緒に、鎌倉の海岸沿いにある“Good Mellows”というハンバーガー屋さんに行ってきました。ここはフラシスのひとりがバイトをしていて、「ク○アイ○よりもおいしいからgood」と言うので、彼女のバイト姿をヒヤカシつつ行ってきたというワケ。
100606_133802
こちらは横須賀バーガーよりも小ぶりながら、炭火焼のパテがおいしいのはもちろん、バンズがめちゃうまいっhappy02 メニューもたくさんあって、ゴルゴンゾーラやモッツァレラのチーズバーガーなんかもありましたよ。ゴルゴンゾーラは友人が頼んだのを一口もらったケド、塩味がグッドバランスでうまうまでした~shine
確かにsign01 ク○アイ○よりも、おいしいsign03

木のテーブルやカウンターの店内で、海からの風が感じられるオープンでゆったりとした空間はとっても居心地がよかったです。今日はソファ席に座ったので、まるで我が家のようにくつろいでしまいました。外にもテラス席があって、なんだかちょっぴり西海岸? ハワイアン? な雰囲気ですよ。

いつだったか、何かを検索していたら、いろんなお店のハンバーガーだけを紹介するブログを見つけたことがあるけど、なるほど、そんなブログが書けるもの納得です。一口にハンバーガーとはいっても、チェーン店のファストフードだけではないんですね~。侮ってはいけないようです。

だけど、もうしばらくは食べなくていいかな~(笑)
やっぱりこれは若者の食べ物ですよsmile
それに食べなれないもんだから、食べ方がヘタくそでcoldsweats01 今回食べたのはどちらもボリューム(厚み)があって、食べるのに苦労しました。紙の袋に入れて食べたんだけど、それでもなんだかグチャグチャになっちゃって・・・・世の中には10段バーガーなるものもあるみたいですけど、どーやって食べるんだろう??

Good Mellows
鎌倉市坂の下 27-39 tel/0467-24-9655
9:00~16:00、17:00~20:30(L.O.) 火曜定休
http://www.goodmellows.com

| | コメント (0)

カーブか? フォークか?

・・・・なーんて悩むまでもなく、答えは「カーブ」なんです。
あ、野球の話じゃなくてですね、フラの話です。

昨日のレギュラークラスでは、カヒコの新曲に入りました。
その曲の出だしのハンドモーション、「ひとりの」っていう意味なので右手の人差し指だけ立てるのですが、ビシッimpactとではなくて、手を軽~くまるめる感じ。
それを説明するのに Keisuke先生は「ビミョーな感じ」と。
ビミョー・・・・って、いったい?? ってワカランチンな顔してたら「カーブ(を投げるとき)の手flair」ですって。
あのぉ~、カーブ投げたことナイから、余計にワカラナイんですケドcoldsweats01
でもま、先生が言わんとしてることはわかったんだけど、ジョーダンついでに「フォーク??」って指2本立ててみたりしてsmile

言わんとしてることはわかっても、実際にできるかどうかは、またベツの話で。
先生の歌に合わせて踊る練習に入っても、どーも手がギコチナクなっちゃう。自分でも不自然に思えてしかたなくて、一瞬のスキをみて手の形をセルフチェック。
それを見ていた Keisuke先生は「ちぃちゃん、フォークぢゃないからねっsmile
わかってますってばsign01(笑)

さて、この“Mamala”という曲、カラカウア王の曲で、彼が奥さん候補(恋人?)を選ぶっていう内容みたいで、みんなは「婚活ソングだっnote わたしガンバルsign03(何をだ??)」って大盛り上がりup
おまけにこの曲、ダンサーはいろんな方を向いて踊り、Huli が頻繁に入ったりするんだけど、いつも誰かしらと向き合っているという・・・・お見合いソングなワケ。
3列に並んだわたしたちに先生が「○○はあっち向いて」とか、「ちぃちゃんはこっち向き」とか一人ひとりに、いろんな方向を向くよう指示を出して、「じゃ、そこからスタート」

で、踊ってみると huli した瞬間に思いがけない人と向き合ってたりして、大爆笑。フリがしっかり入ってなくて、踊れない自分に笑うしかナイっていうのもあるんだけど、まだ1番しか習ってないのに、とっても楽しい曲です。
これ、みんなが踊ってるところを外から見てみたいな~。きっと面白いに違いなく。実際、わたしたちの練習を見ていた Keisuke先生は、かーなり楽しそうでしたcoldsweats01

アウアナの2曲は手の角度、高さ、タイミングをそろえることに重点を置いて、手だけ練習したり、グループに分かれてみたり。リフトアップの練習も積極的にやりました。
その中で、Keisuke先生は気づくとすぐに、かなり細かい注意を一人ひとりにアドバイス。
だけど、わたしは昨日はひとつもアドバイスはなく。これって、できているってことか? ぜんぜんできていないのか? どっちなんだろー???

| | コメント (0)

緑陰

100601_122701地下鉄ひと駅分を歩いて、職場の近くの図書館へ。
木陰が嬉しい・・・・そんな陽射しの季節になりました。


めに あおば
やま ほととぎす
初がつを

このうち、今シーズンまだ経験してないのは「初がつを」

今年の葉山は例年よりもホトトギスの声をよく聞く気がします。
もう数日前から毎朝のように裏山から響いてきて。


・・・・そういえば、「とりぱん」の新巻が出ましたね。


あ、いえ、図書館に借りにいったのは、マジメな本ですよ(笑)
遷都ブームに乗ったワケじゃないですけど、大化の改新に関する本を何冊か読んでいます。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »