« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

イベント@江のスパ

UMAHANAのホイケに時間と気を取られていて、フラのイベントをお知らせするのをすっかり忘れていました~coldsweats01

直前のお知らせになってしまいますが、今週末10月2日(土)に江ノ島にある『江のスパ』という施設で、IZUMI ちゃんのショーがあるのですが、Kawaiola のメンバーと先生が彼女の歌と演奏でフラを踊りますnote

4階のレストランで15時スタートdash
30分のショーの後はメレフラタイムになり、踊りたい曲のCDを持っていけば、かけて踊れるそうですよflair

ショーにはスタジオの仲間と一緒にわたしも出させてもらいますhappy01
今のところ3曲踊る予定。そのうち2曲は外で踊るのが初めての曲。
1曲なんて、このまえの日曜日のレッスンで一気にフリを入れsweat01 今週はずっと毎日家で、その曲ばかり集中練習してますupup
まずは、1~4番までのフリを覚えなくちゃsweat01
覚えたら、Keisuke先生的合格ラインのレベルで踊れるようにならなくちゃっsweat01sweat01sweat01
「やっぱり、ちぃちゃんこの曲は出なくていいng」って言われないよーに。

そんなワケで、お時間とご興味がある方は、ぜひ足をお運びくださいね。
江のスパは10月末までキャンペーン中で、通常は大人2,650円の入館料が1,650円になるそうですsign01
わたしは8月に初めて行きましたが、海を眺めながらのプールとお風呂・・・・楽しい&気持ちいいですよspa

| | コメント (0)

らしいホイケ

19日にあったUMAHANAスクールのファーストホイケ。
ミクシィの方に渾身の日記を書いてしまったので、ブログの更新が滞っていましたsweat01

ひとことで言ってしまえば、「UMAHANAらしいホイケだったconfident」ということになります。

ステージの上だけでなく、客席も、ロビーも、会場中が笑顔と拍手であふれていました。
そこにはウソくささなんかこれっぽっちもなく、作った顔なんかじゃない、心からの笑顔、っていうか、自然と頬がゆるんじゃう感じで。
誰もが口々に「温かい、アットホームなホイケだったね~heart04
「ファーストホイケとは思えないねshine」という感想。
それもこれも「大谷先生のお人柄だよね~spa」というのも、満場一致の(?)意見

ダンサーさんのことを思うレイメーカーと、それに精一杯応えてくれたダンサーさんと。
手をギュッとつないでステージに上がって、ハグをして。

生花のレイに対するダンサーさんの期待の大きさは理解していたつもりだけど、舞台裏でレイを目にしたとたんダンサーさんの目から涙があふれ、こちらのほうがビックリしてしまった。
まだまだつたないわたしが編んだレイでも、こんなに喜んでくださる人がいる・・・・
レイをつけたダンサーさんたちは、リハーサルのときよりも表情と手の動きがずっとずっと優しくて、生花のレイが持つパワーを改めて実感しました。

Kawaiola のオープニングカヒコも、“A 'oia”も、やっぱりみんないつもとはぜんぜん違う顔つきで。身内のひいき目やお世辞抜きに「よかったgood
客観的に見せてもらって、やっぱりこのスタジオのフラが好きだupupって、思えた。

森仲間の友人3人も観に来てくれて、とても楽しんでくれたしnote
岐阜の(ゆ)さんとは今年2月に初めて名古屋でお会いして以来の再会。
ブログに時々コメントをくれるpinkoさんとは、とうとう「初めましてheart01
スタジオの仲間や先生、スクールのクラスメイト。
そして担当したダンサーさんとも繋がりができて。

『今日皆様との出会いがひとつひとつ繋がって
会場いっぱいの大きなレイになりますように』

パンフレットに書かれた、大谷先生の言葉どおりになった、ステキな一日でした。

100919_1621web 100919_1858web

| | コメント (0)

カヌー好きな人へお知らせ

ポリネシアの伝統的な航海カヌーであり、ハワイから日本への伝統航法による航海を成し遂げたホクレア号。
そのホクレア号の日本版カヌーともいえる『カマクラ号』の建造には、以前から興味を持ってきましたが、中心となっている活動団体である日本ハワイアンカヌー協会からイベントのお知らせが届きました。

カヌー好き、ハワイ好きなみなさんへ、情報のおすそ分けです。
ご興味ある方は、お出かけになってみてはいかがでしょうか?

なお、イベント内容について詳細は、こちら ↓
CanoeWeekedFlier090110 .pdf

以下、メール内容の転載です。
**********************************************
カマクラ号を応援していただいている皆様へ

拝啓、暑かった夏も過ぎ秋風が心地よく感じられる季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

ホクレア号が七里ケ浜に来航した際、ルイ・カベベとともに第1回カマクラ号説明会を開催してから早くも3年の月日が過ぎ、またタイガー・エスペリが残した日本ハワイアンカヌー協会(略称JHCA)をNPO法人として設立するための総会でも皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。
ご報告が大変遅くなりましたが、2009年6月8日、皆様のお力添えのもと日本ハワイアンカヌー協会はNPO法人として認定され、2010年6月には第1回総会を無事終了することが出来ました。これもひとえに皆様の協力があってこそのことで、会員一同心から感謝しています。
 
さて、この度「HAPPY CANOE WEEKEND」と題して、来たる10月2日(土)、3日(日)の2日間、ハワイからホクレア号のクルーを招いてカマクラ号建造に向けてのイベントを開催する運びとなりました。

2日(土)はカマクラ号を愛する海の男達によるさまざまなアクティビティ、そして3日(日)は鎌倉芸術館でホクレア号のクルーとともにハワイアンカヌーでの航海などについて皆様と楽しく語り合いたいと思っています。そしてトークショーの後は彼らによるハワイアンミュージックのライブもお楽しみいただけます。詳しい内容については添付のご案内をご覧ください。

JHCA一同、この機会にふたたび皆様とお会いできることを願っています。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                    平成22年9月21日          
                    NPO法人 日本ハワイアンカヌー協会
                             理事長 中富 浩

| | コメント (0)

こんなん、編みました

当日の様子などは、また改めて日記に書きますが、19日のUMAHANAホイケに向けて編んだレイをアップしておきまーす。

金曜日に作ったカヒコ用のは、こんなの ↓
100923_kupee 100920_kupee

お見苦しい足をさらしてスミマセンsweat01
でも、なかなかカッコイイでしょsign02
イントラクラスの人たちが編んだ、頭用のレイポオも同じ作り方です。

そして、土曜日に編んだ「発表作品」は・・・・
じゃーーーーんnote
(って、言うホド素晴しいものでもナイけどcoldsweats01
100918_1826web

レイを75センチ、ココを18センチで作りましたup
100918_1828web

2日間で編んだ長さは、カヒコ用56センチ、アウアナ用93センチ。
自分史上、単位時間当たりでいうと、間違いなく最長ですcrown
これらを金曜も土曜も、ほぼ6時間ずつ編んだのですから、まあその時間には材料を切り分けるなどの作業も含まれてますが、大ザッパに言ってカヒコは時速10センチ以下、アウアナは時速15センチ強ってことになりますか。(←オオザッパ過ぎるsign02 だいたい、意味があるのか? この計算??)

まぁ、とにかく。
がんばったワケです。

このレイを着けて踊ってくださったダンサーさんと撮った写真もあるのですが、それは当日の日記のお楽しみ~note

| | コメント (0)

9時から5時まで

From 9 to 5・・・・今日はレイを編み続けましたよ~。
といっても、そんなに数は多くないんですケド。
わたしとしては初めての経験でした。

いよいよ明後日は UMAHANAスクール初のHo'ike(発表会)
基本的に生徒ひとりがダンサーさんひとりのためにレイを編んで踊ってもらうのですが、それはアウアナ(現代フラ)のお話。
今回のホイケも一般的なハワイアンのステージと同様に、オープニングはカヒコ(古典フラ)から始まります。
そのカヒコのレイは、どこかのクラスが担当するのではなくて、発表会に参加するスクール生の中から有志を募って作成しました。

有志の募集はベーシッククラスからインストラクタークラスまで「誰でもOK」とのことだったので、「わたしにも出来るかな~」と思って、せっかくなので手を上げましたup
それに、オープニング・カヒコを踊るのは Kawaiola のメンバー&Keisuke先生だったというのも、大きな理由のひとつ。
アウアナ用の作成は、フラを習っている人は「自分のスタジオ(ハラウ)の担当にはなれない」というルールがあるのですが、有志で作るカヒコは別。堂々と、自分のフラシスや先生のためにレイが編めるというワケ。

なので、今日は9時半から17時半過ぎまで、途中でお昼休憩や気分転換も入れましたが、ずーっと作業をしていました。
どんなのを作ったのかは・・・・当日までのお楽しみnote ですが、む・む・難しかったですっsweat01
カヒコなので、首にかけるレイだけでなく、頭につけるレイ・ポオと、手首と足首につけるクペエも作ったので、一人分で6本。それを、ダンサー5人とチャンター1人分。
首からのレイはベーシッククラスが、1本が長いレイ・ポオはインストクラス、そしてクペエをアドバンスクラスが分担しました。

クペエ担当者は6人いたので、ひとり手足2本ずつ編めばいい・・・・という計算ですが、結局わたしが編めたのは手2本と足1本分。
まず、葉っぱを切り分けるのに気を遣って時間がかかり、編むのも初めてのパターンだったので難しくsweat01
ちなみにUMAHANA先生からは「僕が初めてこのやり方で編んだときは、葉っぱが全部抜けちゃったよ。別に脅かすわけじゃないけどサsmile」と、脅かされ(笑)
「でも、僕が初めて編んだときよりも、みんなの方が上手にできてる。悔しいケドsmile」って、フォローもちゃんとありました、いちおうcoldsweats01

まあでも、明るい昼間の室内で、みんなでサイズや仕上がりを比べたり、少しでも疑問なことは先生やインストラクターさんに聞いたり、疲れたな・・・・と思う頃に、メンバーの方が持ってきてくださったお菓子が配られたり、先生が冗談言ってなごませてくださったり・・・・部屋中ひとつのことに向かって取り組んでいる一体感があって、「いい経験になったな~shine」と思います。
もちろん、レイのスキル的にもとても勉強になったし。

あー、当日踊っているときに葉っぱが抜け落ちてこないことだけを祈りますsweat01
わたしのは誰がつけることになるのかなー?? できれば足は Keisuke先生につけてもらいたい。
一番動きが少ない人だから(笑)
手はイプヘケ叩くから、動き激しくてNG。
なーんて、選んではいられないのダ。

だけど、みんなで作ったのを並べてみたり、イントラクラスの人が作ったレイポオを頭に試着しているのを見ると「ステキ~shineshine
先生も「やっぱり、この編み方はカッコイイよねgood
ほんと、こんなステキな生のレイを着けて踊れるなんて、出演するみんなは幸せですよ。わたしもできれば踊りたいくらい(笑)

さてさて、明日の午前中は、クラスの仲間と一緒にアウアナの担当曲のレイを作成します。
楽しみつつ、ガンバルup

| | コメント (0)

超久しぶりの芝崎!

昨日は久しぶりにOFのリーダー研修に参加。
先週から自転車をSHに置きっぱなしにしてあるので、昨日は歩いて“出勤”

↓ 静けさを取り戻した一色海岸。
100904_0834web
海水浴シーズンは8時過ぎにはもう家族連れなどで賑わっていましたが、それも先週末でおしまい。海の家も解体が進んでいます。

けれど、ここで珍しい人と遭遇。元OFスタッフ、今は○ーチ葉山のスタッフである(い)が、仲間数人と海岸をランニング中。すれ違いざま「(葉山に)いるんだ~。珍しいねーsmile」と声をかけたら、仲間の人が「みんなに言われてるな(笑)」
そう、彼はこのところ仕事で千葉方面に行っているらしく、葉山はルスがちと風の便りに聞いていたから。

↓ 大浜に出て。フラシスの(エ)たちがいつも漕いでいるアウトリガーカヌーも、昨日は浜の上。
100904_0846web
数ヶ月前から、週末といえば必ず沖に出ていたカヌーにしては珍しいことですが、主たちは、今ハワイ島のレースに出陣しているのですdash ガンバレ~up

ところでSHについてみると、わたしの姿を見たプログラム責任者であるOFスタッフの(せ)が「あれ? ちぃちゃん・・・・(来るんやったっけ)?」と、のたまふ。
「あー、じゃあ、いいよ。帰るから」と、わたし。
ま、1年半くらいずっと(もっとか?)研修はパスしてたから、「来るハズがない」と思われてても仕方ナイっすねbleah
そんなワケで、予定人数に含まれていなかったわたしは、予めキチンとグループ分け、バディ組みされていた中には組み込まれず、フリーな立場で参加させてもらいました(ラッキー、自由に泳げるnote

さて、昨日の研修テーマは「スノーケリング」
フィールドは・・・・・芝崎sign01
数年前はよく泳いでいた場所ですが、町の方針が保全の方向に厳しくなったのを受けて、ここでの活動は自粛気味になっていたので、超~~~久しぶりです。

水温はウェットはいらないくらい、ってか、ウェットなんか着てたら熱中症になりそうなくらい高いup
タイドプールはまるで温泉かsign02 てなくらいで、それでもアゴハゼやクロサギなんかがいるもんだからビックリ。「君たち、ゆだっちゃわないの??」心配になります(笑)
バディごと、グループごとに行く先を決めているほかの参加者たちを尻目に、自由な身分のわたしはタイドプールはササッと通り抜けて、岩の外側へdash
外側は少し深くて、波辺りもあるけど、やっぱりサカナの数は多いnote
いきなりオヤビッチャの大群に会って、少し潜ればチャガラやネンブツダイもいて、楽しーhappy02
・・・・んだけど。2-3メートル潜ると・・・・・「寒~~~~っbearing
いきなり水温がガクッと落ちる。
息が持たないというよりは、寒さに耐えられなくて「しかたなく浮上」
水温そのものは、きっと慣れれば大丈夫なのかもだけど、海面との水温差に体がついていかない。単独行動だし、心臓麻痺でも起こしたら大変sweat01

プログラム的には午前中に1本、お昼を食べて午後にもう1本だったのですが、(か)ちゃんに誘われて、お昼休みに権太郎岩まで泳ぎました。
期待したほど透明度はよくなかったケド、そしてここもやはり水温が低かったけど、ミヤコキセンにも会えたし、大満足。
結局、全部で2時間も海に入ってました。指先がフニャフニャになったよ(笑)

なんとなく、フィッシュリスト。
芝崎、晴れ、水温20-36度(?)、11:15-12:15、12:40-13:10、13:15-13:45
まずは、みんなでリストアップしたもの。
ホンベラ、キュウセン、カワハギ、カゴカキダイ、ハオコゼ、イシダイ、ボラ、ナベカ、クサフグ、オヤビッチャ、ロクセンスズメダイ、ソラスズメダイ、ニシキベラ、カミナリベラ、コケギンポ、ミヤコキセンスズメダイ、クラカケモンガラ、チョウチョウウオ、アオヤガラ、シチセンスズメダイ、クロダイ、ゴンズイ、クロサギ、アゴハゼ、コバンヒメジ、オキザヨリ、ネンブツダイ、ヘビギンポ、イソギンポ、ウツボ、オハグロベラ、メジナ、ハコフグ、アミメハギ、キヌバリ、カタクチイワシ、クモハゼ、コトヒキ、ウミタナゴ、ニジギンポ、アケボノチョウチョウウオ
そのほか、わたしが見たものは
トゲチョウチョウウオ、シマスズメダイ、スズメダイ、ニザダイ、アカカマス、シロギス、タカノハダイ、チャガラ、ホウライヒメジ、ササノハベラ
以上51種類。

| | コメント (0)

先生は神様デス

昨日は、前回のレッスンで自分たちで決めた花材を用意していただいたのですが、それで編み始めてみると・・・・どうにもバランスが悪いsweat01
バランスも取れないから、形も決まらない、だからなかなか編み進められない・・・・という悪循環に陥って、お互い顔を見合わせながらウンウン言っていたわたしたちsad
昨日もわたしたちが作業している間、UMAHANA先生は口出しも手出しもせず、部屋のすみでご自分のお仕事をなさっている。

だけど、わたしが思わず「バラのところがどーしても細くなっちゃうsweat01」と言葉を漏らしたら、先生は作業を続けながら「細くなっちゃうの? バラ入れてるの1つだけ? 二つ入れてみた??」と、アドバイスをくださった。
それをきっかけに、どうやらわたしたちが苦戦しているらしい・・・・と判断した先生は、わたしたちのテーブルのところにやってきて様子を見てくださった。
いわく「うーん、これは難しいかもね」と。「僕だったら、この組み合わせならティで編むかな・・・・」って。
え~sign01 UMAHANA先生でも難しいと思うような花材と編み方を、どうしてわたしたち選んじゃったんだろーshock
でも今さら編み方は変えたくないし、ティの Haku は花が抜けそうでやっぱり不安。このまま Wili でなんとか解決方法はないかしら・・・・?

先生は、わたしたちのお花を使って、わたしたちが決めた順番で編んでみてくださいました。
うーむ、先生が編むとやっぱりわたしたちのよりはいいケド、先生もわたしたちも、いまいちピンと来ない。
そこで、先生はアトリエにある他のお花を1種類プラスして編んでみると・・・・「あらflair なんか、いい感じup
イメージも、最初にわたしたちが思い描いたのに、とっても近いですよnote

嬉しそうなわたしたちを見て、先生は「今回は、特別だよsign03」といって、そのプラスしたお花をくださって、わたしたちも同じパターンで練習することができました。
お花の種類を増やして、組み合わせを変えただけで、ずい分と形がとりやすくなりました。
うん、これなら行けそうup
ほかのメンバーからも、ため息やうなり声(?)が聞かれなくなり、みんなで黙々と作業を進めて・・・・時間内に仕上げることはできませんでしたが、4人のを並べてみると、そろっていていい感じ。先生も「うん、なんだか色合いもキュートで、いいじゃない?」って。
よっしゃーgood 本番も、この調子でがんばるっup

それにしても・・・・いつもながらに、いえ、今回はいつも以上に、UMAHANA先生が神様に思えたレッスンでした。
先生は、偉大だshine



| | コメント (2)

なつ休み

今週は夏休みをいただいています。
特別どこかに出かけるわけではないのですが、去年の夏もそういっていてとうとう休みを取りそびれてしまったので、今年は予定がなくても「休んでしまえ!」と、思いましてsmile
ちょうど今週は月・木のフラレッスンもないので、公私共に(というのもヘンだけど)本当にお休みです。

土曜日は日記に書いたとおり、一日葉山三昧で遊んで。
日曜の夜はフラのレッスン。
月曜日は洗濯機を何度か回して、お掃除をして、ルバーブのジャムを煮て。
火曜日は日中うだうだゴロゴロ・・・・海にも行かず、部屋でダラけてましたsweat01
で、夜になってから持ち帰った仕事。これが思ったよりも時間がかかって、終わったのは真夜中でしたが、ボスにメールで送信して「気分スッキリ~up
夏休みの宿題を終えた小学生の気分を思い出しましたcoldsweats01

水・木は実家に帰って、エアコンが効いた部屋で避暑(笑)
図書館で借りてきて、なかなか読み進まないブ厚い本を読んだり、たまったフラノートを整理したり、ネコにちょっかい出して怒られたりannoy

今日は、お昼過ぎに葉山に戻って、夕方からはUMAHANAスクールへ。
今日は19日に迫ったホイケに向けて、『当日と同じお花で同じように編んでみる』という内容だったので、花材や出来上がりの写真は公開できませんが(いちおう、当日まではシークレットwink)、「なんとかなりそうカモ」と思うことができました。
でもそれも UMAHANA先生のヘルプのおかげで・・・・

という、詳しいスクールの様子は、また改めて。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »