« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

名物だけど うまい

名物に美味いものなし と言いますが・・・・
101127_091501
先日ファームエイドで買ってきた、S村で作られた「さるなしジャム」を、少しずつ大切に頂いています。

サルナシというのは日本の山に自生していて、キウイを小さくしたような果実が成ります。マタタビの仲間でもあるんですよ。
これで果実酒を作る人も多いようで、信州のペンションとか、東北の山小屋とかに行くと飲ませてもらえることがあります。
だけど、ジャムはこの前S村に行ったときに宿で初めて食べさせてもらって、すっかりファンにheart04
で、ファームエイドで販売していたので速攻ゲットnote

フツーに売っている、フツーの果物を使ったジャムに比べると少々お高いですが、小さな果実を集めて、皮をむいて、煮て、裏ごしして・・・・という手間を考えたら当然の対価ですね。
なので、わたしも大切に味わっているというワケです。

さて、S村の一番の名物といえば、「ひめのもち」 ↓
101127_091601

宿で出てきたのは写真左側にある「しゃぶしゃぶ餅」
早く煮える薄いお餅で、鍋物をしたときについでにお鍋に入れておくと、1~2分で食べごろに。逆にあまりに過ぎてしまうと溶けてしまうというくらい柔らかいお餅。なのに、とっても粘りがあって、本当においしいのですdelicious

このお餅の秘密(?)は“つき方”にあって、つき方そのものも村の名物になっているくらい。
普通はつき手が一人と相方が一人いて、つき手がつくと相方がこねる・・・という作業なワケですが、「ひめのもち」はつき手が4人で、こねる役の人はいません。
臼を4人のつき手が取り囲んで、次々とついていきます。
一般的なつき方のときは、合いの手が入る度に水を手につけてこねるのですが、“4人づき”はそれがないため、水っぽくなくて粘りが強いお餅になるんですって。

ファームエイドで実演(?)してくれたときは、最初飛び入り参加の方が2人入ったのですが、なかなかタイミングが合わなくて・・・・途中で村長さんと村議会議長さんに交代して4人とも村の人になったとたん「おぉ~」って歓声があがるほどリズムよく回りだして、息が合うことって大切なんですね~。
あとで聞いたところによると、「議長は餅つき名人」なんですって。なるほど。
わが友(じゅ)くんも3人のベテラン先輩方に混じって奮闘していましたnote
とにかく、かなり迫力があるお餅つきでしたよ(動画をアップできなくて残念デスsweat01

そんな「ひめのもち」には、写真に出しただけでなく、いろんな種類が商品化されています(あ、別に回し者ではないですからね。でも、私設応援団って感じ?)
柏餅や大福といった和菓子もあるし、丸いお餅、みかんやお芋を練りこんだものなどなど。
だ・け・ど!
今のところ、関東に住んでいる人が手軽に買うことができないのが、とっても残念。
岡山まで行くか、地元に住んでいる人に送ってもらうかしかなく・・・・。通販してほしいと切に願います。あるいはアンテナショップで販売という手もあるケド、なんと岡山県は都内にアンテナショップがないんですって。意外!

ファームエイドにはS村のほかにも、たーっくさんの自治体から様々な農水産物が出店していて、どれもホントにおいしそうhappy01
現役農大生の「大根踊り」も観られたし、なによりニホンミツバチのお話はとても興味深かったけど、そのお話はまた改めて。

| | コメント (0)

笑顔で踊っていこう

その人が踊る姿を 最後にみたのは いつだったか

先月はじめのショーのときだったのは間違いないのだけど。
スタジオのイベントやショーには必ずといっていいほど観にいらしていたその人は、その日も客席にいらして、“Ni'ihau”は飛び入りでわたしたちと一緒に踊っていたと思うし、メレフラタイムにも何曲か踊られただろう。

でも、わたしには、初めてその人をみたときの印象が、今も一番強く残っている。
2年前のリビエラで。
お歳のわりにはスラリと背が高く、姿勢よく、お顔も美しく、エレガントだった。
その人が 一昨日 虹の橋を渡って いってしまった

悲しいお別れをしたあとで わたしたちは レッスン会場に向かった
フラがこよなく好きだったその人の あとに残されたご主人が 先生に
「今日のレッスンも(休まずに)やってくださいね」と、おっしゃったとか。

暗い街路で思い出話をしているときに、わたしは
「密かに(彼女の)ファンだったんだよね・・・・」と打ち明けた。
その場にいた2人のフラシスは、口々に「わたしも!」

そんな風に始まった今日のレッスンは、前半組も後半組と一緒になったせいか、いつも以上にニギヤカで、不思議なくらい楽しく時間が過ぎていった。
これも、フラが、Kawaiolaのフラが好きだった彼女が見守っていてくれたからかもしれないな。
「踊りたくても踊れない人もいる」 Keisuke先生は、そうおっしゃった。
「年齢はあまり関係ないと思う。いつそうなるかは、誰にもわからない」とも。

だから わたしたちは 踊れる今を せいいっぱいの笑顔で 踊っていこう

わたし自身は・・・・とにもかくにも、カホロの重心移動。
あと1ヶ月でマスターできるか。
というより、しなくちゃ!

| | コメント (0)

あんしん あたたかい

今日はあまり寒くない。
っていうより、暖かい・・・・夜。
そういえば今年はまだコタツ布団を出さずにがんばっている。

みょーに気になって、実家の母に電話。
出ない・・・・

具合でも悪いのか?
寝込んでる?
倒れてる??

と、
すぐ折り返しの呼び出し音。
・・・・・
ただ単に寝てたらしい・・・・catface

「疲れちゃったのよ」
とは言いつつ、声は元気そうで、よかった。

安心すると、気持ち、温かい。
元気でいてくれて、ありがとう。
週末は顔を見に、帰ろう。

| | コメント (0)

パラパライ!

昨日のUMAHANAレッスンも緑一色。
先月はティをティで編むスタイルでしたが、今回はパラパライをティで編むやり方。
パラパライはもちろん、ハワイ語だけど、同じようなシダは日本にもあって、レッスンではイシカグマという種類を使いました。
101119_190601

シダはひとり当たり20本。
それが他のクラスの分まであるので、アトリエに入ったとたん、なんともいえないいい香りに包まれました。
「ヨモギみたい」とか
「青い草の匂い」とか言う人もいましたが・・・・
それもそうなんだけど、もっとピュアな感じっていうのかな。
爽やかで、ちょっぴりクセがあって、みずみずしい香り。針葉樹の森の匂いに近いかも。

さて、そんなわけで、気分はすこぶる良いのですが!
作業はティだけで編むとき以上に進まない・・・・sweat02
パラパライの葉はほとんど厚みがないので、1ステップでほんのちょっとしか進まないのです。
途中で作業を止めて、パラパライをパラパライで編むやり方も教えていただいたりしたので、レッスン時間内に編めたのは、ティの方が10センチ、パラパライの方が15センチくらいsweat01

これでレイポオを編むなんていったら、気が遠くなりそうですが、先月のにしても、今回のにしても、カヒコを踊るなら必要なものだし、何よりゴマカシが利かないから、自分のスキルチェックも非常~にシビアにできてしまうという・・・・こりゃぁ練習するしかないっすねcoldsweats01

おまけ:昨日のお買い得@UMAHANAセール
101120_151601
↑ これ、『2束』で500円の、1束分です。アルストロメリア10本ナリ。

ホントは1束500円だったのだけど(それでも安い!)、レッスン最後には「2束で(500円で)いいから! 2束持ってって!!」と、UMAHANA先生。
それならば、ということで、黄色いケイトウ(?)の束とふたつ頂いてきました。
アトリエの隅にはたいてい、こんな風に残ったお花がお買い得になっていて、レイの練習にはもちろん、そのまま飾ってもよいような花がたくさん手に入って嬉しいのです。
ちなみに、昨日の市場価格ではアルストロメリア1本400円ですって。
お花屋さんで働いているクラスメイトは「この値段、ありえない」って。

| | コメント (0)

さ・く・ら?!

このところ急に冷え込んで、都内でもだいぶ紅葉が進んできました。
芝公園も、枯葉のい~い匂い・・・・秋の森の香りがします。

・・・・・・

なのですが、



え?


あれは??






101118_124201


公園の奥のほうに見えた、うっすらと明るく、綿をまとったような樹が。
近づいてみると・・・・

101118_124002

サクラじゃん!!

ビックリです。これって四季咲きじゃないよね・・・・去年も一昨年も気がつかなかったもん。
先週訪れたS村でも、野の花や園芸種ばかりでなく、山の中腹(人が容易に近づけない場所)にあるヤマザクラも花をつけていて驚きましたが・・・・

いわゆる“狂い咲き”というのでしょうか。
今年の気温の変化のめまぐるしさに、植物たちもバイオリズムを狂わされているようです。

| | コメント (0)

美しい村のムーブメント

週末に訪れたS村は、『日本で最も美しい村』に名を連ねている。

S村もそうだけれど、日本各地に残された美しい村々は、その土地が持つ自然、歴史、文化の魅力を見直し、内外へ発信し、その地域が元気になれるような方向へと、目線を定めているようだ。
“村おこし”なんていう陳腐な言葉でかたづけられる、一過性の流行ではなく、これはようやく訪れたひとつのムーブメントなのかもしれない。

わたし自身は、今すぐ村暮らしを実現することはできないけれど、美しい村々のそんな取り組みを、都市部に暮らしながら応援していけたら・・・・と、思う。

**************
銀座で行なわれている『ファーム エイド』という催しのことも、今回のS村への旅で初めて知った。
帰ってきてサイトを見てみれば、銀座でミツバチを飼うプロジェクトをきっかけに始まって、2006年からの歴史があるらしい。
『人と自然の共生を銀座から発信』というこのイベントは、年に4回開催されていて、今年の4回目が来週23,24日に行なわれる。

なんと、そのイベントの一環でS村から親しい(じゅ)くんがやってくるnote
S村は毎年このイベントに参加していて、村の名物であるお餅つきを披露しているとか。(じゅ)くんも今回、そのつき手のひとりとして上京すると聞いて、「それはぜひ応援しに行かなくっちゃーdash
23日には『S村応援団』の発会式もあるとか。応援団員になっちゃいますかね(笑)

ファームエイド銀座のサイトはこちら ↓
http://www.farmaidginza.com/

| | コメント (0)

帰ってくれば

新幹線を新横浜で降りて、通勤の人で込み合う電車に乗り換えて

都会の人は不親切だな~と思った。
そして不機嫌だな、と。

でも先週木曜日までのわたしも、少なからず似たようなものだったかも。
気づくと難しい顔をしていたし、そんなに優しい気持ちにもなれなかった、少なくとも今よりは。

S村での4日間は、期待以上にわたしを浄化させてくれたみたい。
わたしにとってS村での体験は、14年前にユーコンを旅して以来のカルチャーショックといってもいいかもしれない。
ライフスタイル、生き方が確実に(決して劇的に、ではナイけれど)変わるような。
あの村から帰ってきて、新幹線の中ですでに3つのことを決めた。

まずは、物欲がきれいさっぱりなくなりました~。
顔かたちや身なりで人を判断するのではなく、その人がどんなもの(物質)を所有しているかではなく、その人自身が持つ資質(人となり)で勝負、つまり生活や人付き合いをしている世界。
流行のブーツも、ブランドのバッグも、カルジェルも、iPhoneも、ピカピカの車も、そんなモノ持ってたって、なーんにも意味をなさない世界。着飾る必要のない世界。
それでいて、都会なんかよりずっと豊かで、人々が幸せな顔をしている世界・・・・
見栄っ張りゴッコをしている人がたくさんいる場所に帰ってきちゃって、明日からまたそこで生活していくけれど、S村でのこと心において、精神的に豊かでありたいと願う。

今日は朝から一日スッピンで、そのまま自宅まで帰ってきちゃったよ(笑)

| | コメント (0)

必要な時間

昨日は仕事帰りにヨドバシカメラに駆け込んで、超〜久しぶりにフィルムを買った。
あんまり久しぶり過ぎてフィルムのサイズを間違えそうになった

そう、今週末は10ヵ月ぶりに撮影に出かける。
しかも行く先は、親しい人達が移り住んだ場所。
わたしにとって母の次に大切で、母と同じくらい懐かしく、そしていつでもわたしを家族のように迎えてくれる人々。

そんな大好きな人が住む、日本一美しいといわれる村へ、明日の早朝向かいます。

近頃、大なり小なり気分が落ち込むようなことが続いていて。
海と、愉快な仲間たちのおかげで、リカバーしてやってきたけれど。
それでもリカバリーしきれない分が少しずつ貯まってきていて。

明日からの4日間で、そんなモヤモヤが一気にリフレッシュできることに期待しています。
きっと気に入ることがわかっている、初めて訪れる場所で、
わたしがわたしのままでいられる人達に囲まれて、
自分を解き放ってこようと思います。

写真は、二の次(笑)

| | コメント (2)

心の知能

今朝のラジオを聴いていて アンテナに引っかかってきた 言葉

Emotional Intelligence

心の知能 というらしい。

「自分以外の人の気持ちを察する能力」と、ラジオでは説明していた。
数年前から使われている言葉(わたしは嫌いだけど)でいうと、「空気を読む」力とでもいうのか。
それを表す指数もあって、IQ ならぬ、EQ なんだそうな。
で、欧米(米国だけ?)では社員を採用する際にこのEQを重視するケースが増えてきている、というお話。
EQが高い人は、仕事の効率がよく、コミュニケーション能力に優れ、やがてはリーダーになるような、よーするに『仕事がデキる』人が多いんだって。

ま、ちょっと考えてみればナットクのお話だけれども。
そこからわたしの考えは発展して・・・・

だけど、EQが低い人をリーダー(トップ)に戴かざるをえない組織は、ツライよな~・・・・

なーんて思ってしまった。
EQが高い人が段々と実力を発揮してトップに立つのが自然なんだろうけど、なんらかの理由でそうでない人が最初からトップにいる場合、そういうことってケッコウある気がするけど、それはもう、その組織に属している人間にとっては悲劇だろーなー。
会社に限らず、趣味のサークルでも、学校でも、地域でも。どこでも。

自分以外の人の気持ちを察する能力
もちろん、察して、それをもとに行動できて初めて ナンボ のものだろう。

自分以外の人の気持ちを察することができない人、
わかっていても、人の気持ちなんか平気で無視する人、
そーゆー人を「おバカさん」という。たとえ IQ がどんなに高くても。


わたしなんかは、人の気持ちを深読みしすぎて 間違える
あるいは、疲れる・・・・
これって、やっぱりEQが低いということなんだろうな~(笑)

| | コメント (0)

最近バスが遅れがち

最近、朝のバスが時間通りに来ない。
今日も少し早めに着いたのに、遅れていた1本前のバスが目の前で去っていったdash
となると、次のバスも同じくらい遅れるんだろう・・・・
以前は駅へ向かうバスは、雨の日以外はほぼ時刻表どおりだったんだけど(だいたい、始発の御用邸前からここまで来るのに遅れる理由なんてひとつもナイ)、最近のこれはどーしたことか。

でも、ま、おかげで今朝はこんな風景に出会えたから、よしとするか。
富士山、北側のテッペンだけ少々雪をかぶっています。

101102_080001

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »