« ランドマークでクリスマス | トップページ | 7回やれば誰でも?! »

フランスの美しい村

一番最近図書館で借りたのは、この2冊
101215_125401

「美しい村」のことは、先月S村を訪れてからずっと心から離れなくて。
S村も加盟している「日本で最も美しい村連合」は、フランスの組織をモデルにしているということを聞いていて。
そうしたら、図書館にありました『フランスの「美しい村」を訪ねて』

著者の辻さんはフランスに留学経験があり、商社に勤めてフランスに赴任、そのまま住み着いてしまって写真家になったという経歴。
著者が訪ね歩いた村々の様子が、写真と短めの文章で紹介されています。村の歴史や風景、観光情報だけでなく、そこに暮らしている人を必ず取り上げているのが好もしい。

お国柄なのかどうか、美しい小さな村には必ずといっていいほどアーティストが暮らし、ギャラリーがある。人口が100人に満たない村でも!
そう、この本に紹介されている村の人口は、たいてい100人前後。
S村の人口が1000人で、村では「小さな村を守ろう」と、様々な取り組みをしているわけだけど、フランスの小さな村たちは、さらに輪をかけて「小さい」
人口70人の村がどうやって存続していけるのか、行政の仕組みとか運営の仕方とか、財政面とか・・・・日本の美しい小さな村が、本家(?)フランスの小さな村に学ぶべき点は多そうです。

・・・・
確かに、フランスの美しい村は美しく、魅力的で、なにより歴史の古さに心打たれるけれど。「住んでみたい」とは思えなかった、わたしはやっぱり根っからの日本人なのかも。石の家には住めないなぁ(笑)
ま、実際に行って見なければワカラナイけれど。

|

« ランドマークでクリスマス | トップページ | 7回やれば誰でも?! »

読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランドマークでクリスマス | トップページ | 7回やれば誰でも?! »