« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

今こそ見たい映画

もともとあまり映画は見ないタチなのです。
暗いところでジッとしてるのが苦手なので。
でも、今こそ見ておきたい映画がいくつかあるので、みなさんにもご紹介しまーすdash

①まずはやっぱり、これでしょうかね~。
「ミツバチの羽音と地球の回転」
以前の日記で書いたので詳しいことは省略しますが、山口県で建設計画がある上関原発に関する動きと、スウェーデンでの再生可能な自然エネルギーへの取組みを描いた、心打つ作品です。
まだご覧になってない方、今こそ! ぜひ!!
http://888earth.net/index.html

ユーロスペースでロードショーの最中にあの震災が起きて、ユーロスペースでの上映は一時的に中断しています。
が! 4月2日から22日まで川崎でロードショー。新百合ヶ丘に近い会場のようです。上のサイトの「劇場情報」をご覧ください。
(4月1日追記flair:ユーロスペースでも4月16日~26日まで再上映が決定したそうですup 6月にもアンコール・ロードショーがあるみたい。ぜひぜひ、ぜひ~dash
http://888earth.net/staffblog/2011/04/post-161.html


②そして、「ミツバチ」と同じ鎌仲監督の作品である「ヒバクシャ~世界の終わり」と「六ヶ所村ラプソディー」が、渋谷のアップリンクで4月3日から15日まで上映されます。
詳細はこちらを ↓
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003944.php

わたしも、なんとか時間を作って見に行きたいと思ってますup

③あと、これは偶然なのですが・・・アップリンクのサイトを見ていたら、あらら?
「レイチェル・カーソンの感性の森」ですってflair
これはもしかしたら、先日の写真展でお会いしたときに、森本二太郎さんが話してくださった映画かも。つながった~shine これも見なくちゃ!!
http://www.uplink.co.jp/x/log/003861.php


明日から始まる4月は、わたしが今まで取り組んできたいろいろな活動も再開するし、脱原発のイベントがあればそれにも行きたいし(初めてデモってやつに参加するかもsign02)、アースデイはあるし・・・・忙しくなるゾーhappy01 notenotenote


flair4月1日追記sign03
アップリンクで上映される映画で、ひとつ紹介し忘れてました。
「100,000年後の安全」
http://www.uplink.co.jp/x/log/003949.php

原子力発電の廃棄物は、その放射性のために10万年もの間、厳重に管理する必要があります。
この映画はフィンランドの廃棄物施設を描いたドキュメンタリー。今秋に公開予定だったのが、東電の原発事故をうけて急遽公開されることになりました。公開期間は短いですが、ぜひ。

| | コメント (0)

署名のサイト

えー、なんだかだんだんと社会派ブログのようになってきてしまいましたが(笑)
(フラもレイメイキングも海の活動も、震災以来していないんだからショーガナイんですcoldsweats01
先日お知らせした「草の根」の声を集める署名について、原子力発電所の停止を求めるサイトをふたつ(注:4月1日に追記して3つになりました)追加しておきます。

静岡県御前崎にある浜岡原発
わたしも友人からの呼びかけでメールで25日までに参加しました。
その時点で署名は締め切りされたと思っていたのですが、まだ集めているようです。
オンラインでどうぞ。

http://www.plumfield9905.jp/hamaoka/form/form.php

そして、四国の伊方原発
こちらはオンラインでもファクスでもOK。
わたしはまだ署名してませんが、締め切りまで余裕があるので、フォーマットをプリントアウトして友人・知人からも集めて送ろうと思っています。

http://genpatsu-sayonara.net/


脱原発の動きは上関、福島、浜岡・・・・から全国へとダイナミックに動き始めているようです。
国会の予算審議では菅首相が、原子力から太陽光やバイオマスなどのクリーンエネルギー(菅さんの言葉のママ)へと転換することを表明しました。
その言葉の真意については、今後の政府の動きを見守っていなかければなりませんが、大きな一歩であることは間違いないでしょう。
ま、世界各国ではすでにその方向なんだし、当り前とも言えるんだけどね。

それにしても、菅さんの『クリーンエネルギー』という言葉の使い方がよろしくない、という意見が、ツイッターでチラホラ。
今まで政府や業界は原発のことを『クリーンエネルギー』って言ってきたからねぇ。
自然エネルギー、持続可能エネルギーと言っていただきたい、というところでしょうか。


flairえと、ここにも4月1日追記ですsweat01
こんなサイトもありますよ。
グリーンピースの取組み。実はわたし、GPの活動には賛同できない点も多くて、ふだんは支持してないんですが、これには賛同して署名しました。
オンラインでどうぞ。4月24日までです。
「枝野さん、安全な電気がほしいです」
http://www.greenpeace.org/japan/edano3/?20110328gv

| | コメント (0)

前を向いて

さてさて、昨日はだいぶ『お堅い』ことを書いてしまったので、今日は「支援したいけど、いまいちどうしていいかわかんなーい」というあなたに、いくつかサイトをご紹介しましょう。

えーと、一応外遊び好きを自認しているわたしとしては、まずこちらのサイトを。
モンベル アウトドア義援隊 ↓
http://about.montbell.jp/social/support/od_gientai/

こういうときに役立つのは、野外活動のノウハウ、そしてそこで培った人間力だと思うのです。

それから、海仲間やツイッターなどいろんな方面からの情報が1点に繋がったのが、こちら。
め組JAPAN ↓
http://maketheheaven.com/megumijapan/?page_id=20

被災者の救護活動、被災地の復興まで視野に入れた活動をしているNPO法人です。
真摯な若い人たちの活躍には、思わず応援の手を差しのべたくなります。
現地からのリアルタイムの報告は、どんなメディアの報道よりも心に届きます。

ツイッターしてる方は、こちらも。
ツイッターのIDを入れるだけで、欲しい人と送りたい人のマッチングができます。
http://twitforyou.org/

救援金の募集は本当にさまざまな形で行なわれていますが、あまりにも多すぎて「どこに募金すればいいのだろう?」と思う方もいらっしゃると思います。
そんな方の参考になるのはこちら。ただし、最新の事情を反映していない可能性もあります。
http://irritantis.info/archives/652


紹介したのは、ホンのホンの一部。
まだまだたーっくさんの取り組みが、東北地方へと目を向け、思いを寄せていることでしょう。
幸いにも被災しなかったわたしたちは、被災地の方たちに負けないくらい元気出して、前向いて、ガンガン稼いで(笑)、東北の応援していきましょう♪
長期戦になりまっせーdash

おまけの情報:
原子力に変わる新しいエネルギーに関する書籍の特集を紀伊國屋書店南店で開催中!
http://888earth.net/staffblog/
勉強したい方、ぜひ!

| | コメント (2)

声をあげていく

震災後、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
被災地への応援・・・・救援金の募金や支援物資の提供、チャリティーの企画など、「何かしたい! しなくちゃ!!」という気持ちに突き動かされて行動なさっている方も多いと思います。
わたしも微力ながら、募金やチャリティグッズの購入をして、明日には現地でボランティア活動をしているグループに支援食糧を送ろうと思っています。
これは今だけでなく、これからもずっと続けていく必要があること。スタートダッシュし過ぎないよう、長く支援し続けていけるように、自分でも工夫していきたいと思っています。

けれど、東京電力の福島第一原発で起きていること。
これに関しては、早急に声を上げていかなければいけない、という思いを強くしています。
原子力エネルギーのことは、知れば知るほど“大きな権力の力”というものを思い知らされますが、だからといって黙っていては、今まで好き勝手にやってきて、今もまた国民の命(未来の命も含めて)を軽んじているとしか思えない“大きな権力”の思う壺だと思うのです。

福島であんなに深刻な事故が起きているにも関わらず、中部電力は稼働中の浜岡原発を停めず、それどころか点検中の原子炉の運転再開を静岡県知事に打診して、知事も事実上OKを出しました。(原発の地元自治体の市長たちは反対しています)

このブログで何度か紹介した上関原発。
山口県知事は福島の事故を受けて、中国電力に「建設工事の中断」を申し入れました(これは画期的な出来事だと思います)
にも関わらず、中国電力は「より安全な設計のための地質調査」と称して、田ノ浦の発破作業を止めていません。

東京電力の事故に世界各国は素早く反応し、原子力政策の見直しや原発開発の放棄・凍結をしているというのに、一番の危険にさらされている日本でいまだに原発が稼動しているっていうのは、どう考えても尋常ではないと思います。

ということで、友人からのメールやツイッタなど様々なソースから入ってきた「草の根の声を上げる」方法を、ちょっだけ紹介しておきます。
(※注意!:個人情報に関するものですので、署名や意見募集をする際は、必ずご自分でソースの信頼性を検証してからにしてください。ここで紹介するサイトについても同様にお願いします)

まずは福島第一原発の廃炉を求める署名。
オンラインでもファクスでもOK。
http://fukushimahairo.web.fc2.com/

そして、上関原発の建設反対の署名。オンラインでOKです。
締め切りは明日27日まで!
http://www.antinuke.net/kaminoseki/

最後に行政のパブリックコメント。
行政は普段から様々な事柄について国民・市民の意見を募集しています。
国の原子力政策に対する国民からの意見募集。
通常パブコメは募集期間があるのですが、この意見募集にはとくに締め切りはないようです。
継続的に募集をして、一定期間内に集まった意見をまとめています。
原発に反対だけでなく、賛成の意見ももちろんOKです。 ↓
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/tyoki_oubo.htm

あと、これはからめ手という感じですが、静岡県の意見募集フォーム。県外からも応募できます。
東北関東大震災に関する意見募集ですが、浜岡原発の停止を求める意見を書いている人もいるようです。
https://www2.pref.shizuoka.jp/all/ikenteigen.nsf/touroku

行政、とくに国に対する意見となると、もっと勉強してからでないと・・・・と尻込みしたくもなりますが、今この瞬間思っていることや考えていること、不安も含めて「フツーの国民の声」を行政に届けることも今とても大切なことだと思うのです。
わたしも、もちろん、書きますよ~good

・・・・・・・・・・・・
最後の最後に、最近とても心に響いた、お気に入りのツイートを紹介しておきます。
わたしがフォローしている方の中でも大好きな3本指に入る白洲信哉さん、その白洲さんの3月23日のツイートです ↓

『空気、水、食べ物。生きていく上で大事なものをなくした東京。
無尽蔵に電力を使っていたツケかもしれない。
福島原発 今までありがとう。でもこれからは貴方を頼らずに生きて生きたいと思う。
不自由?そんなの当たり前だろう。
いままで悪い夢をみてたと思えばいい。太陽と月と山と水が尊い。』

| | コメント (0)

はなめ だった♪

昨日は葉山の自宅で仕事をした。
いまのところ実家で暮らしているから、自宅に戻るのは震災以来2度目。
窓辺の植木鉢が乾いてるだろうと思って、お水をやりに行ってみたら!

110317_144501

先日、半分枯れかかったガーベラから芽が出てきた! と、この日記にも書いた、あの鉢植え。
その後、出てきた芽の数も増えて、葉っぱもぐんぐん伸びている。
そして、なんと

花芽をつけているshine

写真中央の、根元の大きな丸いのは、花のつぼみですよ~。
それだけじゃなくて、右側の根元のも、そうhappy01

あのひどい揺れにも耐え、主がいない寒くて薄暗い部屋の中で、お水も十分に与えられずに
それでもなお、花を咲かそうとしているその姿を見つけたときの、わたしの気持ち、わかりますか?

被災地の人たちとは比べ物にならないけれど、ここ数日間いろいろな不安で心をいっぱいにして、「確かなものは何もない」なんて心のどこかで思っていて、知らず知らずのうちに張りつめていた気持ちが、この小さな花芽を見ただけでほぐれて、笑いながら、目から涙がこぼれた。

ありがとう 小さき いのち
たっぷりとお水をやって、窓辺においてきたけれど、今度葉山に行ったら、実家に連れてこようかと思うconfident

| | コメント (2)

だいじょうぶ

今日も ちゃんと 目が覚めた
震災以来一緒にいる母も、ネコも いつものように ちゃんといる

おひさまが 顔をだしている
あたたかい ご飯が 食べられる(感謝)

テレビではニュース NHKのひと がんばっている
枝野さん がんばっている (ネット上や海外の報道でも「寝ろ!!!」といわれてるみたい)
そして誰より
被災地のひとたち がんばっている
警察、消防、自衛隊、海外からの救援隊・・・・
わたしには思いもおよばないほど たくさんのひとたちが がんばっている
原発の作業員のひと がんばっている・・・・

顔を洗って
服を着替えて
電車に乗って 仕事にでかける(今日は都内のオフィスではなく、PCがある葉山の自宅へ)

海、きれい
富士山も見える
ワカメが風に ゆれてる
そこらじゅう 光かがやいて見える

赤い梅 白い梅 咲き誇っている
大好きなハクモクレンも 今にもほころびそう
どんなに困難なことが起こっていても 生き物たちは 自分のサイクルを刻み続ける
その確かさに 心打たれる

人間だって!

だいじょうぶ
今日も 生かされて ある
明日も そうでありますように
あなたも わたしも あなたの大切な人も わたしの大切な母とネコも
被災地の人々も
リビアも ニュージーランドも カミノセキも みんな みんな・・・・


さて、これから停電の時間帯
PCもパワーオフします。

| | コメント (0)

上関に関する動きなど

ここ2,3日書かなきゃ・・・と思っていて書けてなかったこと。
先日の日記に嬉しい友人からのコメントもあったので、エイや!で書いてみましょう。
KAMINOSEKI issue 実は今月に入ってから、かなり動きがありました。

まず、モラトリアム・カミノセキ
中央のメディアが取り上げないなら、自分達でやろう! という趣旨で、映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の鎌仲監督やマエキタミヤコさんが中心となって「心あるジャーナリストよ、来たれ!」と呼びかけて行なった記者会見。
マエキタさんが作成した資料がとてもわかりやすいので、ご興味のある方は以下をご覧下さい。
http://sustena.org/kaminoseki/

そして当日の様子が ustream のアーカイブで見ることができます。http://www.ustream.tv/recorded/13036972

モラトリアム・カミノセキに来場した中央メディアは、新聞社は朝日新聞のみ。NHKはカメラなしで3名、あとは自由報道協会だったそうです。


そして、このブログでもご紹介した映画『ミツバチの羽音と地球の回転』(http://888earth.net)は、3月7日(上映17日目)に観客動員数2000人を突破したそうです。
当初は2月19日から4週間の予定だったのが、上映期間も3月31日まで延長。3月12日からはユーロスペース2階に場所を移して上映されます。
土日には鎌仲監督とゲストとのトークショーもあって、毎回立ち見も出るほどの盛況ぶりのよう。
これは、3月6日の上杉隆氏(自由報道協会代表)とのトークショーの様子 ↓



ロードショーの予定も続々・・・・4月には川崎や前橋で上映が決定していますし、大阪や京都でも日程調整中のようです。
ぜひぜひ映画のオフィシャルサイトを小まめにチェックしてみてくださいね♪


最後になりましたが、3月4日には国会の中でも緊急院内集会が行なわれ、議員さんや傍聴の人が大勢詰め掛けたそうです(福島みずほさんのツイートより)。

・・・・・・・・・・・・
ちょっとずつ、ちょっとずつ、カミノセキ盛り上がってきています。
ユーロスペースのお客さんは若い人が大半で、3分の2がネットワークで情報を得たという話も入ってきています。
映画を見ただけで満足しない。
映画はキッカケに過ぎない。
継続が大事。関心を持ち続けること。自分の思考や行動に結びつけること。

このブログも、みなさんが知るキッカケになれば、と思います。
キッカケをつかんだら、あとはご自分で手を伸ばしてみてください。

| | コメント (0)

芽が出てきたよ

先日のことになるけど、鉢植えにお水をやろうと思って、フトよく見ると・・・・

110304_144601

写真はさっき撮ったものなので、もうだいぶ大きくなっているんだけど、小さな芽が顔を出していました♪

これは3年前の秋に友人の結婚式場からやってきたガーベラで、うちに来た翌年には花も付けてくれたんだけど、一昨年の夏の暑さで水を枯らしてしまい瀕死の状態に。
メインの茎も根元から切ってしまって、葉っぱがチョロチョロ程度の姿で1年間。
それが、この春の訪れとともに、こんなにたくさん芽をつけてくれて。切ってしまったメインの茎からいくつも出ているのと、ちょっと離れた土の中からいきなり出てきてるのと。
こういうのを目にすると、植物ってほんとうにスゴイって思う。
もうダメか・・・・と思っていたのが、土の中で、ダメージを癒して、エネルギーを蓄えて、「今だ!」と判断したタイミングで甦る。
諦めずにお水をやり続けたわたしも、ちょっとは褒められるかな(笑)

どうかこのまま大きくなって、またキレイなお花を咲かせてくれますように!

・・・・
もうひとつ、我が家で目を出したもの。それは・・・・

ニンジン

なんと、しばらく前に葉っぱの付け根のところを生ゴミ処理機「くるくる」に入れたのが、くるくるの中で芽を出していました!(ビックリ)
見つけちゃったからには、救うしかない?!
「深めのプランターでいける!」という情報を得たので、アパートでニンジン育ててみようと思います。

| | コメント (0)

思い出し笑い

今日はなんだかめまぐるしく感情が動く一日だった。
Twitterで umahana先生経由でまたステキな人と繋がって、さっそくツイートの応酬(楽しいnote

と思えば、お昼過ぎにある人から大変なお叱りを受けて、ひさびさに心臓が縮む思いをしたり。こんなに体が震えるくらい動揺したのって、大人になってからは、そうそうなかったことで。
もちろん、心からお詫びして、できるだけのことはして、それでも気持ちが落ち着くまでに2時間以上かかった。
・・・・と思っていたら、相手の方が誤解をしていたということがわかり、一件落着。その方も大層恐縮なさってましたが、でもやっぱりわたしに配慮が足りなかったのは事実で、それに気づかせてくださった相手の方には感謝。
その方とこれからも今までどおり気持ちよくお付き合いできるで、ホッとしました。

そして、そんなホンワカ気分を抱えてフラのレッスンへdash
ここでも、だんだんと以前の雰囲気が戻ってきて、いい感じup
ひさびさに、踊ってて楽しーnotenote と、心から思えた。
で、ひさびさに帰宅後にソッコーで復習した。
フラを始めて1年くらいは、レッスンから帰ったら、家でも必ず踊ってた。「復習」なんて高い志からではなく、楽しくて「もっと踊りたい」と思ったから。今日も同じ。「さっきの曲、もう一度踊りたいな~」って思って、パウに着替えてsmile

さて、今日のレッスンでなにが一番面白かったかって、それはパウの持ち方。
今やってるアウアナの曲、今日は新しいフリを入れたんだけど、いつもと違うスカートの持ち方。クイーンさながらにエレガントに持たなくちゃなのに、わたしたちったら・・・・気づくといつもと同じようにガシっと掴んでたりsweat01
中には“チョキ”でつまんでたり(爆笑)
あー、ほんとにわたしたちって・・・・Keisuke先生、こんなワヒネでごめんなさいcoldsweats01

帰りのバスの中で、そんなレッスンのことを思い出して、一人でニヤニヤ。
いやはや、ホントに面白かったhappy02

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »