« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

さとのめぐみ

昨日のファームエイドで買ってきた、見事なシイタケ!110430_105201
傘は大きいし、ブ厚いし、軸もしっかり。写真でわたしの(決して細くはない)指と比べても、その立派さがわかるでしょう?
こんなシイタケには町中のお店じゃ、メッタにお目にかかれませんよ。

これを今夜はバター焼きして、お醤油をちょっとたらしていただきました。
味も香りも濃いshine
ん~、やはり、顔が見える人から買う農産物はおいしいねnote
大満足な夕食の一品でした。

ちなみに、本日のメインは、沖縄の島らっきょうと三浦のキャベツと平飼卵でチャンプルーhappy01
こちらも野菜は有機栽培、減農薬の直送品。
卵を生むニワトリさんも平飼で、エサはすべて国産。
野菜も卵も、市販のものよりは少し高いですが、テマヒマかけて愛情こめて作られたものですから、正当な対価だと考えます。

| | コメント (0)

源流域のいま

今日はファームエイド銀座へ。
各地から産直の農水産物も楽しみだけど、一番の目的は『銀座新庄塾』
わたしも応援隊となっている岡山県新庄村の企画で、今回のテーマは「源流域のいま」
新庄村は中国山脈の分水嶺に近く、周辺流域の源流に位置する。村の実に92%が森林なんだって。

そんな新庄村で林業を営む黒田さんのお話はとても面白かった。生産者もエンドユーザーも、ともに満足できる林業のあり方として、既存のルートに頼らない流通を目指している。
ご自身を「異端児」と呼び、「組合や同業者、先輩方からは『勝手なことするな!!』と怒られている」と苦笑する黒田さんだが、森林組合に頼らずに(というか反旗を翻すともいえる)ビジネスを進め、責任持って従業員を養っていくには並々ならぬご苦労もあることだろう。
「農協(=国の政策)に頼りきった結果、ヒドイことになっている農業のようにはなりたくない」との言葉が印象的だった。

黒田さんは生まれも育ちも新庄村。48年間を山里で生きてきて、そこからそんな革新的な考え方&取組が生まれるなんて、正直いって驚いた。
これは実際に新庄を訪れたときにも強く感じたことだが、あの土地には「閉鎖的」とか「保守的」とかいう、一般に山深い村に抱きがちなイメージがまったくといっていいほどナイ。
今日また黒田さんのお話を聞いて、一層その思いを強くした。
だけど、よくよく考えてみたら、伝統や身の回りの資源を土台とする自分達の営みから、自分達自身が最大限メリットを享受するというのが、本来あるべき姿。そのための方策が村の内部の人から生まれてくるのは、ごく自然なことなのだ。

資源豊かな地域がその資源を利用できず、都会に資源を取られ、お金まで巻き上げられるという構造は、ゼッタイに間違っている。
林業や農業、漁業だけでなく、電力供給だってそう。国内だけでなく、国際的な南北問題だって、みんな根本は同じ。
そして、わたしたち都会側に住む消費するだけの人間にも、大きな責任がある。
「安けりゃいい」とか「便利だから」とかいう理由だけで品物を選ぶことは10年くらい前にやめた。
誰が、どんなふうに生産し、どのように自分の手元に届いた品なのか、そこに関心を持って、納得できるものを選びたいと思うのだ。
そうやって、コストと手間をかけて良心的なものづくりをしている生産者を応援する(買い支える)という発想、もう少し多くの人が持ってもいいと思うんだけどな。

さて、そんな興味深いお話の後は、新庄のお母さんたちが作ってくださった、地の食材を使ったお料理をいただきましたhappy01

110429_120301 110429_120401 110429_120501

ワラビやコゴミといった山菜の煮物や、手作りこんにゃく、おこわ、笹餅、お漬物などなど。写真右はサルナシで作ったスパークリングワイン。試作品とのことでしたが、シードルみたいな味わいでスッキリさわやか、おいしかったですnote これ、売れると思うな。女性ウケしそう。

今日から明後日まで、本当なら新庄に行く予定だったのだけど、ワケあって断念。
その代わり、都会の真ん中で新庄を感じられたひとときでした。
6月には行くゾーdash

| | コメント (0)

キャンドルナイト@東電前

今日はチェルノブイリの日
25年前のこの日、人類史上最悪の原子力事故が起きた。
そして今、日本の福島で、チェルノブイリと同じかそれ以上の事故が進行中だ。

発電所、兵器・・・・核の廃絶を願う人たちは、いろいろな形で、そしていろいろな思いを抱いて、今日という日を過ごしたことだろう。

わたしは18時少し前に仕事を終えて、地下鉄に乗り、内幸町へ向かった。経産省へ。
今日、いくつかの団体が新橋駅前に集合し、経産省まで歩いて抗議文や要望書を手渡したのち、東電前でキャンドルを灯すという企画があることをツイッターで知ったからだ。
経産省別館前についたときにはすでに抗議行動は始まっていて、各団体の代表者や福島から来たという人たちが、大きなビルに向かって声を張り上げていた。
そんな人たちが70-80人は集まっていたろうか。今までだったら、平日のこうした行動には20-30人集まればいいほうなのだという。

約束の時間には経産省の担当者と原子力安全保安院の広報担当者が玄関前に出てきて、団体が用意した文書を受け取った。神妙な顔つきだった。
抗議した人たちは「経産省はちゃんと受け取るだけ、まだマシだよ。東電なんか出てきやしない」と。
こちら側の人間を取り囲むようにしている警察官たち、仕事を終えて省庁から出てくる公務員たちは、いったいどんな思いでこの行動を眺めていることだろう。

日比谷公園わきを通り、プレスセンタービルに入る中部電力の東京支社の前で抗議の声をあげてから東電前へ。
着いたころはちょうど暗くなる時間で、人々は用意してきたキャンドルに火を灯す。わたしは持っていかなかったので、他の人からわけてもらった。思い思いのメッセージが書かれた紙コップが、ほのかに明るく美しい。
わたしが書いたのは 「いのちがだいじ」

キャンドルナイトが始まるころには、経産省から歩いてきた人たちに、東電前から合流した人も加わって、100人以上はいたと思う。カメラやマイクを持った報道陣は、ほとんどが外国人。
自然と人の輪ができ、語りたい人が語り、みなは耳を傾ける。
その人々の願いが、祈りが、チェルノブイリに、フクシマに、そしてこの国を動かす人たちに、どうか届きますように。

110426_191702 110426_192101

| | コメント (0)

Energy Shift なぅ!!

昨日はあの荒天の中、海仲間の(ぽ)と(ま)さんと渋谷で『ミツバチの羽音と地球の回転』を観てきました。
お天気がよくなかったおかげで、連日立ち見の混雑・・・という映画も、人が少なかったのかな。それでもお昼過ぎの1回目の上映はほぼ満席でした。
震災前の2月に観に来たときは金曜夜でお客さんは20人くらい。事故がなければここまで反響がなかったかも、と思うと、少し複雑な心境にもなるけど、こうなってまで変わらないよりはマシか。
映画のことをシェアしたらすぐに「行きたい!」って良好なレスポンスをくれた友人たちにも感慨深いものがあったようです。

そして今日はアースデーのイベントで、またまた渋谷方面へ。代々木公園からスタートする『エネルギーシフトパレード(略してエネパレ)』に参加してきました。もともとは一人で来るつもりだたんだけど、昨日その話をしたら(ぽ)が「わたしも行きたい」と言ってくれて、二人での参加となりました♪

野外ステージで環境活動家の田中優さんのお話を聴いたあと、いざ出発!
お子さま連れ、菜の花隊、プラカード隊、「反対といいたい人(笑)」など、いくつかのグループに分かれてのパレード。わたし達はサウンドチームnoteにちょうど潜りこめて(笑)ラッキーhappy01
風船などでデコレーションしたトラックの荷台にミュージシャンが乗って生演奏。
その後ろでゴキゲンにノリノリで飛んだり 跳ねたり 踊ったり 唄ったり・・・

110424_150903

ギターとバイオリンは外国人のおにいさん ↓(ミーハーcoldsweats01
110424_151901 110424_151801

ミュージシャンはほかにも、パワフルなボーカルのお姉さん、ギター&ハモニカ&ボーカルのお姉さんなどなど。

街路にはこんなメッセージが。被災地へ向けたものだけど、今日のパレードにもピッタリ!
110424_151401

コースは、代々木公園のCCレモンホール前から渋谷駅~明治通り~表参道~代々木公園原宿口まで。道行く人、バスやお店の中から、歩道橋の上からも、キョウミシンシンな人たち。そんなとこで見てないで、こっちに来ませんか~sign02
110424_153201

そして、春の暖かい、まぶしい光の中でフィニッシュdash
110424_160401

10日のような伝統的なスタイルのデモもいいkど、今日のようなパレードもGOO!
なにより、コンセプトがいい。
「原発反対(いらない)!」と叫ぶのではなく、「エネルギーをシフトしていこう!!」という肯定文のアピールは、素直に気持ちよく。

若者や家族連れが圧倒的に多かった今日のエネパレ。
次回は5月15日に予定されています。あなたも いかが?

下のサイト、リツイートされてきたのですが、今日の様子がよくわかる写真がたくさん載っていますよ。あ、今回はわたしは写ってませんでしたsmile

| | コメント (0)

りずむ感ナス

ずびばせんっ。

今日のレッスンでの、あるひとコマにて。
毎回出遅れたのは、ワタスですsweat01

Keisuke先生を妨害して唄えなくさせることろだった。
アブナイ アブナイ・・・・

あ、でも、お悩み多き(?)先生に笑いを提供できたから、いいっかcoldsweats01
筆記テストも25問中23点だったしねっgood

・・・・・と、ツイートみたいな日記を書いてみるなぅ。
地震速報きたけど、お風呂に入ろうdash
では~dashdash

| | コメント (0)

ガーベラ咲いた

今朝 窓辺で。
110420_064201

震災後 その花芽の存在に気づいた あのガーベラが

花を 咲かせていました。

後ろ向きにも もうひとつ

つぼみも ひとつ ふたつ・・・・

嬉しい 朝の できごと でした。


花の ちからに ありがとう

| | コメント (0)

希望のたねをまこう

ツイッターでフォローしている人の中に、とくにお気に入りが何人かいる。
てんつくマンもそのひとり。
め組JAPANの代表として被災地で活動したり、日本全国飛び回って講演会や募金集めをしたり・・・・その動行をフォローしたい気持ちもあるケド、彼が折にふれて紹介してくれる言葉や写真や歌・・・・に心動かされることが多い。なんとも魅力的な人である。

さて、そんなてんつくマンの昨日のツイート ↓

「希望の花咲く地球 『SEEDS OF HOPE〜希望の種〜プロジェクト』始めます〜世界中に拡散お願いします〜  世界に届け〜そして地球を希望のデコレーション!」

震災以降、被災地はもとより、日本のあちらこちらで、まだまだ不安がぬぐいきれない今日この頃。
お花の力を借りて元気になろう。
心に希望を持とう。
笑顔になろう。

というプロジェクト。
5月3日にいっせいにお花の種をまこう! という試みです。
日本だけでなく、世界中で同じ日にまく、希望のたね。

わたしも賛同します。
ほんとうなら、広い畑にぶわぁ~~~~っと、いろんな種類のタネをばらばらにゴチャゴチャに蒔いてみたいけど、アパートなのでコジンマリと鉢植えになるかとは思いますが、お気に入りの植木鉢が空いてるし、さてさて、何のタネにしようかなhappy01

これを読んでらっしゃるみなさんも、ぜひsign01 ご賛同ください。
そして情報をいろんな人にシェアしてもらえたら、嬉しいです。

| | コメント (2)

いいんじゃない♪

先週に引き続き、今日もUMAHANAスクール。110417_095101
先週は先月の振替え、今日は今月の正規レッスンです。
先週はクプクプを使った Haku スタイル、今日は・・・・

ティリーフで編むマイレスタイルのレイでした。
ティだけで編んでいくこの方法、前回は去年の2月。
前のときは編み目がキュウキュウきつくなっちゃったので、今回はしっかり編みつつ、編み目がゆるく縦目になるよう注意して編みました。
1年以上ぶりでしたが、以前よりは手もスムーズに動くようになり、あまりシルシルしなくなったような(ティをいじり過ぎると汁でベチャベチャになってくるsweat01

で、最終チェックでも UMAHANA先生から「うん、いいんじゃない? いいと思うよ」とオッケーもらえました~shine
珍しいこっちゃcoldsweats01

お花を編みこんでいくいつものレイよりは作業が単純なこともあって、手を動かしながらのおしゃべりも、たくさん、いろいろ。
あ、もちろん、先生も交えて、ですよsmile
楽しかった~note

| | コメント (0)

会員 No.6

昨年秋に初めて訪れて、すっかり魅せられた岡山県新庄村。
この人口1000人の美しい村を、東京から見守りたい!と思い、ソッコーで入会した『東京新庄応援隊』
昨日、会員証が届きました。

110413_171601

ペラペラな紙なんかではなく、村で伐り出したサクラ材で作られています。
村のマスコットキャラクターの『ひめっこ』ちゃんもついてますheart04

今月末29日には、新庄村も関わりが深い“ファームエイド銀座”が開催されます。
全国各地から農水畜産物・・・・どれも新鮮でおいしそうで魅力的な品物のブースがズラリと並びます。前回初めて行ってみたのですが、予想していたよりもたくさんのお店が出ていて、ついつい買ってしまいました。ファームエイドに遊びに行くときは、大き目の買い物袋を持っていくことをおススメしますsmile
今回はとくに、東北地方を応援する趣旨での開催となるみたい。被災地からのおいしいものも届くかもしれませんねnote

楽しいのはお買い物だけではなくて、いろいろなフォーラムや勉強会なども行なわれているし、銀座のビルの屋上で飼われているニホンミツバチの見学会もあります。とくにミツバチの見学会は人気が高いので、早めの予約が必要dash
みなさんも、GWの初日、都心で田園を感じてみませんか?
ファームエイドのサイトはこちら ↓
http://www.farmaidginza.com/

| | コメント (0)

あら、ま

おとといのデモ@芝公園~八重洲の様子が書かれた記事がTLで流れてきました。
写真もたくさんアップされていて・・・・と見ていたら、あらら、わたしも写ってましたcoldsweats01
マスクしてるけど、わかる人にはわかるかな~? わかんないかな~?
おヒマでしたら、探してみてみて(笑)
(ヒント:行進が始まってからの写真で、オレンジ色のスニーカー履いてるのがそうです)
http://www.peace-forum.com/mnforce/special/20110410/01.htm

わたしも何枚か写真を撮ったけど、やはりプロの方の写真のほうが迫力あります。
とくに、経産省と東電の前にズラ~~~~っと並んだ警察官には、わたしも強いインパクトを受けて携帯カメラを向けたのですが、小心者なので遠慮したショットになってしまいましたsweat01
ので、わたしの写真はアップしないことにします。

人生初めてのデモ。
芝公園には2,500人ほど集まったそうです。
わたしはデモ初参加っぽい人が多いグループで歩きましたが、小学生連れたお母さんとか、若いグループやカップル、あるいはわたしのように一人で参加している人などなど、今までデモに対して抱いてたイメージとはぜんぜん違うカラーの人もたくさんいましたよ。
もちろん、見るからに『筋金入り』な先輩方もいらしゃいましたが。

次は24日、アースデイとチェルノブイリ事故25年を絡めて、同じルートを歩きます。
なんとなく雰囲気もわかったので、次回はひとつ、プラカードでも作って、プラスαなにか自分が楽しく歩ける工夫をしたいと思います。
友人と歩くほうが楽しそうだけど、こればっかりは無理には誘えない。
もしこれを読んで「一緒に歩いてもいいよ」という人は直接連絡ください(笑)
でも、他の参加者とのおしゃべりも楽しいから、まっいいかflair

行くまでは高円寺のパレードもハシゴをしようと思ったけど、時間的に難しく、思った以上に疲れたので(笑)、東京駅から真っ直ぐ帰宅しました。
高円寺も大盛り上がりだったみたい。聞くところによると、15,000人が集まったんだって。しかも、労組や団体の参加はほとんどなく、若者がたくさんいたらしい。

ちょっとずつ、変わってきています。
デモ=アカ、反原発=左翼系 なーんて思い込んでる時代錯誤の人、脱原発&エネルギーシフトは、今一番スタイリッシュな生き方だと思いますケドwink

| | コメント (0)

one month

もう、1ヶ月たったのか、と思う。
あの日は金曜日で、オフィスにいた。
今日は月曜日、家にいて、あのときと同じ時刻、頭をたれて、祈った。

「日常を大切に」

震災以来、多くの人がこう口にするのを聞いた。文字に書くのを見た。
自分の日常を大切にすること。
家族や友人、仕事や趣味、日々の何気ない暮らし・・・を大切にしていくこと。
それはもちろん、とても大事なこと。必要なこと。忘れてはいけないこと。

けれど。
その自分の「何気ない」日常が、なんの上に成り立っているのか。
ときには誰かの犠牲に支えられているかもしれない。
電気だけではない。食べ物や着るもの・・・・
そこに思いを馳せて初めて、「日常を大切にする」意味がある。

そんなことを考え続けた、この1ヶ月。

・・・・・・・・・・
テレビでは、今までどおりの、バカがつくほど明るい番組と、相変わらずなニュースが流れているらしい。
サクラが咲き、散るほどの温かさになって、新年度も始まり、人々の気持ちも少しずつ緩み始めてきたような、なんとなく、そんな空気の首都圏。


忘れるな!!


と、余震は続く。
忘れるな、あの日を。
忘れるな。被災地には、家族を、家を、仕事を、全てを失くした人々がいることを。
桜前線が近づいている、そのことすら心から喜べない人がいることを。

| | コメント (0)

サポーター研修

今日は県立花菜ガーデンに行ってきました。今年度のサポーターに応募したので、実際の活動に入る前の研修でした。
園内を案内してもらったり、実際の活動内容の説明を聞いたりするだけじゃなくて、“挨拶の仕方”とか、“正しい(美しい)姿勢”とか、“身だしなみ”とか、そんなことまで研修しましたよ。
ガーデンに来場するお客さんにとっては、ボランティアのサポーターといえども、園のスタッフと思うから・・・とのことで、服装や言葉遣い、シーン別のお客さんの対応の仕方など、かなり細かい指示がありました。

おじぎの角度とか、笑顔と大きな声で挨拶する練習なんて、20年以上前に最初の会社に入ったときでさえやったことなかったのに、ここにきて経験するとは。
姿勢を正して、手をおへその前あたりで重ねて、「おはようございます!」、「かしこまりました!」、「またお越しください!」なーんてやっていると、まるでデパートの店員さんにでもなった気分(笑)

さてさて、来月からの活動、どうなりますことやら。

2月に説明会に行ったときは、ほとんど花がなかった園内。
今日はさすがに咲いている種類が増えてました。サクラももちろんあって、8分咲きってとこでした。
110409_152201
いまはちょうど花桃がキレイに咲いていて、品種改良したものなど、たーくさんの種類がありました。上はピンクの花桃。

こちらは白い種類 ↓
110409_152401

そして、紅白の絞り ↓
110409_152701

ルピナスなんかも植えられていました。
110409_151801

110409_174901本日のおまけ:花菜ガーデンと道路をはさんだ場所にある「あさつゆ広場」では、野菜や加工品などの直売をしています。地元の田畑で採れた野菜や果物、近くの養護施設で作っているパンや焼き菓子などなど。おいしそうで安いので、今日もついつい買ってしまいました。
放射能さわぎでスーパーなどでは品薄だった青菜やキュウリ、アスパラ、レンコン、珍しい柑橘など。レンコンと水菜は茨城産です♪
帰宅してさっそくキュウリを1本丸かじりしましたが、シャキシャキの歯ごたえ、香りも高くてとってもおいしかったです! あー、おいしい野菜が食べられるって、幸せだ~happy01

| | コメント (0)

4月10日に向けたうねり

ホントはこの話題については、いろいろと書きたい思いもあるのですが、日にちが迫っているので、取り急ぎのお知らせ日記ですdash
・・・・・・・・・
TwitterのTLを眺めていると、全国各地から続々と
4月10日に向けた動きに関する情報が流れてくる。

4月10日 日曜日

都内の2ヶ所(高円寺、芝公園)で、富山で、熊本で、鎌倉で・・・・原発を止めたい人たちが集まって、意思表示をします!
同時多発デモsign03

わたしも以前から都内のに参加しようとは思っていて、どちらの会場に行くか迷ってたんだけど、ツイートを見てると「両方行く(芝公園→高円寺)dash」という人が多いので、そうしようかと。
ま、デモなんてものに参加するのは初めてなんですけどね。
なぜ高円寺なのか? とか
どうせなら官邸を取り囲めば?? とか
霞ヶ関を練り歩けば??? とも思いますけど。
デモやってどうなるものか、そんなこと正直わからない。
だけど、黙っていたら何も変わらない。それだけは確か。
この日に何もしないで家にいたら、わたしはゼッタイに後悔する。
そう思うので、行ってきます。

あなたなら どうしますか?


○高円寺「4.10 原発やめろデモ!!!!!!!!!」
これ、マジでメッチャ面白そうです。ミュージシャン多数参加で、ロックフェスみたくしちゃおう!って感じ(?)
http://410nonuke.tumblr.com/

○芝公園「浜岡原発すぐ止めて! 4・10東京-市民集会とデモ」
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/56104/32037/67691428

○鎌倉「イマジン 原発のない未来」
http://ichigeya.petit.cc/



また、4月10日ではないですが、こんな動きも。
○福岡「ママは原発いりません 福岡パレード」
http://stopgenpatsu.blog60.fc2.com/


○渋谷「野菜にも一言いわせて! さよなら原発デモ!!」
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/110416.html

| | コメント (1)

みすゞ童謡集

金子みすゞが、にわかに注目を集めているのだそうだ。
きっかけは震災後テレビやラジオからACのCMで、彼女の「こだまでしょうか」という詩が幾度となく流れたこと。
2週間くらいたったころから、彼女の本が大ヒットして手に入りにくくなっている・・・なんてニュースもあった。110406_214101

ふーん、そうなんだ。
その話題の本が、わたしの手元にある。
15年以上前に、友人が誕生日プレゼントとしてくれたものだ。

『わたしと小鳥とすずと』

久しぶりに書棚から取り出してみる。
背表紙に近い部分は日に焼けて、色が薄くなっている。

「こだまでしょうか」も、いいけれど、本を手にした当時からわたしが好きなのは、“好き”と言っては語弊があるかもしれないけど、心にズン!とくる詩(うた)は・・・・

  大漁

朝やけ小やけだ
大漁だ
大ばいわしの
大漁だ。

はまは祭りの
ようだけど
海のなかでは
何万の
いわしのとむらい
するだろう。

(金子みすゞ童謡集『わたしと小鳥とすずと』JULA出版より)

・・・・・
福島沖の海のなかでは いま なにが起きているのだろう

| | コメント (0)

きもち つながった♪

昨日は10時に五反田のUMAHANAアトリエへ。
先日ここでお知らせしたチャリティーのためにレイを作ってきました~。
集まった生徒は20名以上。ふたり一組になって、ヒヤシンスでポエポエを作りました。
110403_113001
先生の真似をして「タコ星人」のショットを一枚。

わたしは、最近ベーシッククラスに入ったばかりという方と組んで、薄ピンク色のお花で作成。チャリティーの特別価格とはいえ、お客様のために作る“商品”なのですから、いつも以上に神経を使って作業をしなくてはなりません。先生のチェックも厳しくて、中にはOKをもらうまで2度3度と先生の元へ行く生徒も。

どのチームもペアの人と協力して、お互いに「こうした方がいいんじゃない?」とか「うんうん、キレイnote」とか言いながら作業を進めました。
思った以上に時間がかかり、14時近くになって完成。長さは、ぴったり1メートル。
110403_141701
パッキングの前に、大急ぎで一枚パチリcamera

軽く霧を吹いて、紙で包んで、ポップな箱に詰めて。ハガキに書いたメッセージを添えて。
110403_160101
楽しみに待っていてくださってる方の元へ「いってらっしゃい」

わたしたちがヒヤシンスのレイを作っている間、UMAHANA先生はティリーフを使ってサクラのレイを作成。その様子をネットで中継していました。友人も見ていたようで、「いたの? 見てたけど、わからなかった」と。作成中のアトリエの中の会話、かなり笑えるものもあったんだけど、どこまで伝わったのかしら??
110403_135801 110403_151201
このサクラ、本当に新鮮で色あざやかで、みんなで「作り物みたいだね~」と驚くくらい。「商店街から持ってきたのでは?」なんて(笑)
おかげで、昨日の作業中わたしの脳内では、森山直太朗のあの歌がずっと流れてました。

自分のレイが作り終わった後も、いろいろとすることがあったので、残ってお手伝い。パッキングやら、サクラの花摘みやら、お掃除やら・・・・なんだかんだと17時過ぎまでアトリエで過ごしました。
先生は「生徒のみんなからはお金(参加費)を巻き上げて、持ち帰る花もないけど・・・」なんておっしゃってましたが、トンデモナイ! とてもいい経験になりましたよshine
ホイケとはまた違う緊張感。「レイは誰かのために作るもの」ということを実感できた、貴重な経験でした。
先生はチャリティー・レイメイキングを今後も不定期に、息長く続けていくご意向のようなので、わたしも出来る限りまた参加したいと思いますup

本日のおまけ:イントラクラスの方が作ったレイを撮影するUMAHANA先生(の後姿)→110403_160201
「やめてよ!」といわれたけど、アップしちゃいました~smile

| | コメント (0)

今こそ花と

実は震災の当日3月11日は、月に一度のUMAHANAレイメイキングスクールの日だったのですが、当然中止。その分、今月はお花と触れる機会が多そうですhappy01

さて、生徒だけではなく、みなさんにもそんなチャンスのおすそ分け。
最近は以前ほどワークをやらなくなっちゃった(やる時間がナイ)UMAHANA先生による、ワンデイのワークショップです。4月22~24日に広尾にて。
この機会に、あなたもいかがですか? 春うららの暖かい季節は、レイメイキングにぴったりですnote
http://umahana.com/news/news_event/5093.html

そして28日には大阪でも! ↓
http://umahana.com/news/news_event/5410.html


それからそれから。
UMAHANA先生は震災直後から、twicastなどを通じてレイメイキングのライブを配信。そこで作成したレイを欲しい方に買っていただいて、代金を震災の救援金として募金するという取組みをなさってます。
これはこれまで何度か行われていて、震災の数日後、大きな被害を受けなかったわたしでさえ、まだまだ不安でいっぱいだった頃、会社のPCからコソッと中継を覗き見して(笑)、おおいに慰められたのでした。
改めて、お花の持つ力、レイの魅力の底力を感じました。そして、それを静かに、淡々と進めていくUMAHANA先生を、改めて尊敬したのでした。

そのチャリティー・レイメイキングを、今度は生徒も一緒に仲間に入れてもらって、4月3日にやりますよ~。名づけて「つなげよう みんなのきもち」プロジェクト。
わたしも参加させていただきまーす。まだまだ先生のように上手には作れないケド、いつも以上に心をこめて作りますっgood
http://www.umahana.com/blog

上記の先生のブログの、3月28日の記事を参照してください。
ありがたいことに、生徒が作る分は予約がいっぱいになったようですが、当日は先生がサクラのレイを作られるみたいです。それも販売しますので、興味のある方は要チェック!
先生のレイの販売受付は当日だそうです~tulip

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »