« きもち つながった♪ | トップページ | 4月10日に向けたうねり »

みすゞ童謡集

金子みすゞが、にわかに注目を集めているのだそうだ。
きっかけは震災後テレビやラジオからACのCMで、彼女の「こだまでしょうか」という詩が幾度となく流れたこと。
2週間くらいたったころから、彼女の本が大ヒットして手に入りにくくなっている・・・なんてニュースもあった。110406_214101

ふーん、そうなんだ。
その話題の本が、わたしの手元にある。
15年以上前に、友人が誕生日プレゼントとしてくれたものだ。

『わたしと小鳥とすずと』

久しぶりに書棚から取り出してみる。
背表紙に近い部分は日に焼けて、色が薄くなっている。

「こだまでしょうか」も、いいけれど、本を手にした当時からわたしが好きなのは、“好き”と言っては語弊があるかもしれないけど、心にズン!とくる詩(うた)は・・・・

  大漁

朝やけ小やけだ
大漁だ
大ばいわしの
大漁だ。

はまは祭りの
ようだけど
海のなかでは
何万の
いわしのとむらい
するだろう。

(金子みすゞ童謡集『わたしと小鳥とすずと』JULA出版より)

・・・・・
福島沖の海のなかでは いま なにが起きているのだろう

|

« きもち つながった♪ | トップページ | 4月10日に向けたうねり »

読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きもち つながった♪ | トップページ | 4月10日に向けたうねり »