« サンクチュアリ | トップページ | 貴重な品 »

どちらが夢か幻か

被災地に立っているときは 目の前に広がる光景が 現実のものとは、とても思えなくて。

たった数日間をそこで過ごして 自分が“日常”だと思っていた場所に帰ってみると、
トウキョウの中で 浮いている自分。
トウキョウのほうが 虚構のように感じられ、
頭の中で思い出す被災地のほうが リアリティをもって 迫ってくる。

なぜだろう?

港の近くの泥の中で 咲き誇っていた 黄色と青紫色のアイリス
添え木に支えられ 「甦れ」との願いを込められた 若いブナ・・・・


* * * * *
先週の木曜に気仙沼に入り、日曜の深夜に帰宅。
その間に見たこと、知ったこと、感じたこと、考えたこと、思ったことは、今はまだ自分の中で整理がつかない状態。
いずれ改めて日記を書こうと思っています。

|

« サンクチュアリ | トップページ | 貴重な品 »

つぶやく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンクチュアリ | トップページ | 貴重な品 »