« 7月30日は由比ガ浜へ | トップページ | どちらが夢か幻か »

サンクチュアリ

先週末は金曜から日曜まで岡山県にある小さな村で過ごしました。
大好きなご家族が暮らす村。
尊敬すべきご両親と、少年から青年へとたくましく成長中の息子さん、そして外見はコワモテでも非常に性格がいい大きな黒い犬と。
その3人と1匹が、いつでも家族同様に迎えてくれること、ほんとうに自分は幸せ者だなぁ・・・・と感じる瞬間。

そんなご家族が、わたしにとって理想と思える暮らしを展開している(しようとしている)小さな村は、まだまだ新緑がまぶしく、空気はかぐわしく、水はまろやか。
東北ほどではないにしろ、関東にいれば放射線の影響やさまざまな憂い事があり、知らず知らず緊張していた心と体が、ぐぐ~っと緩んで、ほころんでいくのを感じました。

わたしを生き返らせてくれた村の自然と友人たちへの感謝をこめて、最後の日に、そこに咲く花でレイを作りました。

110605_122401 110605_132001

花の種類は・・・
白:友人宅の敷地内を流れる清らかな小川にたーくさん生えているクレソン
ピンク:目の前の森でひときわ目をひくタニウツギ
黄色:道端のノゲシ
水色:友人が畑で大切に育てたたくさんの種類の中から、ワスレナグサを少々

ターシャ・テューダーを敬愛し、彼女のような庭造りを夢見る友人が、この村で花畑を作り始めてから、「いつかそのお花でレイを編みたい」と思っていたのが、今回ちょっとだけ実現しました。
ちょっとだけ、というのは、時間が足りなくて短いものしか作れなかったから。

レイを編むのを初めて目にした友人は、それでもとても喜んでくれましたが、この次は彼女の首を飾れるレイを編んであげたいと思います。

|

« 7月30日は由比ガ浜へ | トップページ | どちらが夢か幻か »

旅ゆく」カテゴリの記事

コメント

ちぃさんこんにちは(^-^)
突然のコメント失礼いたします
森は海の恋人子どもサマースクールスタッフのわっくと申します*

もしかすると4月に唐桑ですれ違うよぅにお会いしているかと思います*
ご挨拶できずでしたが、被災地での作業本当にありがとうございます。
支えられていることを実感し活力に変わります(^-^)
日記を拝見しとても心が和みました(*^_^*)
レイってとても素敵ですね〜
野花が大好きなので元気いただきました*

また日記に足を運ばせていただきます*
いつかお会いできる日を心から楽しみにしていますbud
わっく*井筒菜奈

投稿: わっく | 2011年6月14日 (火) 08時51分

わっくさん、はじめまして。ブログ訪問&コメントありがとうございます!
わたしは今回初めて唐桑を訪れたので、わっくさんがおっしゃってるのは別の誰かだと思いますcoldsweats01
でも必ず再訪したいと思ってますので、その時はお会いできるといいですね♪

レイも褒めていただき、ありがとうです。
美しく咲いている花を摘んでレイを編む・・・というのは、花の寿命を縮めてしまうようで複雑な心境なのですが、レイになることで花たちの美しさが一層増して、触れる人に気づいてもらえるのが嬉しいです。
花を身につけるというのも、とても気分がいいものですhappy01
いつか、唐桑の花でも編んでみたいな~shine

投稿: (ちぃ) | 2011年6月14日 (火) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月30日は由比ガ浜へ | トップページ | どちらが夢か幻か »