« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

めりべ天国

今日は、町内の子ども会のみんなと真名瀬の磯で生き物観察。
今日のヒットsign01は、メリベウミウシでした~。
見慣れた大きさと色のものから、巨大なものまで。
会えれば嬉しいメリベなのに、“ありがたみ”がなくなるほど(笑)、いっぱいいましたhappy01
だけど、あまりに大きいのは・・・・誰かが「こうなると、カワイクナイ」と言ってましたが、確かに・・・・coldsweats01 ごめんよ~、メリベ!

あとわたし的に今日やられたのは、コシダカウニの美しさshineでしょうか。
カラも完璧な造形美で大好きなのだけど、生きてる姿も負けず劣らず芸術的。
自然の造形って、どうしてこうも見事なのでしょうか。
こちらも、わんさかいましたよ。
あまり馴染みのないフィールドでしたが、たまには趣が変わっていいものですnote

と、ここまで書かれちゃ、みなさんも見たいですよね~。
でも! 写真は1枚も撮りませんでしたー。すっ、すみませんっ。

| | コメント (0)

教習所に入校

今日、自動車学校に行ってきました。
入校手続きだけのつもりが、空いているからOKということで、入校式~適性検査~先行学科1まで受けてきました。

わたしが運転免許を持ってないというと、たいていの人がものすごく意外そうな顔をして、
「バリバリ運転しそうなのにね」と言う。
でも、持ってなかったんです。取ろうと思ったことすらなかった。
必要まるで感じなかったから。これまでは。

でも、欲しくなった。
理由というか、そう思うようになったキッカケは、大きく、3つ。
〇被災地での活動
〇田舎暮らしへの準備
〇母が高齢

海仲の活動で被災地に行ったのはこれまでに2回、これからも当分は続く。そんな中で、いつもいつも便乗させてもらうばかりで、長距離の運転を代わることができないのが、非常に心苦しく。
だけではなくて、海仲の活動を待つことなく、独自に現地入りもしたくて、そのためにもやはり免許(とマイカー?!)は持ちたいと思った。

それから、わたしが将来的に(できれば近い将来に)暮らしたいと思うような土地は、いつくか候補があるのだけど、どこも自動車がないと生活が成り立たないような場所。
葉山程度の片田舎ならば、自転車だけでもなんとかなるのだけどね。

そして、母のこと。
今は離れて暮らしているけれど、もしも緊急事態が起こった時、車があったほうが安心。
旅行や遊びに連れ出すのも、自宅から車で出かけられればハードルがずい分と低くなる。

・・・・ってなワケで、運転免許、いつ手にすることができるでしょうか?
このブログでも時々は、教習顛末記(?)をアップするかもしれません(笑)

目標は、大きく掲げて、荷物を満載してバックミラーでは後ろが見えない状態のハイエースを運転すること!!
なので、AT限定ではなく、MT教習ですよっ! ガンバル。

| | コメント (4)

支援関連情報

東日本大震災の支援に関するお知らせをふたつ。

〇九九鳴き浜清掃活動
わたしが深く関わっている『災害支援 海の仲間たち』の清掃活動の第3弾です。
津波の漂流物が大量に打ち上げられた、気仙沼市内の鳴き砂の浜。6月は唐桑半島にある九九鳴き浜、7月は気仙沼大島にある十八鳴浜で、地元の方たちと連携して活動をしました。
来月は再び、九九鳴き浜です。現地集合でボランティアの方を募集しています。
9月17日朝から18日午前中の活動になります。どちらか1日だけの参加もOKです。
もちろん、わたしも行きますよ~。
詳細は、こちらのサイトをご覧下さい。
http://blog.canpan.info/uminonakama/archive/87

〇被災地支援講演会 REAL
Devex Japanが運営する、「被災地のリアルを伝える」講演会。こちらも7月の第1弾に引き続いての第2弾です。
日程は9月13日、14日で、奇しくも九九鳴き浜の直前。今回の活動でもお世話になる畠山さんがお話になります。
わたしは第1弾の第2部を聴きに行きましたが、まさに知りたかったことが聴けたタイムリーな内容でした。そのときの感想はこちら→「What's REAL
講演会についての詳細、お申し込みなどは以下のサイトからどうぞ。
わたしもまた聴きに行くつもりです。
http://jp.devex.com/real2

| | コメント (0)

うみうみ モリモリ

今日は雨が心配された曇り空で、ホントに夏なのsign02と疑いたくなるような気温でしたが、朝から夕方まで、海三昧。フルコースで楽しんできました。
お昼過ぎまではOFのさざ波教室のみなさんと、小磯周辺で磯の観察、ボード遊び、砂遊び。
正統派な海の家でスイカ割りという、夏休みの王道もcrown

さざ波教室では、なんと「生きたキンセンガニ」を見つけることができましたflair
一色海岸では甲羅はよく拾えるのですが、生きた実物を見るのは初めてです。
しかも、こんなに大きいsign01 ↓
110820_123001 110820_123901

砂地に暮らしているため、砂によく似た甲羅の模様。右の写真、水が反射して見づらいですが、わかりますか?
こうして砂の上に置いておくと、アッという間に潜っていってしまいます。
(ちなみに、左の写真のゴツイ手は、わたしではアリマセン。念のため 笑)

さざ波のみなさんとお別れした後は、プログラムで使ったSUPを海上輸送。つまり、一色海岸から大浜海岸まで“乗って”運びました。
久しぶりのSUPだったけど、風もほとんどなく、ベタ凪でノーストレスgood 筋トレのためにも(?)、もっと頻繁に乗らなくちゃ~と思いました。

そして最後は、ボランティアリーダー4人と一緒にカヤックに器材を積んで尾ケ島へ。
1時間くらいスノーケリングを楽しみました。気温は少々低いけど、水温は快適。ウェットスーツなしでちょうどよいくらい。透明度も十分shine
そして、な、なんとsign01
キンギョハナダイがいましたよ~lovely しかもけっこう大きいのが4、5匹。
キンギョハナダイは先日の三宅島で初めて見て、「さすが三宅だわ~」と感激したのに、地元にもいたなんてsign01
他のメンバーはハタタテダイも見たというし、スズメダイ系の見慣れないヤツもいたと。

帰ってから Facebook でキンギョハナダイのことを報告すると、葉山在住の友人から「ミツボシクロスズメダイもいるよ~」とコメント。ひゃ~、そうなんだflair
去年発見した熱帯系のイソギンチャクも確実に育っているみたいだし、今年は黒潮の影響が大きいとしても、やはり徐々に海中も暖かくなってきてるのかな~?

| | コメント (0)

秘伝(?)

先月はお休みしてしまったから、お久しぶりのUMAHANA スクール。
今日は wili スタイル。

なんと!
大谷先生より、「ここまで教えてキレイにできなかったら、どうかしてるsign03」というほどの、UMAHANA流直伝の奥義(北斗の拳か!?笑)を教えていただきました~shine

さて、成果はいかにsign02
110819_211302

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »