« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

とある葉書

今日葉山に戻ったら、見慣れない筆跡の葉書が届いていた。
知人が昨年の5月に亡くなったことが記されていた。
某写真教室で出会い、何度か一緒に森を歩きながら撮影をした仲間。
飄々として、心優しく、みなから愛されていた人だった。

わたしから送った年始の挨拶状が、ご実家に転送されたのだろう。
お父様が、彼の代わりにお返事をくださったのだった。
「3月の地震以来、体調を崩し・・・・」と、八戸消印のその葉書にはあった。

数か月前から、もう彼はこの世にいなくなっていたなんて。
信じられない。
信じたくない。
なのに涙が出るのは なぜなのだろう。

| | コメント (0)

『もらう』ものではなく

読むのも書くのも好きなせいか、理系のクセに言葉にはけっこうコダワリがあったりする。
今日は、そんな話をひとつ。

わりと多くの人がよく使う

元気をもらう

パワーをもらう

勇気をもらう

・・・・という言葉に、わたしは、どうしても違和感を覚えてしまう。


元気も、パワーも、勇気も、

もともと 自分の 内に あるもの

そう思っているから。

元気も、パワーも、勇気も、
自分の内側から湧き上がってくるものだと思うから。
それは決して、他人から「もらう」ものでは ない。
べつに、自分だけのことでなく、人は誰でもそうだ、と思っている。どんな人でも。
そう、信じている。

元気やパワーや勇気を「もらいました!」という人は、たぶん
誰かの(何かの)おかげで「元気が(パワーが、勇気が)湧いてきた」というつもりで使っているのだろう、ということは わかる。
だけど、「もらう」と口にした時点で、自分の内には「それらはナイ」と言ってしまっているみたいで、イヤなのだ(笑)

はるか昔、ある人が
「『幸せになりたい!』と思った時点で、その人は幸せでなくなる」みたいなことを言っていた。
自分の内にある幸せに気づくことが、幸せであることの第一歩なのだ、ということなのだろう。

幸せも、元気も、パワーも、勇気も、
外から“与えられるもの”ではないんだよ。


以下、蛇足ダケド。
そんなワケで、わたしは
「人に感動を与えたい」とか、「パワーを与えたい」とか言うのも 大ッキライ。
なんて オコガマシイ のでしょう、と思うのデス。
あと、環境教育系の人にありがちな「(気づきの)タネをまく」というのも、同じ。
“持っている”わたしが“持っていない”あなたに(子どもに)「タネをまいてあげる」だなんて、どんだけエライんだ、と(笑)

| | コメント (0)

ぐるりと葉山を

故あって先月からおもな生活の場を実家に移している。
で、昨夜はひざびさに自宅に帰り、ひさびさに一人の時間を楽しんだ。

アパートには、もはや保存食しか置いてないので、朝食は歩いて15分の地元のパン屋『ボンジュール』へ。
佐島の魚介類などを使った5種類のオードブル(?)が載ったプレートに、セルフサービスのサラダ、カップスープ、コーヒー or 紅茶に好きなだけパンが食べられる『モーニングプレート』1000円ナリ。
一度この“ボンジュールで朝食を”というやつをやってみたかったのだが、なかなか来られずにいた。
このお店、超有名店なのだが、なんと来月で閉店。逗子や鎌倉、町内のスーパーなどの支店もすべてクローズだとか。
だんだんと、昔ながらの、そこにあるのが当たり前な存在が無くなっていくのは、寂しい・・・・

さて、朝食の後は消防署へ。
今週末15日は、葉山町の町長選と町議の補欠選がある。その期日前投票をすませる。
町長は、以前から応援している若き候補に投票。町議のほうは、その町長候補の意志を汲んでくれそうな候補に。

それから消防署の隣にある町役場で住民票と印鑑証明を交付してもらい。

またまた15分ほど歩いて警察署へ。
車庫証明の申請書類をもらってきました。
うふふ~、今度の日曜日にお目当ての車を見に行ってきますdash
実家の近くにも駐車場を確保したし、ジュンビチャクチャクgood

以上、町内ぐるっと2時間の旅デシタ。

| | コメント (2)

新年ことはじめ

年末に教習所を卒業し、年明け一番の今日、運転試験場へ。

教習所の指導員からは「受験前に問題集を買って勉強したほうがいい」と言われ、
「意表をつく問題が出る」とか脅かされ、
「あたし、二俣川で落ちたよcoldsweats01」という友人も少なからずおり・・・・
いったいどんだけ難関なんだ?!とドキドキしながら受けたのですが。

ラッキーだったのか、比較的やさしい問題で、97点ゲット。無事に運転免許を取ることができましたscissors
こいつぁ、春から幸先がいいわいcherryblossom

だけど、去年の今頃、1年後に免許を手にしてるだなんて、これっぽっちも思ってなかった。
あらためて、去年はホントにいろいろなことが動き出した1年だった。

さて、今年もそろそろ始動ですdash

| | コメント (2)

今年のキーワード

2012年

今年のキーワードは・・・・


時 は 今  (Now or Never)


で、いきたいと思います。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »