« 季節の(?)ケーキ | トップページ | 地元の動物園 »

まいう~♪

気仙沼の水山さんから、むき身のカキが届きました! → 120221_103201

大津波で壊滅的な被害を受けた唐桑の舞根地区。
奇跡的にわずかに残された種ガキを仕入れて、昨年6月に植え付け。
数少ない筏に期待をこめて再開した養殖業だったのですが、津波後の海は驚くほどのスピードでカキを育ててくれたそうです。
そのままでは成長したカキの重さで筏が沈んでしまう・・・ということで、『間引き』したカキをむき身にして出荷を始めてくださったのです。

おいしいカキをいち早く味わわせてもらって、それが現地のみなさんの暮らしにプラスになり、復興へのさらなる励みになれば、と思い、わたしも注文してみました。

「小粒、不揃いながら・・・」とおっしゃるけれど、プリプリと立派なカキです♪
加熱用とのことなので、さっそく夕食にカキフライを・・・・。

120221_190101

揚げ物を作るなんて、人生で2回目coldsweats01
昔母がやっていたのを思い出しながら、「大丈夫かいな?」思いながらでしたが、会心の出来(笑)
サクサクッと揚げたてを、レモン絞って軽く塩ふっていただきましたが

うま~~~~いっsign03sign03sign03

いやー、もう、食べながら何度「おいしい」という言葉が口から出たでしょうか。
TVで「おいしい」しか言わないグルメレポーターを「もっと他に言うコトないんかい」なんて思ってましたが、おいしいものは「おいしい」のデスhappy01

味が濃くて、甘くて、歯ごたえがあって、ジューシーup
ある意味「とりあえず(?)」の出荷のものがこんなに味わい深いなんて、満を持した本格的な出荷が始まったら・・・・そう思うと、今から秋が楽しみですnote

カキが育つ海だけでなく、それにつながる森や川も大切に育んできた舞根の畠山さん(水山さんは屋号)。
そのカキをおいしくいただき、応援することは、微力ではあるけれど、あの海を、森を、川を、人々を遠くから支えるお手伝いになるのかな、そんな風に思います。

水山さんの『間引き』むき身カキは、28日まで注文できますよ~。
http://mizuyama-oyster-farm.com/ippan-mukimi-hanbai.html

|

« 季節の(?)ケーキ | トップページ | 地元の動物園 »

暮らす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節の(?)ケーキ | トップページ | 地元の動物園 »