« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

三崎にて

今、三浦ではふくしまキッズ春のプログラム活動中!
5日目の今日の午前中は、三崎漁港に見学に行きました。

三崎といえば マグロsign01

漁港でマグロにかかわるお仕事をなさっている『うろこ会』のみなさんが、案内してくださいました。
まずは市場を見学。
広い市場の様子が二階の回廊から見下ろすことができます。
カチンコチンに冷凍された大っきなマグロがゴロゴロ。
まわりにいる人と比べても、その大きさがわかりますよね。
120329_093301_4

三浦に長年住んでいながら、市場に来たのは初めて。
独特の活気があって、なんだか、いるだけでワクワクnoteしてきます。

外では船からの水揚げを見ることができました。

120329_101301

マグロは温度差に弱いため、遠洋で獲れてすぐに冷凍され、そのまま運ばれてきます。
凍ったマグロが、ブドウの房(?)のようにクレーンで吊り下げられている様子は、かなりの迫力。姿を現すたびに「おぉ~」と、大人からも子どもからもドヨメキが起こります。

さて、お昼には、もちろん、マグロをいただきましたよhappy01
太っ腹な若旦那衆がマグロを1本寄付してくださり、さらに子ども達の目の前で解体を見せてくれました。

Photo

そして、↓ こんなに切り身がいっぱーいsign03になりました。

120329_112501

これをみんなで、白いご飯、ワカメのお味噌汁、刻みメカブと一緒にいただきました。
当然っちゃ当然ですが、いや、もう、めちゃくちゃおいしかったですup
ふだんマグロは赤身のほうが好きで、トロはいまいち苦手なのですが、そんなわたしでも問題なく、あらゆるところを堪能いたしました。

そして、なんと、あんなにあった切り身&中落ちを、全員で見事に完食dash
これには三崎のみなさんも正直ビックリなさってましたよcoldsweats01
子どもたちからは、
「もっと食いたい、でも、もうおなかいっぱい」とか、
「食べ過ぎて、飽きた」なんていう、なんともゼイタクな発言が飛び出すくらい、みんなで心ゆくまで味わいました。

それにしても、感心したのは、マグロは本当に日本人に愛されているサカナなんだな~ということ。
50人近くいた子どもの中で、「キライ」とか「食べられない」、なんていう子は一人もいませんでしたもん。
キング・オブ・フィッシュ ですな~。

子ども達のために、一肌脱いでくださった三崎のみなさん、本当にありがとうございましたsign01

Photo

PS:この時の様子を横須賀経済新聞が取材してくださいました。以下のリンクをご覧ください♪

http://yokosuka.keizai.biz/headline/765/


| | コメント (0)

橋立の危機?!

今日の内容は、とくべつちゃんと調べたり勉強したりした上で書くわけではなく、単なる感想に過ぎないのですが。
お昼のニュースだったっけかな、こんな話題が取り上げられてました。

『天橋立の景観に危機』

日本三景のひとつ、京都府の日本海側の宮津市にある 天橋立。
海の中に細長く続く砂洲に松の木が立ち並んでいます。
その景観は、1000年以上前の和歌にも詠まれているように、長い間保たれてきました。
それが近年、危機的状況にさらされているんだそうな。
松林の中に広葉樹が混ざり、分布を広げているというのです。京都大学の研究グループが、このまま放置した場合の50年後、100年後の様子をシミュレーションしてみたら、広葉樹林が広がり、うっそうと薄暗くなり、今のような『美しい白砂青松』は失われると。

天橋立の松林は、落ち葉を風呂や竈の焚き付けにしたりして、近所に暮らす人々が手を加えてきたから保たれてきたそうです。
それが近年、落ち葉を利用することがめっきりなくなり、積もった落ち葉によって土壌が栄養豊富になり、痩せた土地を好む松が減って、代わりに広葉樹が広がってきたことが、橋立の景観変化の原因であると。

ニュースのトーンでは、これを“危機”として扱い、
研究グループは、今すぐ“問題”の解決に取り組まないと、取り返しのつかないことになる・・・みたいな話をしていました。

そのニュースを聞いての、わたしの単純な感想は

それの どこが あかんの?

というものでした。

湿地が乾いてススキのような草本がまっさきに生えて、次に松のような陽樹が育ち、最後には陰樹に覆われて極相林になる。最後に安定する樹種が何なのかは、その土地によって異なる。
天橋立で起きていることは、そういう大きな自然の営みのひとつに過ぎないんじゃないのかなぁ。
これまでは、人々が松の資源を利用するということも、自然の営みのひとつとして組み込まれていたということなのだろう。けれどもライフスタイルが変化して、人間の営みが自然の営みから離れ、自然に任せた結果、広葉樹が広がってきた。
それ、無理やり止めなくてもええんとちゃう? そう、思うのです。

ある意味不自然ともいえる『白砂青松』を維持するために、なんとかして(実際、どんな手段でもやりそうな勢い)方策を考えるよりも、そのままの変化を見届けるほうが面白い気がするのは、わたしだけかなぁ。
あんなに細長い砂洲に、広葉樹がモリモリしているところなんて、ちょっとステキだと思いませんか?

以上、ヨソモノのたわごとでした。

| | コメント (0)

河津桜満開

120316_162401

実家から最寄の駅前にある河津桜、今年はようやく満開を迎えました。
ソメイヨシノよりも色が深い花びらたちが、まあるく、重たげに枝先を彩っています。

春はあけぼの・・・・と、清少納言は言ったけれど、
春は夕暮れ時もステキな時間。サクラの花もいっそう美しさが際立ちます。

| | コメント (0)

BONUS Day

今日は、急に思い立ってボ-ナスデーとしました。
自分にご褒美 というか、自分にゼイタクを許す一日。
久しぶりに電車に乗って、久しぶりに銀座に出かけました。

まずは、イル・ビアンコでランチ。グラスワインン付きwine
そして、ピープルツリーでオーガニックコットンの白いブラウスとコーラルカラーのTシャツ、チョコレート3種類。
その後 ITOYA に寄って、最後は教文館でお茶・・・という、わたしの銀座巡りの王道shine

で、ITOYA で衝動買いしたのが、これ ↓
120314_205201

ペン先とインク。
なんだかとても懐かしくて、急にまた使ってみたくなったのでした。
奥に写っているペン軸は30年前に使っていたもの。
本当はインクはブルーブラックが欲しかったんだけど、なかった。
これで、文字を綴る喜びを思い出しましょう。

ペン先とインクに合わせて、土佐和紙の便箋と封筒も買ってしまいましたとさ。

| | コメント (0)

山のほうへ

車を手に入れて1か月ちょっと。
今日は、今までで一番遠くまで走らせました。
平塚市内にある『花菜ガーデン』まで。去年からここのサポーターになっていて、電車とバスを乗り継いで通っていたのですが、クルマのほうが何かとベンリかな~と思い、試しに行ってみました。

年度末のこととて、道路はあちこちで工事中。
渋滞も少々あり、三浦海岸から片道50キロ弱の道のりを、1時間50分ほどかかりました。
電車&バスだと、door to door で2時間だから、それでもやはりクルマのほうが早いかな。もっとスイスイ走れれば、1時間半くらいで着くのかも。

134号線って、ホントに海と富士山の眺めが見事なんだ~shine
と、改めて実感。多くの人が好んでドライブするわけですね。
稲村ケ崎を抜けて七里ヶ浜あたりまで来ると、とたんに富士山がサイズアップして(笑)、ドオーンと。
海沿いの道を、山の方へ。

120312_144602

丹沢の山々には、まだ雪が残っています。

帰りは花菜ガーデンの隣にある『あさつゆ広場』(JA施設)で新鮮なお野菜などを買い、おやつにはジェラートを。
以前友人が教えてくれた“トマトジェラート”、おいしかったデスgood

| | コメント (0)

今日も下見 今日もドライブ

今日は和田長浜までクルマで行きました。
ふくしまキッズの宿泊&メインの活動場所となる施設までの道を確認するために、今日もいわば下見です。
施設までの道は、狭くてカーブが多くて、けっこうな坂もあって、こまめなギアチャンジが必要。ヘタをすると当日は誰かを乗せて走らなくてはならないので、道の様子がわかっただけでも行ってよかった。
同じ道を何度か歩いたり、他の人の運転で通ったことはあるけど、自分が運転すると見え方がこうも違うのか、と。

今日の長浜は、曇り空の下、海藻がたくさん打ちあがっていました。昨日は海が荒れてたからね~。
120307_140301

フサノリやらメカブやらが拾いたい放題。なのにビニール袋を持ってなかったわたし。ダメじゃん~。これからビニール袋はクルマの標準装備にしておこう(笑)

でもやっぱり諦めきれず(笑)、超厳選したメカブとフサノリを、母と二人で今夜食べ切れる分だけいただいちゃいました。
ラゲージルームを防水仕様にしておいてよかったgood
120307_141501

メカブは刻んで佃煮に、フサノリはお味噌汁の具として、浜の恵み、おいしくいただきましたconfident この時季だけの醍醐味です。

長浜からの帰りは、三浦半島の先端をぐるっと一回りドライブ。
道に迷ったり、交差点でエンストして立ち往生したり、プチトラブルはありましたがcoldsweats01
平日の昼間はほかの車に出会うことも少なく、海辺や畑の中を気持ちよく走れるこのルート、また行こうっと。
何事も経験、経験。

| | コメント (0)

ドライブ~♪

今日は友人とドライブ。
わが助手席に初めて乗った記念すべき第一号は(か)ちゃん。
数日前に「昼間出られる?」とお誘いのメール。
わたしが母との濃い日常を送っていることを知っている彼女が、外に連れ出してくれたのだ(と、思っている)。

初めてのドライブ。いろいろといい経験になりましたよ。
車を買って以来、実家と葉山の往復ばかりだったので、それ以外のルートを走るのは初めて。
混雑した駅周辺(逗子、鎌倉)に近寄るのも初めて。
コインパーキングを利用するのも初めて。

一番行きたかった場所は、「雨のため」お休みweep
道を間違えて、てか、出発直後に左折ができずに、思いがけない方向へ進みsweat01
結局・・・茅ヶ崎から逗子まで電車でやってきた(か)ちゃんを、鎌倉方面へ案内coldsweats01
稲村ケ崎に車を停めて、長谷まで歩いて戻ってランチするという。
よくよく考えたら、クルマじゃなくてもココ来られたんぢゃん!てな、間抜けなドライブになりました。

が!
看護師をしている彼女に母の介護の話を聞いてもらい、気持ちがグッと軽くなりました。
(グチのはけ口にしてごめんね、(か)ちゃん)
というよりも、何も飾らなくてすむ友人と、フツーに会話して、それがフツーにちゃんと通じて、伝わる。そういう、当たり前のことが、とてもありがたく貴重な時間で。

一気に春めいた空気の中、大きく波立つ濁った春の色の海を眺めながら、心が緩んでいくのを感じていました。
眉間のしわも伸びた気がスル(笑)

しかし・・・・134号線と若宮大路の渋滞のおかげで、左足の腿ウラが筋肉痛ナリ。

| | コメント (0)

地元の動物園

OFのリーダー仲間と一緒に金沢動物園に行ってきました。
ここは横浜市の施設で、釜利谷の市民の森の一角に開園して今年で30周年になるそうです。
てことは、わたしが中学生のころからあるのかー。そんな前だっけ?てな感じで、実は近くに120304_142601住んでいながら今まで一度も来たことがありませんでした。

それが、なぜ急に今?かといえば、
今月末に予定されている「ふくしまキッズ&かながわキッズの交流活動」の初日にここを訪れることになっているので、今日はその下見に来たというわけ。

広い敷地の半分は、自然の地形をそのままに生かした公園になっていて、入園料を払って動物園の中に入らなくても十分に楽しめること間違いなさそう(笑)
ちょっとした観察会やネイチャーゲームなんかもできそうですよ。

遊具がおいてあるエリアには、長~~いローラー滑り台があって大人気。
もちろん、わたしたち大人ばかりのグループも、よその子どもたちに交じって滑りましたよ~♪
何事も、下見ですからっsmile
ローラーがお尻を刺激してこそばゆいのと、摩擦でかなりお尻が熱くなりますが、これはかなり面白い! 今日は前の人につっかえないようにスピードをコントロールしつつおりましたが、次回はノンストップで一気に滑り降りてみたい!

さてさて、下見なので、メインの動物園の中にも入ってみました。120304_145001
アフリカ、オセアニア、ユーラシア、アメリカと大陸別に分かれていて、絶滅が心配されている草食動物を中心に集められています。
金沢動物園といえば、開園当初からコアラが目玉ですが、オセアニアエリアだけでなく、他のエリアもなかなかgood 個人的にはゾウやサイがいるユーラシアエリアが好きかな~。

また、入り口入ってすぐのアフリカエリアには、生まれて間もなくお母さんの下敷きになって瀕死の状態から奇跡的に助かった赤ちゃんサイのフウカちゃんがいます。
フウカちゃんのドキュメンタリー番組を見て会いに来たという親子さんとたまたま一緒になったのですが、「フウカちゃんに会いに来た」という言葉が出たとたん、横になってお昼寝していたフウカちゃんが起き上がり、人間の方に近づいてきて、なんとスキップまでしてみせてくれたんですshine きっと気持ちが通じたんだね~confident
公開されて間もないフウカちゃん。まだお母さんやほかのサイといっしょに過ごすには練習が必要だとのこと。温かく見守っていきたいですね。

園内はサクラの木がたくさん植えてあったり、雑木林がそのまま生かされていたり、これからの芽吹きの季節、きっと気持ちがいいお散歩ができそうです。
今日はあいにく寒かったけどcatface、福島の子どもたちがやってくるころは温かくなって、春の気配が感じられることでしょうcherryblossom

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »