« さても、猿島 | トップページ | ひさびさに »

女川の ぬくもり

今日、OFの活動でSHに行ったら、玄関の壁に、前からずーーーーっと欲しかったモノが下がっていました。
それは何かといえば・・・・

じゃーーん! ↓

42

布草履です。ただの布草履じゃあ、ありませんよ。
宮城県女川町のおばあちゃん達がひとつひとつ手で作った品物です。
海辺の町女川も、昨年の大震災と大津波でもっとも大きな被害を受けた土地のひとつ。
仮設住宅で暮らす女性たちが、全国から集められた古着Tシャツで草履を作って販売、売り上げは現地の支援となり、仮設に暮らす作り手さん達の生きがいにもなるというプロジェクト『高白浜草履組合』

その取りまとめ役として奔走している石巻ママサポーターズと、OFで一緒に活動している仲間が密につながっていることもあって、昨年からずっと「ひとつ欲しいな~」と思っていた女川布草履。ようやく手に入れることができました。

いや~、現地を頻繁に往復している仲間が葉山周辺のフリマやイベントで販売しているので、チャンスはあったのですがタイミングがなかなか合わず。
この女川布草履、元OFスタッフで今は三重県で暮らす友人が、自分のお子さんが通う幼稚園の園児たちのためにまとめて注文、それぞれの足にピッタリサイズの草履が届いたと感激してました。
だけでなく、最近では海外でも販売されているとか。


ママサポーターズの八木さんによれば、わたしの草履は「とみばあさんの作品です」とのこと。作り手の方のことをうかがうと、愛おしさが増しますconfident
履くとすぐに柔らかくなって足に馴染む、女川のおばあちゃんの温もりを感じられる布草履。あなたもひとついかがですか?
高白浜草履組合については、以下のサイトをご覧ください。
草履の材料となる着古したTシャツも随時募集しているそうです。

http://nunozori.web.fc2.com/index.html

|

« さても、猿島 | トップページ | ひさびさに »

暮らす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さても、猿島 | トップページ | ひさびさに »