« よこすかの海で | トップページ | 女川の ぬくもり »

さても、猿島

猿島である。
別に、サルが棲んでいるわけではない。

東京湾の横須賀沖に浮かぶ(浮かんでいるわけではないが。なぜこう言うのだろう?)、自然島=人工的に埋め立てたとかではない、自然の島 である。

対岸の三笠公園 ↓
41

ドラマ『坂の上の雲』で有名になっちゃった、日露戦争に従軍した戦艦三笠が、記念艦として停泊しています。
猿島への船は、このすぐ横から出航。

10分もしないうちに到着します。
40

振り返れば横須賀の港には、巨大な船が。これは自動車を運ぶための船 ↓
38

そうかと思えば小さな漁船や釣り船が思い思いの場所で獲物を狙っていたり、海上も賑やかなのは、さすが東京湾。

今回の講習では、わたし達スタッフは始発(8時40分発)で島に入りましたが、同乗者は釣りの人が大半。あとはBBQをするグループ。その後も、1時間おきに出る船の乗って、たくさんの人が島に渡ってきます。休日ともなれば「1000人くらい軽く超えるのではないか」とは仲間の談。
そのほぼ全員が、唯一の砂浜に集まるわけで、今回我々もブルーシートを敷いて場所を確保しましたが、かなりの混雑ぶりでした。(海水浴シーズンは、もっとスゴイのだろうか?)

猿島はキャンプ禁止で、17時の最終便が出た後は、誰一人島に残ることは許されません。ゴミの分別なども、運営会社が専門のスタッフを置いて徹底しているように見受けられました。
それでも、せっかくのこの魅力的な島を、もっと魅力を活かした個性的なスポットにすることもできるのではないか・・・・などと、少々オセッカイなことも考えてしまいました。
BBQが悪いと言うつもりはないけれど、“猿島でしかできないこと”を楽しめる場所にしてもいいのではないか?
自然と歴史がこの小さな島にコンパクトに収まっている、エコミュージアムとして十分に機能できると思うのだけど。
場合によっては、入島人数を制限するくらいしてもいいのではないか。

せっかく、市民を募って海の専門ガイドを養成しよう!なんて意気込みを持っているのだから、育ったガイドさんたちが活躍する場を作ることも大事なのではないだろうか。
そーんなことをつらつらと考えたガイド講習ヘルプでもありました、とさ。

|

« よこすかの海で | トップページ | 女川の ぬくもり »

たまには・・・考える」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
まつぼっくりのクリスマス飾りを検索していたら、
こちらのステキなブログに出会いました!

もうすぐ主人の転勤で、種子島から葉山へと引っ越します。
私は島が大好きで移住した者ですので、なかなかキモチの切り替えが
できませんでしたが、きっとここなら、、、と、
先に単身赴任で東京に居る主人が見つけてくれた
葉山という町、こちらのブログを拝見させていただいて、
島へのオモイそのままで暮らせるところなのかな、と思い、
ココロがホッと嬉しくなりました。

まつぼっくりからはじまる新しいブログとの出会い、
これからも楽しみに拝見させていただきます☆

投稿: mana | 2012年10月12日 (金) 07時29分

manaさん、ブログ訪問&コメントありがとうございます!
初めましての方にこうしてコメントをいただけるのは、本当にうれしいです♪

わたしも島が大好きです。(残念ながら暮らしたことはありませんが)
葉山の海、いいですよ~。この近辺のどこよりもいい!と自信を持ってお勧めできます。
そして海と山(200m級 笑)がとても近いのも、どこか島を思わせます。まぁ、三浦半島なので”半分島”なワケで。
都心への通勤は決して便利とはいえない土地ですが、そこを選んでくださったご主人は優しいですねconfident

わたくし、葉山で自然体験のお手伝いもしてますので、ご興味あったらぜひ遊びにいらしてくださいねwink

投稿: (ちぃ) | 2012年10月12日 (金) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よこすかの海で | トップページ | 女川の ぬくもり »