« 花菜サポ更新 | トップページ | Take Action »

江戸の椿

98

先日の花菜ガーデンでは、椿の特別展示が開催されていました。
現代日本の園芸種や西洋で開発された品種、そして日本古来の品種である『江戸椿』を現代に甦らせたものなど、50種類以上並んでいました。
江戸時代に書かれた図鑑も展示されていて、なかなか興味深かったです。

椿といえば、香りはしないし(わたしは香る花が好き!)、開ききった重たげな花、透明感のない厚ぼったい葉、傷んで茶色くなった花びらなどのイメージがあって、あまり好きではなかったのですが、展示を見ていくうちに少し魅力がわかった気がしました。

そんな中で一番いいな!と思ったのが、写真の品種。
江戸椿のひとつで「雪月」という名前がついています。名前もステキでしょ。
茶の湯で有名な「侘助」もそうだけど、わたしはやはり派手な八重咲きのものよりも、清楚な一重咲きの椿が好みだなぁ♪

|

« 花菜サポ更新 | トップページ | Take Action »

季節は巡る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花菜サポ更新 | トップページ | Take Action »