« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

春の磯にて

大潮に近い、春の中潮の引きいっぱいの時刻@一色海岸。
浜が広ーーーーーい!

84_3

写真ではよくわかりませんが、海の色も少し緑がかって、春の表情です。

今日はこの海岸のすぐ隣の磯で、じっくり生き物観察。
OFの指導者研修会でした。
好天に恵まれたGW初日にしては人出も多くなく、穏やかなコンディションの下、子どもに気を取られることもなく観察に集中できた至福のひととき。

この、磯で過ごす面白さ♪を、子ども達といかに共有していくか。
安全に気を配り、環境への負荷をできるだけ抑えつつ、子ども達と喜びを分かち合う。そして求められれば、ちょっぴり知識をシェアすることができる。そんなカッコいいリーダーを目指して、個性的な大人たちが集まりました。

今日最初に書いた自己紹介カード。
『なりたいリーダー像』として、わたしは「フィールドにいれば、いつでもゴキゲン♪なリーダー」と書きました。
気持ちいい晴れの日ばかりでなく、どんなコンディションであっても、ね。体調だって万全でなくては。口で言うほどカンタンではない目標デス。

| | コメント (0)

Beach な香り?!

いつも使っているフレグランスがなくなってきたので、買い求めに。
ふだん使いは年間通じてブルガリのクリスタリンかアメシスト。汗をかく季節はそれに加えてダビドフのクールウォーターのメンズ用。そして時々、レイジースーザンのアントニアズフラワーズてなとこ。

定番をリピートしてもよかったのだけど、今回は、以前から気になっていた香りを試してみることにしました。

83

大好きなコスメティックブランドであるボビィブラウンから出ている、その名も Beach
ちょっとスパイシーなクセがある香りですが、今までのとは異なる気分を引き出したかったのでチョイス。
焼けた肌に似合いそうな香りです。

ボビィブラウンのことは、かなり前にこのブログでも紹介したけれど、コンプレックスを隠すのではなく、『自分らしさ』を表現するためのメイクという考え方。
メイク哲学だけでなく、機能性もバッチリ。でもってシンプル。
「肌のお手入れなんかに、そんなに時間とコストとエネルギーを注いでいられない!」的なわたしにも使いこなせております。

話がズレたけど、そんなボビィのフレグランス Beach
自分らしい香りにできるかな?

| | コメント (0)

芝生のタネをまきました。

今日も花菜ガーデンへ。
今年度初のサポーター活動です。本日の活動は芝の管理のお手伝い。

95

芝生って、「不自然な植生の代表」みたいなイメージがあって、あまり関心がない、というか、どちらかというと好きではなかったのですが・・・・。農薬をメいっぱい散布してるゴルフ場、ってイメージといったらいいのか。

けれども、花菜ガーデンのポリシーのひとつが、“農薬はご法度”
田んぼや畑はもちろん、園内のかなりの面積を占める芝生にも、農薬は一切使いません。
だから草取りも一苦労! 今日もまず初めの作業として、正門近くのスペースの草取りをしました。
西洋芝が植えられた場所には、クローバーやらスズメノカタビラなどのイネ科の植物、オオイヌノフグリのように可愛いお花が咲く草まで、何種類もの“雑草”(と、あえて呼ぶ)が繁茂していて、鎌で根っこを断ち切っていきます。

50メートル四方くらいのスペースでも、わたしを含めて3人のサポーターと指導スタッフの高野さんとで1時間半くらい作業しても、半分も終わらない。常勤スタッフのかたも、時間ができると芝生の草取りをしているそうです。
「これくらいの雑草は、除草剤を撒けば簡単になくなるんだけどね・・・・」と、高野さん。
そう考えると、広大なゴルフ場に撒かれる除草剤の量たるや!オソルベシ。

「草取りばかりでも飽きちゃうだろうから」と言って、最後の30分は、芝のタネ蒔きと施肥もさせてもらいました。
みなさん、芝生のタネって見たことありますか?
わたしは、初めてでした。こーんなに細かいんですよ~。
94

籾ガラよりもまだ細かい。
これを芝生がハゲた所に蒔いていくのですが、ちょっとでも風が吹くと、狙った場所にうまく落とせませんsweat01
蒔いたタネが芽吹くまで1週間~10日ほどかかるそうです。次に行くときには、わたしたちが蒔いたタネ、少しは芽を出しているでしょうか?

96_2

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »