« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

かかわる とは。

今日は夕方からセミナーハウスにて、OFキッズプログラムに関わるリーダーさんたちと、数か月に一度の指導者会。

現場での細かい判断は各リーダーに任されており、できるだけ子どもがしたいことには制約を設けない方針のOFキッズプログラム。10年前にスタートした当時に比べれば、リーダー達も成長し度量を身に着けてきたので、プログラムも成熟し自由度と柔軟性がずいぶん増しました。
それでも、いや、だからこそ、現場に関わるリーダー全員が持っておくべき共通認識(これは臨機応変さを求められる現場での行動の判断基準になる)、そしてその認識の源となるOFの活動理念を、きちんと確認しておく作業が必要になります。

長年関わっていると、リーダー同志お互いに特別言葉を交わさなくても通じるようなところもあり、それがチームワークのよさにもつながるのですが、ときとして“なぁなぁ”に陥りがちなのは、どこのNPOにもある問題のようです。

自分がどうしてここにいて、なぜこういう活動に時間とエネルギーと情熱を費やしているのか。
わたしにとって、指導者会は、それを再確認する機会ともなっています。
そして、これからここで、どのようなことを実現していきたいのかに思いを巡らせる。
「なんか、違う」と、思うなら、違いを埋めていく方向を探る。方法を考える。

『関わる』 とは、そういうこと。

| | コメント (0)

渚で半身浴

最近、海辺で時間があるとよくすること。
それは、半身浴(笑)
水深10センチくらいの砂浜や、ちょうどよい高さの岩がある磯などで、腰から下だけ波に浸かって、ぼへら~っとする。
ただ、それだけです。

お風呂のような静水よりは、少し潮の流れが感じられる場所が○。
肌を水が撫でていく心地よさが味わえます。
ときに、小魚たちが足の周りをチョロチョロしたり、スジエビの類が上ってきたり、ヤドカリにつんつんされたりもしますが、その場に溶け込めている感覚、悪くないデス。

今日はコトヒキの幼魚がたくさん泳いでいましたよ。
水のゆらめきと同じ模様のかわいいサカナ。
やんばるの、海からしかアクセスできないビーチで凪ぎ待ちをしたときのことを思い出しました。

134

ま、これも水温があたたかい時季だけのゼイタク。
そういう意味では9月がベストシーズンであります。

| | コメント (0)

嵐の中の発見

ママ~、ドゥ ユー リメンバー?・・・・

かあさん、うちの登記簿 どこへいったのでしょうね。
20年前に手に入れた あの登記簿ですよ・・・・

この二日間は母の部屋の一大整理。
台風で家に篭っていたからというわけではなく、必要に迫られて。
20年前に購入した我が家の火災保険が満期を迎え、新規に契約するにあたり、家の登記簿の記載内容が必要となり。
母がどこかに仕舞いこんでいるのは確かなのだが、すぐには見つけられず。もちろん、当の本人に訊いたところで答えがかえってくるはずもなく。
保険屋さんに「月曜日中に探し出してファクスする」と約束した手前、なんとしても見つけ出さなければ!

というワケで、土曜の夕方から昨日までかかって、ようやく目的の物を発見することができました。
が、それに付随して、いろんなモノが出てくる出てくる・・・・。
古い通帳、電気やガスや水道の領収証、自治会の議事録 →これらはすべて処分!
でも処分できないものもありまして。
まず、母が几帳面につけていた家計簿。毎日のメモ欄にはその日の出来事も書き込まれており、だんだんと空白のページが増えていくのは、おそらく母の状態が悪化していったのと比例しているのだろうと思うと、切なくなる。

そして昨日は父の遺品も。お財布や免許証。そして、最後まで使っていた手帳。
この手帳にも、父が他界した日付の先まで予定が書きこまれていて、胸がキュウっとなった。その予定をこなすことなく自分がこの世を去るなんて、父には予想もつかなかったことだろう。

極め付けは、この写真。
133

初めての我が子を抱く二十歳の祖母と、嬰児(みどりご)の母。
母の写真は、ほとんどが空襲で焼けてしまったはずなのに、なぜこれと数枚の写真だけがここにあるのだろう? (だけでなく、ガラスの原版まであってビックリだ)
昭和初期。わたしが生まれるずーっとずーっと以前の二人。
この時の祖母は、どんな気持ちでいたのだろうか。
今となっては知るすべもないけれど、この写真の中の二人が祝福に包まれていたことは間違いない。そう、思う。

| | コメント (0)

初めての出会い

このところ、立て続けに2回、スノーケリング中に葉山で初めて会うサカナに遭遇しています。

先日8月31日のOFリーダー研修会では芝崎で、水深1メートルにも満たない浅場で、カエルアンコウに。
今日は今日で、キッズプログラムの最中に三ケ下で、なんとコショウダイを見かけましたsign03
あまりに動きが早くて子ども達に教えてあげられなかったのが残念ですが、
「なんだ!? あの見慣れない模様は?」
体の前半分にカーブを描くライン、黒いテンテン・・・・他のリーダーも見つけていて、調べた結果「コショウダイだ!」

カエルアンコウもコショウダイも、写真がないのが悔やまれますsweat01
海水浴シーズンは終わってしまったけれど、海の中はこれからがハイシーズンup
まだまだ珍しい生き物に出会える予感heart01
来週末も素潜っちゃおうかな~。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »