« 光の道 | トップページ | イソギク@峯山 »

33年ぶりに

伊豆大島はじめ各地に被害をもたらしたた、先週の台風26号。
その影響をうけて、この週末の葉山の海岸はこんなことになっていました。

Imgp0092

おびただしい量の漂着物・・・まず目につくのが巨大な流木。2メートルを超す大物もあり、葉をつけたままのシュロなんかが落ちているのは土地柄でしょうか。
それから、海の生き物(タツナミガイがダントツの多さ!)、長靴やスニーカー、どこも傷んでなくて洗えば着られそうなTシャツ、ヘルメット、ハンガーなどなどの生活用品、建材、そして空缶、空缶、また空缶。

中でも一番のヒットはこれ! ↓ 一緒に歩いていた仲間が見つけました。
Imgp0091web

スカッとさわやかコカ・コーラの空缶です。
350MLが主流となっている今ではお目にかからなくなった250ML缶。
注目すべきは端っこの白い部分に書かれた文字。

・・・・’80モスクワオリンピックの・・・公式飲料

ですってflair
モスクワ? モスクワって、あの幻の?!
1980年って、33年前~!!!
と、そこにいた大人たちはみんなフィーバー(笑)

沈んでいた空缶が、台風のうねりによって海底がかき回されて浮上、33年ぶりに人の目にふれることとなったのでしょう。
時として江戸時代や鎌倉時代の物も打ち上げられることを思えば、何のフシギもないのですが、やはり感慨深いものがありました。自分も生きてきた33年間という時の流れゆえに、妙に実感があったのかもしれません。

それにしても、表面こそカスリ傷だらけですが、ほとんど腐食も進んでいないことを考えると、人間が生み出したものが自然の中にどれだけ長い時間残っていくのか。アルミ缶でこうならば、もっと分解しにくいプラスチックはいったい??

あ、そうそう、こちらはスチール缶 ↓
Imgp0093

|

« 光の道 | トップページ | イソギク@峯山 »

漂う(海のこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光の道 | トップページ | イソギク@峯山 »