« イソギク@峯山 | トップページ | 女川の「ゆめ」を一緒に »

森戸川林道にて

今日はOFの指導者研修で、キコリ見習いの真似事をしてきました。
来月のマリンキッズは森戸川にて観察ハイキング&植樹。今日はそのための下草刈りと下見。雨が降る中でしたが、森の手入れには雨は気にならず、むしろ「やってる感」が味わえたりして(笑)
サワガニやシュレーゲルアオガエルが飛び出してきたりして、楽しく体を動かしているうちに作業終了~。

お昼を食べて午後からは、川沿いの林道を歩きました。
145

“森戸川村”(森戸川流域の手入れをしたり、魅力を紹介している団体)の“村長さん”のガイドは、万葉集などの歌なども織り交ぜながら、古来日本人の生活と密接に関わってきた植物についての解説で、非常に面白い。お話をうかがっていると、わたし達の祖先はいかに自在かつ多様に森の恵みを生活の取り入れてきたのだろうと、感心します。

森戸川村のみなさんは、放置されたスギの植林地に手を入れて、生活に密着したかつての里山のような森をよみがえらせようと、伐採&植樹の活動も行っている。来月のMKでは、ちょっぴりそのお手伝いもする。
この秋、森にはドングリがいっぱい! 硬いカラを破って根を出し始めているものもあり、いくつかは拾って持ち帰り、セミナーハウスで苗を育てる予定。そしてある程度の大きさに育ったら、またこの森に返します。
143_3

今日のお話の中で、樹木の育ち方についての解説がありました。数十メートル、ときには百メートルを超す高さまで樹木はどうやって水分を運び上げるのか。また、しっかりと立ち続けていくために、樹木はどのように幹を作り上げていくのか・・・・その時にガイドの清水さんが「たいしたもんだよな」と、愛おしそうに幹をなでていたのが印象的でした。
わたしも森を歩くたびに「木ってすごいな」と思うことが多く、清水さんの気持ちよくわかります。
そこがどんな場所であれ、種が落ちた場所で芽を出して根を張り、自己主張することもなく、周りと光を分かち合い、数十年、数百年のときを生きる。いのちが尽きればだまって倒れ、やがて土に還って次の世代を育む養分となる。
まことに、植物とは、尊敬に値する生き物だと思う。

|

« イソギク@峯山 | トップページ | 女川の「ゆめ」を一緒に »

歩く(森のこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イソギク@峯山 | トップページ | 女川の「ゆめ」を一緒に »