呼び覚ます(ヨガのこと)

コアを鍛える

“身体のコアを鍛えたい”

ってか、鍛えなくちゃsweat01
しばらく前から、そう思い始めた。
きっかけは、やはり、フラのレッスン。

上体のブレをいかになくすかsign01
それにはやっぱり身体を支える大きな筋肉、つまり体幹(コア)の筋肉を鍛えるしかナイ。
腹筋、背筋、大腿筋・・・・

で、クローゼットにお蔵入りしていたヨガマットなんぞ引っ張り出して、昨日あたりからボチボチと軽いエクササイズを始めてみた(笑)
ネットで調べたエクササイズは、簡単だけど・・・・キツイっsweat01sweat01
片手で体重を支えるだけでも、しばらくすると腕がプルプル・・・・これは腕が弱いからぢゃなくて、コアの筋肉がうまく使えてないから。
ま、体重をもっと落としたほうがいい、ってのもあるんだろうなcoldsweats01

こういうことは、三日坊主で終わり勝ちなのが、わたしの悪いクセ。
なので、ここに宣言しておくことにしました。
10日くらい続けて、体脂肪率に変化が出てきたら、楽しくなるんだろうケドな~up

| | コメント (0)

がいはんぼしぼうし

なんだか呪文のようなタイトルをつけましたが・・・・

Sytze のところに行くと、ヨガのことだけでなく、いろんな面から身体に意識を向けることが多い。
昨日も「外反母趾は日本人に特有のものか?」という話になって。わたしもややその傾向にあるので興味深く聞いた。

外反母趾っていうとヒールの高い、あるいは爪先が細いパンプスが原因と思いがちだけど、Sytze は歩き方が悪いのだと言う。
つまりビーサンを履いていても、歩き方が悪ければ外反母趾になるってコト?
足先を外に向けて歩いていると、親指の付け根にその負荷がかかるんだって。実際にやって見せてもらうと、ナルホド、爪先が外側に向いていると、踏み込んだ時に親指がストッパーみたくなって付け根に力が入る。
歩く度にこれを何回となく繰り返すんだから、足が変形するのもムリはない。

外反母趾になりたくなかったら、自分では「内股かな?」って思うくらい(でも実際にはソレホドでもない)がちょうどいいらしい。土踏まずの方に体重がかかるように、腿がすれる感じで歩く。
確かに、わたしの靴っていつもヒールの外側がへる。足の外側に体重がかかっている証拠だぁ。
足の外側に体重がかかっていると、O脚にもなるしね。わたしはその傾向もナキにしもアラズ。
間違った歩き方にプラスしてハイヒールでも履こうものなら、足は悲鳴を上げるよね。

だけどフラを始めてもう少しで1年になるケド、外反母趾気味だったのがちょっと前から少し治ってきた気がしてた。
素足でねばねばステップを踏むからいいのかなぁ・・・・なんて思ってたんダケド、どーだろう?
週に1回のレッスンと、ほぼ毎日の自宅での練習で、少しは矯正効果があったのカモ。
そう考えると、1回のレッスンでいったい何歩くらい動くんだろう?
今度、万歩計をつけてレッスン受けてみようか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロビ after ヨガ

ヨガの先生 Sytze の奥さんである Sae さん(日本人)はマクロビオティックの実践者で、ケータリングやマクロビスイーツのギフトセットを提供したり、ご自宅のキッチンでお料理を教えたりなさっている。

ヨガのレッスンは平日夜だと月、火、水、木とあって、たいてい火曜日はヨガの後にマクロビディナーがセッティングされている。もちろん、ヨガだけの参加もOKだけど、ほとんどの人がディナーも楽しんでいるようだ。
っていうか、ディナー目的の人もいるので、火曜日は他の曜日よりもヨガの参加人数が多い(笑)
(ちなみに、ディナーだけの参加は×です)

わたしはまだヨガ初心者なので、できるだけ少ない人数でレッスンが受けたくて、今まではあえて火曜日は避けていた。お食事までいただいて帰ると遅くなる、というのも理由のひとつ。
だけど、今日はヨガ&マクロビディナー楽しんできました。

月、水だと3~5人くらいの参加者だけど、今日は9人。
わたしにとっては新しい&とってもヨガっぽい、高度な(?)ポーズも織り交ぜながら、いつもどおりにレッスンを終了。
今日は肩が右も左も少しずつ柔軟度を増したみたいで、今までは先生の手を借りないとできなかったポーズをひとつクリア! 嬉しー♪
たっぷり汗をかいて、風邪の名残も吹き飛んだよう。
フラシスの(タ)ちゃんが「ヨガやると、自分の体が“ありがとう!”って言ってる気がするよ」って言っていたけど、ホントだなぁ。
これからも、少しずつ、体のあちこちに意識を向けながら、自分の体ケアしてあげよう。
・・・・と、少しできるようになるとイイ気になるのは得意技。自宅用にヨガマットも買っちゃったし♪

さてさて、マクロビディナー。
ヨガをやっている最中から、階下のキッチンからは Saeさんがお料理をする物音と、鼻をくすぐる、おいしそうない~い匂いが上ってきて。
ペコペコのおなかを抱えて着いたテーブルの上には、玄米&黒米ご飯とおみそ汁。それに大皿や大鉢に入ったおかずが・・・・大葉で包んだ車麩の天ぷら、ナスと大豆たんぱくの味噌炒め、切り干し大根と千切り野菜の酢の物、枝豆と大豆のひたし豆(オレンジ風味!)、トマトとオクラのサラダ・・・・といった具合。大葉や枝豆は自家菜園でできたもの。
薄味仕上げながら、素材のおいしさと食感がしっかりと味わえるものばかりでした。

デザートはフルーツケーキ&豆乳バニラアイスに自家製ジャムを添えて。
だけじゃなくて、Saeさんは食べてるそばから「こんなのもあるのよ」とか「これ、この前作った残りなんだけど」とか言って、ちょこちょこいろんなものを出してきてくれる。
最後には「今日、習ってきたの」というマクロビ和菓子までお味見させていただいて、満腹~!!!
Saeさんのお料理は、「マクロビはあまりおいしくない」と、これまでわたしが勝手に抱いていたイメージを、完全に消し去ってくれました。
(食べるのに夢中で、写真撮らせてもらうの忘れちゃった)

いつもフラやヨガのレッスンの後は、果物とかヨーグルトをお腹にいれるだけで、きちんとした食事はしないんだけど、今日は・・・・食べ過ぎだぁ~~~。
でも、し・あ・わ・せ♪
今度はお料理も習いに来てみようっかなぁ o(^-^)o

Sytze のヨガスタジオ、Saeさんのマクロビキッチンにご興味のある方は、以下のサイトへどーぞ!
http://www.yogawithsytze.com/index_j.html


PS:お二人のスタジオで、わたしがお気に入りの点がもうひとつ! それは・・・・
ふーた(風太? フー太? ふう太?)という、とってもひとなっつっこいニャンコがいること♪ しかも、わたしが一番好きなメインクーン(という種類)!
いつもヨガが終わるとスタジオに登場。今日もた~っぷり遊んでもらいました☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語でヨガ

先々週はフラのレッスン前日に行って筋肉痛になり失敗したので、今週は月曜からヨガスタ080818_18490001 ジオへ。
高輪台にあるスタジオは先生のご自宅を兼ねていて、アットホーム&ナチュラルスタイルで居心地がよい。

今日は外国の方が参加していたので、英語で進められた(ちなみに先生はオランダ出身)

前回は約1ヶ月ぶりだったので、かなりキツかったけど、今日はちょうどよい痛キモチよさ。
でもやっぱり肩の硬さがネックになって、できないポーズがいくつもある。
本当ならば家でもやればいいのだけど、フラを優先してるとなかなか…
間違ったやり方をするのもコワイし。
できるだけ、週一のペースで通うことにしよう。

それにしても、ヨガをした後はいつも、気持ちが優しくなっている自分に気づく。電車の中や人混みでも不思議とカリカリしないでいられる。
ヨガは体だけじゃなくて、心も柔らかくしてくれるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できたぁ!

今日も仕事帰りに高輪台にあるヨガ・スタジオへ。

3回目にして今日、やっとできるようになったポーズがひとつ。
脚をガバッと左右に広げて立って、足の間の床に両手をつき、前の方に体重をかけながら手の間の床に頭のてっぺんをくっつける・・・・って、ヨガをやらない方にはイメージ浮かびにくいですよね。
ヨガの素養がある方にも、ポーズの名前を書けば伝わりやすいんだけど。名前は先生が早口におっしゃるケド、よく聞き取れなくて。まぁ、こちらもポーズの名前を覚えに行ってるワケじゃないから、あまり重視してないし、そのうち本でも買ってボチボチ覚えようと思う。

で、このポーズ、今まで3回通ったレッスンで毎回出てきたのだけど、頭を床につけることができなかった。先生も「頭はつかなくていいから、無理をしないように」とおっしゃって。頭をつけようと無理をしてポーズが崩れては元も子もナイのだろう。
でも今日は、先生がやってきてくれて「もっと脚を広げて・・・・これ以上ムリってくらい。そして、足の外側に体重をかける・・・・脇を閉めて、お尻が上に引っ張られる感じで前に体重をかけてく・・・・そうそう」とアドバイスを受けているうちに、「ついた!」
ちゃんと頭のてっぺんが床に届いたではないか! 
すごー、なんか、「ヨガやってる~」って感じ!!

頭が届いたところで先生が、「もう少し脚を狭めても大丈夫。次はもっと狭いところから始めても、頭がつけられるよ」と。
うわぁーい、フラにしろ、ヨガにしろ、できなかったことができるようになるって、嬉しーい!
大人になってから、このテの喜びって少なくなってますもんね。

よっしゃー、来週も行くゾ~♪
しかし・・・・まだぜんぜんできないポーズも、もちろんあって。右肩・・・・硬いっっっ(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向き合う時間

ヨガのレッスンの約80分間は、自分の体や心と向き合う時間だ・・・・ということを、2回目の今日、つくづく意識した。

やさしいのから難しいのまでいろいろなポーズをしながら、改めて自覚したこと。それは・・・・
バランス感覚と姿勢を支える筋力は、まぁまぁ持ち合わせているらしい。
が! 柔軟性がホントに乏しい。とくに肩関節と股関節、それに足首(ほぼ全部じゃん)
ま、前からナントナクそうは思っていたんだケド、やっぱりね・・・・って感じ。

もうひとつ、ヨガのポーズをいろいろやっていると、体のあちこちに付いた余分なお肉、っつうかハッキリ言って脂肪ですね(“ゼイ肉”とも言う)がジャマでジャマでしょうがない。普段の生活でする動作では、あってもさほど気にならないんだけどね~。それだけ日常生活では体をフルに使っていないということなのだろう。

ポーズがちゃんとできていないと、先生がやってきて直してくれるんだけど、「もっと胸を開いて」とか、「どんどん腕(指先)が伸びていく意識」というアドバイスや、いろんな関節の動かし方・・・・体の使い方や力の抜き方がフラに共通している部分がホントに多くて、ヨガがちゃんとできるようになれば、フラにもかなりの相乗効果があるに違いナイ、って思う。
(ま、フラに限らず、どんな踊りにも共通なことなのかもしれないけど)
よく「フラとヨガとサーフィンはセット(で楽しむ人が多い)」って言うケド、すごーぉくよくわかる気がスル。
というワケで、この次はサーフィン・デビューですかね?!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目覚めよ、カラダ!

ヨガ・デビュー
今年の抱負のひとつに“身体に意識を向ける”がある。

フラを始めてから、ますます自分の身体のいろいろなことに気づくようになり。
身体のバランスや柔軟性をもっと養いたいと思ううちに、自然と興味はヨガに向いていった。
で、今日の仕事帰りに、とあるヨガ教室に参加してきた。

フラの初日もそうだったけど、自分の体を思う通りに動かせないもどかしさったら!
先生を見てると「ひゃあ、人間ってあんなことまでできちゃうの?」
だけど、どうしてもできない…手が届かないと思っていても、先生が少し手を貸してくれて正しく動かすだけで、あら不思議! できちゃったりするのだ。

先生いわく「例えば前屈でも、徐々に数ミリずつ曲げられるようになるわけではない。使ってなかった筋肉に指令を出して動かせるようになると、突然スーッと曲げられる」んだって。

そういって、足の付け根にあって、足を持ち上げるための筋肉を使うポーズをいくつかしたけど、これってフラで痛くなったのと同じ筋肉だ。なんか、つながってるなぁ。

その他にも何種類かポーズをして、最後は仰向けに横たわってリラックス。
約1時間20分で、体のあちこちが目覚めた感じ。

だけど、明日は確実に筋肉痛だなぁ。
フラといい、ヨガといい、まさか自分がやるようになるとは思ってもみなかったけど、出会いというか…何を必要とするかのタイミングって、ホントに不思議。

来週も行ってみようっと♪
そうそう、ヨガは頑張ろうとすると、うまくできないんだって。
その辺も、わたしには必要なことかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)