空を観る

夜明け@御宿

昨夜は、月の砂漠のモデルとなった砂浜の近くに宿をとり
今朝は、こんな朝陽とともに目覚めました。
久々の旅の空。

Img_1107

| | コメント (0)

「こんなの初めて!」

OFのキッズプログラムでの一コマ。
春の大潮の磯でじっくり生き物観察をする予定だったのが、あいにくのお天気。
少々の雨ならば野外で過ごすことをためらわないプログラムなのだけど、今日の雨は強すぎました。
午前中は室内で活動し、午後からは近くにある博物館へ見学に出かけました。

博物館へは道路ではなく、浜づたいに歩いていきました。
傘はささずにカッパを着て、ハマダイコンの群れやグミの木に寄り道したり、観察する予定だった磯をかすめたりして、砂浜を歩くこと15分。
一色海岸を歩いている頃には、カッパから水がしたたるほど。
上半身はカッパを着ていても、どうしても足元は濡れてしまいます。

雨に濡れているのだか、海の水で濡れているのだか、その両方なのか・・・・。
そんな中、小学2年生の男の子が叫んだ言葉が、今日のわたしの“一番”となりました。

「なんだこれ! ズボンまでビショビショだぁ。オレ、こんなの生まれて初めて!!!」

そこにはマイナスの響きはミジンも含まれておらず。
わかる!!
半端なく雨に打たれてるとさ、なんだかもう、笑うしかないよねー♪

そう、こんな雨の中を傘もささずに波打ち際を歩くなんて、自分ひとりではゼッタイにしなかったことかもね。7年間の人生で初めての感覚を味わうチャンスを彼に与えてくれた、今日の雨。
そして、その“場”を提供したMKプログラム。
わたし達がやっているのは、そういうこと。
わたし達が大切にしたいのは、そういうこと。

思えば、わたしがドシャブリの雨の中を歩く喜びを知ったのは、かなり大人になってから。西表島でのカヤックツアーの最中だった。
人生の中で、その前と後とではまったく異なる自分になったような気がする、そんな鮮烈な記憶として残る体験はいくつかあるけれど、それはわたしの場合、ほとんどが野外で起きたことだ。

だから、わたしは今こうして、ここにいて、こういう活動に携わっている。

今日の、あの体験は、小学2年生の彼にとって、どんな意味を持つことになるのだろう。

| | コメント (0)

浅草寺

昨日、浅草まで足を運びました。
とあるセミナーを聴きに行ったのですが、会場が浅草寺の隣だったので、帰りにちょいと寄ってみました。
学生時代以来か?

88

振り返れば、かのスカイツリーがそびえたち、外国語が日本語と同じかそれ以上に飛び交う独特の雰囲気。この賑わいは嫌いじゃない、そう思いました。

おみくじは『吉』
願い事、叶うそうですconfident

PS:セミナーについては、後日まとめてブログにアップする予定です。
海辺に住む者にとって、海を愛する者にとって、とても大事なお話でした。

| | コメント (0)

雨の日の海の上で

今日は月1回のマリンキッズの日。
典型的な梅雨空の下、子どもたちとカヤックを出しました。
遠くの水平線は、ぼんやりと靄にかすみ、海岸も海の上も無人。
海面は驚くほどフラットで。
夏のシーズンに向けた海の家の建設も、今日はお休み。
静かな静かな長者ケ崎海岸でした。

海に出ている時間は、けっこうな本降りで、鏡のような海面に落ちる雨粒の模様が美しく。
カヤックの周りのあちこちに広がる水玉の輪。
跳ね返る、まん丸の雫のひとつひとつ。
水面に生まれる波紋は、次から次へと、途切れることなく、いっときとして同じではなく。

そんなのを眺めていたら、ふと、これまでの記憶がよみがえり。
沖縄やユーコンで、雨降り(ドシャ降り)の中を漕いだ記憶。
今日もそうだけど、特に海で漕いでいると、

雨って、真水なんだ・・・・

という、ごく当たり前のことが、とても新鮮に感じられる。
味がない、甘くさえ感じられる雨水が、海水でしょっぱくなった顔を洗い流してくれる。
この季節の、あたたかい、やさしい雨。

・・・・・
雨がキライ

という人は、かなりの数に上ると思うけど、わたしは
キライじゃない。
そう思えるようになったのは、森や海で過ごすことを覚えてから。
森を歩くときなんか、雨降りウェルカム♪な場合も多い。

すべての命にとって、雨の恵みは必要だから・・・・そんなリクツではなく、
雨降りの日ならではの、フィールドの美しさが好きだから。
雨の中に身を置く心地よさが好きだから。

だけど。
そんなわたしでも、濡れたら困る服を着て、アスファルトの上を歩くときは、雨を恨めしく思う。
雨降りがキライな人はきっと、そんな体験しかしたことがナイんだと思う。


今日の体験は、子ども達の中に、どんな記憶として残っていくのだろう?

| | コメント (0)

皆既

おなじ 月を ながめていますか?

今宵 あなたは どこで?

| | コメント (0)

雪の葉山!

いや~、年に1回は降りますかねー。
葉山に、雪。

110211_113701

チラっと舞うくらいなら、年に2-3回はあるかもしれないけど、「これは積もるかも」と思うくらい、1日中降ることは、まず年に1回あるかないかですね。わたしがここに暮らし始めてからの6年間を振り返ると。

で、今日は確実に、その1回でしょう。
気温も低いので、あたたかい海面から湯気が立ち上っていました。
写真ではよくわかりませんが、三ケ下から一色方面を雪の中ながめてみました。
なんと、こんな日にカヤッカー、いました。ツワモノ!!
うん、葉山の海に雪が降るこんな珍しい日にカヤックを出す気持ち、わからなくもない。
お天気は悪いけど、海は不思議なくらいベタ凪だし(時々風が通り過ぎるだけ)、なにより、だーれもいない雪の海を独り占めできるんだもんね・・・・うん、うん、わかる(でも、わたしはやらないけど)
なーんて思いながら見ていると・・・・その人、

いきなり ロール しましたよ !!!

ひょぇ~~~~、その気持ち、ゼンッゼンわかんない(笑)
いやはやベックラしました。
110211_114101
この写真の真ん中へんに小さく浮かんでいるのが、そのカヤッカーさん(よくわかりませんね 汗)

三ケ岡の方を見れば、冬枯れの山を背景に霙っぽい雪が直線的に落ちてきて・・・・ちょっと初秋の森の雰囲気を思い出しました。
そんな水分が多い雪も、午後にはフワフワの軽い雪に変わって、現在19時半、まだ降り続いています。

明日はMKプログラム。
予定では海藻を拾って『おしば』を作るのですが・・・・雪遊びができるかな?!?!?!

| | コメント (0)

最近バスが遅れがち

最近、朝のバスが時間通りに来ない。
今日も少し早めに着いたのに、遅れていた1本前のバスが目の前で去っていったdash
となると、次のバスも同じくらい遅れるんだろう・・・・
以前は駅へ向かうバスは、雨の日以外はほぼ時刻表どおりだったんだけど(だいたい、始発の御用邸前からここまで来るのに遅れる理由なんてひとつもナイ)、最近のこれはどーしたことか。

でも、ま、おかげで今朝はこんな風景に出会えたから、よしとするか。
富士山、北側のテッペンだけ少々雪をかぶっています。

101102_080001

| | コメント (0)

残照

この前ほどではないけれど、今日もなかなかの夕焼け空でした。
家の中にいて、ふと外を見て「なんか、バラ色sign01」と思って、ケイタイを手にして外へ。

100717_1907web

芝崎の出っ張りには・・・・車で来たカップルがカメラを構え、ご近所のオバさんたちは空と海を眺めながら夕涼みの談笑中。
みんな、同好の士ですな。なんか、親近感。

今日は富士山がやけにクッキリと見えました。
明日の今頃は、あの山の向こう側にいるんだ~note

| | コメント (0)

みごと

100623_1910web

こんな夕焼けは 一年のうちに そう何度も ない。

| | コメント (2)

あたたかい朝

・・・・の割りには、富士山がクッキリと見え。

100413_fuji2

ウグイスの声が三ケ岡に、こだまして
ツバメはペチャクチャとおしゃべりしながら、忙しそうに飛び回り
どこかでキジバトが低くつぶやく・・・・

そんな今朝の葉山です。

あ、海の透明度もバツグンでした!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧