集う

つながる上映会

映画つながりで、話題もうひとつ。
先日12月4日に葉山で、仲間たちと映画の自主上映会を催しました。
上映したのは、『先祖になる』というタイトルの、陸前高田を舞台としたドキュメンタリー映画。

もともと林業と農業で生計を立てていた77歳のおじいさんが、あの日の大津波で家を壊され、消防団員だったご子息も失ってもなお、生きる力を失わずに、自ら地元の木を伐り出して同じ場所に家を建てる・・・・
あらすじを言ってしまえばそれだけなのですが、主人公の直志さんは震災後すぐにそれを決意し、支えてくれる人とともに実行に移し、たった1年半で実現させてしまいます。
地域の人の多くが、住み慣れた土地にとどまるかどうするかも決めかねている時に。
自宅を再建するだけでなく、地域の若者の先頭に立って伝統の祭りを実施する。
その強い想いの源は何なのか。

これ以上のことは、ぜひ映画をご覧になってほしいのですが、すでに映画館での上映は終了し、今は自主上映会でしか鑑賞することができません。各地で“地域”のあり方が見直されている今、自分の地元の人たちとこの映画を観て、語り合うことに大きな意味があるようにも思います。あなたも、自主上映会を企画してみてはいかがでしょうか。

とにかく、このキコリのおじいちゃんがカッコいいんです!
きっと「震災ドキュメンタリー」というイメージが見事に覆るかもしれませんよ。
わたしなんか冒頭のシーンで気仙大工という言葉が出てきただけで、そしてその言葉に対する直志さんの何とも誇らしげな気持ちに触れただけで、ググッときてしまいました。

映画の詳細は、以下のサイトをご覧ください。
http://senzoninaru.com/

| | コメント (0)

つながる広場・午後の部

前回からのつづき。

第3回葉山つながる広場、午後からは『紙芝居師なっちゃん』の登場です。
なっちゃんは、元アナウンサー。全国各地のイベントなどで紙芝居をして回り、震災支援にも積極的に取り組んでいるかた。実行委員のひとりが「ぜひ呼びたい」と熱望し、自らアポを取り、ご本人も「行きたい!」ということで、葉山にやってきてくださいました。
いや~、とにかくパワフルな女性でした。
わたしはバタバタと会場を飛び回っていたので、落ち着いて紙芝居を見ることはできませんでしたが、子どもたちは目を輝かせていましたよ。
Img_1043s Img_1047s

なっちゃん自身も、当日の様子をブログに綴ってらっしゃいます。
ご興味のあるかたは、こちら ↓
http://ameblo.jp/naka725/entry-11497838880.html

そして、午後からのメインイベントは、「つながるリレーマラソン」
フルマラソンの42.195キロをみんなでタスキリレーして繋いじゃおう!というもの。
会場の葉山小学校のグラウンドトラックは1周約160メートル。そこを257周するとフルマラソンになるのです。

参加は2チーム。ひとつは、普段からランニングを楽しんでらっしゃるツワモノ10名で結成された「チームうみがめ」
もうひとつは、当日参加を募った有志でつなぐ「つながるチーム」
つながるチームの第一走者は、このかた ↓
Img_1004s Img_1013s

そう、開会式でもご挨拶いただいた、葉山町長の山梨さんです。
町長からのたすきを、マジ走りする大人、赤ちゃんを抱いたお母さん、保育園のちびっこたち、何回も走る小学生もいたりして・・・・どんどん繋いでゆきます。

紙芝居のなっちゃんも走る!
Img_1091s

ママサポーターズの八木さんも、布草履を両手に走る!!
Img_1070s

そして、ラスト1周は全員で。
Img_1093s Img_1103s
 

わたしも1周だけ走りました。
小学生の女の子と対抗(?)だったので、7割くらいのパワーで。
こう見えても(どう見えても?)、小中高校とリレーの選手だったわたくし。もう1周くらいマジ走りしてみてもよかったかな? なーんて。

うみがめさんはもちろん、つながるチームも3時間台の記録で完走しました♪

前回11月とは規模も内容もカラーも違うものになった『葉山つながる広場』
次回は今年の11月頃に予定しています。今度はどんな形にしていくのか、よりメッセージが伝わりやすく、より参加しやすく、より多くの人が関われる、より楽しい企画を!
今からもう想いは次回へと巡らせています。

| | コメント (0)

第3回つながる広場

晴れ女ばかりの実行委員のおかげか(?)、天気予報の傘マークを跳ねのけて、最高のお天気の下、葉山小学校で第3回葉山つながる広場が開催されました。

山梨葉山町長のご挨拶で開会。
Img_0969s_2

東北各地から寄せられた物産を、とうきょうやかながわのボラバス応援隊のみなさん始め、支援活動をしているボランティアさん達が販売。
Imgp1160s Imgp1162s

前回に引き続き、女川からはママサポーターズの八木さん達6名が来訪。
おかあさん達が仮設で作っている布草履のワークショップも盛況。布草履の販売も。
Img_0995s Img_0975s

葉山周辺のお店も協力してくださいました。
Img_0988s Imgp1153s

体験ワークショップは、「空缶でご飯炊き」、「牛乳パックでホットサンド」、「ミニランタン作り」、ゆび編み。
子どもはもちろん、大人もシンケン夢中でしたよ。
Imgp1148s Imgp1149s Img_0981s

写真がいっぱいになっちゃうので、つづく(笑)

| | コメント (0)

Slow is Beautiful

All we are saying is give peace a chance.

68

日本列島をかたどったキャンドルが、戸塚の善了寺の境内に浮かび上がります。

多くの人の手(わたしの手も含まれている)によって建立された、ストローベイルハウスである聞思堂を舞台に、スローなムーブメントを発信し続ける Cafe dela Terra

利便性や効率のみを追求していく生き方から「下りていく」という思想、ダウンシフト。
その想いを共有する人びとが集う、Cafe dela Terra
昨夜は、震災後の石巻に『よってがいん』という地域サロンを開いた伊藤さんのお話。死を見つめる、老いに寄り添う・・・・というお話は、まさに今わたしが必要としていることでした。
本当に必要な言葉は、必要としている時に与えられる。

そして、Slow is Beautiful.

昨日のライブを含めて、これまでにカフェデラで開催されたキャンドルナイトの様子は、Ustream で視聴できます。
“カフェデラテラ キャンドルナイト”で検索してみてください。

| | コメント (0)

つながる広場開催

事後報告になってしまいますが、先日11日に葉山で『葉山つながる広場』が開催されました。

60

震災からの復興支援を目的に東北と繋がる、でも、それだけではなくて、葉山町内や周辺に暮らす人々も繋がろう・・・・という気持ちを込めたイベント。
当日は女川から布草履作りのおばちゃんたちも駆けつけてくださってワークショップが開かれたり、おばちゃん御一行が石巻からカキとホタテをたーくさん持ってきてくださって焼いて提供されたり。これがメッチャ美味かったhappy02

61

他にも葉山のみなさんが出店してくださって、たくさんの美味しいものが登場、たくさんの人が集まってくださいました。
正直いって、事前のお知らせが十分でなかった(というより、ぜんぜん足りなかったsweat01)し、今にも降り出しそうな空模様でもあり、ガラ~ンとしてしまったらどーしよーshock と心配しておりました。
が、なんのなんの。スタッフや出店者の友人、知人はもちろん、ご近所さん、OFキッズプログラム参加の親子さんなどなど、期待以上に多くのかたが1日を通して集まってくださいました。

小さな神社の境内で開催された、手作りの小さなイベント。
それにふさわしい、ほんわか温かい雰囲気の、居心地のよい1日でした。
イベントの趣旨に賛同し、ご協力くださったみなさん、寒い中各地から足を運んでくださったみなさん、そして何より遠く石巻&女川から来てくださったみなさん(「震災後初めての遠出だった」というおばちゃんの言葉を聞いて、胸がキュッとなりました)、本当にありがとうございました。

『つながる広場』、一度限りのイベントではありませんよ。
次回は来年3月に開催することがすでにきまっております(笑)
今回の反省点もふまえて、ますますパワーアップしていきたいと思ってますので、どうぞご期待ください。
てか、ぜひご協力くださいsmile

Photo 59

| | コメント (0)

あたたかく、やわらかい

Photo

夏至の翌日、戸塚にある善了寺に行ってきました。
キャンドルナイト・ウィークの最終日、聞思堂の中にも周囲にも、やわらかくあたたかい光があふれていました。

聞思堂は、ストローベイルハウス。
昨年秋に約1か月にわたって土壁作りワークショップが開かれ、わたしも合計6日間お手伝いに通いました。
その時の様子は、過去の日記をご覧ください → http://islandhopping.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/straw-bile-odoh.html

5

ワークショップの後、カイルさんやプロの左官さんや大工さんが仕上げをなさって、その完成形をまだ見ていなかったのですが、こんなにステキな立派な建物になっていましたよ。
とても素人が参加して建てたとは思えないでしょ?(笑)

わたしが(もちろん他の人たちと一緒に)担当した入り口右側の壁 ↓

2

室内の壁も、こんなに滑らかで、でも無機質でなく。

3

こちらはお堂をぐるりと囲む石垣。
安土城をはじめとするお城の石垣を、一切加工せずに自然のままの形の石だけで組むという穴太衆(あのうしゅう)のみなさんのお仕事です。
穴太衆の人たちは、石の声を聴くことができるんだって。

4

寒い季節には木質ペレットのストーブが入るという聞思堂。
ほんとうに、あたたかい光が似合う、作り手みんなの手のぬくもりが感じられる建物です。

1

これから、ここで、どんな歴史が作られていくのでしょうね。

| | コメント (0)

さをり

葉山某所にある

ステキなご自宅を開放したカフェにて

120602_155401

友人(り)ちゃんの『さをり織り』の展示

120602_183302

ずっと以前から、“染め”と“織り”には興味があったわたくし。
『さをり織り』という名前はちらっと頭の片隅にありましたが、今回初めて触れることができました。
『さをり織り』には「失敗」という考え方がないんだとか。すべては 個性 というか、 その作品の 味 とみなすんだって。

だんだんと目が遠くなってきて(涙)、織りに携わることはすっかり諦めかけていたけれど、その思いに再びスポットを当ててくれそうな、『さをり』との出会いでした。

| | コメント (0)

5まんねんまえの

今日は、珍しいものを味わう(?)ことができました。
それは、

南極の氷。

OFの非常勤スタッフ(た)ちゃんのツテで手に入った貴重な氷。
5万年前に降った雪が圧縮されてできたものだそうです。

今日は夕方からOFのNPO総会。
その後の懇親会で「南極の氷が登場する」というので、もちろん参加。
(ウソ。それがなくても出席しましたヨsmile

喜界ケ島の『沙羅』を、この氷で割っていただきましたが
お酒をコップに注いで耳を近づけると・・・・

ショワショワショワショワ・・・・

と、氷に閉じ込められた空気がぷつぷつと溶け出す音が聞こえて、みんなして

「ひゃぁ~、5万年前の音sign02

しばし聞き惚れました。
お酒とお料理をいただきながら、いにしえの地球にそれぞれが思いを馳せたひとときでした。
(た)ちゃん、貴重な経験をありがとうnote

PS:写真(証拠写真?)がなくてごめんなさい。
でも、見た目はなんのヘンテツもない氷ですから(笑)

| | コメント (0)

しめくくり

2010828web

2010年8月最後の土曜日の夕暮れ@一色海岸です。
富士山の右肩に太陽が落ちて、最後の週末を楽しむ人々や海の家や御用邸が、波打ち際がバラ色に染まり・・・・「こういう賑やかな海も悪くない」、そんな気持ちになります。

今日は11時過ぎに海仲間の(か)ちゃんとSHで待ち合わせ、ダブルのシットオンカヤックにスノーケリング器材を積み込んで、尾ケ島へ。
2010828
夏のこととて透明度はいまいちでしたが、それでも尾ケ島はこの日どこよりもクリアだったと信じて約40分、海中散歩を楽しみました。ソラスズメがたくさんいたし、なによりサイズが大きくてビックリ。そうかと思えば、生まれたてのオヤビッチャもいたりして、ラブリー。
もうひとつビックリしたのが・・・・イソギンチャク!
イソギンチャクっていっても、ヨロイとかウメボシといった普通にみられる種類じゃなくて、いわゆる沖縄で見るような、大きなプヨプヨしたモシャモシャした、クマノミが隠れていそうなヤツ。別々に泳いでいた(か)ちゃんも見つけたらしく「イソギンチャク見たsign02」って。わたしも「見たsign03 あれ、この辺にいていいの??」と答え。
いや~、こんな種類はここらでは初めて見ましたよっ。これも温暖化の影響なの??

ウェットなしで入った体が少し冷えたので、岩の上で甲羅干し。
そのまま30分くらい、昼寝(笑)
無防備な背中がジリジリする熱さで目が覚めました。

海から上がったあとは、バスに乗って元町方面へ。
半年くらい前(?)にできた『rainbow cafe』で、遅めのランチ。
ここは、バスで前を通るたびに気になっていたお店。古民家から柱や梁を移築したような店内。真名瀬の漁師さんとネコの写真がアルバムになっていて、にゃんこ好きの(か)とわたしは歓声をあげつつページをめくりました。
真名瀬に、かんなかわいいコがいるんだー。本物に会いたいheart04
さて、メニューは・・・・マクロビっぽいワンプレートに、お味噌汁とドリンクがついてます。
100828_rainbowcafe
高野豆腐のグリーンカレー風味とか、クスクスとか、ちょっとエスニックテイストも取り入れてあって、おいしかったです。あ、ご飯は五分づき米ですよ。

ランチの後は、デザート代わりに、すぐ近くにある『大正屋』さんへ。
ここは、知る人ぞ知る“氷やさん”
100828_
昔ながらの店構えで、大きな氷からつくるカキ氷は、粒が細かくて、とっても美味しいshine
しかも、安いsign01(笑) 種類によって150円~250円。で、山盛りsign03
そもそも材料の氷が、空気の粒ひとつ入ってないってほどの透明な氷。今時こんな氷が食べられるお店は、そうそうないですよ。以前は老夫婦でやっていたこのお店、ちゃんと受け継いでいってほしいな~と、ファンは思います。

カキ氷を食べながらブラブラと歩いて一色方面へ戻る。
葉山三昧な一日のしめくくりは、ブルームーンで開催される大島保克さんライブ。
大島さんのブルームーンライブは毎年恒例となっていて、今年で14回目だそう。わたしは、かれこれ5-6回目になるでしょうか。
たいてい8月の最終週に行なわれるこのライブを聴くと、「ああ、夏が終わるな~」ってしみじみしてしまいます。
今日は伊豆大島もクッキリと見え、もう空の色は風の気配は秋を感じさせる一日。
波音を背景に大島さんの“山原路”を聴きながら、カヤックで漕いだヤンバルの風景を思い出し、島への思いを一層募らせた、夏の終わりでした。

ああ、島に行きたいっdash

| | コメント (2)

合宿のような 裏話的な

ヒルトン東京でのショー、無事に終了しました。
IZUMIちゃんと、リュウさん、シゲさんという贅沢な演奏で、ブランチタイムに“Ke Aloha”、デザートタイムに“Ni'ihau”を。

Kawaiola からは Keisuke先生とワヒネ6人、カネ4人で出演。
わたしたちプラス3人のミュージシャンと IZUMIちゃんのお母さんの、総勢15人の控え室として案内されたのが、ホテルの16階にある和室スイート。畳の部屋がふたつに広いリビングがついていて、ドアもトイレも二つずつあるという・・・・みんなでドヤドヤ部屋に上がったとたん、「なんか、合宿みたーいnote」、「今日みんなでここに泊まってくsign02」なーんて。(いえいえ、先生、夜チームレッスンですからsweat01
なんだか思った以上に VIP な待遇で(IZUMIちゃんさまさま・・・・なのかな?)、みんななんとなくウキウキ。自然とテンションも上がりますupup

荷物を置いたらさっそくリビングで、IZUMIちゃんの唄に合わせて最終練習。カネがソファに座って、ワヒネが6人並んで踊っても余裕~な広さでした。
現地に入ったらもう練習するチャンスはない、と覚悟してきたケド、誰に遠慮することもなく、しかも IZUMIちゃんの音でリハができるなんて、とってもラッキー&幸せでしたhappy01
Keisuke先生からも、念押しの細かい注意が出て、かえってそれで不安がなくなったというか、先生チェックをクリアして「よし、いけるdash」って思うことができました。

仕度をする時間とスペースに余裕があったので、ワヒネで和室ひとつを占領させていただいて、じっくりヘア&メイク、衣装とレイをつけることができました。
その間にもリビングからはミュージシャンの方たちが音合わせをするのや、カネや先生たちが練習している音が聞こえてきたりして、なんだか『旅の一座(?)』のような雰囲気。
デパートでのイベントの時と、なんたる違いでしょう!(笑)

ところで、開始時間が迫り部屋を出ようとしたところで、またまたテンションが上がる情報が。
出番が終わった後のお昼ご飯として、わたしたちもブッフェのお料理が食べられるんですって~flair
“ローストビーフもある”と聞いて、腹ペコのカネたちは大喜び。
するとすかさず Keisuke 先生が

「間違えたら、ローストビーフなしねsmile 1回間違えたら一品ずつ減っていくことにしよう」

ですって。誰からともなく、
「よぉーーーっしsign01 絶っっっっっ対に、間違えないモンね~~~っdash
鼻息を荒げて(笑)、いざ出陣。

・・・・・
え~、結果、何人か、ローストビーフを食べる資格を失った人が出ましたが・・・・メイヨのために、名前は伏せておきましょう(笑)
えっへん、わたしはノーミスでしたよgood 食べ物がかかってたからsign02
次の出番までには時間もたっぷりあって、じっくりとおいしいお料理を楽しむことができましたdelicious
あ、罰ゲームの人も、無事に食べたいものを食べてましたよsmile
「みんな、食べ過ぎないよーにねdown」との先生のお達しもあり、もちろん自重するつもりでいたんだケド・・・・ムリでしたsweat01

2度目のショーが終わった後も、お世話係のスタッフの方が「お時間あるようでしたら、デザートブッフェもどうぞhappy01」なーんて言ってくださって、18時半のレッスンに間に合うように出発するまでに、30分少々あったので、お言葉に甘えて・・・・デザートもいただいてしまいましたcoldsweats01
「こんなショーなら毎月あってもいいねheart04」なんて言うメンバーも。
いやいや、それって、確実に太るからsweat01


・・・・てなところで。
真面目なフラのお話は、また改めて。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧